『DVD Shrinkエラーパラメーターが間違っています』が出て、ISO圧縮・焼けないときの対処方法

更新日:05/10(金)

DVD Shrink圧縮時、パラメータが間違っていますのエラーが出てしまい圧縮作業が先に進められません。DVD Shrinkを使ってISOイメージファイルをHDD(外付けハードウェア)から圧縮するために、ディスクイメージから大成のISOデータを選択すると、すぐに『DVD Shrinkエラーパラメーターが間違っています。エラーにより続行することはできません。イメージファイルISOの読み込みに失敗しました』とエラーメッセージが出ます。どなたか、対象方法をお願いします。

DVD Shrink開発が終了しているため、データを圧縮・ダビングした場合、エラーとなるケースがあります。

この記事では、最新版DVD Shrinkを使っているときに、「パラメーターが間違っています」とエラーメッセージが表示されたときの原因、及びその対処方法について詳しく解説します。

目次−項目をクリックで該当箇所へ

1.DVD Shrinkパラメーターが間違っていますエラーの原因と対策

  • 1-1.搭載メモリは不足
  • 1-2.接触不良・電力不足
  • 1-3.外付けHDDのファイルシステムがNTFSに変換
  • 1-4.ISOファイルの名前に記号が付いたり、名前が長すぎ
  • 1-5.保存先がわからない
  • 1-6.DVD Shrink開発終了

2.DVD Shrinkを使わずISOを圧縮してDVDにオーサリングする方法

  • 2-1.WinX DVD Ripper Platinum
  • 2-2.WinX DVD Author

DVD Shrinkパラメーターが間違っていますエラーメッセージが表示された原因とその対策は?

まず、DVD Shrinkでは、どういった原因で「パラメーターが間違っています」のエラーメッセージが表示されるのかについてご紹介していきます。

原因1:搭載メモリは不足

「メモリー範囲外です、DVD Shrinkエラーパラメーターが間違っています」とエラーメッセージが出たら、搭載メモリーが不足となる可能性が高いと思います。

対処方法:

「マイコンピュータ」を右クリックして、「プロパティ」⇒「詳細設定」⇒「パフォーマンス」⇒「設定」⇒「詳細設定」⇒「仮想メモリ」⇒「変更」⇒「設定」とクリックして、容量を変更してみましょう。

原因2:接触不良・電力不足

パラメーターエラーは、ディスクやHDDやUSBメモリー内の「パーティションテーブルのパラメーターが間違っている」ことです。主な原因として考えられるのは、アクセス中の接触不良やアクセス中にPCの電源を切り、USB/HDDの抜き差しをしたことによるデータ破損などが挙げられます。

対処方法:

コネクタの接触不良などでISOデータを読み込めなく、パラメーターが間違っていますエラーが表示されている場合は、再度接続して電源を入れてみてください。

原因3:外付けHDDのファイルシステムがNTFSに変換

Windowsで使われる外付けハードディスク(HDD)には幾つかのファイルシステムがあります。主に使われているファイルシステムと言えば、NTFSとFAT32二つです。NTFSはFAT32より優れていて、容量制限なしで1ファイルが4GB以上でも保存することが可能。また、NTFSは圧縮機能を持ち、外付けハードウェア(HDD)のファイルシステムをNTFSに設定したフォルダにファイルを保存するだけで、自動的にファイルを圧縮できてディスクの領域を節約することが可能です。

対処方法:

ファイルシステムをNTFSに変換してみましょう。以下では、Windows10を例としてFAT32パーティションをNTFSに変更する方法を紹介していきます。

Step1:デスクトップの左下にある「開始」ボタンをクリックして、検索ボックスに「CMD」と入力して、表示された「CMD」ツールを右クリックして「管理者として実行」を選んでください。

