ソフトウェア 最新情報 & 使い方

Home > Blog > iPhoneで撮影した動画をDVDに焼く方法

【超簡単】無料でiPhoneで撮影した動画をDVDに焼く方法を届け

iPhoneで撮影した動画をDVDに

iPhoneで撮影した動画を長く保存する方法とは?

カメラよりスマホのほうが携帯しやすいでしょう。いつでもどこでも美しい景色や感動の瞬間を撮られます。今のスマホのカメラはどんどん解析度を上げて、普段の撮影にとって十分だと思います。各種のスマホの中でiPhoneのカメラが一番人気のあると言えます。iPhoneで撮影した動画は画質が高いというまでもなく、色合いも質感も実に素晴らしいです。高品質の iPhoneカメラで撮影した動画、その感動の瞬間、美しい瞬間、幸せな瞬間を永久に保存し、家族や友達に分かち合おうとする人も大勢いますよね。または、iPhoneで手軽にパシャパシャと写真撮影をして、いつの間にか、スマホ容量がだんだん足りないでしょう。iPhone中の普通の写真や動画を削除して大丈夫ですが、思い出の動画を削除することはありえないでしょう。そういう時はiPhoneで撮影した容量が大きい動画をどうすれば長く保存できるかと悩んでいる人はきっと多いでしょう。

一般的にはiPhoneで撮影した動画を保存するようにたぶん下記のような方法があります。
1. iPhoneで撮影した動画をパソコンにコピー
iPhoneの動画をパソコンに移すのは基本的な保存方法です。だが、パソコンはいつも元気で安心して使えるとは限りません。ハードディスク(HDD)が故障すると、パソコンの中にある全てのデータが使えなくなります。また、パソコンがウイルスで、パソコンが動作しなくなったり、データが削除されることもあります。iPhoneで撮影した動画をパソコンにコピーする場合は、壊れないパソコンはない、ミスをしないひとはないと忘れないほうがいいだと思います。
裏技: iPhoneの動画をパソコンに取り込み、再生できる方法┃iPhone動画をパソコンで見る

2. iPhoneで撮影した動画をUSBメモリに保存
手軽にデータを持ち出せて便利な USBメモリーはiPhone動画保存のいい選択かもしれないですが、致命的な欠点があります。USBメモリーは、ファイルをたくさん書き換えを繰り返すと劣化が進みます。やがて寿命を迎えると、データの読み書きができなくなります。それに大切なデータの長期間保存すると、データだけが自然に消えてしまう現象も起こります。

3. iPhoneで撮影した動画をSDカードに保存
この方法ははっきり言って、危険なんです。SDカードなどのフラッシュメモリーにデータを入れっぱなしにすると、誤って初期化してしまったり、抜き差し時に事故を起しかねないです。そのほかに、SDカードは電気でデータを記録しているので、長期間放置するとデータが自然蒸発してしまう恐れがあるというのです。こうした点を見ても、SDカードは長期保存向けの記録メディアではないということになりますよね。

4. iPhoneで撮影した動画をDVDに焼く
長期間の保存なら、iPhoneで撮影した動画をDVDに焼くすることを強くおすすめします。DVD光ディスクは長期にわたり安定性が高く、再び読み取ることが容易です。それに、DVDは大容量のデータが記録できる上に、トラブルが一番少ない記録媒体です。DVDそのものは経年劣化で寿命がありますが、iPhoneの動画をDVDに保存して適切な保存管理をすれば30年以上経っても心配ないです。つまり、iPhoneで撮影した動画をDVDに作成することはそれぞれの安全性、寿命を簡単に見ていくと、一番安全で、もっとも長期保存に向いた手段だと断言できます。
人気検索:結婚式ムービーをDVDに焼いた方法〜感動カンタン!

どうやってiPhoneで撮影した動画をDVDに書き込むの?

