初心者向けのDVD Shrink 使い方:DVD Shrink 日本語版をダウンロード・設定する方法の紹介

DVD Shrink(DVDシュリンク)はDVDコピーフリーソフトとして、シンプル且つ簡単操作で、初心者までも容易くメニュー/特典映像を含めたトランスコード(圧縮)が可能、自由にファイルサイズを指定してのDVDコピーもできる。また編集機能が充実、2層DVDから1層DVDサイズへ圧縮コピーや不要シーンや音声、字幕の有無選択ができるので、人々に大歓迎された。そこで、この頁ではDVD Shrink3.2 ダウンロードから設定までのDVD Shrink 使い方をわかりやすくように解説し、DVD ShrinkでDVDコピーできないなど不具合やDVD Shrinkエラーへの解決方法も届ける。

DVD Shrink 日本語版について|DVD Shrink 日本語版をダウンロード

DVD Shrinkは無料のDVDコピーソフト。メニュー/特典映像を含めたトランスコード(圧縮)が可能で、タイトル毎に音声/字幕の有無選択、圧縮率が変更できる。またDVD Shrinkがシンプルで使いやすく日本語にも対応していて、英語が苦手な方でも順調にDVD Shrink 日本語版を使って、DVDコピー/圧縮や不要シーンや音声・字幕のカット編集など編集などの機能がもっと快適に使える。

残念ながら、2015年8月、DVD Shrink 日本語版を提供していたとして、サイトの管理者と該当ページにリンクを貼っていた出版関係者が著作憲法違反の容疑で初摘発されたから、今にはDVD Shrink 日本語版のソースをネットでほとんど削除したから、正確なインストーラを見付かりにくい。つまりDVD Shrink 日本語版をダウンロードできないようだ!まだ英語版DVD Shinkダウンロード可能だが、英語のわからない方にとっては本当に困るね。しかし、真面目に探したら、見つからないとも限らないだろう。以下はDVD Shrink 日本語版をダウンロードできる方法の大まかな流れを解説する。

DVDシュリンクダウンロード&インストール(DVD Shrink 日本語版3.2)

DVD Shrinkの本家ページ:http://www.dvdshrink.org/

DVD Shrink3.2 ダウンロードし、ダウンロードした日本語版インストールプログラムを無事解凍できたらインストールしてください。

DVD Shrink 日本語版無料ダウンロード >>

DVD Shrinkセットアップ開始

@.今回はDVD Shrink 日本語版3.2を使用している。初めにセットアップウィザードの開始画面が表示されるので、ほかのアプリを終了するのを確認してから『次へ』をクリックしてインストールを進めていく。

A.ライセンス使用許諾画面が出るので、規約を下にスクロールし読んでからマウスで『「ライセンス使用許諾に同意します」』のチェックを入れて、「次へ」をクリック。

インストール先の指定画面に移る。インストール先についてデフォルトはCドライブのProgramFilesフォルダのため、変更する場合は指定する。次は、スタートメニューへの登録。特にこだわりがなければデフォルトのままでOK。「次へ」をクリックして進めていく。

B.そしてデスクトップアイコンの他、クイック起動用のアイコンの作成を選択できるようになっている。追加タスク―チェックを入れたままで「次へ」をクリック。

C.これでDVDシュリンクダウンロードしてインストールの準備が完了。そのまま【インストール】をクリックするだけでDVD Shrink 日本語版インストールが開始される。

DVD Shrink設定&DVD ShrinkでDVDコピーの手順

インストール完了したら、早速DVD Shrink 日本語版を起動する。DVD Shrink 日本語版の本体画面が表示される。

オプションインターフェースから「編集」タブの「各種設定」と選択してください。表示された画面には「各種設定」、「プレビュー」、「出力ファイル」、「ストリームの選択」、「ファイルI/O」という四つのオプションがある。

DVD Shrink設定

  • 品質設定機能を起動します

    各種設定…目標のDVDサイズまたは圧縮するファイルのサイズを設定。通常は「DVD-5 (4.7GB)」 を選択してください。

    プレビュー…ビデオと音声プレビューモードやDirectX Video Rendererの選択。

    出力ファイル…出力ファイルの設定。

    ストリームの選択…DVDダビングする際に選音声言語、音声形式や字幕の設定。

    ファイルI/O…ファイルI/OとNeroの設定。

勿論、DVD Shrinkは基本的に自動設定なので、デフォルトのままでOKである。つまり、上のDVD Shrink設定の流れについてスキップしても問題ない 。

DVD ShrinkでDVDコピーの手順

  • STEP.1

    DVD ShrinkでDVDディスクの読み込み

    DVDディスクを挿入して、インターフェースにおける左上の「ディスクを開く」をクリでックしてください。

    因みに、このソフトがDVDディスク、ISOイメージ及びDVDファイルという三つの入力形式をサポート。

  • STEP.2

    音声、字幕や圧縮の指定

    DVDを入力した後、右図のような画面が現れる。そこで、メニュー、特典、音声、字幕など不要なファイルを削除し、コピーを行なう音声、字幕にチェックを入れる。圧縮による画像劣化を最小限に抑えるために音声、字幕は必要なものだけ選択

