Windows/MacでAVI動画データをMP4形式へ変換する方法!オンラインでも対応!

AVI MP4変換

AVIとは、マイクロソフト(Windows)での標準動画形式で、拡張子が.aviとなります。

AVIに格納して形式化した動画データは、数分間の長さでも1GB以上の容量に膨れあがることが普通です。

AVIに比べて、主流となったMP4は最大の汎用性とバランスの良い圧縮率を誇って重宝されています。

今回の記事では、AVIビデオファイルをMP4形式へ変換する方法を分かりやすく解説します。

目次

(1)AVIをMP4に変換するに知るべきこと

(2)WindowsとMacパソコンでAVIをMP4に変換する方法

(3)インストール不要なオンラインサイトでAVIをMP4に変換する方法

(1)AVIをMP4に変換するに知るべきこと

1.拡張子変更について

AVIをMP4に変換って、そのまま「拡張子」を変更しただけで動画は見れません。

拡張子はファイル形式を表すものですので、変更しても根本が変わらないので無意味なのです。

目的の拡張子にしたければ、別に動画を変換(エンコード)するためのソフトやオンラインサイト、スマホアプリを要します。

2.エンコード方式について

MP4は動画データの入れ物にすぎず、動画をどのコーデックでエンコードするかにより、出力画質とファイルサイズの差が大きいです。

現状でMP4で保存される動画のエンコード方式は、使用用途によって主に下記のものがあります。

  • ・MPEG-4(part2):ポータブル端末や低速回線でのネット上での動画再生向け
  • ・H264/AVC:ハイビジョン(フルHD)放送の録画、ブルーレイビデオの収録
  • ・H265/HEVC:4K、8K放送の録画、4K、8K動画の再生

一般的には、同じファイルサイズを生成する場合、出力画質はH265/HEVC>H264/AVC>MPEG-4こういう関係です。

同じ画質を維持する設定にした場合、MPEG-4でH264/AVCの1/2、H265/HEVCで1/4に圧縮できます。

<

(2)WindowsとMacパソコンでAVIをMP4に変換する方法

WindowsやMacパソコンの上で使える動画変換ソフトと言えば、無料から有料まで、機能がシンプルで使いやすいものから上級者向けの高機能なものまでありすぎます。

次の内容では、おすすめのソフトごとに別れて、AVIをMP4に変換する操作方法を説明します。

AVI MP4変換ソフト@. VideoProc Converter

【対応OS】:Windows 10/8.1/8/7とそれ以下(32 & 64 bit)
【広告】:なし
【ロゴ】:なし
【キーワード】:使いやすい、高速、高画質、多機能

VideoProc Converterは、動画変換・スライドショー作成・簡単な編集と対応可能な一本多機能ソフトです。

動画変換機能がパワーアップしているので、初めての方にとって動画変換に特化したソフトじゃないかと思われがちです。

使い方は非常にシンプルで、AVIをMP4に変換するぐらいの作業だと、動画について何の知識も持っていない初心者の方でも直感的に操作できます。

GPUハードウェアアクセラレーションに対応し、超大容量な動画もCPU負荷を抑えながら高画質・高速で変換可能。

また、変換だけではなく、ビットレートや解像度などの調整、音量設定、字幕合成、画面クロップ、トリミングなどちょっとした動画編集機能も利用できます。

VideoProc ConverterでAVIをMP4に変換する操作手順

VideoProc ConverterでAVIをMP4に変換する操作手順

step1VideoProc Converterのトップ画面で、「ビデオ」アイコンをクリックします。

VideoProc ConverterでAVIをMP4に変換する操作手順

step2すると、「VideoProc−動画変換ツール」画面がポップアップされて、上部にある「+ビデオ」をタップして、パソコンから対象のAVI動画を選択してソフトに読み込みます。または、ドラッグ&ドロップするだけで読み込みもできます。読み込む動画は一本だけでもいいし、複数でもいいです。

step3特に何か要求がないなら、画面下側にある「ビデオ」タブから「MP4」形式を選択します。最後に[RUN]ボタンをクリックするとAVI MP4変換が始まります。

<

AVI MP4変換ソフトA:XMedia Recode

【対応OS】:64bit版のWindows 7/8/8.1/10
【広告】:なし
【ロゴ】:なし
【キーワード】:使いやすい、完全無料、高画質

XMedia Recodeは、DVD/Blu-rayディスクを含め、様々な動画・音声ファイルを変換できるフリーソフトです。

商用・非商用を問わず、完全無料でAVIをMP4に変換するには、XMedia Recodeは定番中の定番と言えます。

それに、簡単な編集機能も備えており、例えば、既存のビデオファイルにチャプターを追加したり、ビデオをアップスケール(拡大)変換したり、映像のサイズを小さくしたり、動画の解像度/コーデックを調整したり、動画の不要な部分を削除したりすることもできるので、単なる変換用ソフトではありません。