Step2:「convert k:/fs:ntfs」と入力して、そのkは、コピー先パーティションのドライブ文字を指します。

原因4:ISOファイルの名前に記号が付いたり、名前が長すぎ

手元のISOイメージファイルの名前には意味不明な記号が含まれたり、ISOイメージファイルの名前が長すぎると、ファイルが正常に開けられません。DVD Shrinkで圧縮する際、パラメーターが間違っていますのエラーが出てしまうことがよくあります。

対処方法:

DVD ShrinkでISOデータを圧縮する/焼く前、その名前には使えない記号があるか否かご確認ください。もしありましたら、リネームします。後は、もう一度チャレンジしてみましょう。

原因5:保存先がわからない

保存先が分からなかったり、保存先が悪いなどの原因で、DVD Shrinkパラメーター間違っていますエラーが発生します。

対処方法:

DVD Shrinkの保存された場所がわかりませんと聞く人は多いですよね。だから、事前に変更しないと、デフォルトの保存場所に収められます。だから、できるだけ、保存先の場所を変更してみましょう。

» 操作手順
  1. 「出力するイメージファイルの選択」の右部にある「参照」ボタンをクリックして変更します。保存先を「デスクトップ」に変更すると「デスクトップ」に保存されます。Cディスク/Dディスクに変更すると「Cディスク/Dディスク」に保存されます。

原因6:DVD Shrink開発終了

DVD Shrink日本語版は2004年7月で更新が終了、英語版も2005年5月で開発を終了しています。それで、DVD Shrinkを使う途中、様々なエラーが発生してしまいます。パラメーター間違っていますエラーはその一つです。その他には、「メモリー範囲外」「続行することができません」「オープンに失敗」「プログラミングエラー」「読み込みエラー」「ディスク開けない」「encountered an error and cannot continue」などといったエラーがよくあります。

対処方法:

DVD Shrinkエラーパラメーター間違っていますを徹底的に解決するには、もっと素晴らしい代わりになれるソフトウェアを使うのが一番良いだと思います。以下では、無劣化でISOを圧縮してDVDにオーサリングする方法を紹介していきます。

DVD Shrinkパラメーター間違っていますエラーを一発解消|ISOを圧縮してDVDにオーサリング

現在、開発終了となったDVD Shrinkを使う人はだんだん少なくなってきました。今回は、その代わりになれるソフトウェアを探している方に向け、無劣化でISOデータを圧縮してDVDに焼ける方法を図解入りで紹介します。

Part1:WinX DVD Ripper PlatinumでISO圧縮を行う方法|無劣化・超簡単

DVD Shrinkパラメーターが間違っていますエラーを一発解消

WinX DVD Ripper Platinum

  • - DVDディスク、フォルダ、ISOファイルをPCにバックアップ
  • - DVDディスク、フォルダ、ISOファイルをDVD書き込む形式へ変換
  • - DVD-9とDVD-5ディスクを高品質で圧縮
WinX DVD Ripper Platinum

DVD Shrinkパラメーター間違っていますエラーでISOを圧縮できないときの対処方法として、データ圧縮にお役立つ素晴らしいソフトです。

 

WinX DVD Ripper Platinumを使ってパソコンでISOを圧縮する理由
  1. 【出力プロファイルが豊富】日本でも最も有名なDVDリッピングソフトで、ISOイメージファイルにもサポートしています。出力プロファイルが豊富で、ISOデータをMP4、WMV、MOV、MKVなどといったファイル形式に変換できます。
  2. 【実用な編集機能】実用的な編集機能を持ち、パラメーター(ビデオ・オーディオビットレート/フレームレート/解像度/チャンネルなど)を調整したり、データファイルをカット/トリミング/クロップしたりして、無劣化で圧縮することができます。
  3. 【高速・無劣化】高速エンジンが搭載されていて、2時間のDVDを5分間で作業を完了できます。

予め、公式サイトにアクセスして、圧縮ソフトWinX DVD Ripper Platinum(Windows10に対応済み)をダウンロードしてインストールします。日本語に対応するので、安心して利用できます。

