エンコードとは何?エンコード種類、エンコードとデコードの違い、エンコードやり方を分かりやすく解説

質問サイトでは、「エンコードとはどういう意味ですか?」「エンコードとは何ですか?」「エンコードのやり方を詳しく教えてください。エンコードとは動画と音声を合わせることですよね?他にもエンコードってやることあるんですか?それに、エンコードのやり方もイマイチ分からないので教えてください。」とよく聞かれます。

そこで、この記事では、エンコードとは何ですか?エンコード種類、エンコードとデコードの違い、エンコードやり方を分かりやすく解説していきます。

エンコードとは何ですか?エンコードの意味

  • エンコードとは、encodeとも呼ばれ、主に映像をコード化又はデータ化してファイル化することを言います。
  • 簡単に言えば、アナログ信号やデジタルデータに特定の方法で、後に元の(あるいは類似の)信号/データに戻せるような変換を加えることです。
  • 日常生活では、主に映像データ圧縮作業と音声データ圧縮作業のことをエンコードと言います。それはつまり、動画圧縮と音声圧縮のことだと言われることが多いです。
  • エンコードは動画だけではなく、コンピューターのデータなどといった様々な場所で用いられますが、一般的には動画における分野でよく利用されています。例えば、「動画編集ソフトで編集した結果を、エンコードして動画ファイル化する」「動画変換ソフトでMOVファイルをMP4に変換する。変換エンコードする」みたいに使われる言葉です。
  • だから、動画におけるエンコードとは、「動画圧縮(動画のサイズを圧縮)」と「動画変換(動画ファイルの形式をスマホやインターネット上で再生できるように変換)」作業ということです。
  • ---Wikipediaより引用

動画エンコードの必要性について

ご存知の通り、動画は映像データと音声データ二つものでできているもので、動画ファイルはそれら映像データと音声データをまとめられたものです。動画には様々な動画形式があり、例えば、MP4、FLV、AVI、WMVなどです。ではどうして動画ファイルをエンコードする必要がありますか。それは主に以下のの4点に尽きると思います。

  • 動画ファイルは様々な種類があるため、パソコンやタブレットやスマートフォンやインターネットやTVなどの機器で利用されています。だが、使用目的と再生機器などによっては、再生できる動画ファイルの形式は違います。

    動画ファイル形式は汎用性がありますか。インターネットでは再生できますが、スマートフォン、PCなどの再生機器では視聴できなくなるようなことがよくありますね。だから、視聴可能な動画形式に変換するためには、動画エンコードが必要です。

  • 動画は数えきれないほどの膨大な量の静止画を集合しているものです。そこに音声データも入ってくるため、動画のデータ量が非常に大きくなります。

    動画をウェブサイトで配信する時、元の動画データをそのままウェブサイト上で配信しようとするとデータ量が大きすぎて、動画を再生できません。そこで、動画を快適に再生するために、動画の容量を圧縮して小さくする必要があるのです。つまり、エンコードというデータ圧縮作業が必須です。

  • 動画を再生する時、大きな動画データを受信し、動画データが重いと、ネットワークのトラフィックに過大な負荷をかけますよね。

    回線負荷やサーバ負荷や配信側のコストやインフラ負荷をできるだけ減らすために、動画データを元の動画データより小さく圧縮する必要があります。つまり、動画エンコードを行う必要があります。

  • 動画の画質又は再現性を高めるために、元の動画ファイルより劣化を小さくするように、フレームレート、解像度、ビットレートなどの動画要素を調整する必要があります。このような作業はエンコードということです。

エンコードとデコードの違いはどこにあります

エンコードの対義語と言えば、デコード(decode)と思い浮かべますよね。でも、エンコードとデコードの違いについてどのぐらい知っていますか。エンコードとデコードとはどういう関係ですか。以下では、エンコードとデコードの違いについてご紹介していきます。

  • 1意味の違い
  • エンコードは情報又はデータをデジタル化することです。
  • デコードとは、エンコードとは正反対の用語で、動画ファイル形式特有のデータ形式となっているデータから、映像を再生できるデータ形式に戻していることです。
  • もっと分かりやすく言えば、エンコードは暗号化、デコードは復号化というようなことです。
  • 2対応機器の違い
  • エンコードを行うものは、エンコーダーと呼ばれます。つまり、変換ソフトか変換機器と言われます。
  • 一方、デコードを行うものは、デコーダーと呼ばれます。つまり、再生ソフトか受信機器と言われます。

エンコードのやり方(エンコード方法)を初心者向けに解説します

エンコードのやり方(エンコード方法)と言えば、二つがあります。一つはソフトウェアを利用すること、もう一つはハードウェアエンコード方法です。

一般的には、ソフトウェアを使って、動画をエンコードすることが多いです。ハードウェアエンコードより安価ですし、使い方も便利で、様々な動画形式のエンコードに対応しているメリットが存在します。

では、以下は今最も人気のある動画エンコーダーを使って、動画をエンコードする方法についてご紹介します。

動画エンコードフリーソフトおすすめ

WinX HD Video Converter Deluxeは、動画エンコードフリーソフトとして最も有名です。安全ですし、日本語にもサポートしていて、日本人の初心者でもすぐに使いこなせます。高品質・高速でどんな動画でもエンコードできます。

