HandBrakeでコピーガード解除できない、変換失敗する時の対処法

HandBrakeでDVD変換できないエラーは多くなります。その原因は何でしょうか?

実は、その大きな原因はHandBrakeでコピーガード解除できないということです。

いまは、市販の大部分のDVDやレンタルDVD、ブルーレイDVDなどはコピーガードがついています。コピーガード解除機能がないHandBrakeはDVD変換できないエラーが頻繁に発生します。

それで、今回はHandBrakeコピーガード解除できない時の対処法を紹介します。本文は二つの方法でHandBrakeでDVDコピーガード解除できない問題を解決します。

Handbrake機能詳解

HandBrakeは、DVDやDVDのISOイメージをメディアプレーヤーやPS3/iPhone / iPadなどので再生できる形式に変換できるエンコードツールです。無料ソフトなので使いやすく人気のソフトです。オープンソースで開発されており、WindowsやLinux、Mac OS Xで動作します。

HandBrakeは海外の開発者によって開発されたソフトなので、英語表記になっていますが、日本語化にすることができます。

サポートしている変換元ファイル:

・VIDEO_TSフォルダ
・DVDイメージ
・DVDディスク(CSSを含むコピープロテクトが施されたディスクはサポートしていません)
・.VOBおよび.TSファイル
・libavformatで読み込み可能で、libavcodecでデコードできる多くのマルチメディアファイル

サポートする出力形式:

・対応ファイルフォーマット(コンテナ): MP4、MKV、AVI、OGM
・対応コーデック(動画): MPEG-4、H.264、Theora(1もしくは2パス、一定品質/レートエンコード)
・対応コーデック(音声):AAC、MP3、Vorbis、AC-3(複数音声トラックにも対応)

このHandbrakeには、基本的な変換機能のほかに、DVD・Blu-ray・ISOイメージファイルのタイトル内の特定なチャプターのみを抽出して変換する機能、字幕を合成する機能、フレームをリサイズする機能なども搭載されています。

しかし、HandbrakeでDVDなどを変換するときは、変換できないエラーはよく発生します。例えば、DVDをHandbrake で変換する時にエラーメッセージが出たり、変換途中で止まったり、変換失敗などのエラーが発生します。そのようなエラー発生する最も重要な原因は、HandbrakeはコピーガードつきのDVDをコピーできないです。CSS,リージョンコード, RCE, ソニーArccOS, UOPs, Disney X-project DRMなどのDVDコピーガードをHandBrakeで解除できないです。簡単に言うと、市販の大部分のDVDやレンタルDVDなどはHandBrakeでコピーできないです。

HandBrakeでコピーガード解除できない時の解決方法

HandBrakeにはコピーガード解除の機能が搭載されていないですが、DVD変換できない問題を簡単に解決できます。ここからはHandBrakeコピーガード解除できない対処法を紹介します。

【対策@】DVDコピーガード解除できる無料ソフトと組み合わせ

HandBrakeコピーガード解除機能がないですが、別のコピーガード解除機能つきの無料ソフトと組み合わせて、DVDを変換することができます。

コピーガード解除機能つきの無料ソフトといえば、DVD Decrypterは有名です。対応可能のDVDコピーガードはCSS、RC(リージョンコード)とRCEなどです。しかし、ご注意することはソニーArccOS, UOPs, Disney X-project DRMなどのような難しいDVDコピーガードを解除することはできないです。

下記でDVD DecrypterとHandBrakeの組み合わせの使い方を紹介します。

DVD DecrypterでDVDコピーガードを解除
DVD DecrypterでDVDコピーガードを解除
  • Step1:まずは、DVD Decrypterをパソコンにインストールしてください。 インストール完了したら、ソフトを起動します。
    ※DVD Decrypterを使う前に、いくつかの初期設定を行わなければならないです。 DVD Decrypterの初期設定はこちらへ>>>
  • Step2:DVDディスクをソフトに入れます。追加されたDVD映画ディスクのラベル、リージョンとコピーガード種類などの情報が表示されます。
  • Step3:出力先を指定する場合は、赤枠のアイコンをクリックします。適当な保存場所を選んでください。
  • Step4:赤枠部分をクリックしてリッピング開始!完了のダイアログがでればリッピング成功です。