  • STEP.1

    WinX DVD Ripper Platinumを起動して、左上の「+ISOイメージ」ボタンをクリックして、コンピューターから圧縮したいISOファイルを読み込ませます。複数のISOファイルをインポートでき、一発で圧縮することが可能。

  • STEP.2

    ファイルが読み込んだ後、出力プロファイルが表示されます。そこで「PCの通常映像」⇒「MP4動画(MPEG4)」⇒「OK」とクリックします。

    「編集」機能を備え、メイン画面にある「編集」ボタンをクリックすると、ファイルをカット/トリミング、パラメーターを自由にカスタマイズ、黒帯を抜くことができます。

  • STEP.3

    「参照」ボタンをクリックして、出力ファイルの保存先を指定します。

  • STEP.4

    「RUN」ボタンをクリックして、ISO圧縮作業が始まります。ファイルサイズによって、少し時間がかかり、少々お待ちください。

Part2:WinX DVD Authorで圧縮したファイルをDVDにオーサリングする方法|無料

無劣化でISOデータを圧縮した後、無料でDVDにオーサリングしたい方は、WinX DVD Authorは一番おすすめです。インターフェースが直感的で、簡単な操作でファイルをタイトルメニュー付きDVDに書き込めます。使い方も簡単で、ほどんとのビデオフォーマット(AVI/MP4/WMV/3GP/DivX/Xvid/ASF/MPEG/MOV/FLV/H264/RM/RMVB/OGG等)をDVDディスクへ落とすことできます。

以下では、圧縮したファイルをDVDにオーサリングする方法を紹介していきます。

WinX DVD Author

初心者に向けのDVDオーサリングフリーソフト - WinX DVD Author

  1. @ 完全無料!AVI、MP4、MKV、3GP、FLV、MPEG、FLV、Youtube、H.264などのビデオファイルからDVDディスクを気楽に作成可能。
  2. A 同時に複数の動画ファイルを追加して、メディアプレーヤーなどでも再生可能な1枚のDVDビデオ(DVD-Video)に焼ける。
  3. B チャプターメニュー、タイトルメニューが作成でき、細かいところまで設定できる。
  4. C ハイクオリティデコーダーと高品質エンジンにより、最高の映像、音声効果を提供。
  • STEP.1

    公式サイトから最新版のWinX DVD Authorをダウンロードしてインストールします。日本語に対応していて、日本人の方々がスムーズに利用できます。インストールが完了した後、起動してください。MP4をDVDにオーサリングする場合は、メインインターフェースの「Video DVD Author」と書かれたボタンをクリックしてください。

  • STEP.2

    左下にある「+」ボタンをクリックし、DVDにオーサリングしたいMP4ファイルをコンピューターから選択して、「開く」ボタンをクリックします。「+」をクリックして、複数のファイルを追加できます。

  • STEP.3

    タイトルメニュー、チャプターメニュー、メニュー画面で流れるBGMの追加、画面サイズ、文字の追加、動画クリップの追加と削除、メニュー画面の背景画像などといった項目を選択できます。

    完了した後、下部にある「>>」ボタンをクリックします。

  • STEP.4

    日本はNTSC DVDで、アウトプットファイルフォーマットを「NTSC」に選択して、右部にある「Start」ボタンをクリックして、MP4からDVDにオーサリングします。

この記事の評価は?
12345
5つ星のうち4.8 (合計89人評価)
ご評価いただき、ありがとうございます

DVDを自分の扱いやすい動画形式に素早く手軽に変換!

  • 最新DVDコピーガードを全部解除
  • 市販やレンタルのDVDも対応
  • リッピング速度業界一の実力
  • DVDを高品質で丸ごとコピー

ホーム | 会社情報 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 合意書 | ニュース | お問い合わせ | 人気記事

Copyright © 2019 Digiarty Software, Inc. All rights reserved

Apple、Appleのロゴ、Mac® 、iPhone® 、iPad® 及びiTunes® などはAppleInc.の商標であり、米国およびその他の国で登録されたものです。DigiartySoftwareがAppleInc.と開発または商業提携をしていません。