DVDStyler書き込み失敗の対策〜動画をDVDに焼く時エラーが発生する原因と対処法

DVDStylerとは、Windows、Mac、Linuxなどといったプラットフォームで動作できる無料なオーサリングソフトです。動画だけでなく、画像の入力も対応し、写真と音楽をスライドショーに作成して、他の動画と一緒にDVDに焼くこともできます。動画をDVDに書き込む前に、動画素材を編集することも余裕にできます。

・素材動画に音声ファイル / 字幕ファイル を多重化する機能
・素材動画を、クロップ / トリミング する機能
・素材動画に、フェードイン / アウト 効果をかける機能

時間制限もなく、焼いたDVDにはロゴやウォーターマークはまったくありません。世界中の人々に愛用されています。

しかし、DVDStylerで動画をDVDに書き込む時、エラーになって、書き込みできないケースがよくあります。本文では、DVDStyler失敗の対処法を紹介します。

DVDStyler最新版ダウンロード

事前にDVDStylerの最新バージョンを利用しているかチェックしましょう。
ソフトのアップデートは新機能の追加とともに、旧バージョンのバグも修復するので、旧バージョンDVDStylerで書き込み失敗でしたら、最新版のDVDStylerにアップデートしたら、その問題を解決できるかもしれません。

DVDStyler最新版無料ダウンロード

DVDStylerサポートする入力形式:
ビデオ:AVI,FLV, MP4, M4V, MPEG(MPEG-1/MPEG-2), VOB, M2P, M2TS, OGG, OGM, WMV, ASF, MKV, WebM, RM, MOV, DV, VRO...
オーディオ:MPA, MP2, MP3, M4A, AC3, DTS, PCM, LPCM, WAV
字幕: SUB, SRT, SSA, SMI, RT, TXT, AQT, JSS, JS, ASS

DVDStyler書き込み失敗の時チェックすべきところ

DVDStylerの書き込み機能は秀逸だが、設定には制限があります。まず、下記の項目をチェックしてください。

@ 保存先に日本語のフォルダやファイル名を使わないで!

DVDStylerは日本製ではないので、出力先ISOファイルのフォルダ名、ISOファイル名、一時保存用ディレクトリなどといったDVDStyler内部用ファイル名に日本語が含まれている場合、DVDStyler書き込み失敗になります。是非DVDstylerは、内部的には日本語ファイル名を利用していないと確保しましょう。

P.S. プロジェクトファイル名や、素材の動画に日本語名が含まれている場合では、DVDstylerはある程度正常作動します。

A ボタンを使いすぎている・ボタンに色を使いすぎることをしないで!

DVDStylerでオーサリングする時、タイトルやチャプターメニューでは、ボタンを追加することができます。しかし、一度にたくさんのボタン、或いは、ボタンに色を使いすぎるなら、「spumux.exeは作動を停止しました」などのようなエラーが出て、DVDStyler書き込み失敗になります。

B レンタル・市販DVDのVOBファイルをそのままDVDStylerに追加しないで!

それはDVDコピーガードの問題ではありません。これはスプリットVOB形式(1GB毎に分割されたVOB)に対応していないためです。スプリット形式VOBファイルは、一旦一つのVOBファイルに結合しなおす必要があります(DVDstylerが改めてスプリットVOB形式に分割します) スプリットVOBの結合は、コマンドプロンプト上で「copy /B vts_01_1.vob + vts_01_2.vob + vts_01_3.vob + vts_01_4.vob vts_01.vob ・・・」と操作する事でも簡単に行えます。

C 存在しないタイトルやメニューを削除

テンプレートを利用している時、タイトルを削除・編集した時、是非存在しないタイトルやメニューを同時に削除してください。

D 音声を別途用意しないで!

一部のパソコンでは、動画と音声を別々に用意して、DVDstyler上でMUXしながらオーサリングするとエラーが発生し、DVDStyler書き込み失敗になります。

E 特定の形式の動画ファイルを追加しているか

例えば、
ERROR: [???] Unable to read from C:\Documents and Settings\**\dvd\title0-3-0-0.mp1.
というエラーが出る場合、追加した音声形式がDVDStylerでは対応できません。mp2, mp3などに変換しましょう。

DVDStyler書き込み失敗する時のエラーと対処法

DVDStylerで動画をDVDに焼く時、失敗して、上記のように全部チェックしましたが、それでもエラーになって、DVDStyler使えないこともあります。それでは、DVDStyler失敗する時に表示するエラーとソフト対処法を紹介します。

エラー@ [mpeg2enc] malloc failed

それはメモリ不足からのです。他のアプリケーションを終了してDVDStylerを実行してください。 それでもだめでしたら、仮想メモリ等でメモリを増やしてください。これが起きると他の所でも問題が起きている(常駐ソフトがメモリ不足で終了など)可能性が高いので、パソコンの再起動をお勧めします。

エラーA Cleaning temporary directory

このエラーが出てきて、DVDStyler失敗の原因は前回のキャンセルがうまくいかなくてファイルが消せないからです。コンピューターを再起動しましょう。あるいは、タスクマネージャーからmpgtx・jpeg2yuvというプロセスを終了してください。

