DVD Flick使い方:日本語版ダウンロード・動画からDVDへ書き込んで再生する方法

DVD Flick使い方

「既存のMP4, WMV, AVI, MOVなどの動画ファイルをDVDに焼いてDVDプレイヤーで見たい!」と思ったことありませんか?残念ながら、そのまま強引に動画ファイルをDVDディスクへ入れるだけではDVDプレーヤーで再生することもできないです。そういう場合DVDオーサリングフリーソフト「DVD Flick」を使用し、各種動画ファイルをDVD-VIDEOデータへ変換する必要があります。

DVD Flickは複雑な操作が不要簡単に使えるが、初心者の中で使い方に不安と感じる方も多いのではないでしょうか。今回は、この強力なDVDオーサリングソフトの使用方法を紹介していきたいと思います。「DVD Flickの使い方がまーったく分かりません」「DVD Flickで変換しようとしたらエラーがでます」「DVD Flickは英語でさっぱり分かりません。」にお悩みの方はぜひご参考ください。

<

DVD Flickとは

DVDオーサリングフリーソフト 基本情報
ダウンロード 日本語化

作者:Dennis Meuwissen / Zathor
動作環境:Windows XP/Vista/7/8/8.1/10
日本語:非対応
パソコン空きディスク容量:9GB以上
対応メディア:CD/DVD(Blu-ray非対応)

様々なフォーマットの動画に対応

DVD FlickはWindows用のオープンソースDVDオーサリングソフトです。機能は少ないですが動画をDVD書き込み時に、各種動画ファイルをDVDデータに変換してくれることができます。そのほかにも動画タイトルを編集したり、DVDメニューを作成したりすることもサポートしています。(DVD Flickは動画形式を変換するためのソフトで、DVD焼く機能が搭載していませんので、変換された動画からDVDビデオを作成するために、「ImgBurn」と連携する必要があります。)

<

DVD Flick使い方:ダウンロードとインストール

公式サイトより英語版しか提供していないが、外部サイトで日本語バージョンも配布しています。しかも日本語化の方法は非常に簡単で、わずかなステップでDVD Flick日本語版をインストールできます。

通常版(英語版)ダウンロード

日本語版は外部サイトからダウンロードする必要があるので、日本語化パッチの安全性を心配している方のために、まずは公式版のDVD Flickをダウンロードする方法から説明してみます。

  • DVD Flick公式サイトのダウンロードページにアクセスし、「Download DVD Flick」をクリックするとDVD Flick exe.ファイルのダウンロードが始まります。
  • DVD Flickダウンロード
    DVD Flickダウンロード
  • ダウンロード完了後、exe.ファイルクリックして起動し、インストール指示に従ってDVD Flickをインストールすることができます。
    「Lisence Agreement」:「I accept the agreement」を選択し「Next」をクリック;
    「Select Destination Location」:ソフトのインストール先を選択し「Next」をクリック;
    「Select Start Menu Folder」:DVD Flickをスタートメニューに登録するかを選択し「Next」をクリック;
    「Select Addition Tasks」:両方ともチェックを入れ【Next】をクリック;
    「Ready to Install」:「Install」をクリックするとインストールが開始。

日本語版ダウンロード

  • DVD Flick勝手に日本語化サイトにアクセスし、「Download」をクリックするとDVD Flick日本語版のダウンロードが始まります。
  • DVD Flickダウンロード
    DVD Flickダウンロード
  • ダウンロードしたファイルを開き、「実行」をクリックします。そしてインストール指示に従ってソフトを簡単にインストールできます。
<

DVD Flick使い方:動画をDVDに書き込む

DVD Flickをダウンロードした後、次はDVD Flickで動画をDVDへ書き込むできる形式へ変換する方法や、「Imgburn」と連携して変換した動画をDVDへ書き込む方法を紹介していきます。