    そしてDVD Shrink メイン画面上の「バックアップ」』をクリックしてバックアップ設定画面を開く。

  • STEP.3

    出力先や出力するファイル形式の選択

    「出力先デバイスの選択」にはISOとDVDファイルの2つの形式がある。ここでISOイメージファイルを選択。

※DVD Shrink 3.2でDVDコピー際にリージョンコードの設定:デフォルトのままでOKである。

品質設定 :

バックアップ品質の設定〜品質を向上させるため、バックアップ前に詳細な分析を実行…デフォる値

更に品質を追求する〜高品質適応性エラー保障機能を使用してビデオの圧縮を実行する。

より高画質なバックアップを選択すると、作業時間は長くなってしまったので、ここで特にこだわりがなければデフォルトのままでOK。

オプション&書き込み設定:

デフォルトのままでOK。設定が完了したら「OK」ボタンを押すことを忘れないように。DVD Shrink 3.2でDVDコピーが始まる。

【DVD Shrinkエラー】DVD ShrinkでDVDコピーできない時の対処法

最近「RipGuard」、「ARccOS」などといった、強力なコピーガードが施されたDVDが増えてきた。またDVD Shrinkはもう開発が終了したから、「Rip Guard」や「ARccOS」などプロテクトがかかるDVDコピーできない場合も多くなってしまた。またDVD Shrink 3.2でDVDコピー中、巡回冗長検査(CRC)エラーやCSSエラーなどの不具合が常にでてきて、おまけにDVDの出力品質も劣化される。また以上のDVD Shrink 使い方より、DVD Shrinkの出力形式はDVDフォルダーとISOイメージしかサポートしないから、iPhone、iPad、XperiaへDVD Shrinkがリッピングできないので、当方はちょっと不便だなと思う。それに音声ファイルの容量が多いDVDの場合圧縮しきれない場合がある。

という訳で、最新DVDコピーガードを解除できるとともに、高画質なDVDビデオをほぼ同じ画質に保ちながらコピーできるソフトがあるか?そこでそこで此処では初心者・未熟者・高齢者・ビギナーにも迷うことなく簡単に操作できるDVDコピーソフトWinX DVD Ripper Platinumを強くおすすめ!数あるDVDコピー方法の中でも、最もスタンダードとされるアプリとして、CSS, RCE, ソニーArccOS, UOPs, Disney X-project DRM, リージョンコードなどの今知っている限りのDVDコピーカードには全部対応するから、簡単にDVD ShrinkでコピーできないDVDコピーを実現できる!またCPU使用率が低い、CPU使用数の設定可能や最新のCUDAをサポートするより、僅かな時間がかかり、お好きなISO、AVI、MP4、WMV、MKV、M2TSへリッピングする可能。出力画質もオリジナルとほぼ同等の画質に仕上がります。意外と音声/字幕、特典映像を削除しただけで4.7GB以下に収まる場合があり、かなり使えるよ。

DVD Shrink 日本語版の代わりになるWinX DVD Ripper Platinumを実際に使ってみる

  • STEP.1

    DVDを追加します

    まずWinX DVD Ripper Platinumをダウンロードしてインストールします。起動して、ご覧のように見えます。

    DVDを挿入して、標記されたボタンをクリックしてソフトに追加します。

  • STEP.2

    出力プロファイルを選択します

    新たなウィンドウで出力プロファイルを選択します。

    再生環境などによっていろいろな出力プロファイルが用意しています。DVDをどこかで再生したい場合にデバイス名と書かれた項目を選択すればいいです。

    DVDを動画に変換すれば品質設定ができます。出力プロファイルの横に「高品質」または「低速」に変更します。このソフトは作業速度が早いから「低速」にしても心配がありません。

    DVDをまるごとにコピーする時に「DVDバックアップ」をクリックして、「DVDをISOイメージへクローン」を選択します。これでオリジナルの品質で変換します。

    設定が完成したら「OK」をクリックします。

  • STEP.3

    保存先を設定して、変換を始めます

    保存先を指定して、確認します。

    「参照」をクリックしたら保存先フォルダが変更できます。「開く」ボタンで今指定されるフォルダを開くことができます。

    「RUN」と書かれた大きな青いボタンをクリックして作業を始めます。数分間待てば完成できます。

DVD ShrinkでDVD書き込みができるの?

結論を先に書いて、DVD ShrinkでDVD書き込みができない。

なぜなら、そもそもDVD ShrinkではDVD書き込みの機能を備えていないからだ。ということで、DVDシュリンクで取り込んだデータをDVDへ書き込むには、外部の書き込みソフトが必要する。一般的には、DVD DecrypterとDVD Shrinkを連携させてDVD書き込みができるが、DVD Shrinkで処理が終わったら自動的にDVD Decrypterが起動しない。ではDVDシュリンクからDVD Decrypterに自動連動にするには、どうしたらいいだろう?

詳しい書き込み方法は別記事にまとめてあるので、参考にどうぞ。
DVD Shrink DVD Decrypter連携してDVD Shrinkが自動書き込みできる方法 >>

DVDコピーフリーソフトについてもっと知りたい方は

フリーソフトのページへ
この記事を書いた人:ハルヒ

本ページの内容に関して、ご意見等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。