【カンタン】DVD傷を修復して楽々にに視聴しましょう!

DVD傷でお困りではありませんか?

DVDに傷がついて再生が難しくなりますね。例えば、画面が真っ暗になったり、機器から異音が発生したり、途中で止まったり、動画や音が飛び飛びになったりすることがよくあります。

では、今回はDVD傷の修復方法を詳しく紹介します。DVDのキズを修復して、DVD動画を大いに楽しみましょう。

DVD傷の修復方法

やわかい布で拭く

DVDのキズを修復する前に、傷でDVDが上手く再生できないか、それとも汚れでDVDが上手く再生できないか、原因を調べましょう。

実は、指紋やホコリなどの汚れでDVDが再生できないこともよくあります。メガネクリーナーのような乾いたやわかい布を使って、中心から外側に向かって丁寧に汚れを拭き取ってください。

DVD傷の修復方法

因みに 、柔らかい不織布をおすすめします。ティッシュペーパーや固い布を使うのはオススメできません。また、しつこい汚れを拭き取る時、薄めた中性洗剤や無水アルコールを使って拭き取ってみましょう。

<

リッピングソフトを使う

リッピングソフトの信号読み取り能力は優れていますので、傷のついたDVDが上手く再生できない場合、パソコンでリッピングソフトを使って修復してみましょう。

ここでは使いやすいDVDリッピングソフト 「WinX DVD Ripper Platinum」を強くオススメしたいです。

  • リッピングソフト「WinX DVD Ripper Platinum」の特徴
  • 📀 傷のついた自作DVDだけではなく、傷のついた市販DVDでも、レンタルDVDもコピーガードを無視して読み込めます。
  • 📀 DVDのキズを修復しDVD内容をISO/フォルダー/メインタイトル/MP4/MKV/MP3に変換して保存できます。特に、DVDをMP4で保存すれば、DVD動画の視聴が便利になります。
  • 📀 トリミングやクロップ、字幕合成などのカンタン編集機能が用意されています。DVD動画を編集できます。
  • 📀 使い方が簡単だし、動作も軽いし、初心者でもDVDのキズを手軽に修復してISOやMP4などの形式で保存できます。

「WinX DVD Ripper Platinum」を使い、DVD傷を修復する手順↓

  • 傷のついたDVDをパソコンのDVDドライブに挿入したら、「WinX DVD Ripper Platinum」を起動し「ディスク」アイコンをクリックします。 傷のついたDVDを選択して「OK」をクリックします。傷のついたDVDを読み込めない場合は、DVDディスクファイルのシステムを「強制ISO」にしてください。

    DVD傷の修復方法
  • すると、傷のついたDVDのロードが開始されます。傷のついたDVDをうまく読み込むと、出力プロファイル画面が表示されます。「MP4」「AVI」「WMV」「MOV」「DVD Video」「ISO」「メインタイトル」「フォルダー」などの保存形式が選択できます。使用目的に合った形式を選びましょう。形式を選択したら「OK」をクリックします。

    DVD傷の修復方法
  • 「参照」をクリックしたら、保存先を指定できます。右下にある「RUN」ボタンをクリックすると、傷のついたDVDの修復と変換が高速で開始されます。完了するまで少々お待ちください。

    DVD傷の修復方法
<

研磨器具を購入する

研磨器具で傷ついたDVDディスクを修復できます。今多くの研磨器具が販売されています。自動的にDVDのキズを修復できるので、やり方はかんたんです!

例えば、SANWAで販売しているディスク自動修復機「CD-RE2AT」はよい評価を得ています。簡単な3ステップでDVDのキズを修復して再生できます。

<

DVD修復研磨専門店に依頼する

DVD傷の修復方法

自力でDVDのキズを修復できない場合、DVD修理屋やDVD研磨サービス専門店、DVD修復専門業者に依頼しましょう。

例えば、DVDを販売している店によっては、サービスの一つとしてディスク研磨修復に対応しているところもあります。また、インターネットで検索すれば、「DVD研磨サービス」「ディスク研磨」「DVD修復研磨サービス」「DVD傷の研磨、修復」などの結果が多く表示されます。その中から評価の高いサービスに依頼してみましょう。

<

バナナを使う

DVD傷の修復方法
  • 事前準備
  • a. バナナ
  • b. 柔らかい布
  • c. ぬるま湯

バナナでDVD傷を修復する方法

バナナの皮を剥き、放射状に(中心から外側に)拭きます。次に、バナナの皮の内側でDVDのキズ部分を重点的に磨きます。最後は柔らかい布にぬるま湯を少しつけて放射状に拭き取るこでDVDに残したバナナを落とします。終わったら、ディスクを自然乾燥させましょう。

<

歯磨き粉で磨く

DVD傷の修復方法

歯磨き粉でDVDディスクを磨くことでキズを消し、症状を改善することがあります。歯磨き粉で磨くことでDVD傷を修復する方法↓

  • 事前準備
  • a. 歯磨き粉
  • b. 柔らかい布(メガネ拭きなど)
  • c. 消しゴム
  • 💡 粒子が細かい歯磨き粉を使ってください。粒子の荒い歯磨き粉を使えば、DVDをもっと傷つけてしまう可能性があります。

歯磨き粉でDVD傷を修復する方法

メガネ拭きなどの柔らかい布で消しゴムを包み、歯磨き粉を少しつけてDVDディスクのキズ部分を放射状に(中心から外側に)優しく磨きます。

後は、柔らかい布で水をつけて歯磨き粉を放射状に拭き取ってください。終わったらDVDディスクを自然乾燥させましょう。

<

DVD修復について知っておきたい注意点

今回はDVD傷の修復方法をいくつか紹介しましたが、知っておきたい注意点を説明したいです。

歯磨き粉やバナナ、ワセリン、コンパウンドなどを使うのはあまりおすすめしない。

実際には、歯磨き粉やバナナ、ワセリン、コンパウンドなどのものを使えば、DVDのキズを修復して再生可能になる場合もありますが、DVDをもっと傷つけててしまう可能性もあります。

DVDディスクの記録面を均等・均質に研磨しないと、ディスクの重量配分が偏り異常な回転になり、ディスクだけではなく、DVDドライブ機器の故障も起こしてしまう可能性もあります。

そして、歯磨き粉やバナナ、ワセリン、コンパウンドなどのものもプレーヤーに悪影響があると思います。

ディスク研磨修復業者はそのような方法で行わないでしょう。ディスクやドライブ機器を完全に修復不能な状態になってしまうとまずいまずいですよね。

そのため、DVDのキズを修復したい場合、まずは、DVDリッピングソフトでやってみましょう。やり方も簡単だし・・・

そうしてもDVDの読み取りができない場合は研磨器具を購入するとかDVD修復研磨専門店に依頼するとか、DVDのキズを修復して再生しましょう。

この記事を書いた人:鹿島湊

本ページの内容に関して、ご意見等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。