【無料DVD焼く方法】DVD焼くフリーソフトとDVDの焼き方ご紹介|Windows&Mac対応

ーースマホで撮影した長時間の動画、運動会、結婚式などで録画した動画をDVDに焼いて、ディスクとして保存したい。
ーーYouTubeから保存した動画を家庭用DVDプレイヤーで視聴できるようにDVDに焼きたいDVDに書き込みたい。
ーー市販の映画のDVDをパソコンに取り込んで、そのデータをからのDVDに焼きたい。

上記のとおり手元の自作動画、録画したドラマや映画そして借りたDVDデータを空白のDVDディスクに書き込んで友人と共有したり、TVなど他のプレーヤーで楽しめませんか?このページでは無料なDVD焼く方法とおすすめのDVD焼くフリーソフトをいくつか紹介していきます。※ (WindowsとMacそれぞれのおすすめを紹介していくので、あなたにぴったりのDVD書き込むフリーソフトが見つかります。)

無料DVD焼く方法:準備篇

DVDを焼くするために、まずは準備として必要なアイテムをチェックしてみましょう。

DVDを読み込めるドライブ

動画をDVDに書き込んで焼くためには、パソコンにDVDを読み込めるドライブが必要になります。一部のパソコンがDVDを読み込めるドライブ自体搭載されているが、パソコンのスリム化が進むにつれてパソコン自体からDVDドライブは省略されたものも増えてきています。そういう場合、外付けDVDドライブを準備しなければなりません。

空白のDVDディスク

DVD焼くは、動画やDVDのデータを空のDVDメディアに記録した保存するということですので、空白のDVDは不可欠なものです。DVDには、「DVD-R」と「DVD-RW」二種類あります。

  • 「DVD-R」:一度書き込んだら、追加で書き込むことができませんから、失うことが許されない大容量データを保存するとき、DVD-Rのほうがおすすめです。
  • 「DVD-RW」:何度でも半永久的に書き換えが可能なディスクです。大容量の動画を保存するほかにも、一時的なデータを保存するときよく使われています。初心者の方ならDVD-RWのほうがおすすめです。DVD-RWの互換性がDVD-Rより優れていて対応できるデバイスが多いというメリットがあります。

DVD焼くソフト

最後には、DVDに書き込むためのソフトを利用しなければなりません。DVD焼くソフトは様々で有料のものと無料のものがたくさん開発されています。DVDを焼くソフトを探している方のために、次はWindowsパソコンとMacパソコン向けの、無料、しかも初心者の方にも使えるDVD焼くソフトを使って、無料でDVDを焼くする手順を紹介していきます。

<

無料DVD焼く方法:Windows篇

#1〜「WinX DVD Author」でDVDを焼く

DVD焼くフリーソフト 特徴

WinX DVD Author

完全無料・制限なし
ダウンロード 使い方

WinX DVD Authorはシンプルで使いやすいDVDオーサリングソフトです。完全無料でお持ちの動画からDVDへ書き込んで、一般的なDVDプレイヤーやDVDレコーダーで再生することができます。多様な入力に対応で、動画ファイルだけでなく、VOBファイルからDVDへの書き込みや、DVDファイルからDVDに焼くこともできます。

DVD焼くのほかにも、WinX DVD Authorはオンライン動画を直接ダウンロードしてDVDへ書き込む機能、動画編集機能、DVDメニュー作成機能、VOBファイル作成機能なども搭載しています。

対応OS Windows10 / 8.1 / 8 / 7 (64 bit OS)
日本語 対応
サポート入力形式 MKV, M2TS, M4V, AVI, ASF, MP4, MPEG, MOD, MOV, WMV, FLV, RM, RMVB, Xivd, DviX, H264, 3GP, OGG, QT, VOBなど
サポート出力形式 DVDディスク(DVD+/-R, DVD+/-RW, DVD DL+R, DVD DL+/-RW), DVDフォルダー, VOBファイル

WinX DVD Authorを用いて無料でDVDを焼く方法

  • 「今すぐダウンロード」ボタンをクリック、またはWinX DVD Author公式ページまでソフトをパソコンにダウンロードしてインストールします。

    インストール完了後、ソフトを起動します。そしてメインメニューは「Video DVD Author」「Convert Video to Vob」「Vob to DVD Combpiler」「DVD Disc Burner」と「YouTube Downloader」五つのボタンがあります。ニーズに応じて選択します。※ (ここで例として動画をDVDに焼く方法を紹介するつもりですから、「Video DVD Author」を選択します。)

