高画質動画変換方法|画質を落とさずに動画を変換するソフトウェアについてご紹介

“高画質で動画変換できて、制限がないフリーソフトありますか?あるなら、ダウンロードできるところを教えてください。”

“動画を高画質に変換するフリーソフトを探しています。画質が悪くならず、色んな形式に、綺麗に変換出来るソフトを探しています。普段woopeなどでも変換しているのですが、あまり画質が良くないので困っています。”

と質問した人は多いです。確か、今よく見かける動画変換フリーソフトを使って、変換された動画ファイルの画質が劣化されたり、出力するファイルには制限があったり、動画編集機能を持っていなかったりして、フリーソフトより有料の方が安全だという人は多いようです。

高画質動画変換方法って知っている?!

動画を高画質に変換する方法ってなんですか。高画質っていうのは、お使いのソフトウェア自体の内蔵技術や、搭載する機能によって違います。

検索してみると、動画の画質を上げる方法は主に以下の通り:

1.解像度の上げ

元動画ファイルの解像度をできるだけ上げます。例えば、720p(1280×720)ハイビジョン画質の動画を1080p(1920×1080)フルハイビジョン画質に変更すれば、画質が綺麗になるかもしれません。

2. ビットレート・フレームレート変更

ビットレートとフレームレートはビデオ画質を左右される要素です。

  • ビットレート:1秒間にどれだけ情報を詰め込んでいるかっていうことを表すものです。動画の画質を決める要素です。
  • フレームレート:1秒間の動画で見せる静止画のコマ数です。動画の滑らかさを決める要素です。

一般的に、ビットレートとフレームレートが高ければ高いほど、ビデオ画質がもっと綺麗となり、もっとはっきりしています。

3. ビデオノイズの軽減・除去

ノイズとは、情報理論などで、信号の性質・内容に影響を与えるおそれのあるデータの乱れで、画質を劣化させる要素の一つです。星のような小さなツブツブが出たり、均一なはずの被写体部分に色ムラが出たりします。

動画を高画質に変換するために、ビデオノイズの軽減または除去を行う必要があります。

4.コントラスト・明るさを調整

ビデオの明るさとコントラストは動画の画質を影響する重要な要素の一つです。

コントラストは、画面の中に、一番明るいと一番暗いの間の明るさのランク数で、数字が大きいほど画面が明るいと考えておけばよいです。

明るさは画面の光度で、画面全体が暗くて、何が映っているのかが分かりにくい時、動画の明るさを調整することが必要です。それで、動画をスムーズに見られます。

上記で紹介された重要な要素のほかには、動画の回転・反転・手ブレの補正、クロップなどといった要素も画質に影響を及ぼします。

画質を落とさずに動画を変換するソフトウェアおすすめ

1位:WinX HD Video Converter Deluxe

本格プロ仕様の高画質動画変換ソフト。他のソフトウェアと比べて、簡潔なインターフェースを持ち、非常に使いやすくて多くの方々に愛用されています。

フレームレート・ビットレート・解像度変更、クロップ、ノイズ除去といった編集機能を持ちながら、高品質エンジン、インターレース解除といった新しい技術を内蔵し、オリジナルのままで、画質を落とさずに動画変換を行います。

さらに、動画変換機能に関しては、WinX HD Video Converter Deluxeは1080マルチトラックのHD動画、4K UHD動画HEVC、H.264、MPEG-4、MKV、M2TS、AVCHD、MOD、HDビデオカメラ映像、ブルーレイ動画形式などに対応しながら、370+ビデオ&オーディオコーデックを内蔵し、ほとんど全ての動画ファイルを手軽に変換できます。

加えて、「ソースビデオ⇒HWDec⇒YUV⇒ハードウェア処理⇒HWEnc⇒ターゲットビデオ」という流れは出力ビデオの品質とファイルサイズの間に完璧なバランスを取りました。

こんな人におすすめ!

完全にプロ志向!動画を編集しながら高速・高画質で動画を変換します。高画質動画変換以外、動画ダウンロード、写真スライドショー作成などの機能を試したい本気の人に最適!

対応OS Windows、Mac
無料体験版制限 5分しか出力できません
料金 WinX HD Video Converter Deluxe 年間更新ライセンス3,680円(税抜)
永久ライセンス4,680円(税抜)
主な機能 動画変換機能;
基本的な動画編集機能;
動画ダウンロード機能;
動画録画機能(Mac版限定);
写真スライドショー作成機能;

 

2位:VideoSolo究極動画変換(ビデオソロ究極動画変換)

本格プロ仕様の高画質動画変換ソフト。動画編集機能がたくさん備え、画質増強などの実用な機能もたくさん搭載しています。例えば、480Pを720Pへ、720Pを1080Pへ、1080Pを4Kへ変換、輝度とコントラストを自動的に設定、ノイズを除去、手振れの動作を取り除いて、画面を安定させます。それ以外、クロップ、回転、輝度、コントラスト、飽和度、色相と音量を調整することが可能です。

また、4K (UHD)、1080P (FHD)、720P (HD)と480P(SD)などといった300種類以上の動画ファイルにサポートしていて、AVI、FLV、MP4、M4V、MKV、MOV、3GP、3G2、SWF、WMV、ASF、AAC、AC3、AIFF、FLAC、M4A、MP3、OGG、WAV、WMAといった動画・音声ファイルを楽に相互変換できます。

こんな人におすすめ!

