「DVD Shrinkはエラーにより続行することができません」に解決法をご紹介!

更新日:5/6(月)

DVD Shrinkバックアップ失敗させるDVDコピーエラー

定番のDVDバックアップ・圧縮・変換できるソフトのDVD Shrinkは、実はWindows XPの時代からリリースされていない状態です。今のパソコンやDVDなどでDVD Shrinkエラーがよくあります。その時に「DVD Shrinkはエラーにより続行することができません」という通知が表示されて、その後にいろいろな原因のような説明がありますが、初心者にとってDVDコピーエラーすらわかりません。もちろんどんな説明でDVD Shrinkバックアップ失敗する時にどうすればいいかともわかりません。ではこれから「DVD Shrinkはエラーにより続行することができません」の後についている説明によってDVD Shrink DVDコピーできない原因、またはDVD ShrinkエラーでDVDコピーできない解決法をご紹介します。

DVD Shrinkはエラーにより続行することができません通知とその原因ご究明

ファイル“○○”のオープンに失敗しました。

入力ファイルが対応できない時に表示される通知です。入力ファイルはDVDコピーガードなどで対応できないDVDの場合に、またはDVDではない場合にこの通知があって、DVD ShrinkでDVDコピーしたいファイルが入力できないということです。DVD ShrinkバックアップできるファイルはDVDまたはISOイメージなどの形式だけなので、それ以外のファイルや、壊れたファイルは認識できません。DVD Shrinkエラーというより誤操作です。このDVDコピーエラーを解決するにはこれからの記事はご参照になります。

メモリー範囲外です。このコマンドを実行するのに十分な記憶域がありません。

メモリが足りない時に表示される通知です。DVDコピーエラーは、DVD ShrinkでDVDコピーして出力するストレージではなく、作業中に必要なメモリが足りないということです。特に32Bitのシステムはメモリを2GBしか認識できません。DVD Shrinkバックアップだけでメモリを増やすわけもないと思います。ほかのソフトや作業を中止したりパソコンを再起動したりすれば直すかもしれません。

指定されたフォルダは無効です。アクセスが拒否されました。

フォルダではなく、DVD ShrinkとOSの互換性が原因です。DVD Shrinkはずっと前から更新されませんから今の新OS バージョンで動作すれば互換性が悪くていろいろなDVD Shrinkエラーがあります。Windows7には「管理者として実行する」ことで簡単に解決できます。Windows10の場合にこれからの記事はご参照になります。

DVD Shrinkの代わりにDVDをリッピングするソフト

WinX DVD Ripper Platinum

  • - DVDディスク、フォルダ、ISOファイルをPCにバックアップ
  • - DVDディスク、フォルダ、ISOファイルをDVD書き込む形式へ変換
  • - DVDリッピングを高品質高速度に完成
WinX DVD Ripper Platinum

DVD Shrinkバックアップできない時DVDをバックアップする役立つ最も素晴らしいDVD ISOコピーソフトです。

ファイル”E:\"の読み込みに失敗しました。 データーエラー(巡回冗長検査(CRC)エラー)です。

DVD ShrinkでDVDコピーしようとする時に、DVDに保存されるデータを正確に認識できずに、修復も失敗した時に表示される通知です。データが壊れるとは限りません。DVDコピーガードで保護されるDVDをDVD Shrinkでバックアップする時によくあります。また、ドライブがディスクの読み込みをうまくできないこともあります。CRCエラーを解決するにはこれからの記事はご参照になります。

ファイル ISO File のシークに失敗しました。

ISOイメージを見つからない時に表示される通知です。ファイル自体がないわけではなく、ファイルシステムが違って検索そのものは失敗したわけです。ファイルシステムはNTFSかPALかと、確認してください。

プログラミングエラー-例外が発生しました。

予想外のDVD Shrinkエラーが発生する時に表示される通知です。症状も原因も未明で、とりあえずこれまで紹介した原因ではありません。この場合にDVD Shrinkのバージョンを変更したりして解決できる報告がありますが原因が複雑ですから直ることが少ないです。

DVD ShrinkでDVDコピーできない解決法:より專門的なDVD Shrink代わりソフト

「DVD Shrinkはエラーにより続行することができません」通知が表示される時に原因も症状も複雑で、時には複数のDVD Shrinkエラーが発生します。この時にDVD Shrinkでバックアップするために解決すればとても難しいです。しかもDVDコピーガードで保護されるDVDや、ファイルシステムが違いISOイメージなどはとうていDVD ShrinkでDVDコピーできません。

ではより強力でより專門的なDVD Shrink代わりソフトのWinX DVD Ripper Platinumを使えば簡単にDVDコピーエラーを解決します。「DVD Shrinkはエラーにより続行することができません」や作業終わらないなどのDVD Shrinkエラーを回避して、DVD Shrinkが対応できないDVDにも対応できます。高速で高品質でDVDとISOを変換して、DVDコピーガードも解除できます。操作方法もDVD Shrinkでバックアップすることより簡単で、初心者でもすぐわかります。ではこれからDVDコピーエラーを回避してDVDをコピーする方法を画像付きでご説明します。

DVD Shrinkエラーを回避してDVDをコピーできる方法

まずWinX DVD Ripper Platinumをダウンロードして、インストールします。

  • STEP.1
    DVDを追加します

    DVDディスクをパソコンに挿入します。そして、WinX DVD Ripper Platinumを起動して、ご覧のように見える。

    標記された「ディスク」と書かれたボタンをクリックして、DVDを追加します。

  • STEP.2
    出力プロファイルを選択します

    新しく現れるウィンドウで出力プロファイルを選択します。DVDをISOにコピーするために、「DVDバックアップ」をクリックして、「DVDをISOイメージへクローン」と書かれた出力プロファイルを選択します。

    「OK」と書かれたボタンをクリックします。

  • STEP.3
    出力先フォルダを選択して、作業開始

    保存先を指定して、確認します。「参照」をクリックしたら保存先フォルダが変更できます。「開く」ボタンで今指定されるフォルダを開くことができます。

    「RUN」と書かれた大きな青いボタンをクリックして、作業を始めます。数分間待てば完成して、出力先フォルダにDVDのISOイメージファイルが保存されます。

DVD Shrinkバックアップできない、DVD Shrinkエラー対策
WinX DVD Ripper Platinum使い方

新バージョンWinX DVD Ripper PlatinumあらゆるDVDをこれ一本で簡単操作できます。

このDVD Shrinkを代替する最高のDVDバックアップソフトを使って、DVDディスク、フォルダ、ISOファイルをPCや空のディスクにバックアップできます。

【対応OS(動作環境)】
  • Windows OS: Windows 10/8/7/Vista(64ビット&32ビットの両方)
  • Mac OS: macOS Mojave, Mac OS X 10.14とそれ以降
この記事の評価は?
12345
5つ星のうち4.7 (合計30人評価)
ご評価いただき、ありがとうございます

DVDを自分の扱いやすい動画形式に素早く手軽に変換!

  • 最新DVDコピーガードを全部解除
  • 市販やレンタルのDVDも対応
  • リッピング速度業界一の実力
  • DVDを高品質で丸ごとコピー

ホーム | 会社情報 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 合意書 | ニュース | お問い合わせ | 人気記事

Copyright © 2019 Digiarty Software, Inc. All rights reserved

Apple、Appleのロゴ、Mac® 、iPhone® 、iPad® 及びiTunes® などはAppleInc.の商標であり、米国およびその他の国で登録されたものです。DigiartySoftwareがAppleInc.と開発または商業提携をしていません。