超簡単!ひかりTVの録画をDVDに焼く方法ご紹介!

ひかりTVは、光回線とテレビがあれば、ご自宅のテレビで、ケーブルテレビや他チャンネル、合計80以上の専門チャンネルを見放題で楽しめるサービスです。また、約91,000本の映画やドラマのビデオをVOD(ビデオオンデマンド)サービスとして配信しています。

家のテレビはもちろん、専用のアプリをダウンロードすることで、スマホからも同じようにテレビが視聴できます。外出先や通勤中でも見られるので、テレビ好きな人にはたまらないサービスです!

または、ひかりTVでは、別途録画用の外付けハードディスクをつなぐことで、録画することができます。絶対に見逃したくないドラマや、保存しておきたいお気に入りの映画、番組などを録画して見たいでしょう。

しかし、ひかりTVを解約してしまうとハードディスクに録画してある番組も視聴できなくなってしまいます。なお解約前にひかりTVで録画した番組をDVDに焼く方法もあるです。それで今回はひかりTVの録画をDVDに焼く方法を紹介します。

ひかりTVの録画方法

見たい番組がたくさんあるという人にとって、欠かせないのが録画でしょう。ひかりTVは録画できるから、契約する人も多いです。

ご注意するところですが、録画機能つきのテレビではひかりTVを録画することができないです。ひかりTVではチューナーに外付けHDD(ハードディスクドライブ)を接続することによって番組を録画ができます。ですので、テレビの録画機能を使うことができません。

実は、ひかりTVを録画できる方法はいくつかあります。ここでは三つの録画方法を紹介します。

@レコーダーでひかりTVを録画する方法

2. ハードディスク(HDD)でひかりTVを録画する方法

3.PCでひかりTV番組を録画する方法

この三つの方法はそれぞれのメリットがあります。レコーダーとハードディスクは高価で、購入するには大変お金がかかります。PCソフトで録画するのは一番節約ですが、録画予約機能がないので、やや不便です。ひかりTV録画するとき、ご自分自身のニーズに応じて選択してください。

    ご注意:

  • ひかりTVのハードディスクの録画機能を利用している人は多いみたいです。しかし、ひかりTVを解約してしまうとハードディスクに録画してある番組も視聴できなくなってしまいます。解約後も録画を見ようと考えていた人は要注意ですね。

ひかりTVで録画した番組をDVDに焼く方法

「最近観なくなった」「ニコニコ動画で十分」などの理由でひかりTVを解約したい人もいるでしょう。

もともとひかりTVはHDDを接続して、初めて録画が可能となります。ひかりTVを解約すると、ハードディスクドライブ(HDD)に録画した番組が観られなくなります。繰り返し観たいという人は、解約をする前に録画してある番組をDVDに焼く方法もあります。ひかりTVで録画した番組をDVDに焼いたら、解約した後でも、ずっと見られます。

ひかりTVをDVDに焼やきたいなら、WinX DVD AuthorというDVD書き込みフリーソフトを薦めます。このソフトは直感的で操作しやすく、日本語対応で分かりやすく、特に初心者にとってとても優秀なものです。

初心者に向けのDVD焼くフリーソフト

・AVI、MP4、MKV、3GP、FLV、MPEG、H.264などのビデオファイルからDVDディスクを気楽に作成可能。
・同時に複数の動画ファイルを追加して1枚のDVDに入れる。
・チャプターメニュー、タイトルメニューが作成でき、細かいところまで設定できる。
・ハイクオリティデコーダーと高品質エンジンにより、最高の映像、音声効果を提供。

ひかりTVをDVDにダビングする手順

事前にフリーDVDオーサリングソフトをダウンロードしてインストールしてください。初めにインストール中に利用する言語を選択します。『日本語』 を選択すれば WinX DVD Author の初回起動時から日本語表示できます。また、WinX DVD Author メイン画面左下にある 『?』 ボタンをクリックして 『Japanese』を選択することもできます。そして、次の手順に従ってやってから、ひかりTVで録画した番組をDVDに書き込むことができます。

  • 1ソフトを起動

ブランクDVDを挿入して、WinX DVD Authorを起動してください。「Video DVD Author」ボタンをクリックしてください。

  • 2動画を追加

「+」ボタンでビデオファイルの追加 (「−」〜削除、「↑」〜前、「↓」〜後) 下のDVD-5/DVD-9のところで空のDVDの空き容量が確認できます。パソコンに移ったの動画ファイル追加完了後、「 >> 」 ボタンをクリックして次のステップへ進みます。

  • 3スクリーンサイズの選択

4:3 標準スクリーン または 16:9 ワイドスクリーン
レターボックス(黒帯)を自動追加して画像比率を維持する。 ( 有効 / 無効 )
DVDメニューを作成する ( 有効 / 無効 )
DVD メディアの種類の選択
DVD-5 ( 片面一層式 ) または DVD-9 ( 片面二層式 )

  • 4動画の編集

動画ファイルの不要部分をカットしてDVDへ書き込む場合はカット編集を行います。 抜き出す部分の開始位置と終了位置をスライダーバーまたは時間を直接入力して設定します。

 DVDに書き込むひかりTVの録画を全て追加と書き込みオプションの設定が終了したら「>>」 ボタンをクリックしたら、DVDメニューの設定画面が現れます。

  • 5動画の編集

「DVDルートメニューを自動的に添加する」にチェックを入れたら、DVDタイトルメニューとチャプターメニューを設定することができます。またメニューにテキストの追加や、各ビデオの位置変更、お好みの背景音楽、背景画像の設定などもできます。「>>」ボタンをクリックしてください。

  • 6スタート

DVDの映像信号の規格をNTSCに選択したら「Start」をクリックしたらDVD焼く作業が始まります。

このDVD書き込みフリーソフトWinX DVD Authorはシンプルで、複雑な設定がなくて、初心者の方におススメします。ぜひ、お試してください!

まとめ

上記の操作手順に従って、ひかりTVをDVDにダビングすることをうまく完成できます。ひかりTVを解約しても、録画していた番組や映画なども見られます。そのほかに、このWinX DVD Authorでビデオカメラで撮った子供の成長動画や結婚式の動画など様々な動画をDVDに焼けます。

この記事を書いた人:小早川

本ページの内容に関して、ご意見等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。