ただ、高性能でオリジナルの画質をそのまま持ち越すことができるが、致命的な欠点として変換時間は異常に長いと感じます。

XMedia RecodeでAVIをMP4に変換する操作手順

XMedia RecodeでAVIをMP4に変換する操作手順

step1XMedia Recodeを起動後、左上から「ファイルを開く」をクリックして、AVIファイルを読み込みます。またはファイルをドラック&ドロップします。

step2ファイルの読み込みが完了すると、画面の真ん中で「形式」タブから「.mp4」かを選択します。ごニーズに応じて、続いて「映像」→「一般」タブから、コーデックを「HEVC/H265」に指定することもできます。ただ、H265のエンコードは、GPUオンボードは性能が低すぎて使用できません。

step3上部の「エンコード」をタップして動画のエンコードを始まります。

エンコードに必要な時間は、パソコンのスペックにも動画本体の長さにも依存するが、完了するまで気長に待ってください。

<

AVI MP4変換ソフトB:Handbrake

【対応OS】:Windows10/8/7、Mac、Linux
【広告】:なし
【ロゴ】:なし
【キーワード】:使いやすい、オーペンソース、高速

Handbrakeは、DVD/Blu-rayディスクや様々な動画ファイルを変換できるオーペンソースのフリーソフトです。

動画変換作業を行う際に、迷惑な広告、嫌なロゴ・透かし、時間と機能制限など一切ないし、無料で使えるとは思えないほど優秀で愛用されています。

h264/h265をはじめ、対応可能なコーデックや形式は非常に多くて、複数処理の一括変換が可能な特徴を持っています。

また、音声トラックや外部字幕の指定、画質や音質の設定などは、自分のお好みに合わせてご自由に調整可能です。

GPUアクセラレーションもサポートするので、より速いスピードでAVI動画をMP4にエンコードすることができます。

HandbrakeでAVIをMP4に変換する操作手順

HandbrakeでAVIをMP4に変換するstep1

step1Handbrakeを起動して、変換したいAVIファイルを灰色で覆った右の部分へドラッグ&ドロップして読み込みます。

HandbrakeでAVIをMP4に変換するstep2-3-4

step2動画の読み込みが完了すると、画面下側の変換設定タブ一覧が出てきているはずです。「概要」タブの下で、動画形式を「MP4」に指定する以外、とくに設定する必要はありません。

step3そして、「映像」タブの下で、利用したいコーデック(MPEG-4、H264、H265など)を選択しましょう。また、「品質設定」のスライドバーを左右に動かすことで、動画のクオリティが変化します。お好みの設定を、見つけてみてください。

step4上記の設定に問題はなければ、画面上部メニューにある「エンコード開始」をクリックして拡張子の変更が自動的に開始します。

<

(3)インストール不要なオンラインサイトでAVIをMP4に変換する方法

第三者の動画変換ソフトをダウンロードとインストールする手間が不要で、Webの上で直接AVIをMP4に変換することもできます。

AVI MP4変換サイト@: Online Video Converter

【日本語対応】:可能
【ロゴ】:なし
【広告】:あり
【安全性】:高い
【公式サイト】:https://convert-video-online.com/ja/

Online Video Converterは、様々な動画オファイルをオンラインで変換できる無料サイトです。

既に閉鎖されており、非常に知名度が高い「onlinevideoconverter」サイトの後続サイトとしてよく使われています。

AVIはもちろん、300種類を超えるフォーマットから、MP4やMPEGなどの動画形式への変換をサポートしています。

ファイルサイズは、最大 2GB まで対応しており、変換する時の設定によって、解像度やビデオ・オーディオコーデック、および動画出力サイズの推定を設定することができます。

変換作業はすべてOnline Video Converter側で行われるため動画変換に向いていない低スペックのパソコンでもサクサク使えます。

Online Video ConverterでAVIを MP4に変換する方法

Online Video ConverterでAVIを MP4に変換するstep1

step1公式サイトにアクセスしてから、青いアイコン「ファイルを開く」、「Google Drive」、「Dropbox」、「URL」のいずれかをクリックし、MP4に変換したいAVI動画を選択してアップロードします。

step2アップロードしたら、変換先の動画形式を指定します。デフォルトではmp4形式が選択されているのでそのままいいです。

step3「変換」ボタンをクリックすると、動画の変換が開始されるので、完了するまでしばらく待ちましょう。

Online Video ConverterでAVIを MP4に変換するstep2-3-4

step4動画の変換が完了したら、表示される[ダウンロード]アイコンを押してパソコンに動画を保存しましょう。

<

AVI MP4変換サイトA:Convertioオンラインの動画コンバーター

【日本語対応】:可能
【ロゴ】:なし
【広告】:あり
【安全性】:高い
【公式サイト】: https://convertio.co/ja/video-converter/

convertioは、動画や画像を編集、変換する時によく使われるオンラインサイトです。

アカウント登録しない場合、100 MBまで無料変換してくれます。アカウント登録で300MBまで無料で変換してくれます。それ以上は、有料のプランを利用することになります。

クラウド上で行われるため、オンラインでもスムーズに変換作業ができます。それにより、AVI動画をMP4へ変換する作業の処理も早くてスピーディーです。

また、複数の動画ファイルを一括で追加して変換することも対応できます。

変換したファイルは永遠にconvertioに残るわけでなく、1日以内に自動で消去されます。

ConvertioでAVIを MP4に変換する方法

step1上記の公式サイトをクリックして、「オンライン動画コンバーター」と書かれたページにアクセスします。

ConvertioでAVIを MP4に変換するstep2

step2「ファイルを選ぶ」、「Google Drive」、「Dropbox」、「URL」のどれかから対象のAVI動画をアップロードします。

ConvertioでAVIを MP4に変換するstep3-4

step3アップロードが完了したら、赤枠で囲まれたボタンをタッ用したい出力形式「MP4」を選択して下さい。

step4赤い【変換】のボタンを押してください。後は、変換処理を行うため少し待つ必要があります。

ConvertioでAVIを MP4に変換するstep5

step5【ダウンロード】というボタンが出てくるとクリックして変換後のファイルをダウンロードします。

編集者:小林ほたる

この記事を書いた人:小林ほたる

本ページの内容に関して、ご意見等ございましたら、お気軽にしてくださいね。

  • メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。