DVD Flick使い方:動画変換

  • 、動画ファイルを読み込み:
    DVD Flickを起動します。そして右のメニューバーにある「タイトル追加」をクリックし、DVDに変換したい動画を選択してソフトに読み込みます。(変換したい動画を直接ソフトにドラッグ&ドロップしてもOKです)
    複数の動画を追加することもでき、「上へ移動」「下へ移動」ボタンにより動画の順序を調整することもできます。
  • DVD Flickで動画を読み込む
    DVD Flickで動画を読み込む
  • 、動画タイトルを設定:
    動画ファイルを選択し右のメニューバーの「タイトル編集」をクリックします。「タイトルのプロパティ」画面で、いろいろな調整が可能です。タイトルを設定した後「適用」をクリックして次のステップへ進みます。
    一般:動画名称の変更やサムネイルの調整。
    チャプター:動画タイトルを詳細設定、動画のタイトルごとのチャプターを調整(指定時間で分割、指定数で分割する、ビデオソース毎にチャプターを作成する三種類);
    オーディオトラック:動画の音声を設定;
    字幕トラック:字幕を追加、編集、削除。
  • DVD Flick動画タイトルを設定
    DVD Flick動画タイトルを設定
  • 、プロジェクト設定(DVD化するときの設定):
    ソフト上部のメニューバーにある「プロジェクト設定」をクリックします。次のように全て設定完了したら、「適用」をクリックしてください。
    一般設定: 「タイトル」:DVDの名前を入力。「ターゲットサイズ」:出力するDVDデータの目標(最大)サイズを指定(通常の場合はDVD(4.3 GB)」を選択すればOK)。エンコード優先順位:DVD書き込む速度を設定、高速で書き込みたい場合「Avobe Normal」、デフォルトは「Normal」。
    ビデオ設定: 「ターゲットフォーマット」:「NTSC」を選択。「エンコード品質」と「ターゲットビットレート」はデフォルトのままでOK。
    書込設定:「ISOイメージファイルを作成」:ISO イメージファイルを作成したい場合チェックを入れる。「プロジェクトをディスクに書き込む」:変換したDVDデータをそのまま空のDVDディスクに書き込みたい場合チェックを入れる。
  • DVD Flickでプロジェクト設定
    DVD Flickでプロジェクト設定
  • 、動画メニュー設定:
    DVDに作成したとき動画のメニュー画面を設定したい場合、メニューバーにある「メニュー設定」をクリックします。そしてメニュー設定画面の左にメニュー画面のテンプレートがいくつかに用意されているので、自分の好みによって選択してください。
    「プレビュー」: 実際のメニュー画面を確認。
    「メニューの自動再生」: 「ターゲットフォーマット」:DVDを再生する時メニュー画面を一番最初に表示させる。
    「音声メニューを表示する」:各タイトルを再生する前に、音声メニューを表示させる。
    「字幕メニューを表示する」:各タイトルを再生する前に、字幕メニューを表示させる。
  • DVD Flickで動画メニュー設定
    DVD Flickで動画メニュー設定

DVD Flick使い方:動画をDVDへ書き込む

  • 、空のDVDディスクをPCドライブに挿入:
    変換した動画をDVDに焼きたい場合、空のDVDを準備してドライブに挿入します。
  • 、DVD作成をクリック:
    設定が完了した後、右下にある「参照」ボタンをクリックしてDVDデータの出力先フォルダを設定できます。そして「DVD 作成」ボタンをクリックすると、次のような警告画面が表示される場合「はい」を選択します。
  • DVD Flickで動画をDVDへ書き込む
    DVD Flickで動画をDVDへ書き込む
  • 、DVDへ変換:
    動画ファイルをDVDビデオに変換する作業が開始さ、終わりに近づいてくると「ImgBurn」が起動され、もう少しだけ待つと、動画からDVDディスクに焼くことが完了しました。
  • DVD FlickでDVDへ変換
    DVD FlickでDVDへ変換
<