    「Video DVD Author」:動画ファイルからDVDへ書き込む
    「Convert Video to Vob」:動画ファイルをVOBファイルへ変換
    「Vob To DVD Combpiler」:VOBファイルからDVDへ書き込む
    「DVD Disc Burner」:DVDファイルからDVDへ書き込む
    「YouTube Downloader」:YouTube動画をDVDへ書き込む

  • WinX DVD AuthorでDVDを焼く方法
    WinX DVD AuthorでDVDを焼く方法
  • 「Video DVD Author」をクリックした後、表示された画面で「+」よりDVDに書き込みたい動画を選択して追加すると、画面右側の画面に、動画がソフトに読み込まれます。※ 複数の動画ファイルを一つのDVDに焼きたい場合、上記の手順を重複して動画を追加するだけでいいです。

    そしてこの画面でいろいろな項目を設定した後、次の画面へ進むボタンをクリックします。

    この画面の設定:
    @、開始時間/終了時間を設定して動画をトリミング
    A、4:3標準スクリーン/16:9ワイドスクリーンで画面の比率を調整
    B、黒いボーダーを添加:レターボックスにするかどうかを設定
    C、DVDメニューを生成するかどうかを設定
    D、「+」:動画を追加。「−」:追加した動画を削除。「↑」:動画を上の位置へ変更。「↓」:動画を下の位置へ変更。
    E、次の画面へ進む

  • WinX DVD Authorで動画を追加
    WinX DVD Authorで動画を追加
  • DVDのメニュー画面の設定画面が表示され、この画面で背景画像、文字や音楽の追加などができます。

    この画面の設定:
    @、メニュー画面の背景画像を設定
    A、タイトルメニュー/チャプタメニューの設定画面の変更
    B、動画に文字を追加
    C、動画に音楽を追加
    D、動画クリップの追加や削除。
    E、次の画面へ進む

  • DVDのメニュー画面の設定
    DVDのメニュー画面の設定
  • DVD書き出し画面で「Start」ボタンをクリックすると、動画をDVDに焼く作業が始まります。

<

#2〜「Windows DVD メーカー」でDVDを焼く

DVD焼くフリーソフト 特徴

Windows DVD メーカー

完全無料・制限なし

Windows DVDメーカーはMicrosoft製によって開発されてDVD書き込みソフトです。使い方が簡単で、完全無料で画像や動画をDVDビデオに作成して市販のDVDプレーヤーで再生できます。

indows VistaやWindows 7を利用しているなら、パソコンにWindows DVDメーカーを標準搭載しているかもしれません。しかし、Windows DVDメーカーは2017年から公式よりの提供が終了で、Windows 8以降のパソコンは「Windows DVDメーカー」を標準搭載していないので、Windows 8/10を利用している方ならほかのDVD焼くソフトを使うことがおすすめです。

対応OS Windows Vista /7
日本語 対応
サポート入力形式 AVI, MPG, M1V, MP2V, MPEG, MPE, MPV2, WM, WMV, DVR-MS, WTV, ASFなど(MP4, MOV, FLVに対応しない)
サポート出力形式 AAC,MP4,M4A,M4P

Windows DVD メーカーを用いて無料でDVDを焼く方法

  • Windows 7や VistaでWindows DVD メーカーを起動します。(スタートからWindows DVD メーカーを見つけます。)

  • Windows DVD メーカーメニューバーの「項目の追加」からDVDに焼きたい動画ファイルを選択してソフトに導入してから、右下の「オプション」をクリックして再生設定、縦横比、形式などを設定してから。「次へ」をクリックします。※ ビデオ形式をNTSCに設定してください。

  • オプションで設定
    オプションで設定
  • 「次へ」をクリックした後、「ディスクへの書き込み準備」画面へ進みます。メニューテキストやスライドショーなどで動画に文字や音楽などを追加することもできますが、デフォトのままで変更しなくてもOKです。

  • 設定完了した内容をDVDをプレビュー画面でチェックできます。問題がなければ「OK」をクリックして、「書き込み」ボタンをクリックします。そして指示の通り空白DVDをドライブに挿入して「書き込み」をクリックするとDVDの焼くが開始されます。

