【Windows 11 ISO書き込み】Windows 11でISOイメージをDVDに書き込む方法やおすすめソフト

Windows 11 ISO DVD書き込みソフト

Windows 11でISOファイルをDVDに書き込んで再生したいという時はありませんか?

しかし、Windows 11でISOを書き込むとき、「エラーメッセージが表示され、それいこう進みません。」「ISOをDVDに焼いて、DVDから起動すると正しく作動しません」などのエラーが出て書き込みできないことがあります。

この記事では、Windows 11でISO書き込みたい方のために、Windows 11でISOをDVDに書き込む方法や、ISOを書き込むできるフリーソフトをご紹介します。

Windows 11でISOを書き込みするには?

ISO書き込みとは、空のDVDディスクにISOイメージファイルを記録することを言います。DVDディスクにISOデータを記録することで、パソコンやDVDプレイヤーで再生して映像を楽しんだり、データのバックアップとして保管したりできます。

ISOを書き込み時、目的に合わせて適切なDVD形式を選ぶすることがオススメです。次は適切なデータ形式を目的ごとに説明していきます。

「DVD-Video」形式

「DVD-Video」とは、DVDプレーヤーやパソコンなどで再生できるDVDの形式です。作成したDVDをパソコンや、家庭用DVDプレイヤーで再生したい場合は、「ISO」から「DVD-Video」に変換する必要があります。

ただし、DVD-Video形式は多くのDVDプレイヤーで再生できますが、記録後は編集や追記処理などができないことをご注意ください。

「データDVD」形式

「データDVD」とは、映像をデータファイルとしてDVDに収めたものです。作成したDVDをバックアップ用やデータ保存用として使用したい場合は、「データDVD」形式がオススメです。データDVD形式で保存したDVDは主にパソコンで再生でき、後からデータを編集することも可能です。

ただし、DVD-Video形式は、家庭用DVDプレイヤーでは再生できないので注意しましょう。

<

Windows11でISOを書き込むために用意するもの

Windows11でISOをDVDに書き込みする時、必要とされる基本的なものが以下の5点です。

DVDに焼きたいISOイメージファイルと、書き込み用の空のDVDを準備しましょう。また、書き込み作業を行うためのパソコンとDVDを挿入する記録型DVDドライブも必要です。(最近はドライブが搭載されていないパソコンが増え、搭載されていない場合、外付けタイプのドライブを用意する必要があります。)

最後のDVDライティングソフトとは、パソコンで編集した映像や音声などのデータを1つにまとめ、書き込み可能なCDやDVDにデータを書き込むときに使うソフトのことです。ライティングソフトソフトには、有料版や無料版、市販のものやネットでダウンロード可能なものなど、さまざまな種類があります。それぞれのソフトの特徴を把握し、目的に合ったものを選ぶといいでしょう。

<

Windows11 ISO書き込みおすすめのソフトや方法

ここからは、Windows11パソコンでISOをDVDに焼くための具体的な方法と、DVD用のデータ形式への変換ができるおすすめのソフトについてご紹介します。Windows11でISOの書き込み方法は2つがあります。

方法❶. Windows11の標準機能でISOを書き込む方法

Windows11には、外部アプリをインストールしなくても!ISOファイルをDVDに書き込む機能が搭載されています。Windows11の標準機能を使い、ドラッグ&ドロップ操作で、ISOファイルイメージファイルをマウントしたり、DVDディスクに書き込んだりすることができます。また、光学ドライブがBlu-rayに対応していればBlu-rayに書き込む事も可能です。

デメリットWindows11の標準機能を使い、「DVDデータ」形式での書き込みにしか対応しておらず、「DVD-Video」形式のDVDは作成できないので、ISOをDVDに書き込みはできても、パソコンで見るだけで、家庭用レコーダー等で視聴することはできのでご注意ください。家庭用Blu-Rayレコーダーや家庭用DVDプレイヤーで再生するためには、ほかのDVDオーサリングソフトを使うことがオススメです。

【Windows 11でISOを書き込むには、以下の操作手順を行ってください。】

<

方法❷. DVDライティングソフトでISOを書き込む方法

Windows11標準機能で焼いたDVDはパソコン以外のプレーヤーで再生できないので、パソコンだけでなく、家庭用Blu-Rayレコーダーや家庭用DVDプレイヤーでDVDを再生したい場合、DVDライティングソフト「WinX DVD Copy Pro」がオススメです。

【WinX DVD Copy Pro】

「WinX DVD Copy Pro」は、ISOを「DVD-Video」形式に変換できる、日本語対応のオーサリングソフトです。

WinX DVD Copy Proを使い、Windows 11でISOをDVDに書き込むことができるだけでなく、DVDをバックアップしたり、ISOイメージに変換したりなどもできます。また、細かい設定を行う必要がなく、操作方法がシンプルのが特徴で、初心者でも操作しやすいです。

【Windows 11でISOを書き込むには、以下の操作手順を行ってください。】

<

最後:Windows 11で書き込んだDVDを再生するには

以上、Windows 11でISOの書き込み方について解説しました。

また、Windows 11にはDVD再生ソフトが標準搭載されていないため、そのままではDVDを見ることはできません。無料のDVD再生ソフトは、「VLC media player」、「5K Player」などがあります。ここでは「5K Player」を例に、書き込んだDVDを再生する方法も紹介します。DVDプレイヤーを購入しなくても簡単にWindows 11のPCでDVDを見ることができます。

【Windows 11でDVDを再生するには、以下の操作手順を行ってください。】

この記事を書いた人:ミツキ

本ページの内容に関して、ご意見等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。