動画変換ソフトか動画変換サイトどっちを選ぶか決められない人へ。高画質・無料で動画を変換する

あなたは、動画を変換したいとき、動画変換ソフトと動画変換サイトの選びに悩んだことがあるかと思います。動画変換ソフトの方がいいか、それとも動画変換サイトの方がいいか。

もちろん、どちらでもパソコン(略称:PC)が必要なので、ソフトとサイト自体の問題ではなく、実際に動画を変換する途中で、動画変換ソフトと動画変換サイトの違いが分からない方が多いと思います。

今回の記事では、動画変換ソフトか動画変換サイトどっちを選ぶか決められない人むけに、それぞれのメリット・デメリットについてご紹介します。それで、最適な動画変換方法を選び、高画質無料で動画を変換しましよう。

動画変換ソフトか動画変換サイトどっちを選ぶか決められない人へ

手元の動画ファイルをMP4に変換したくて、インターネットで動画変換方法を検索するとき、動画変換ソフトと動画変換オンラインサイト両方があり、どっちの方が良いか分からない人は多いですよね。

だから、以下では、このような悩みを抱く方に向け、それぞれの特徴、メリット、デメリットについてご紹介していきます。

(1)速さ、動画変換速度

動画変換サイト:

  • 動画変換サイトは、回線の速度に左右されます。
  • 特に、動画を読み込み、動画を変換、保存することがすべてオンラインで行うので、インターネット回線の速度は変換作業に大きな影響を及ぼします。

対して、動画変換ソフトの方は違い、回線の速度などの悩みはありません。

動画変換ソフト:

  • 動画変換ソフトの公式サイトからソフトウェアのインストーラをダウンロードすることが回線速度の影響を受けますが、動画変換作業はオフライン環境下でも行えます。
  • さらに、現在、たくさんの動画変換ソフトウェアはハードウェアアクセラレーション技術を内蔵し、コンピューターのパフォーマンスをより高速させ、CPUの負荷を低減し、動画変換作業はよりスムーズに処理できます。例えば、MKV(DivXコーデック)をAVI(DivXコーデック)に変換するなら、エンコードとデコードの必要がありません。コンテナだけを変換するので、電光石火の速さでMKVからAVIへ変換することができます。

動画変換ソフト vs 動画変換サイト:動画変換ソフト勝ち

(2)安全性

動画変換サイト:

  • 動画変換オンラインサイトは、すべて「HTML」というコンピューター言語で作られているものです。普通の場合、インターネットを閲覧していると、多くのWebサイトで広告が表示されますよね。動画変換サイト(例えば、Convertio、onlinevideoconverter.comなど)もほぼ同じです。
  • また、サイトを閲覧する時、セキュリティシステムが破損したり、システムがウィルスに感染したりして、詐欺サイトへ誘い込む可能性があります。

総合的に言えば、動画変換オンラインサイトを利用することはリスクがありますよね。一方、動画変換ソフトの安全性はどうですかと聞く人はいるんでしょう。

動画変換ソフト:

  • フリーソフトウェアなら、必ずVectorや窓の杜やGitHubやSoftnicなどといったメジャーなサイトに掲載されているものをダウンロードしてください。信頼のできるサイト以外からダウンロードしない方がいいだと思います。
  • もし価格(値段)に気にしない方は、できるだけ有料な動画変換ソフトを利用するのが一番いいです。有料だから、安全性を確保できるし、安心的なサポートサービスを提供してあげるので、有料ソフトの方が安全だと言えるのです。

動画変換ソフト vs 動画変換サイト:動画変換ソフト勝ち

(3)価格(値段)・機能性

動画変換サイト:

  • 動画変換サイトはほとんど無料で提供しています。無料だから、多くの方々に愛用されています。例えば、Online Video Converter、online-convert、cloudconvert、Convertio。さらに、機能も多種多様です。
  • @、Online Video Converter:オンラインで動画を変換できるだけではなく、音声を変換したり、動画共有サイトから動画をダウンロードしてmp4/avi/mpeg/mov/flv/3gp/webm/mkv/wmv/gif/mp3/wav/iPhone着信音(m4r)/m4a/flac/ogg/mp2/amrと保存できます。
  • A、online-convert:動画変換オンラインで行える他に、動画ダウンロード機能を持ち、Instagram/Telegram/Facebook/Dailymotion/Twich/Twitter/Viber/Vimeo/WhatsAppサイトからお気に入りの動画を保存できます。さらに、サポートするメディアファイルの種類も豊富で、動画ファイルだけではなくて、文書、画像、アーカイブファイル、音声ファイル、電子書籍、Webサイトなどといったデータをオンラインに読み込めます。
  • B、Cloudconvert:無料で動画をオンラインで変換できるほかに、アーカイブファイル、音声、CAD、文書、ebook、フォント、画像、プレゼンスライド、スプレッドシート、ベクターデータ、動画、Webサイトなどといったメディアファイルを読み込み、変換できます。
  • C、Convertio:Convertioもcloudconvertとほぼ同じで、動画変換はもちろん、音声、 CAD、Eブック、アーカイブ、フォント、プレゼンテーション、ベクトル、文書などの変換も手軽に行えます。

上記から見れば、動画変換サイトは無料で利用できるし、対応するメディアファイルの種類も豊富で、非常に便利ですね。さあ、動画変換ソフトはどうですか。

動画変換ソフト:

