ホーム ブログ  iCloud写真バックアップ方法&バックアップできない対策

iPad動画同期

【入門者必見】iCloud写真バックアップ方法&iCloud写真バックアップできない対処法!

iCloudとは
アンドロイドからiPhoneに乗り換えた人はiCloudにはよく知らないでしょう。iCloudとはiOS 5以降を搭載したiPhone/iPod touch/iPad等のiOSデバイスやパソコン(Windows/Mac)のメールや予定、写真などのデータをネット上に保存し、複数のデバイス(端末)でデータを共有できるクラウドサービスです。つまり、写真などをiCloudに保存すれば、iPhone乗り換えや、紛失しても、前機種にある写真を新しい端末にダウンロードして永遠に保存することができます。
システム全体のバックアップと復元をおこなえる「バックアップ」以外、iPhoneを追跡する「iPhoneを探す」や、WebサイトのユーザーIDやパスワードを記録する「iCloudキーチェーン」というサービスも提供しています。本文ではiCloud写真バックアップ方法とiCloud写真バックアップできない時の対処法を紹介します。

ネット不要!iCloud不要!ストレージ制限なし!iPhone写真バックアップ可能

 iCloud写真バックアップ

 WinX MediaTrans

  • 速いは正義!転送速度業界一No.1で写真をパソコンに取り込み!
  •  パソコンの容量が十分なら、iPhone写真を制限なしで転送!
  • ネット環境不要!USBケーブルを通して写真をパソコンに保存!
WinX MediaTrans

簡潔なUIでパソコン初心者も迷わずにiPhone写真をバックアップできます。iOSデバイス全対応!

iCloud写真バックアップ方法

 iCloud写真バックアップ

iCloudを利用するには、「設定」アプリのiCloudを開いて、Apple IDとパスワードを入力します。
サインインをタップすると、iCloudが設定されます。
位置情報の共有やSafariのデータを結合するか訊かれますので、特に問題なければ「使用」と「結合」を選んでおきます。
続いてiCloud写真の設定
[設定]-[iCloud]-[写真]をタップし、[iCloudフォトライブラリ]をオンにします。

iPhone上の保存容量を節約するには[iPhoneのストレージを最適化]を選択します。
このようにiCloud設定すれば、Wi-Fi でインターネットに接続してバッテリーが充電された後に、自動的に写真やビデオがアップロードされます。iCloud写真バックアップします。
説明:マイフォトストリーム(自分のフォトストリーム)は最新の写真1000枚を30日間iCloudで保存できます。また写真だけをバックアップします。ビデオとLive Photosはバックアップしません。

iCloud写真バックアップできない原因を探して解決方法を!

@ iCloud容量不足

iCloudには、5GBの無料のiCloudストレージ容量が付いています。最初は5GBでも十分ですが、端末やデータが増えてiCloud容量が足りなくなります。だからiCloud写真バックアップできないことになります。
「Not Enough Storage」と表示する時もあります。それは5GBだけのストレージが無料で利用できます。それ以上を利用したいなら、購入できます。価格:50 GB 130円/月、200GB 400円/月、1TB 1300円/月

A デバイスが Wi-Fi ネットワークに接続されていない。

ネットに接続していないなら当然iCloud写真バックアップできませんね。解決方法は言うまでもなくWi-Fi ネットワークに接続することです。

B 他の不明な原因

iCloud容量不足以外のときは、バックアップになんらかのエラーが生じていることが考えられます。
エラーによってiCloud写真バックアップできない対処法も違います。こっちの場合は前回のバックアップを削除するとうまく動くようになりました。
「設定アプリ」→「iCloud」→「容量」→「ストレージを管理」→「xxxxのiPhone」と進んで一番下までスクロールすると、「バックアップを削除」のボタンがあるのでこれをタップ。
すると、以前のバックアップが削除されます。
つづいて「設定アプリ」→「iCloud」から「今すぐバックアップを作成」を選べば、バックアップできるはずです。
iCloudは、iPhoneやiPadはもちろん、MacやWindowsパソコンでも使うことができます。同じApple IDでサインインすることで、iCloudの様々なサービスにアクセスできる仕組みです。

iCloud写真バックアップできない

iCloud写真バックアップを忘れて!