  • Windows DVD メーカーでDVDを焼く
    Windows DVD メーカーでDVDを焼く
<

#3〜「ImgBurn」でDVDを焼く

DVD焼くフリーソフト 特徴

ImgBurn

無料・高機能
ダウンロード 使い方

ImgBurnはブルーレイDVDのライティングにも対応できるフリーソフトです。動画ファイル、イメージファイル、DVDディスクをDVDやブルーレイなどの光学ディスクに書き込むことができるほかにも、ディスクに書き込まれたデータを取り出すことができます。

ImgBurnは無料ながら非常に多機能、高性能ですが、初心者のため【EZモード】も搭載しているため、初心者の方にもうまくImgBurnを使ってDVD焼くことができます。

対応OS Windows10 / 8.1 / 8 / 7
日本語 非対応(日本語化ファイルある)
サポート入力形式 IMG, ISO, BIN, CDI, CDR, DVD, GCM, GI, DI, LST, MDS, NRG, PDI, UDI, PDI, UDIなどのイメージファイル形式、ファイルやフォルダ
サポート出力形式 DVD、HD DVD、Blu-ray

ImgBurnを用いて無料でDVDを焼く方法

  • まずはImgBurnをパソコンに無料ダウンロードしてインストールする必要があります。

    参考記事:ImgBurn がついに日本語化された!安全にImgBurn日本語版ダウンロードする方法>>

  • ImgBurnを起動するとEZモード画面で表示され、「イメージファイルをディスクに書き込み」を選択します。※ (ここで例としてイメージファイルをDVDに焼く方法を紹介するつもりですから、「イメージファイルをディスクに書き込み」を選択します。ニーズに応じてほかのモードも選択できます。)

  • オプションで設定
    オプションで設定
  • 「入力元」から、DVDへ書き込みたいISOイメージファイルを選択して追加します。「出力先」をクリックして、DVDドライブを指定します。

  • 最後には「ISOー>ディスク」アイコンをクリックすると、ImgBurnでISOイメージファイルからDVDへ書き込むことが始まります。

  • Windows DVD メーカーでDVDを焼く
    Windows DVD メーカーでDVDを焼く
<

無料DVD焼く方法:Mac篇

#1〜「Burn」でDVDを焼く

DVD焼くフリーソフト 特徴

Burn

Mac DVD焼くフリーソフト:Burn
完全無料・制限なし
ダウンロード

BurnはMac標準搭載のDVD焼くアプリーーiDVDの代わりにDVDを書き込むことができるソフトです。iDVDはMなかなか知名度が高いですが、Lion以降のmacOSではiDVD対応していないので、Lion以降のmacOSの場合Burnのほうがおすすめです。

Burnも有名なMac用ライティングソフトです。完全に無料で最新版のmacOSにも対応、データ、オーディオ、ビデオ、コピー4つのモードが搭載され、動画/音声/DVDなどあらゆる種類のファイルをDVDへ書き込めます。ファイル形式を変換してくれる機能で動画を変換してDVDに焼くことができます。が使い方もとても簡単で、初心者の方にも楽に操作できます。

対応OS macOS 10.9以降
日本語 対応
サポート入力形式 MOV、AVI、3GPP、3GPP2、MP3、MOV、AIFF、WAV、JPEG、DVDなど(画像入力は対応していない)
サポート出力形式 出力したいプロジェクトを選択

Burnを用いて無料でDVDを焼く方法

  • Burn公式ページから「Download Burn」をクリックしてしてBurnをMacに無料ダウンロードしてインストールします。

  • Burnをダウンロード
    Burnをダウンロード
  • 「Burn」を起動した後、まずBurnの設定を変更しなければなりません。※ 変更しないと、DVDをPC以外のプレーヤーで再生できません。

    「設定画面」>「ビデオタブ」>「一般」の順でクリック、地域のところで「PAL」から「NTSC」へ変更してください。そして「DVD」下に、「MPEG2エンコードを強制する」と「DVDテーマを使用」にチェックを入れてください。

  • Burnで設定
    Burnで設定
  • 「Burn」で設定した後、動画からDVDへ書き込みたい場合、「ビデオ」ボタンをクリックして、下に「DVD-Video」を選択します。そして「+」ボタンから素材となる動画ファイルを追加すると、「mpgにそのファイルを変換しますか?」というメッセージが表示され、「変換」を選択します。