初心者に優しい動画エンコーダー:WinX HD Video Converter Deluxeでできること

    特徴・機能

  • 〇 動画データの変換
  • ◎ ほぼすべての動画形式に対応!370+ビデオ&オーディオコーデックが内蔵され、HD動画/SD動画/UHD動画をすべて完璧に変換または圧縮できます。
  • ◎ 再生機器に合う最適なビデオ・オーディオ形式を選んで保存できます。420+出力プロファイルがあり、元の動画ファイルをiPhone/iPad/iPod/Android端末/PC/ゲーム機器/iMovie/YouTube/Facebookなどで扱える形式と保存できます。
  • 〇 動画編集
  • ◎ 基本的な動画編集機能が勢揃い!カット、トリム、合併、クロップ、字幕やウォーターマーク追加、パラメーター(ビットレート/フレームレート/解像度)調整、ボリューム調整などが自由にカスタマイズできます。
  • ◎ 高品質のエンジンと"Yadif Double Frames"というデインタレースのエンジンを内蔵し、元の動画ファイルを劣化なしで高画質のままでエンコードできます。
  • ◎ 世界最先端のハードウェアアクセラレーション技術(Intel QSV、MMX-SSE、Nvidia CUDA/NVENC)、ハイパースレッディング及びAMD 3DNow! 技術を搭載し、CPUに負荷をかけなくて動画エンコードを行います。
  • 〇 Web動画ダウンロード
  • ニコニコ動画などの動画共有サイトから投稿動画を好きな形式でダウンロード保存できます。対応する動画共有サイトは1000以上となります。
  • 〇 スライドショー作成
  • 複数の画像ファイルを一つに連結させて、スライドショー風な動画を作成する機能が付いています。
  • 〇 画面録画
  • Mac版にはパソコン画面とWebカメラの映像を録画することができます。

ただの「動画エンコードソフト」だけではなく、他の場面で活用できるのがWinX HD Video Converter Deluxeの魅力です。

これだけ多機能でありながら「操作性の素晴らしさ」「分かりやすさ」「安全・快適」の初心者にピッタリな3ポイントを押さえているのもしいですね。

それではここからはWinX HD Video Converter Deluxeの動画エンコードやり方をご紹介していきます。

動画エンコードやり方@:動画形式の変換

WMV動画ファイルをスマートフォンやタブレットなどの端末で再生しようとする時、このフォーマットはWindows専用に作成された形式で、お使いのスマートフォンやタブレットではサポートされていませんといったメッセージが出てきます。

WMV動画ファイルをiPhoneなどの端末で再生するようには、動画エンコードを行うのが一つの方法です。

まずWinX HD Video Converter Deluxeという動画エンコードソフトを無料ダウンロードしてインストールしてください。後は、起動します。

  • メイン画面の左上部にある「+動画」ボタンをクリックして、パソコンに保存しているWMV動画ファイルを選択してソフトウェアに読み込ませます。

  • 動画ファイルを読み込み
    図1|WMVファイルからMP4ファイルにエンコード
  • 無事に読み込んだ後、「出力プロファイル」が表示されます。そして、「通常の動画ファイル」をクリックし、右のスクロールバーを動いて、「MP4動画」を選択して、「OK」をクリックすればOKです。

    MP4は汎用性が高く、iPhone/Android端末などの機器で扱える形式です。だから、WMVをMP4に変換するのがいいだと思います。

出力ファイルをMP4に選択
図2|WMVファイルからMP4ファイルにエンコード
  • 下部にある「参照」ボタンをクリックして、出力ファイルの保存先を選択します。

  •  
  • 確認した後、「RUN」ボタンをクリックして、WMVファイルからMP4ファイルにエンコードする作業がスタート。進捗状況が現れ、100%になって、「すべての動作が完了しました」といったメッセージが表示されたら、「OK」ボタンをクリックして、動画エンコード作業が完了。

  • WMVをMP4に変換
    図3|WMVファイルからMP4ファイルにエンコード

    動画エンコードやり方A:動画データの圧縮

    「ゆっくり実況動画をニコニコ動画に投稿したいのですが何もかも初心者で、スムーズに動画をニコニコ動画に投稿するために、動画ファイルを保存したり、転送したりしやすくするために圧縮などを行えるエンコードソフトってあれば教えてください。」と質問した人は多いですよね。

    以下では、スムーズに動画ファイルをニコニコ動画に共有・転送するために、動画エンコードを行いましょう。

    • おすすめの動画エンコードソフトWinX HD Video Converter Deluxeのメイン画面の左上にある「動画」ボタンをクリックして、圧縮したい動画ファイルを選択して、エンコードソフトに読み込ませます。

      又は、「Ctrl」キーを押しながら、動画を選択して、複数の動画を同時にこのエンコードソフトに追加できます。

    • 動画ファイルを読み込み
      図1|動画をエンコード(圧縮)する方法
    • 動画データの圧縮方法@:ビットレート、フレームレート、サンプルレート、コーデック変更

      メイン画面にある「歯車のような設定アイコン」をクリックして、パラメータ設定画面が表示されます。ここでは、ビデオのコーデック・ビットレート・フレームレート・解像度、オーディオのコーデックサンプルレート、ビットレート、チャンネルを自由にカスタマイズします。それらの値を小さい方に設定すれば、データ容量が小さくなります。

      動画をエンコード(圧縮)
      図2|動画をエンコード(圧縮)する方法

      動画データの圧縮方法A:トリミング

      動画ファイルから要らない部分をカットして、ファイルサイズも大幅に縮小できます。WinX HD Video Converter Deluxeのメイン画面にある「編集」をクリックしてから、「トリミング」タブをクリックして、「トリム設定を起動」にチェックを入れて、「開始時間」→「終了時間」を設定して、「OK」とクリックすればOKです。

    動画をエンコード(圧縮)
    図3|動画をエンコード(圧縮)する方法
  • 下部にある「参照」ボタンをクリックして、出力した動画の保存先を指定したら、「RUN」を押してください。動画エンコードが始まります。それで、圧縮されたファイルを高速でニコニコ動画に投稿できます。

  •  

    この記事を書いた人:鈴木玲子

    本ページの内容に関して、ご意見等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

    • メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。