Home > 教えて >M4VとMP4の違いを紹介

M4V とは何ですか?M4VとMP4の違いは何でしょうか?

M4VとMP4の違いが良く分かりません。どこが違うのですか?ファイル保存の場合、M4VとMP4はどっちがいいのですか?

M4VとMP4はすごく似ているものだと聞いていますので、動画ファイルを保存する時、いつも同じものだと取り扱っています。だが、M4Vファイルを再生できないことは時々発生します。それで、M4VとMP4の違いは一体なんでしょうかと知りたいです。M4Vファイル再生可能のメディアプレイヤーやデバイスは何ですか?

ベストアンサーに選ばれた回答:

実は、M4V MP4比較して、大きな違いがあります。まず、M4VとMP4の特徴を見ましょう。

MP4とは

MPEG4の規格で定められたファイル形式で、 ビデオトラック、オーディオトラック、字幕トラックその他いろいろな情報を「BOX」という形式で内包することができる「コンテナ」の規格です。 ビデオトラックには、H.264/MPEG-4 AVC や H.265 (H.265/HEVC) など、いろいろな形式の動画を格納可能です。 また、オーディオトラックには、AAC、HE-AAC、MP3など、こちらもいろいろな形式の動画を格納可能です。

M4Vとは

Apple TVなどでサラウンドオーディオ「Dolby AC3」を楽しむため、アップル社が“.mp4”の規格を拡張して設定したファイル形式です。 “.mp4”に対して、オーディオトラックに「Dolby AC3」を格納可能としています。 一般的に広く使われている、ビデオに「H.264/MPEG-4 AVC」、オーディオに「AAC」や「MP3」を格納した“.m4v”ファイルは、その拡張子を手動で“.mp4”に変更しても問題ありません。

簡単に言えば、MP4はISO(国際標準化機構)で定められているフォーマット。M4VはMP4によく似たApple独自の規格。

M4VとMP4再生可能なプレーヤーとデバイス

M4V再生可能:
iTunes, Apple iPhone, iPad, iPod, Apple TVなどのアップル製品
MP4再生可能:
ほとんどのメディアプレーヤーとデバイス

裏技:M4VをMP4に変換できる最高の変換ソフト(Windows10対応)

M4V MP4比較して、取り扱いやすいのはどっち?

MP4は圧縮率が高くてデータ量が少なく、様々なデバイスに対応しやすくなっており、QuickTime、iTunes、iPodでも再生可能となりますが、低スペックのマシンを使うと作動しないということもあります。 M4VとはiTunesのデフォルトフォーマットですので、M4Vはあまり汎用的でないというデメリットがあります。
どちらかというとMP4の方が扱いやすいと思われます。

あわせて読みたい:MP4 MP3変換の安全な方法まとめ!

動画変換・編集・ダウンロードソフト「WinX HD Video Converter Deluxe」を無料体験!

ホーム | 会社情報 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 合意書 | ニュース | お問い合わせ | 人気記事

Copyright © 2019 Digiarty Software, Inc. All rights reserved

Apple、Appleのロゴ、Mac® 、iPhone® 、iPad® 及びiTunes® などはAppleInc.の商標であり、米国およびその他の国で登録されたものです。DigiartySoftwareがAppleInc.と開発または商業提携をしていません。