【解決済み】DVD Shrinkエラーでオープンに失敗の原因と対処法ご紹介

更新日:4/25(木)

DVD Shrinkは入力失敗で無縁しかありませんか

DVD Shrinkは無料のDVDコピー・バックアップ・圧縮ソフトで、多くの人に愛用しています。が、無料のソフトなので、不具合やバグが多くあります。始める時からも、DVD Shrinkエラーでオープンに失敗になり、入力すらできないことになってしまいます。「DVD Shrinkはエラーにより続行することができません。ファイル "○○" のオープンに失敗しました。指定されたファイルが見つかりません。」などDVD Shrinkエラー通知で、分析も変換も言うまでもなくDVD Shrink入力失敗になります。DVD ShrinkでISOにならないことも当然なことです。ではこれからDVD Shrinkエラーでオープンに失敗の原因とその解決法をご紹介します。

DVD Shrinkエラーでオープンに失敗の原因ご究明

DVDはVRモードで録画された形式

レコーダーで番組を録画して、DVDに保存することがよくあります。が、録画モードはDVD-VRで録画したDVDはDVD Shrink入力失敗になります。DVD-VRモードで録画したDVDは「CPRM」というDVDコピーガードに保護されます。そのDVDコピーガードが入力と分析を拒否しましたから「DVD Shrinkはエラーにより続行することができません。ファイル"○○" のオープンに失敗しました。指定されたファイルが見つかりません。」エラー通知が出てきます。

解決法

録画を予約する時に録画モードを「DVD-Video」に変更すれば解決できます。

また、既に録画しましたDVDをコピーガードが解除できる專門的なソフトを利用すれば成功できるはずです。

DVDコピーガードの保護される場合

DVD Shrinkのような無料ソフトは、DVDコピーガードが対応できないかCSSしか対応できないかと、今の保護されるDVDに対応できません。DVDコピーガードの種類によって、変換作業を失敗させてDVD ShrinkでISOにならない場合もあれば、DVD Shrink入力失敗の場合もある。入力も分析もどっちでもできなかったらDVD Shrinkエラーでオープンに失敗の通知があります。

解決法

DVDをコピーガードが解除できる專門的なソフトを利用します。

またはDVDからコピーガードを消除できるソフトを利用してからDVD Shrinkでバックアップします。

DVD Shrinkの代わりにDVDをリッピングするソフト

WinX DVD Ripper Platinum

  • - DVDディスク、フォルダ、ISOファイルをPCにバックアップ
  • - DVDディスク、フォルダ、ISOファイルをDVD書き込む形式へ変換
  • - DVDリッピングを高品質高速度に完成
WinX DVD Ripper Platinum

DVD Shrink入力失敗の時DVDをバックアップする役立つ最も素晴らしいDVD ISOコピーソフトです。

ファイルだけ入力する場合

DVDディスクやISOイメージなどを入力すればこの問題がありませんが、DVDフォルダの場合によく、フォルダではなく一部だけ入力してしまいます。特にIFOファイルにDVD情報だけ保存して、動画データも音声データも保存されません。そのようなファイルを入力してもDVD Shrink入力失敗に決まっています。また、フォルダ全体を入力しても、一部のファイルが認識失敗でDVD Shrinkエラーでオープンに失敗の通知が出ます。

解決法

DVDディスクまたはISOファイルで入力することを強くすすめます。

また、今のDVDフォルダをISOファイルに作成してからDVD Shrinkでバックアップします。

DVDデータが壊れた場合

DVDディスクが汚れたり傷があったりしてデータが損失します。またDVDディスクからメディアファイルに作成する時にもデータが壊れることがあります。特にDVD変換に重要なデータが失ったDVDファイルをDVD ShrinkでISOにならないとしても仕方ありません。

解決法

DVDを再生してみてください。

再生できる場合により強力なDVDコピーソフトを使います。

再生もできない場合にDVDの修復を試してください。

一部のタイトルだけDVD Shrink バックアップ成功の場合

「DVD Shrinkはエラーにより続行することができません。ファイル"○○" のオープンに失敗しました。指定されたファイルが見つかりません。」エラー通知が出る時に、実は一部のタイトルが入力でき、一つか二つのタイトルだけDVD Shrink入力失敗のことがあります。DVDコピーガードはあるタイトルだけ保護することはしませんからこの場合にDVD Shrinkエラーでオープンに失敗のタイトルは損壊した可能性が高いです。

