無料! DVDをMPEGに変換する方法

MPEGとは映像データを圧縮する際に用いられる方式のことです、圧縮率の違いにより、MPEG-1、2、4、7の各規格が策定されています。MPEGはほとんどの環境で再生できます。PCは言うまでもなく、Appleデバイス、Googleなど今最もモテっているデバイスを全部対応できます。それで、DVDをMPEGに変換したい方も多くいます。

今回はDVDをMPEGに変換する方法について紹介します。数クッリクだけでほとんどのレンタルDVDや市販DVDなどをMPEGに変換できます。

  • STEP.1

    ソフトのインストール・起動

    まず WinX DVD Ripper PlatinumというDVD変換ソフトの 無料版をダウンロードインストールしてください。そして、ソフトを起動します。

    日本語対応ですので、手軽に使えます。

  • STEP.2

    DVDディスックの選択

    DVDをパソコンに入れてから、ソフトメニューバーにおける「DVDディスク」をクリックして、元のDVDディスクを選択します。自動検出にチェックを入れたままでいいです。そして、「OK」ボタンをクリックします。

  • STEP.3

    動画形式の選択

    「出力プロファイル」が現れます。そして、左側の「PCの通常映像」をクリックし、右のスクロールバーを動いて、「MPEG動画(MPEG2+AC3) 」を選択して、「OK」をクリックします。

  • STEP.4

    保存先を選択

    保存先のところで「参照」ボタンをクリックして、保存したいところを選択します。

  • STEP.5

    DVD MPEG変換スタート

    最後は、「RUN」ボタンをクリックして、DVDをMPEGに変換するのがスタート!100%になって、「すべての動作が完了しました」といったメッセージが現れ、「OK」ボタンをクリックして、DVD MPEG変換が完了します。

上記の操作手順に従って、レンタルDVDや市販DVDなど簡単にDVDをMPEGに変換できます。または、このソフトに最新なハードウェア加速技術や、高品質エンジンなどが内蔵して、無損質で変換できるにしても高速に完成できます。豊富な機能でDVDバックアップもDVD編集も音声抽出も簡単に実現できます。今すぐダウンロードして、DVD動画を楽しみましょう。
ぜひ試してみてください! 今すぐダウンロード
その他の利用ガイドを見る
Digiarty公式アカウント:
お問い合わせ先: support@winxdvd.com sales@winxdvd.com

ホーム | 会社情報 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 合意書 | ニュース | お問い合わせ | 人気記事

Copyright © 2019 Digiarty Software, Inc. All rights reserved

Apple、Appleのロゴ、Mac® 、iPhone® 、iPad® 及びiTunes® などはAppleInc.の商標であり、米国およびその他の国で登録されたものです。DigiartySoftwareがAppleInc.と開発または商業提携をしていません。