iCloud写真バックアップできないことが常に発生します。もっといい方法はありますか。実は今転送ソフトでiPhoneの写真をバックアップする人が多くなりました。専門的な画像転送ソフトを利用するのはおすすめです。転送ソフトを使うメリット:ネット環境不要!バックアップスピードが速い!パソコンの空き容量がもっと多くある!など、転送ソフトを使って写真をバックアップする人が多くなりました。一方転送ソフトを開発する会社もどんどん出てきます。ここでおすすめの転送ソフトはWinX DVD Copy ProやWinX DVD Ripper Platinumを開発したDigiartyのWinX MediaTransです。

iCloud写真バックアップできない

iPhone写真バックアップするにはWinX MediaTransを使って!
★ 写真転送速度業界随一!1000枚の写真をパソコンにバックアップするにはただ40秒!
★ iTunesをアンインストールしても問題なく動作できる!
★ 画像を10000+を表示してもクラッシュなしで、数秒しか掛らない!
★ UIが簡潔で、使い方を見なくても操作方法を自分でこなせる!
★ 脱獄問わず、Apple ID登録不要!
★ iOS 10ベータ版にも対応!

WinX MediaTrans写真転送の方法〜iPhone写真をパソコンに移行
ステップ1. WinX MediaTransを起動します。
ステップ2. USBケーブルを通して、お使いのiPhone・iPad・iPodをパソコンに接続します。iOSデバイスを初めてパソコンに接続する場合、「このコンピューターを信頼しますか」と出てきます。「信頼」をクリックすればいいです。
ステップ3. そしてWinX MediaTransが自動的に機能主界面に入ります。中央にある5つのボタンがあって、一行目の左の「写真転送」をクリックして、WinX MediaTrans写真転送機能に入ります。
ステップ4.パソコンに取り込みたいiPhone画像を選択します。
画像選択の裏ワザ:「すべてを選択する」にチェックを入れたら、iPhoneにあるすべての画像が選択されます。キーボードの左下にある「Ctrl」キーを押しながら、マウスで必要な写真をクリックして、複数のものを同時に選択できます。また、日/月/年により分類した一覧表に、時間の前にある空白の□にチェックを入れたら、この時間で撮った写真と保存した画像が全て選択されます。右を指す▲あるいは時間をクリックすればこの時間で撮った写真と保存した画像が全て表示します。
ステップ5.青のメニューバーにあるモニターボタン「エクスポート」をクリックしてください。iPhone写真バックアップスタート!

, iPhone写真バックアップ

iCloud写真バックアップできない時、是非WinX MediaTransを試してください。

RECOMMENDこちらの記事も人気です。

主要カテゴリー

WinX MediaTrans

「iTunes」代替ソフト2017版〜〜 日本語に対応

iPhoneを PCに転送

iPhone、iPad、iPodのiOSデバイスとPCの間に音楽、プレイリスト、ボイスメモ、ビデオ、iBook、着信音などのデータ移行・同期

スマホ全般比較

超人気スマホフラグシップ機iPhone、Xepria、Galaxy最新スマホ&タブレット徹底比較!|メリット&デメリット付き

iPhone/iPadの最新情報, スマホ全般の話題の人気記事

  1. 1

    iPhoneデータをiCloudから復元できない場合の対処法|iPhone 7 iCloud復元できない

  2. 2

    【iPhone 7ユーザー必見】iPhone 7動画をパソコンに取り込み保存する方法!

  3. 3

    【初心者向け】iPhone 7に音楽の入れ方:パソコンからiPhone 7へ音楽を転送・添加!

  4. 4

    iTunesがiPhone認識しない/同期できない原因&対処法〜最新のWindows10/Mac/iPhone7/iOS10に全対応!

  5. 5

    iOS 10アップデートガイド〜iOS 10新機能、不具合などの最新情報をまとめ

iPhoneバックアップの最高ソフト〜WinX MediaTrans

5KPlayerダウンロードWin版 5KPlayerダウンロードMac版