レンタル・自作DVDをパソコンに保存する方法|初心者も簡単!

DVDをパソコンに保存すれば、大切な映像を守れるし、共有することやお好みに編集することも手軽にできます。

さて、今回は、レンタルや自作などのDVDをパソコンに取り込む方法を詳しく説明します。

「DVD→パソコン」について知っておきたいこと

1. DVDをパソコンに保存する場合、DVDリッピングソフトが必要か

DVDリッピングソフトを使用しなくても、DVDをパソコンで読み込み、データを直接コピーして保存できますが、

著作権で保護されたDVDデータは、直接コピーしても、利用できない場合があります。

また、動画DVDには一般的にビデオファイルが多くあります。直接コピーする場合、どのビデオファイルをコピーしますか?

ですから、直接コピー方法をおすすめしません。DVDに保存するには、やっぱり強力なDVDリッピングソフトを使ってください。

<

2. 強力なDVDリッピングソフトを紹介する

コピーガードなしのDVDなら、ほとんどのDVDリッピングソフトが利用できます。DVDリッピングフリーソフトでも簡単にコピーなしのDVDをパソコンに保存できます。

レンタルや市販DVDなどのコピーガード付きDVDなら、一般的なDVDリッピングソフトを使うと、DVDからパソコンへの保存が失敗したことが多いです。そのため、レンタルDVDや市販DVDをパソコン取り込む場合、ぜひ強力なDVDリッピングソフトを使ってください。もちろん、強力なDVDリッピングソフトは、コピーガードなしのDVDもパソコンに取り込めます。

今回は「 WinX DVD Ripper Platinum」という強力なDVDリッピングソフトを使ってDVDをパソコンに取り込む方法を解説したいです。

<

3. DVDをどの形式でパソコンに保存するか

DVDをパソコンに保存する時、多くの形式が選択できます。例えば、

  • @ DVDバックアップファイル
  • 「メインタイトル」や「フルタイトル」「フォルダ」「ISOイメージファイル」などのファイルでDVDをパソコンに保存します。
  • ISOイメージファイルとはDVDの中身を1つにまとめたファイルです。ISOイメージファイルは、DVDデータ圧縮されていなく、ファイルの内容だけでなく、DVDの持つ全てのメタデータとして、構造なども含んでいますので、サイズが大きいです。
  • A 動画形式
  • MP4やMOV, FLV, AVIなどの形式でDVDをパソコンに保存します。
  • MP4は汎用性の高い動画形式です。プレイヤーの種類を気にせず使用できます。DVDをパソコンに保存する場合、一般的にMP4フォーマットでパソコンに取り込むことが多いです。
  • B 音声形式
  • DVDをオーディオファイルでパソコンに保存することもあります。特に、ライブDVD / 音楽DVDをMP3やAACなどの形式でパソコンにすることがよくあります。

で、DVDをパソコンに保存する場合、ISOやMP4、MP3形式が主流になっています。次はDVDをそれらの形式でパソコンに保存する手順を詳しく解説します。

<

DVDをパソコンに保存する方法

ここでは「 WinX DVD Ripper Platinum」というDVDリッピングソフトを使用します。

  • WinX DVD Ripper Platinumの特徴
  • ✿ DVDをDVDファイル/動画ファイル/音声ファイルでパソコンに保存できる
  • ✿ 自作DVD・レンタルDVD・ライブDVDなどをパソコンに取り込める
  • ✿ トリミング・字幕合成・クロップなどの編集作業ができる
  • ✿ 使い方が超簡単だし、処理速度も超高速です。
<

1. WinX DVD Ripper Platinumを使って、DVDをDVDバックアップファイルでパソコンに保存する

STEP1.DVDをパソコンのドライブに挿入した後でWinX DVD Ripper Platinumを起動して「DVDディスク」アイコンをクリックします。

パソコンに保存したいDVDを選択したら「OK」をクリックします。

DVDをパソコンに保存する

STEP2.すると、DVDの読み込みが自動的に開始されます。DVDをよみこんだら、出力プロファイルが表示されます。

「DVDバックアップ」を選択すると、「メインタイトル」や「ISOイメージファイル」「フルタイトル」「フォルダ」が表示されます。お好みで選択して「OK」をクリックしてください。