確かに、いろいろな面から考えれば、iPhoneで撮影した動画をDVDに作成することは長期保存のコツです。だが、iPhoneで撮ったビデオをDVDに焼くなら、初心者にとってハードルの高い作業だと思っている人は多いでしょう。iPhoneの動画をDVDに保存する作業でデータが消えてしまったら、ショックですよね。だって、二度と同じ瞬間は撮影できないですから。簡単かつ安全でiPhoneで撮影した動画をDVDに焼く方法は一番大切です。

ここでおススメしたいのはWinX DVD Authorという無料DVD焼くソフトです。WinX DVD Authorを使って、簡単に無料でiPhone動画をDVDに焼くことができます。そのほかに、多彩な機能を搭載しています。画面に指示される簡単なステップを踏んでいただければ、初心者の方でも簡単にMKV, MP4, FLV, MPEG, MOV, RM, RMVB, H.264, AVIをDVDへと落とすことができます。また、YouTubeなどからダウンロードした動画ファイルをこのWinX DVD Authorを利用してDVDに書き込んだら大画面テレビでもYouTube動画を楽しめます。それに、DVDをメニュー、チャプターメニュー、お好きな音楽と画像つきで作成することができます。他にもDVDを英語、日本語、フランス語、中国語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語などで表示することもできます。それではiPhoneで撮影した動画を編集して、個性的なDVDを作成しよう!

人気検索: Win10 DVD焼く方法:MP4、WMV、FLVなど動画もWindows10でDVDに焼く可能!

iPhoneで撮影した動画をDVDに焼く前に、準備すること

iPhoneで取ったビデオをDVDに焼く前に、まず、しなければならないことはiPhoneの動画をパソコンに移すことです。iPhoneの動画をパソコンに移したら、DVD焼くソフトWinX DVD Authorを使い、パソコンで無料でiPhone動画をDVDに焼くことができます。それではiPhoneで撮影した動画をパソコンに転送する方法を簡単に説明します。iPhone動画転送と言ったら、とても使いやすいiOS管理ソフトWinX MediaTrans を利用して、短時 間で二三クリックだけで完了できます。(WinX MediaTransダウンロード・インストール方法

iPhoneで撮影した動画をDVDに焼く

iPhoneで撮影した動画をDVDに焼く前に、必要なツール!


ーーiPhone動画転送、「WinX MediaTrans 」が便利!
デュアルカメラ搭載、iPhoneで撮影した写真・ビデオのサイズが増える。4Kビデオを撮る場合にも容量が急に不足している。WinX MediaTransはiTunesの代わりに、ネットやWi-Fiに接続しなくてもiPhoneの撮った写真やビデオをPCへ転送してバックアップでき、iPhone容量を節約して保存可能!iPhone SE、iPhone 6s/6s Plus、iPhone 7/7 Plusにも適用。

WinX MediaTransダウンロードWinX MediaTransダウンロード

WinX MediaTransをダウンロードしてインストールしたら、下記の操作手順に従って、簡単でiPhoneの動画をパソコンに転送できます。

iPhone動画をパソコンで見る

ステップ1. WinX MediaTransを起動します。
P.S. WinX MediaTransを起動する度に、最新バージョンをチェックします。もしご利用のバージョンが最新版でない場合、WinX MediaTrans最新バージョンにアップデートすることをおすすめします。WinX MediaTransが最新機能の追加や、バグ修復、最新OS対応など、色々改善して更新したから、最新バージョンをご利用ください。

ステップ2. USBケーブルを通して、お使いのiPhoneをパソコンに接続します。iOSデバイスを初めてパソコンに接続する場合、「このコンピューターを信頼しますか」と出てきます。「信頼」をクリックすればいいです。

ステップ3. そしてWinX MediaTransが自動的に機能主界面に入ります。中央にある5つのボタンがあって、二行目の左の「ビデオ」をクリックして、WinX MediaTransビデオ同期機能に入ります。

ステップ4.パソコンに取り込みたいiPhoneビデオを選択します。
ビデオ選択の裏ワザ:キーボードの左下にある「Ctrl」キーを押しながら、マウスで必要なビデオをクリックして、複数のものを同時に選択できます。また、動画の左上にある空白の□にチェックを入れたら、マウスだけで複数の動画を同時に選択できます。動画あるいは下の動画情報だけをクリックすれば、一つだけの動画が選択できます。

ステップ5.青のメニューバーにあるモニターボタン「エクスポート」をクリックしてください。WinX MediaTransでiPhoneの動画をパソコンに取り込みがタート!