  • 準備ができたら「ディスク作成」ボタンを押すと、DVDの作成が始まります。完了まで待つだけでいいです。

  • BurnでDVDを焼く方法
    BurnでDVDを焼く方法
<

#2〜「Disc Burner」でDVDを焼く

DVD焼くフリーソフト 特徴

Disc Burner

Mac DVD焼くフリーソフト:Disc Burner
完全無料・データ保護機能あり
ダウンロード

Disc Burnerは無料で使えるMac用DVD作成ソフトです。動画、音楽、画像などのデータをDVDに焼くことができるほかにも、データ保護機能にも搭載しているところがその特徴です。大切なデータがある場合、Disc Burnerを使ってdvd書き込むことがおすすめです。

英語版しかありませんので、日本語に対応していませんが、インターフェイスがシンプルにデザインされ、操作がとても簡単です。

対応OS Mac OS X 10.2〜
日本語 非対応
サポート入力形式 MP4, MOV, AVI, MKV, WMV, MP3, JPG, ASFなど
サポート出力形式 CD, DVD

Disc Burnerを用いて無料でDVDを焼く方法

  • Disc BurnerをMacで使えるようにするために公式からダウンロードしてインストールします。そしてDisc Burnerを起動し、空白のDVDをドライブに挿入します。

  • Disc Burnerをダウンロード
    Disc Burnerをダウンロード
  • 「空のCDをセットしました。ポップアップメニューから実行する動作を選んで下さい」というメッセージが表示されると、「FInderを開く」のままにして、名前の欄に名前を入力してOKを選択します。

  • DVDに焼きたい動画をマウントされたメディアのアイコン上にドラッグアンドドロップします。

  • マウントされたメディアをゴミ箱に捨てると、動画からDVDの作成が始まります。

  • Disc BurnerでDVDを焼く
    Disc BurnerでDVDを焼く
<

#3〜「Finder」でDVDを焼く

DVD焼くフリーソフト 特徴

Finder

完全無料・ダウンロードなし

FinderはもともとMacでファイルやフォルダーを削除・移動・コピーなどを行うMacに標準搭載されているアプリですが、DVD焼く機能もついているから、簡単にデータCD、DVDを焼くすることもできます。

Macに自体搭載でダウンロードする必要がないところが便利です。また使いやすくて機能もシンプルと見えていますが、実に使ってみるとかなり多機能です。

対応OS Mac OS
日本語 対応
サポート入力形式 DVDディスク、ISOイメージ、フォルダ
サポート出力形式 DVD/CD

Finderを用いて無料でDVDを焼く方法

  • 空白のDVDディスクドライブに挿入して「Untitled DVD.fpbf」というウィンドウが表示されたら、それをダブルクリックで開きます。そして「Finderで開く」を選択すると、Finderが起動されます。

  • Finderを起動
    Finderを起動
  • Finderが起動されると、焼きたいDVDや動画をFinderの中にドラッグ&ドロップします。動画を追加した後Finder左側に「Untitled DVD.fpbf」アイコンの右側あるボタンをクリックします。

  • 動画をFinderに追加
    動画をFinderに追加
  • 「Are you sure you want to burn the countents of“ Untitled DVD.fpbf”to a disc?」画面で、Disc Nameを入力してから「Burn」をクリックするとDVDの書き込みが開始されます!完了まで少し待てば作成完了です。

  • FinderでDVDを書き込む
    FinderでDVDを書き込む
<

    注意

  • ソフトをご利用になる前に国家の著作権に関する法律についてお調べになるようにお勧めします。法律の趣旨をよく理解して正しい行動をしましょう。例えば、著作権保護の適用外になるDVDのコピーが合法的な使用法です。

完全無料!試用期間なし、機能制限なし、ロゴ&広告なし!

ライブDVDなど、複数アングルのあるDVDをコピーしたいなら、ディズニークラスの強力コピーガードも難なく突破できます。高性能・多機能の「WinX DVD Copy Pro」という完全無料なDVD複製ソフトWinX DVD Copy Proを使いましょう。

この記事を書いた人:ミツキ

本ページの内容に関して、ご意見等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。