DVD Flick変換できないなどのエラーが発生する時の原因と対処方法はこちら

  • DVD Flickでファイルを変換しようと思ったのですがオーディオエンコード中にエラーが出ます。色々してみましたがどうしてもうまくいきません。

  • DVD Flickで変換できません。使用可能なビデオトラックを持っていません。動画ファイルを読み込まなくて変換作業も進められません。

  • DVD FlickでWMVを変換しようとするとオーディオファイルがサポートできないと言われ、できあがったファイルからは映像のみで音がでません。対処方法はあるのでしょうか。

上述していたDVD Flick変換できないエラーで困っている方は多いでしょう。以下では、DVD Flick変換できないエラーが発生する時の原因と対処方法を紹介します。

DVD Flick変換できないエラーが発生する時の原因と対処方法

いつもと同じようにDVD Flickを使っても、ファイルを読み込んで、変換作業がうまくいけません。一体なぜDVD Flick変換できないのでしょうか?変換エラーの原因を知っておけば、トラブルを回避できるかもしれません。

今回は、DVD Flick変換できないエラーが発生する原因と対処方法についてご紹介します。

(1)DVD Flickバージョン確認

お使いのDVD Flickのバージョンは最新状態ではないと、ソフトウェアは起動できなかったり、あるビデオファイルにサポートしていなかったり、原因不明の動作不良となったりして、ファイル変換作業がうまくいけません。

  • * DVD Flick:DVDオーサリングフリーソフト
  • * バージョン:2 1.3.0.9
  • * 対応OS:Windows
  • * ライセンス:GPL
  • * ファイルサイズ:18.5 MB
  • * 開発元:Dennis Meuwissen
  • * 使用言語:Visual Basic

(2)ビデオファイル形式

DVD Flickを使ってビデオファイルを1枚のDVDディスクに焼く時、ファイルによってエラーが表示されます。

DVD Flickは、MP4、M4V、MKV、AVI、WMV、ASF、MPG、M2V、MPV、TS、MOV、QT、FLV、DIVX、OGM、RM、3GP、3G2、HDMOV、MJPG、NUT、NSV、SMKといった動画ファイルにサポートしていますが、原因不明でファイルを変換する途中、エラーが発生してしまって、エンコードは進められません。

色々と検索してみると、ビデオのエンコードかオーディオエンコードかどちらには問題があるかもしれません。宜しければ、まず、手元のファイルをDVDプレーヤーで再生できるビデオファイル形式に変換してみてください。

(3)ファイル名に認められない名前が使われている

DVD Flickを起動したら「Spaces not allowed key names」(ファイル名に認められない名前が使われている)といったエラーメッセージが表示されてしまって、ファイル変換どころか、読み込みさえ不可能となります。

このエラーメッセージと表示されるビデオファイルは主に、ファイル名には全角スペース、漢字、カタカナ、平仮名、英数が含まれています。

だから、ファイルをDVD Flickに読み込む前、ファイル名に認められない名前があるのか事前にチェックしてください。

この三つの方法はそれぞれのメリットがあります。レコーダーとハードディスクは高価で、購入するには大変お金がかかります。PCソフトで録画するのは一番節約ですが、録画予約機能がないので、やや不便です。ひかりTV録画するとき、ご自分自身のニーズに応じて選択してください。

(4)同梱ソフトFFmpegの問題

DVD Flickではビデオファイル変換には様々なフォーマットにサポートし、優れた圧縮率と画質の保持に定評があるffmpeg.exeを使っています。

DVD Flickに同梱されているもので、最新バージョンのDVD Flickでは、FFmpegのバージョンに変更されていますが、MPEGファイルが追加できない問題が発生しています。

この時、ffmpeg.exeをアンインストールして、最新バージョンをもう一度ダウンロードしてみてください。

(5)ファイルのパラメーターに問題があります

元のビデオファイルのパラメーターには問題があれば、DVD Flick変換できないエラーが発生します。

例えば、動画の映像部分が「可変フレームレート(VFR)」になったり、動画の音声部分が「可変フレームレート(VBR)」や平均ビットレート(ABR)になったり、ビデオファイルがタイムコード補正されていたり、動画のフレームレートの小数第3位を計算しなかったり、動画の音声サンプル周波数が44100Hzですが、44100Hz<=>48000Hzへと変換したり、字幕に関しては問題があって、うまく変換できません。

(6)パソコン側の故障

お使いのDVD Flickや元のビデオファイルには問題がなければ、パソコン側をチェックしてください。

お使いのパソコンの動作環境、パソコン側の故障、DVD Flickを使っている同時に他のソフトウェアが起動していてパソコン側への負担が重い、パソコンのプロセッサーパワー不足、パソコンのメモリー不足などといったパソコン側の原因で、DVD Flick変換できないエラーを起こします。

DVD Flick変換できないエラーを解消する方法|代わりになれるオーサリングソフトにお任せ

DVD Flickは各種の動画ファイルをDVDに変換できるオーサリングフリーソフトです。作成するDVDデータは家電のDVDプレーヤーで再生したり、字幕や音声ファイルを多重化させたり、簡単なメニュー画面を添付することができます。詳しく言えば、メニュー画面作成、チャプター設定、ISOイメージファイル作成、字幕や音声の多重化、DVDライティングといった機能を持っています。