初心者はもちろん、本格的に画質落とせずに動画を変換したい方、初心者向けの動画変換ソフトから乗り換えたい中級者の人なんかに最適です。

対応OS Windows、Mac
無料体験版制限 5分以上の動画を5分しか変換できません;
5分以下の動画を半分だけ変換できません;
料金 VideoSolo究極動画変換 年間更新ライセンス2,980円(税抜)
永久ライセンス3,980円(税抜)
主な機能 動画変換機能;
基本的な動画編集機能;
動画強化機能;

3位:Aiseesoft動画変換究極

Aiseesoft動画変換究極は、動画変換とDVDリッピングを備えている強力的な動画変換ソフトです。特長と言えば、複数の3Dモードを提供していて、一般的な動画ファイルを3D形式にも変換できるところです。

しかも、動画を高画質化する機能を備え、高解像度化、輝度・コントラストの改善、ビデオノイズの除去、手ブレ補正という4つの設定項目があり、手軽に手元の動画ファイルを画質劣化なしで変換します。薄暗いところで撮影した動画を変換したが、Aiseesoft動画変換究極を使って、動画全体的に明るくなり、人物の表情も分かりやすくなったので、この点が素晴らしいと評価されるユーザーは多いです。

簡単操作で、動画を高画質で変換したいなら、Aiseesoft動画変換究極は、1択でしょう。

こんな人におすすめ!

動画変換、DVDリッピングを一括で処理したい方にとっては良いソフトウェアです。また、3D動画変換機能に興味を持ち、無損失で動画を変換したい方は、このソフトウェアは良いものです。

対応OS Windows、Mac
無料体験版制限 1か月の使用期限と変換可能時間が5分間だけになっています。
料金 Aiseesoft動画変換究極 年間更新ライセンス3,824円(税抜)
永久ライセンス5,824円(税抜)
主な機能 動画変換機能;
基本的な動画編集機能;
動画強化機能;
音声変換機能;
DVDリッピング機能;
動画ダウンロード機能;

超簡単!1位の高画質動画変換ソフトを使って動画の画質を上げましょう

以下では動画の画質を上げる操作手順について図解で詳しく紹介していきます。予め、NO.1の高画質動画変換ソフトWinX HD Video Converter Deluxeを無料ダウンロード・インストールしてください。

  • STEP.1

    お使いのパソコンのブラウザで画質を上げたい動画の保存先を開いて、選択してWinX HD Video Converter Deluxeのメイン画面の左側にドラッグ&ドロップしてください。

    「Ctrl」キーを押しながら、動画を選択して、複数の動画を同時にソフトウェアに追加できます。

    動画を高画質動画変換ソフトに読み込み
    図1:動画ファイルを読み込み
  • STEP.2

    動画が読み込んだ後、出力プロファイルが自動的に表示されます。適応なデバイスまたは出力形式を選んでください。

    出力形式を選択
    図2:動画ファイルの出力形式を選択
  • STEP.3

    そして、上述で紹介された高画質動画変換方法を参考にして下記の操作手順に従ってください。

    @ 、解像度・フレームレート・ビットレートを調整したい場合は、「歯車」模様の設定アイコンをクリックして、解像度・フレームレート・ビットレートの値を変更します。

    動画の解像度・フレームレート・ビットレート調整
    図3:動画の解像度・フレームレート・ビットレート調整

    A 、クロップの場合は、「編集」アイコンをクリックして、「クロップ&拡張」タブをクリックして、「クロップ設定を起動」にチェックを入れて、不必要な部分を綺麗に動画から削除することができます。

    動画クロップ
    図4:動画クロップ

    B 、「高画質のエンジンを使用」「インターレース解除」「ハードウェアエンコーダー」といった先進的な機能にチェックを入れてください。

    高画質のエンジンを使用
    図5:高画質のエンジンなどの高機能を使用
  • STEP.4

    下部にある「参照」ボタンをクリックして、出力した動画の保存先を指定したら、「RUN」を押してください。高速・高画質で動画を変換できます。

    高画質動画変換
    図6:高画質動画変換作業がスタート

まとめ

いかがでしたか。今回は、高画質動画変換方法、及び動画を画質劣化なしで変換するソフトウェアについてご紹介しました。

要点をまとめると、

・動画の画質を上げるために、動画のビットレート・フレームレート・解像度を上げたり、クロップしたり、明るさ・コントラストを調整したり、ノイズを除去したりします。

・良い動画変換ソフトを選びます。ソフトウェア自体には高品質エンジン、動画の画質強化機能があります。

だから、仕様用途に合わせて、上記で紹介された高画質動画変換ソフトの機能を比較しながら、目的にあったものを選ぶことができると思います。

そして、ソフトウェアと画質上げる方法を決めた後、ソフトウェアをダウンロードして活用してみてくださいね。

動画エンコードについてもっと知りたい方は

動画エンコードサイトおすすめのページへ
この記事を書いた人:鈴木玲子

本ページの内容に関して、ご意見等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。