動画リサイズ:無料で動画サイズを小さくする方法

動画サイズが大きいと、いろいろ場合で利用不便でしょう。例えば、再生速度と転送速度は遅くなり、動画共有サイトへアップロードできなく、動画保存にも容量に圧迫する場合があります。そのような場合、動画をリサイズする必要があります。

動画サイズを小さくするには、様々な方法がありますが利便性・安全性・スピードなどを考えると、ここでは、最も簡単な動画サイズ縮小方法を紹介します。ぜひ、ご参考にしてみてください。

動画をリサイズする方法

動画サイズを変更するには、一般的には四つの方法があります。どちらを使っても、動画サイズを縮小することができます。まずは、下記の内容を確認してみましょう。

1.動画ファイル形式の変換

動画ファイルには様々な形式があり、それによって特徴や容量が変わります。代表的な形式では「MP4」「MOV」「AVI」があり、中でも「AVI」は互換性が高く容量が大きい特徴があります。そのため、ファイル形式を変換する際は、動画品質を損なうことなく動画サイズを小さくするため、FLV・WMV・MP4などの形式に変換する方法をすすめます。

※汎用動画形式のサイズを比べると、下記の結果になります。
AVI>WMV>MPEG-2>VOB>MP4>MOV>MPEG>RMVB>RM>FLV

2. 動画解析度の変更

動画の画質と関係のある解像度も、高くなるにつれて容量は大きくなります。そのため、解像度を下げることで、動画をリサイズすることができます。ただし、解像度を下げると、動画自体のサイズも小さくなってしまうので、解像度を変更しても、まだ希望の動画サイズに変更していない場合は、動画のフレームレートとビットレートを低く抑えることによって動画サイズを小さくすることができます。

3. 動画フレームレート・ビットレートの調整

解像度と同じく、ビットレート・フレームレートそれぞれの値が高くなるにつれ、それに比例し動画の容量も大きくなります。

双方とも変更することで、動画の容量を小さくできますが、あまりに下げ過ぎてしまうと動画の質が著しく悪くなるので、フレームレートの変更範囲は24〜30fps、ビットレートは1400〜2000kbpsの間で変更することをお勧めします。低すぎると動きの滑らかさや画面とオーディオの品質に影響を与えて、視聴感が悪くなります。

4.動画の不要な部分をカット

動画変換、パラメーター変更の方法で、動画をリサイズすると、ある程度で動画画質を影響します。でも、動画ファイルの不要部分をカットすることで、無劣化で動画のサイズを縮小できます。

動画の編集を通じて、動画ファイルを複数の部分に分けたり、動画の周りの不要な黒枠を取り除いたりすることができます。そうやって保存した動画はサイズが小さくなります。

動画リサイズできるツールおススメ

動画をリサイズできるツールはたくさんありますが、操作複雑、動画劣化、機能少ないものも多いです。ただし数多くの動画リサイズツールの中で、評価がいい動画リサイズツールがあります。WinX HD Video Converter Deluxeというツールで、上記の四つのリサイズ機能を備えていて、一気に完成できます。それに、シンプルで、操作は非常に簡単です。初心者でも手軽に動画サイズを変更できます。

  • WinX HD Video Converter Deluxe

    ・操作が簡単!初心者でも動画ファイルを圧縮して、お好きなように任意の形式に変換できます。
    ・編集機能が満載!解像度/ビットレート/パラメーター調整/カット・トリムなどで動画サイズダウンを行う。
    ・最新GPUアクセラレーションを搭載されたため、元動画の品質を維持しながら、1080pのフルHD動画/ 4K UHD動画を大幅に爆速圧縮・変換できる。

動画サイズ縮小する操作手順

これからはWinX HD Video Converter Deluxeで動画をリサイズする操作手順について詳しく紹介します。

まずは、ソフトを上記のダウンロードボタンからダウンロード・インストールしてください。複雑な設定がなく、インストール完了したら、ソフトを起動して使えます。

動画ファイル形式を変換する方法

  • STEP.1

    出力動画形式を選択

    ソフトを起動したら、ツールバーにおける「動画」ボタンをクリックして、変換したい動画を選択して、出力プロファイルが自動的に現れます。

    ちょっと下のところに「PCの通常映像」をクリックして、FLV動画を選択してください。自分自身のニーズによって、ほかにはいろいろな動画フォーマットを選択することもできます。
    (常用動画形式にFLV動画は最も小さいから、ここで動画をFLV動画に変換するのを例として)

    次は「OK」ボタンをクリックすることを忘れないでくさい。

    図1:動画ファイル形式の変換
  • (解析度やビットレートの調整、不要な部分のカットをしたくないなら、ステップ5に行ってください。)

動画解析度を変更する方法

  • STEP.2

    解析度の変更

    下図の赤線中のビデオオプションボタンをクリックして、ビデオパラメータの界面が現れます。

    そしてビデオの解析度を下げて動画圧縮の目的に達します。

    最後は「すべてに適用」をクリックします。

    図2:動画解析度の変更
  • (ビットレートの調整、不要な部分のカットをしたくないなら、ステップ5に行ってください。)

動画フレームレート・ビットレートを調整する方法

  • STEP.3

    レームレート・ビットレートを調整

    先のビデオパラメータの界面で解析度を変更するだけではなく、動画のレームレート・ビットレートを調整することもできます。

    ご注意することは、画質大いに劣化にならないため、フレームレートの変更範囲は24〜30fps、ビットレートは1400〜2000kbpsの間で変更してください。

    図3:動画フレームレート・ビットレートの調整
  • (不要な部分のカットをしたくないなら、ステップ5に行ってください。)

動画の不要な部分をカットする方法

  • STEP.4

    不要な部分をカット

    下図の「編集」ボタンをクリックして、新たな界面が現れます。

    そして「トリミング」ボタンを押して、開始と終了時間を設定でき、動画ファイルから不要な部分をカットします。

    最後は「すべてに適用」をクリックします。

    図4:動画の不要な部分をカット

最後は

  • STEP.5

    保存先を指定して、作業開始

    「参照」ボタンをクリックして、保存先を選んで、最後は「Run」ボタンを押すと動画をリサイズし始めます。

    図5:動画リサイズ
  • ※ご注意するところは、解析度やビットレートの調整で動画のサイズを縮小しますが、画質と音質が大きく下がる可能性があるので、初心者はご慎重にしてください。

【↓この記事が気に入ったらTwitterでシェアしよう↓】

ツイート

高精度動画変換についてもっと知りたい方は

高精度動画変換のページへ
この記事を書いた人:小早川

本ページの内容に関して、ご意見等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。