ご注意:WinX MediaTrans体験版(ライセンスコード未登録)なら、毎日、30のビデオがエクスポートできます。使用数がポップアップしたら、「次へ進む>>」をクリックすればいいです。iPhone動画をパソコンに保存したら、その保存フォルダが自動的に表示します。

無料でiPhoneで撮影した動画をDVDに焼きたい!WinX DVD AuthorだけおさえておけばOK

iPhoneで撮影した動画をDVDに焼く

100%無料!iPhoneの動画に対応できる以外に、AVI , MP4 ,  3GP, FLV, MPEG, DivX, Xvid,WMVなどの形式も対応でき
同時に2つ若しくはそれ以上の映像ファイルを一度に処理できる。
*日本語、英語、フランス語、中国語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語など9種の言語に対応できる 。
現市場での全てのDVD焼きデバイスをサポート。例えばDVD+/-R, DVD+/-RW, DVD DL+R, DVD DL+/-RW。
ハイクオリティデコーダーと高品質エンジンにより、最高の映像、音声効果を提供する。音ズレが絶対なし!
iPhoneで撮ったビデオをDVDに書き込む前に編集可能:DVD字幕(*.srt)やBGM&画像の追加することができる。
全てのハードウェアインターフェース(IDE/SCSI/USB/1394/SATA)をサポートするので、書き込みエラーの心配がもう要らない!

サイズ: 18.7MB
OS: MicrosoftR Windows 98, NT, 2000, 2003, XP, Vista , Windows 7, 8

iPhoneで撮影した動画をDVDに作成する無料でiPhone動画をDVDに焼く手順

iPhoneで撮った動画をパソコンに転送したら、WinX DVD Authorを無料ダウンロードしてから、インストールしてください。また、WinX DVD Author 本体画面左下にある「」ボタンをクリックして 「Japanese」を選択することもできます。

ステップ1.

ブランクDVDを挿入して、WinX DVD Authorを起動してください。「Video DVD Author」ボタンをクリックしてください。

ヒント:フリーオーサリングソフトWinX DVD Author使い方〜MP4, AVI, FLV, MOV, MPEG, YouTube動画をDVDに書き込む


ステップ2

」ボタンでビデオファイルの追加 (「」〜削除、「」〜前、「」〜後)
iPhoneの動画をDVDに保存 下のDVD-5/DVD-9のところで空のDVDの空き容量が確認できます。パソコンに移ったiPhone動画ファイル追加完了後、「 >> 」 ボタンをクリックして次のステップへ進みます。
入力サポートフォーマット:MKV, AVI, ASF, MP4, MPEG, MOD, MOV, WMV, FLV (YouTube), RM, RMVB, Xivd, DviX, H264, 3GP, OGG, QT, VOBなど)
小技:「Shift + クリック」 や 「 Ctrl + クリック」 で一度に複数のファイルを選択可能。

>>WinX DVD Author日本語版ある!初心者でもWinX DVD Author日本語へ変換できる!


ステップ3.スクリーンサイズ&DVD メディアの種類の選択

スクリーンサイズの選択
4:3 標準スクリーン または 16:9 ワイドスクリーン
レターボックス(黒帯)を自動追加して画像比率を維持する。 ( 有効 / 無効 )
DVDメニューを作成する ( 有効 / 無効 )
DVD メディアの種類の選択
DVD-5 ( 片面一層式 ) または DVD-9 ( 片面二層式 )


ステップ4.動画編集

iPhone動画ファイルの不要部分をカットしてDVDへ書き込む場合はカット編集を行います。
抜き出す部分の開始位置と終了位置をスライダーバーまたは時間を直接入力して設定します。

>>無料でムービーメーカーで作った動画をDVDに焼く方法


ステップ5.次のステップへ

DVDに書き込むファイルを全て追加と書き込みオプションの設定が終了したら「>>」 ボタンをクリックしたら、変換「Start」ウィンドウが自動的に出てきます。出力フォルダ、 エンコーダエンジン ( NTSC/PAL )、インターレス解除 ( 有効/無効 ) の設定を行います。

ステップ6.準備が完了したら 、「 Start 」ボタンをクリックしてiPhoneで撮ったビデオをDVDに焼くことがスタートです。

上記のように、ただ3つの手順で、簡単にiPhoneの動画をDVDに保存することが実現できます。そのほかに、動画をVobファイルに変換し、VobファイルをDVDに変換し、DVDフォルダをDVDにコピーすることもできます。このWinX DVD Authorは本当に素晴らしいiPhoneで撮ったビデオをDVDに焼くソフトだと言えるんでしょう。

無料でiPhone動画をDVDに

このページをみんなに教える!

もっと多い動画/DVD製品の情報や評判ここで検索: