無料! レンタルDVDをUSBにコピーする方法

レンタルDVDをUSBにコピーする方法

ヤフー知恵袋では「DVDをUSBにコピーする方法を教えていただきたいです。OSはWindows10です。」と聞いた人はいます。外出先でDVDドライブ/DVDディスクを持ち運ぶのが非常に不便ですよね。対して、USBメモリーなら、小型で軽量で持ち運びやすいです。

更に、USBメモリーはデータをバックアップできるメリットがあり、DVDディスク/DVDドライブの破損などで、データを紛失する恐れが回避されます。そこで今回は、Windows10でレンタルDVDからUSBメモリーに保存する操作手順を紹介していきます。

  • STEP.1

    レンタルDVDディスクを追加する

    レンタルDVDディスクをDVDドライブに挿入して、WinX DVD Ripper Platinumを起動してください。インターフェースにある「DVDディスク」アイコンをクリックして、ディスクをソフトウェアに読み込みます。

  • STEP.2

    DVD変換の出力形式を.mp4にする

    DVDをUSBにコピーする方法と言えば、たくさんがあります。DVDを.isoイメージファイルにコピーしたり、DVDをmp4、avi、mp3、flacなどといったビデオ・オーディオフォーマットに変換したりして、USBメモリーに保存できます。

    ここでは、.mp4と出力して、USBメモリーに保存します。

  • STEP.3

    レンタルDVDからUSBメモリーに保存

    出力プロファイルを選択してから、プロファイルを編集することができます。WinX DVD Ripper Platinumは木本的な編集機能を持ち、ビットレート、解像度、フレームレート、サンプルレート、アスペクト、チャンネルなどといったパラメータを調整したり、ビデオをカット/トリム/合併/クロップできます。

    編集が完了したら、下側にある「参照」ボタンをクリックして、出力ファイルの保存先を指定します。

    確認した後、右下の「RUN」ボタンをクリックしてDVDからUSBにコピーする作業が始まります。メインインターフェースでは作業プロセスの進度が表示され、一時停止することができます。

ぜひ試してみてください! 今すぐダウンロード
その他の利用ガイドを見る
Digiarty公式アカウント:
お問い合わせ先: support@winxdvd.com sales@winxdvd.com

ホーム | 会社情報 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 合意書 | ニュース | お問い合わせ | 人気記事

Copyright © 2019 Digiarty Software, Inc. All rights reserved

Apple、Appleのロゴ、Mac® 、iPhone® 、iPad® 及びiTunes® などはAppleInc.の商標であり、米国およびその他の国で登録されたものです。DigiartySoftwareがAppleInc.と開発または商業提携をしていません。