これでDVD DecrypterでDVDコピーガードを解除することは終了です。次はHandBrakeで変換作業をすることだけです。

HandBrakeでDVD変換
HandBrakeでDVD変換
  • Step1:HandBrakeを起動し、「Source」オ プションを押すと、DVDディスクまたはDVDフォルダを選択します。
  • Step2:Handbrakeの出力ファイルのデフォルト場所はディスクトップです。ほかの出力場所で保存したいなら,自分のニーズにより出力フォルダを選択します。「Browse」ボタンをクリックして、DVDの出力フォルダを設定できます。事前にハードディスクに十分のスペースがあるかどうかを確認する必要があります。
  • Step3:DVDの出力形式を選択し、MKVとMP4フォーマット二つだけありますから、最適な形式を選択してください。
  • Step4:「Start」ボタンをクリックして、主界面の左下にHandBrakeでDVDを変換するプロセッサが表示します。

【対策A】DVDコピーガード解除とDVD変換の機能を持つソフトを使う

HandBrake とDVD Decrypterの組み合わせでDVDコピーガードを解除し変換できますが、どう見てもやや面倒くさいと感じませんか?

または、HandBrake とDVD Decrypterはすでに開発停止になっています。機能更新どころか、ソフトエラーのサポートもできないです。それで、DVD Decrypterは最新のDVDコピーガードを解除できないので、DVD変換失敗のケースも多くなります。

ですから、もう一つの簡単なHandBrakeコピーガード解除できない対処法を紹介します。一つのソフトで最新のDVDコピーガードを解除し、DVDをMP4/AVI/MOVなどの汎用動画形式に、MP3/WAVなどの音楽形式に変換することができます。またはiPhone/iPad/Andriodなどのデバイスに取り込んで再生することもできます。そのソフトの名はWinX DVD Ripper Platinumといいます。このソフトは最新の、難しいDVDコピーガードを解除できる能力が多くのユーザーに謳歌されています。それに、使い方も超簡単で、初心者でも軽く操作できます。実に素敵なソフトです。

WinX DVD Ripper PlatinumでDVDを変換
WinX DVD Ripper PlatinumでDVDを変換
  • Step1:まずWinX DVD Ripper Platinumをダウンロードして、インストールします。
    そして、DVDをパソコンに挿入します。WinX DVD Ripper Platinumを起動して、「DVDディスク」ボタンをクリックしてDVDをソフトに追加します。
  • Step2:新たなウィンドウで出力プロファイルを選択します。標記された「通常の動画ファイル」ボタンをクリックしてください。そして、変換したい動画ファイルを選択して、「OK」ボタンをクリックします。
  • Step3:保存先のところで、「参照」ボタンをクリックし、出力されるファイルの保存先を指定します。
  • Step4:最後は、右下の「RUN」ボタンをクリックして、DVD変換が始まります。完成するまで少々お待ちください。

おわりに

HandBrakeでコピーガード解除できない時は、とりあえず上記で紹介される方法をお試してください。その二つの方法とも簡単で、操作しやすいです。二つ目の対処法はもっと便利だと思います。 

    注意

  • * 2012年10月1日から著作権法の一部が改正されます。「技術的保護手段」が施された市販のDVD・Blu-rayのコンテンツを複製する行為は、個人用途や家庭内利用の範囲から外され、違法となります。
  • * Discの複製・変換を行う場合は、自作DVD・Blu-rayや家庭用ビデオカメラで個人的に撮影したデータなどで利用するようにして下さい。

最強のDVD変換ソフトウェア

WinX DVD Ripper Platinumは、優れたDVD変換ソフトです。素晴らしいDVDコピーガード解除機能を持ち、容量偽装、ファイルサイズ偽装、Disney X-project DRM はもちろん、DVD CSS、リージョンコード、RCE、ソニーArccOS、UOPs、保護された99-タイトル DVD、トレニンーグDVD、日本製のアダルトDVD及び映画とTVシリーズDVDといったコピーガード付きDVDを変換することが可能です。

この記事を書いた人:小早川

本ページの内容に関して、ご意見等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。