動画フレームレートとは?フレームレート種類、VFRとCFRの違いなど

フレームレートとは?

動画の重要なパラメータですが、フレームレートは動画の流暢さを決めます。動画は、連続している画像を表示するものです。フレームレートとは、その画像を一秒あたりに表示する枚数です。

画像が表示されるスピードはいつも同じに限りません。これによって可変フレームレートと固定フレームレートがあります。可変フレームレートはVFRで表示され、固定フレームレートはCFRで表示されます。

ではこれから、VFRとCFRの違いや、フレームレート設定する方法など、一からご紹介します。

フレームレートの種類:可変フレームレートと固定フレームレート

フレームレートとは、可変フレームレートと固定フレームレートからなっています。

固定フレームレート

「CFR」と表示されます。動画内容を問わずに、連続している画像を同じ速度で放送していくモードです。

可変フレームレート

「VFR」と表示されます。フレームレート設定によって、画面の動きが激しい部分に一時的にフレームレートを上げて、画面の動きが穏やかな部分に一時的にフレームレートを下げるモードです。

普通の動画は固定フレームレートです。

ですが、フレームレートとは一秒あたりの画像数で、フレームレートが高くなればなるほど、画像数が多くて、動画ファイルサイズが大きくなります。動きがが激しい動画は固定フレームレートだったら、画質のために高いフレームレートに設定するしかありません。この結果、動画ファイルサイズが極めて大きくなります。

このような動画は可変フレームレートに設定することで、ファイルサイズを大幅に圧縮できます。これはたぶん、可変フレームレート技術が生じる理由かもしれません。

もちろん、可変フレームレートと固定フレームレートの違いはファイルサイズだけではありません。ファイルサイズが小さい可変フレームレートも、よく利用される固定フレームレートもそれぞれのメリットがあります。場合によってVFR動画をCFRに変換することもあります。ではこれからVFRとCFRの違い詳しくご紹介します。

VFRとCFRの違いについて

動画ファイルサイズと画質

動画のフレームレートとは画像を切り替える一時的な速度ではなく、動画全部の平均値です。可変フレームレートと固定フレームレートと、どっちでもFPSが同じだったらファイルサイズが同じです。

が、同じFPSだったら画質が違います。VFRとCFRの違いによって、動きが激しい部分にFPSが一時的に上げたからより流暢になります。

相応的に、同じ画質だったらVFRのほうがファイルサイズが小さいです。

再生への互換性

なぜファイルサイズと画質のバランスがより良いVFR動画がよく利用されませんか。なぜVFR動画をCFRに変換することもありますか。

実はVFR動画が再生への互換性がいつも悪いです。今利用しているプレイヤーが再生できない恐れがあり、再生できてもカクカクなりがちです。また、一部のVFR動画ですが、再生する時にパソコンが重くなる報告もあります。

編集・変換への互換性

VFR動画がうまく再生できないときに、そのVFR動画をCFRに変換することだけで解決できるはずなのに、可変フレームレートと固定フレームレートは動画の仕組みが違いので、普通に固定フレームレートに対応する編集・変換ソフトはVFR動画への対応ができません。

動画編集ソフトも動画変換ソフトも、よくVFR動画に対応できません。VFR動画にできるソフトだとしても、VFR動画の入力のみ対応でき、出力にできるソフトはめったに少ないです。

VFR動画をCFRに変換する方法‐音ズレなしに

WinX HD Video Converter Deluxe

動画のパラメーター、フォマードなどを簡単に変換できる専門的なソフトで、初心者でもプロを力を使えるように開発されたツール。高品質で高速にVFR動画をCFRに変換することが簡単にでき、さまざまな出力先に再生が保証される一番のフレームレートを変更する方法を提供します。

  • 元動画を入力します

    まずはWinX HD Video Converter Deluxeをダウンロードして、インストールします。起動して、ご覧のように見えます。

    標記されたボタンをクリックして、元動画を入力します。

  • VFR動画をCFRに変換する
    VFR動画をCFRに変換する方法|動画入力
  • 出力プロファイルを選択します

    新たなウィンドウで解像度によって出力プロファイルを選択します。DVDに焼いてDVDドライブ・プレーヤーで再生したい場合に、「DVD動画」をクリックして、「NTSD DVD動画」あるいは「PAL DVD動画」を選んでください。

    出力プロファイルを決めたら「OK」と書かれたボタンをクリックしてください。

  • VFR動画をCFRに変換する
    VFR動画をCFRに変換する方法|出力プロファイル選択
  • 動画FPSを変更します

    標記された歯車をクリックして、パラメーター変更ウィンドウに移します。

    新しいウィンドウで標記されたところでフレームレートを調整します。ニーズによって選択してください。

    このソフトはVFR動画をCFRに変換できます。また、60FPS動画を30FPSに変換する方法も提供しています。

    設定が完了したら「OK」と書かれたボタンをクリックします。

  • VFR動画をCFRに変換する
    VFR動画をCFRに変換する方法|動画FPS変更
  • 出力先を指定して、作業開始

    標記されたところに出力先フォルダを変更したり確認できます。

    動画を変換しなくてフレームレートを調整したい時に、「自動コピー」にチェックを入れてください。

    「RUN」と書かれた大きなボタンをクリックして、作業を始めます。何分間待ったら完成します。

  • VFR動画をCFRに変換する
    VFR動画をCFRに変換する方法|作業開始

フレームレート設定に関する豆知識

実は、フレームレートとは解像度のような自由に設定できるパラメータではなく、再生環境または動画フォマードに規制されています。フレームレート設定が正しい時だけ再生できます。

可変フレームレートと固定フレームレート両方も再生できる環境もあれば、固定フレームレート動画だけ再生できる環境もあります。また、DVDプレーヤーのようなフレームレートに二つだけ対応できる環境もあれば、パソコンに強力な動画プレイヤーのようなだいたい対応できる環境もあります。

環境によって対応できるフレームレート、または不対応の解決法はこの記事に:

この記事を書いた人:シロ

本ページの内容に関して、ご意見等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。