DVD Shrink読み込みエラー対処法〜DVD Shrinkが巡回冗長検査CRCエラーでコピーできない時必見

更新日:4/18(木)

フリーDVDコピーソフトと言えば、まず思い出したのはDVD Shrinkでしょう。DVD Decrypterも中々優れたフリーDVDコピーソフトだが、DVD Shrinkほど、解除できるDVDコピーガードが多くないし、DVD圧縮機能も搭載していないので、国内でDVD Shrinkを利用している人の方が大勢います。しかし、DVD Shrinkの開発者は2004年にDVDシュリンクのアップデートを終了させました。なので、DVD Shrinkで近年の新しいDVDをコピーする時、常にエラーが出てきて、DVD Shrinkコピーできないことがよくあります。一番多いのがDVD Shrink読み込み中の巡回冗長検査エラー(CRCエラー)。そして、RCEリージョンプロテクション。

DVD Shrinkで読み込み中にCRCエラー(巡回冗長検査エラー)が出てしまいます。回避策をご存知な方教えて下さい!DVD ShrinkではDVDをコピーできない「アイアンマン2」で実験してみると、1%で、エラーメッセージが出ました。最近のディズニー関係は、コピーできないものがかなりあります。shrinkの問題かもしれません。

DVDShrink3.2でコピー中にエラーが出ます。→「エラーにより読み込みを続行することができません。データエラー(巡回冗長検査(CRC)エラー)です。」何度か試しましたがいつも67%のところでエラーウィンドウが出て止まります。原因、回避法などよろしくお願いいたします。

DVD Shrink 3.2で「ディスクを開く」をクリックしたら、DVD Shrinkでコピーしてる途中でエラーが出る場合があります。エラーログは「DVD Shrinkはエラーにより続行することはできません。ファイル”E:\"の読み込みに失敗しました。データエラー(巡回冗長検査(CRC)エラー)です。」のメッセージが出る。こんな具合にデーターの読み込みができないDVDがあります。

本文では主にDVD Shrink読み込みエラー巡回冗長検査が出た時の対処法を説明します。

DVD Shrink読み込みエラーが出る原因

DVD Shrink 巡回冗長検査(CRC)エラー)が出てしまって、 DVD Shrinkでディスク開けない原因は、下の3つの面から考えられます。

DVD Shrink読み込みエラーの原因@〜マスターDVDに汚れや傷がある

ある程度進んでからのDVD Shrink 巡回冗長検査(CRC)エラー表示は、コピーしたいマスターDVDディスクに汚れや小さな傷がある場合です。うまくDVD ShrinkでDVD読み込めない為に、何回やっても同じ%でDVD Shrinkでディスク開けないのです。

DVD Shrink読み込みエラーの原因@の対処法

マスターDVDに傷があるなら、どうしようもないが、WinX DVD Copy Proというソフトは傷のある不良セクターをジャンプすることができるので、DVD Shrinkで傷のあるDVDディスクを読み込めない場合、WinX DVD Copy Proを使いましょう。

もし、マスターDVDに汚れが有るなら、DVDクリーナー(CDクリーナー)を購入して、汚れを落としてください。100円ショップに有ると思います。DVDの汚れを落とす方法:再生面を柔らかい布で中心から放射状に拭いてください。円周状に拭き取るのはだめ!ご注意、ティッシュは円盤を傷つける可能性があるので、ご遠慮ください。

DVD Shrink読み込みエラーの原因A〜DVDコピーガードが施されている

DVD Shrink 巡回冗長検査(CRC)エラーがすぐに出る場合は、DVDにDVD Shrinkが対応できないコピーガードが施されているからかもしれません。例えば、RipGuardというコピープロテクト。RipGuardとは、マイクロビジョン社が開発したリッピング防止用コピーガードです。意図的にエラーとなる領域を記憶させておくことで、コピーする際にDVD Shrink 巡回冗長検査(CRC)エラーを起こさせる働きを持ちます。DVD ShrinkはRipGuardがあるファイルを解析すると処理できない部分を【非参照素材】に振り分けます。この【非参照領域】は DVD Shrink では処理できないため、この領域を参照しようとすると、DVD Shrink自体がバックアップする場合があります。RipGuard が掛かっている DVD は DVD Shrink でリッピングできないのです。ディズニーDVDなどに多いようです。

DVD Shrink読み込みエラーの原因Aの対処法

DVDコピーガードにもっと強力なDVDコピーソフトを使いましょう。ここでおすすめなのはWinX DVD Ripper Platinumです。【ARccOS】や【RipGuard】【容量偽装】【CSS】【UOPs】【Disney X-project DRM】などのコピープロテクトに強いソフトです。WinX DVD Ripper PlatinumはDigiarty社が10年の開発と更新を続けています。開発チームは毎月リリースしたDVDをチェックして、最新のDVDコピーガードがあったら、すぐWinX DVD Ripper Platinumを更新してそのDVDコピーガードに対応します。

最強のDVDコピーガード解除ソフトWinX DVD Ripper Platinum
開発者:Digiarty Software
特徴:コピーガード解除、DVD編集、爆速、使いやすい、高画質

DVD Shrink読み込みエラーの原因B〜ハードディスクの状態

DVDの傷も汚れもないし、コピープロテクトのない自作DVDなのにDVD Shrinkでディスク開けない場合はPCのハードディスクの状態が原因の場合もあります。ハードディスクの空き容量が少なかったり、断片化したファイルが多い場合はDVDのデータを読み込めない場合があります。

DVD Shrink読み込みエラーの原因Bの対処法

これはハードディスクの増設以外にも、ディスクのクリーンアップやデフラグ等を定期的に実施して解決するしかないです。最悪な場合は外付けのハードディスクを利用します。容量が足らないのは致命的だし、最低でも10〜15GBの余裕を保証しましょう。

この記事の評価は?
12345
5つ星のうち4.7 (合計157人評価)
ご評価いただき、ありがとうございます

DVDを自分の扱いやすい動画形式に素早く手軽に変換!

  • 最新DVDコピーガードを全部解除
  • 市販やレンタルのDVDも対応
  • リッピング速度業界一の実力
  • DVDを高品質で丸ごとコピー

ホーム | 会社情報 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 合意書 | ニュース | お問い合わせ | 人気記事

Copyright © 2019 Digiarty Software, Inc. All rights reserved

Apple、Appleのロゴ、Mac® 、iPhone® 、iPad® 及びiTunes® などはAppleInc.の商標であり、米国およびその他の国で登録されたものです。DigiartySoftwareがAppleInc.と開発または商業提携をしていません。