DVDをパソコンに保存する

STEP3.「参照」をクリックすれば、保存先を変更できます。

DVDをパソコンに保存する

STEP4.右下にある「RUN」ボタンをクリックすると、DVDをDVDバックアップファイルでパソコンに保存することが開始されます。完了するまで少々お待ちください。

<

2. WinX DVD Ripper Platinumを使って、DVDをMP4などの動画形式でパソコンに保存する

STEP1.DVDをパソコンのドライブに挿入しWinX DVD Ripper Platinumを起動して「DVDディスク」ボタンをクリックします。

パソコンに保存したいDVDを選択した後で「OK」をクリックします。

DVDをパソコンに保存する

STEP2.DVDを上手く読み込んだら、出力プロファイルが表示されます。

「通常の動画ファイル」をクリックすると、「MP4動画」や「AVI動画」「WMV動画」「MOV動画」などが多く表示されます。「MP4動画」を一番おすすめしたいですが、自分の用途に合った形式を選んで「OK」をクリックしましょう。

DVDをパソコンに保存する
  • 動画品質の設定
  • スライダーを右から左(もしくは左から右)へ移動させることによって、動画の品質を設定できます。

STEP3.下にある「参照」をクリックすれば、動画の保存先を指定できます。

DVDをパソコンに保存する
  • 設定
  • 歯車アイコンをクリックすると、動画のビットレートやアスペクト比、解像度などを設定できます。

STEP4.「RUN」ボタンをクリックすると、動画形式でDVDをパソコンに保存する作業が開始されます。完了するまで少々お待ちください。

<

3. WinX DVD Ripper Platinumを使って、DVDをMP3などの音声形式でパソコンに保存する

STEP1.DVDディスクをドライブに挿入した後でWinX DVD Ripper Platinumを起動し「DVDディスク」ボタンをクリックします。

パソコンに取り込みたいDVDを選択した後で「OK」をクリックします。

DVDをパソコンに保存する

STEP2.DVDを上手く読み込んだら、出力プロファイルが表示されます。

下へスクロールして「音楽」をクリックしてください。すると、音声形式「MP3」や「AAC」「AC3/DTS」が多く表示されます。「MP3」を一番おすすめしたいですが、お好みで音声形式を選択してもいいです。

DVDをパソコンに保存する

STEP3.下にある「参照」をクリックすれば、音楽の保存先を指定できます。

DVDをパソコンに保存する
  • 設定
  • 歯車アイコンをクリックすると、音楽のビットレートやサンプルレートなどを設定できます。

STEP4.「RUN」ボタンをクリックすると、音声形式でDVDをパソコンに保存する作業が開始されます。完了するまで少々お待ちください。

<

DVDがパソコンに保存できない時の対処法

DVDがパソコン上手く保存できない場合、どうすればいいですか?

対策1. WinX DVD Ripper Platinumで「自動検出」の代わりに、「強制ISO」にチェックを入れた後で、DVDをパソコンに保存する作業を行ってみてください。

DVDをパソコンに保存する
<

対策2. どんなDVDリッピングソフトを使ってもDVDをパソコンに取り込めない場合、「録画」でDVDをパソコンにしか保存できないです。

ここでは、DVDを高画質で録画してパソコンに保存できるキャプチャソフト「VideoProc Converter 」を使って、DVDを収録する方法を詳しく説明します。

STEP1.VideoProc Converterを起動して「録画」をクリックします。

DVDをパソコンに保存する

STEP2.「画面録画」をクリックします。

DVDをパソコンに保存する
  • 「1」は、全画面を録画する機能です。
  • 「クロップ」は、録画範囲を設定する機能です。
  • スピーカー/マイクをONにすれば、パソコンの音/マイクの音を収録します。
  • 右上にある歯車アイコンをクリックすれば、録画の画質やフォーマットを設定できます。

STEP3.パソコンに保存したいDVDをドライブに挿入して再生します。VideoProc Converterの右下にある「REC」ボタンをクリックします。すると、DVDの録画が開始されます。

STEP4.DVDの録画を終了したい場合、VideoProc Converterの画面に戻り、右下にある「STOP」をクリックします。すると、DVDがパソコンに保存されました!

この記事を書いた人:鹿島湊

本ページの内容に関して、ご意見等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。