DVD Flickでエラーが発生する場合

DVD FlickでDVDを書き込むとき、「動画ファイルが読み込まれない」「DVD Flickオーサリングできない」「DVD FlickでDVDを作成できない」などの不具合もたくさん報告されているので、念のためここでもう一つのDVDオーサリングフリーソフトを紹介します。DVD Flick使えない場合、その代わりに動画からDVDへ変換できます。

DVD Flickの代わりになる動画をDVDへ書き込むソフト

WinX DVD Authorはシンプルで使いやすいDVDオーサリングフリーソフトです。DVD Flickとほぼ同じ機能が搭載、完全無料で動画からDVD形式へ変更する上で、「Imgburn」を使用しなくても本体で動画からDVDへ焼くことができ、一般的なDVDプレイヤーやDVDレコーダーで再生することができます。多様な入力に対応で、動画ファイルだけでなく、VOBファイルからDVDへの書き込みや、DVDファイルからDVDに焼くこともできます。 DVD焼くのほかにも、WinX DVD Authorはオンライン動画を直接ダウンロードしてDVDへ書き込む機能、動画編集機能、DVDメニュー作成機能、VOBファイル作成機能なども搭載しています。

WinX DVD Author

DVD Flickの代わりになるDVDオーサリングフリーソフト。簡単に動画をDVD-VIDEO形式やBDMV(BD-VIDEO)形式にしたりして、様々な機器で再生できる規格に準じたDVDディスクやBlu-Rayディスクを作成することです。強力な機能が備えて、高速で100%の高い品質を提供します。

WinX DVD Author使い方:動画からDVDへ書き込む手順

  • 、WinX DVD Authorをダウンロード:
    「無料ダウンロード」ボタンをクリック、またはWinX DVD Author公式ページまでソフトをダウンロードしてインストールします。
    WinX DVD Authorをインストール完了した後、ソフトを起動します。そしてメインメニューにある「Video DVD Author」を選択します。(※ ここで例として動画をDVDに焼く方法を紹介するつもりですから、「Video DVD Author」を選択しますが、ご自分のニーズに応じてほかのボタンを選択してもOKです。)
    「Video DVD Author」:動画ファイルからDVDへ書き込む
    「Convert Video to Vob」:動画ファイルをVOBファイルへ変換
    「Vob To DVD Combpiler」:VOBファイルからDVDへ書き込む
    「DVD Disc Burner」:DVDファイルからDVDへ書き込む
    「YouTube Downloader」:YouTube動画をDVDへ書き込む
  • WinX DVD Authorダウンロード
    WinX DVD Authorダウンロード
  • 、動画の追加や設定:
    「Video DVD Author」画面で「+」ボタンをクリックしてDVDに焼きたい動画を選択してソフトにインポートします。(複数動画ファイルの追加も対応)そして自分のニーズに応じていろいろ設定できます。
    @、開始時間/終了時間を設定して動画をトリミング;
    A、4:3標準スクリーン/16:9ワイドスクリーンで画面の比率を調整;
    B、黒いボーダーを添加:レターボックスにするかどうかを設定;
    C、DVDメニューを生成するかどうかを設定;
    D、「+」:動画を追加。「−」:追加した動画を削除。「↑」:動画を上の位置へ変更。「↓」:動画を下の位置へ変更。
    E、次の画面へ進む。
  • WinX DVD Authorで動画を追加
    WinX DVD Authorで動画を追加
  • 、DVDのメニュー画面を設定:
    DVDのメニュー画面でDVDの背景画像、文字や音楽の追加などができます。
    @、メニュー画面の背景画像を設定
    A、タイトルメニュー/チャプタメニューの設定画面の変更
    B、動画に文字を追加
    C、動画に音楽を追加
    D、動画クリップの追加や削除。
    E、次の画面へ進む
  • DVDのメニュー画面の設定
    DVDのメニュー画面の設定
  • 、DVDを焼く:
    最後には「Start」ボタンをクリックすると、動画をDVDに焼く作業が開始されます。完了までししばらくお待ちください。
この記事を書いた人:ミツキ

本ページの内容に関して、ご意見等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。