DVD Flickではうまく変換できない動画のため、動画をできるだけ古い形式のmpeg等の再変換するフリーソフトを探して変更してみます。

こちらでは、洗練されているインターフェースを持ちながら、画像、BGMなどを追加してタイトルメニューを作れ、ビデオファイル(MP4、AVI、WMV、H264、MPEG、RMVB、RM、MOV、ASFなど)をDVDに書き込めるフリーオーサリングソフトWinX DVD Authorをおすすめします。

WinX DVD Author システム要件

  • * OS:Windows 98、NT、2000、2003、XP、Vista、7、Windows10
  • * CPU:Intel/AMD 1GHz 以上
  • * RAM:256MB (512MB 以上を推奨)
  • * ハードディスク:ハードディスク :インストール用として100MBの空き
  • * 入力サポートフォーマット:MP4、MPEG、MOD、MOV、WMV、FLV、MKV、M2TS、M4V、AVI、ASF、RM、RMVB、Xivd、DviX、H264、3GP、OGG、QT、VOB
  • * 出力サポートフォーマット:DVD ディスク、DVD フォルダー、VOB ファイル

WinX DVD Author主な機能

  • 1).ほとんどのビデオファイルをDVDディスクに書き込めます。
  • 2).同時に複数のビデオファイルを処理でき、あらゆるDVD書き込むデバイスをサポートします。例えば、DVD+/-R、DVD+/-RW、DVD DL+R、DVD DL+/-RW。
  • 3).先進なビデオ編集機能を持ちます、DVDをメニュー、チャプターメニュー、お好きな音楽、画像つきで作成できます。
  • 4).VOBファイルやDVDフォルダで映像をパソコンに保存できます。

公式サイトからWinX DVD Authorを無料ダウンロードしてインストールしてください。以下ではMP4ビデオファイルをDVDに書き込む方法を紹介していきます。

DVD Flickを使わずに、動画をDVDにダビングする手順

まず、DVD Flickの代わりになれるDVDオーサリングフリーソフトをダウンロードしてインストールしてください。初めにインストール中に利用する言語を選択します。『日本語』 を選択すれば WinX DVD Author の初回起動時から日本語表示できます。また、WinX DVD Author メイン画面左下にある 『?』 ボタンをクリックして 『Japanese』を選択することもできます。そして、下記の手順に従って、動画をDVDに書き込みましょう。

  • 1ソフトを起動

WinX DVD Authorを起動して、右上の「Video DVD Author」をクリックして、画面左下の「+」ボタンをクリックします。

WinX DVD Authorを起動
WinX DVD Authorを起動
  • 2動画を追加

DVDに書き出したいMP4ファイルを選択し「開く」ボタンを押します。事前に、動画を編集したいなら、WinX HD Video Converter Deluxeで編集しましょう。「>>」ボタンをクリックして、次のページへ行ってください。

動画をWinX DVD Authorに読み込み
動画をWinX DVD Authorに読み込み
  • 3スクリーンサイズの選択

@、4:3 標準スクリーンか16:9 ワイドスクリーンを選択します。
A、レターボックス(黒帯)を自動追加して画像比率を維持します。 ( 有効 / 無効 )
B、DVDメニューを作成する ( 有効 / 無効 )
C、DVDメディアの種類の選択に関しては、DVD-5(片面一層式)かDVD-9 (片面二層式)を選択します。

スクリーンサイズの選択
スクリーンサイズを選択する
  • 4動画の編集

動画編集については、動画ファイルの不要部分をカットしてDVDへ書き込む場合はカット編集を行います。 抜き出す部分の開始位置と終了位置をスライダーバーまたは時間を直接入力して設定します。

動画編集
読み込んだ動画を編集する@

「DVDルートメニューを自動的に添加する」にチェックを入れたら、DVDタイトルメニューとチャプターメニューを設定することができます。またメニューにテキストの追加や、各ビデオの位置変更、お好みの背景音楽、背景画像の設定などもできます。「>>」ボタンをクリックしてください。

動画編集
読み込んだ動画を編集するA
  • 5スタート

日本はNTSC DVDをサポートするから、アウトプットファイルフォーマットを「NTSC」に選択してください。そして「Start」ボタンをクリックして、動画をDVDへ書き込みがスタート!

動画をDVDにオーサリング
動画をDVDにオーサリング

上記の操作手順を参考しながら、動画をDVDに書き込めます。WinX DVD Authorはシンプルで、複雑な設定がなくて、初心者の方におススメします。ぜひ、お試してください!

 

使いやすいDVD書き込みフリーソフト

重要なファイルをNTSC/PALフォーマットのDVD-5やDVD-9ディスク にバックアップも対応、手元にある動画ファイルをDVDに焼きDVDプレイヤーにて家庭用テレビで見る重宝なツールです。

この記事を書いた人:鈴木玲子

本ページの内容に関して、ご意見等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。