エラーB SCR moves backwards remultiplex input

フリーソフト VOBMergeで結合した動画に対してエラーが出ました。またはVOB/MPEGのビットレートが高すぎる場合にも出ます。最大ビットレートは映像と音声合計で、9000kbpsぐらいに押えた方がいいという話もあります。例えば2層版とかに使われているような高画質すぎるVOBはエラー出る可能性非常に高いです。注意は平均ではなく最大ですのでエンコード時に最大ビットレートが高めなソフト(DivxToDVD/ConvertXtoDVD)は下げることが可能ならさげましょう。

エラーC Error writing data

DVDStylerでこのエラーが発生する原因はハードディスクの空き容量が足りないからのです。ISOイメージファイルまで作るのであれば最低9GBは空き容量が必要です。ディスクに空きを作りましょう。

エラーD Directory couldn't be created(error 5:アクセスが拒否されました。)

メニューから構成/設定を開いてコマンドタブの一番下のデバッグ(一時作成ファイルを削除しない)をチェックします。また、dvdフォルダーを開いていると同様のエラーが出ますので閉じます。

一時ファイル削除
一時ファイル削除

ファイル 'C:\Users\{ユーザー名}\dvd\dvd\VIDEO_TS\VIDEO_TS.IFO' を削除できません
フォルダ 'C:\Users\{ユーザー名}\dvd\' を削除できません。
オープンソースソフト VLC Media Playerでプレビューしていると出ますので、VLCを閉じてください。

DVDStylerの代わりになる無料オーサリングソフト

本来映画などをDVDプレーヤーで観るための世界的な標準規格(DVD-Video)です。メニュー画面を作成したり言語を選択できたり、チャプターなどの機能を作りこむ作業を「オーサリング」と言うのです。オーサリングしたものをDVDに記録する作業を書き込み/ライティングというのです。
この2つの作業はエラーが発生しやすいのです。DVDStylerで動画をDVDに焼く時もよく失敗しますね。そこでは、DVDStylerよりもっと優れた無料オーサリングソフトをご紹介します。それはDigiarty社が2006年からリリースしたWinX DVD Authorです。十数年の更新をしたので、WinX DVD Authorで動画をDVDに焼く時失敗するケースが少ないし、作成したDVDも日本製DVDデッキ・DVDレコーダーと相性がよくて、再生できないことも滅多にありません。

DVDStylerの代替ソフト

おすすめの無料オーサリングソフト〜WinX DVD Author - タイトルメニュー、チャプターメニューを簡単に作成できるフリーオーサリングソフト。初心者でも迷わずに編集した動画をDVD +/-R、DVD+/-RW、DVD+R DLとDVD DL+/-RWなどのDVDに書き込むことができます。

    特徴

  • 高画質】ソース動画の高画質を最大限に維持して、大画面のテレビでも視聴するのも綺麗に見える
  • 高速】オーサリングリング作業は高速で行い、一般のソフトより早く抽出したPALのDVD動画をNTSCのDVDにコピー
  • DVDディスク】DVD-Rだけでなく、DVD+R、DVD±R DL、DVD±RW、DVD-RAMという種類のDVDには全対応
  • 互換性】WinX DVD Authorのオーサリング標準は日本製ブルーレイ/DVDレコーダー・DVDデッキ・DVDプレーヤーなどと互換性がよくて、殆どの機器で再生可能
  • カスタマイズ】DVDのタイトルメニュー、チャプターメニューを個性的なものにすることができ、動画を更に編集することもできる

DVDStylerの代替ソフトであるWinX DVD Authorで動画をDVDに書き込む方法

  • 空白のDVD-RをPCのDVDドライブに挿入して、WinX DVD Authorを起動してください。「Video DVD Author」をクリックして、オーサリング機能を呼び出します。

  • WinX DVD Authorのオーサリング機能
    WinX DVD Authorのオーサリング機能
  • 「+」ボタンからソースのビデオファイルを追加してください。(二つ以上のビデオを同時に追加できる)
    「>>」ボタンをクリックして、次のページへ行ってください。

    P.S. 「.srt」の字幕も追加可能

  • 動画をWinX DVD Authorに追加
    動画をWinX DVD Authorに追加
  • タイトルメニュー、チャプターメニュー、メニューのBGM、背景画像を設定してから、「>>」ボタンをクリックしてください。

  • DVDメニュー編集
    DVDメニュー編集
  • 日本はNTSC DVDをサポートするから、アウトプットファイルフォーマットを「NTSC」に選択してください。そして「Start」ボタンをクリックして、動画をNTSC規格でDVDに書き込みがスタート!

  • 動画をNTSC規格でDVDに書き込む
    動画をNTSC規格でDVDに書き込む

まとめ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。DVDStylerで動画をDVDに焼くことに失敗した問題を解決しましたか。DVDStylerが使えない時、上記で紹介したWinX DVD Authorというフリーオーサリングソフトもかなりの優れものです。どうしてもDVDStylerのエラーを改善できない時、他のオーサリングソフトを使ったらいかがでしょうか。DVDオーサリングについてまた何か問題がありましたら、お気軽にご連絡ください。

この記事を書いた人:アキ

本ページの内容に関して、ご意見等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。