解決法

DVD Shrinkに入力失敗のタイトルを確認してください。

またはDVDの修復を試してください。

圧縮ファイル(.zip)を入力した場合

ISOイメージもZIPファイルも圧縮ファイルですが、DVD Shrinkでバックアップできる圧縮ファイルはISOイメージだけです。ZIPファイルの場合に「DVD Shrinkはエラーにより続行することができません。ファイル"○○" のオープンに失敗しました。指定されたファイルが見つかりません。」エラー通知ですが、「ファイルが見つかりません」ではなく「対応できるファイルが見つかりません」ということです。

解決法

ZIPファイルを解凍して、フォルダとして入力してください。

「DVD Shrinkはエラーにより続行することができません」解決法

DVD Shrinkエラーでオープンに失敗の場合に、原因によって解決できることがあれば、解決できないこともあります。DVD Shrinkでバックアップするより、強力で專門的なWinX DVD Ripper Platinumを利用するほうがすすめます。コピーガードで保護されるDVDも軽く傷があるDVDもちゃんと対応できます。DVD Shrink入力失敗の不具合が完璧に回避できます。操作もDVD Shrinkより簡単で、変換速度も出力品質もより高いです。ではこれからWinX DVD Ripper Platinumを使ってDVDをバックアップする方法を画像付きでご紹介します。

  • STEP.1
    DVDを追加します

    DVDディスクをパソコンに挿入します。そして、WinX DVD Ripper Platinumを起動して、ご覧のように見える。

    標記された「ディスク」と書かれたボタンをクリックして、DVDを追加します。

    このソフトはISOイメージとDVDフォルダも変換できます。入力ファイルに対応のボタンをクリックして追加してください。

  • STEP.2
    出力プロファイルを選択します

    新しく現れるウィンドウで出力プロファイルを選択します。DVDをISOにコピーするために、「DVDバックアップ」をクリックして、「DVDをISOイメージへクローン」と書かれた出力プロファイルを選択します。

    「OK」と書かれたボタンをクリックします。

  • STEP.3
    出力先フォルダを選択して、作業開始

    保存先を指定して、確認します。「参照」をクリックしたら保存先フォルダが変更できます。「開く」ボタンで今指定されるフォルダを開くことができます。

    「RUN」と書かれた大きな青いボタンをクリックして、DVDコピー作業を始めます。数分間待てば完成して、出力先フォルダにDVDのISOイメージファイルが保存されます。

DVD Shrink入力失敗、DVD ShrinkでISOにならない対策
WinX DVD Ripper Platinum使い方

新バージョンWinX DVD Ripper PlatinumあらゆるDVDをこれ一本で簡単操作できます。

このDVD Shrinkを代替する最高のDVDバックアップソフトを使って、DVDディスク、フォルダ、ISOファイルをPCや空のディスクにバックアップできます。

【対応OS(動作環境)】
  • Windows OS: Windows 10/8/7/Vista(64ビット&32ビットの両方)
  • Mac OS: macOS Mojave, Mac OS X 10.14とそれ以降
この記事の評価は?
12345
5つ星のうち4.7 (合計30人評価)
ご評価いただき、ありがとうございます

DVDを自分の扱いやすい動画形式に素早く手軽に変換!

  • 最新DVDコピーガードを全部解除
  • 市販やレンタルのDVDも対応
  • リッピング速度業界一の実力
  • DVDを高品質で丸ごとコピー

ホーム | 会社情報 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 合意書 | ニュース | お問い合わせ | 人気記事

Copyright © 2019 Digiarty Software, Inc. All rights reserved

Apple、Appleのロゴ、Mac® 、iPhone® 、iPad® 及びiTunes® などはAppleInc.の商標であり、米国およびその他の国で登録されたものです。DigiartySoftwareがAppleInc.と開発または商業提携をしていません。