  • 動画変換ソフトと言えば、無料版と有料版二つがあります。無料版なら、Handbrake、Freemake Video Converter、Any Video Converterフリー版、携帯動画変換君があります。先ほど言いましたが、無料版の安全性はちょっと低いし、できるだけ有料の方がいいです。WinX HD Video Converter Deluxe、スーパーメディア変換、Leawo究極動画変換、Aiseesoft動画変換究極はおすすめです。
  • WinX HD Video Converter Deluxe、スーパーメディア変換、Leawo究極動画変換、Aiseesoft動画変換究極などといった動画変換ソフトの機能と言えば、動画変換はもちろん、動画ダウンロード、動画編集、音声変換、音声抽出、DVDコピー、スライドショー作成、動画録画などといった実用的な機能を備えます。
  • 動画変換サイトよりサポートされているメディアファイルの種類は少なくても、機能的では、専門性と実用性が高いと思います。以下では、最も人気のある動画変換ソフトWinX HD Video Converter Deluxeを例として説明していきます。

WinX HD Video Converter Deluxeについて

  • ● 370+ビデオ&オーディオコーデックが内蔵され、HD/SD/UHD動画をすべて完璧に変換・圧縮できます。
  • ● 420種類以上の出力プロファイルがあり、動画ファイルをMP4、MOV、M4V、AVC、AVI、WMV、MKV、MPEG1、MPEG2、RM、3G2、3GP、ASF、WEBM (VP8)、FLV、F4V、SWF、MP3、AAC、iPhone Ringtone、AC3、WMA、AIFF、CAF、WAV、FLAC、ALACなどといったビデオ・オーディオフォーマットに出力できます。
  • ● 一方、1000+動画共有サイトにサポートしていて、お気に入りの動画をサクサクと保存できます。実用的な編集機能(カット/クロップ/合併/字幕追加/トリム/パラメーター調整など)を備え、自由にカスタマイズできかったり、Mac録画機能を持ち、Macデスクトップ画面やWebカメラ映像を生き生きと録画したり、スライドショー作成機能を使って思い出の写真をBGM付きのスライドショーに作られます。
  • 動画処理に特化されるもので、最高のユーザー体験を提供します。

動画変換ソフト vs 動画変換サイト:対応するメディアファイルの種類なら、動画変換サイト勝ち

動画変換ソフト vs 動画変換サイト:専門性なら、動画変換ソフト勝ち

(4)出力品質?画質と音質比較

動画ファイルの品質(画質と音質)に影響を及ぼす要素と言えば、主に、コーデックですよね。例えば、ファイルの形式、ビットレート、フレームレート、解像度、データ量など。

動画変換サイト:

  • 動画変換サイトはスペックカスタマイズ(ビットレート、フレームレート、コーデック変更など)のような設定は持っていません。だから、出力される動画ファイルの画質・音質はやや劣るかもしれません。

それに対して、動画変換サイトと動画変換ソフトと比較してみると、出力品質では動画変換ソフトの方が綺麗です。

動画変換ソフト:

  • 動画変換ソフトの方がサポートされている音声コーデックとビデオコーデックが多いですから。例えば、動画変換ソフトWinX HD Video Converter Deluxeは370+ビデオ&オーディオコーデックが内蔵されていて、高画質・高音質で動画を出力するために、自由にビットレート、フレームレート、解像度、データ量などを変更できます。

動画変換ソフト vs 動画変換サイト:動画変換ソフト勝ち

(5)言語(日本語対応?)

動画変換サイト:

  • 動画変換サイトOnline Video ConverterとConvertioは最も有名です。日本語対応だけではなく、英語、韓国語、中国語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語などにも対応しています。
  • だが、他の動画変換サイト(例えば、cloudconvert、online-convert)はそうではありません。英語しか表記できません。サポートするメディアファイルは豊富ですけれども、日本語に対応しなくて、初心者にとっては、操作はやや難しいかもしれません。

一方、動画変換ソフトなら、そんな心配はありません。

動画変換ソフト:

  • ほとんどの動画変換ソフト(有料版と無料版)はすべて日本語にサポートしています。ソフトウェア自体が日本語化されなくても、日本語化パッチファイルが提供していて、日本語で使えます。

動画変換ソフト vs 動画変換サイト:どっちでも良い

(6)使い方の比較

最適な動画変換方法を選び、高画質無料で動画を変換するために、以下では、動画変換ソフトと動画変換サイトの使い方についてご紹介していきます。動画変換ソフトか動画変換サイトかどっちの方がいいか、使用用途に合わせて、最適な方法を選んでください。

動画変換サイトOnline Video Converterを使って動画を変換する方法

  • STEP.1

    https://www.onlinevideoconverter.com/ja 公式サイトにアクセスして、中央にある「動画ファイルを変換」ボタンをクリックしてください。「ファイルを選ぶ」ボタンをクリックして、変換したい動画ファイルを読み込みます。

    Online Video Converterは対応される動画ファイルのフォーマットは、MP3/AAC/OGG/WMA/M4A/FLAC/WAV/MP4/AVI/MPG/MOV/WMV/MKV/M4V/WEBM/FLV/3GPだけです。

    データを読み込む前、手元の動画ファイルの形式をチェックしてください。

  • 動画ファイルを変換
    動画変換サイト:動画ファイルを変換
  • STEP.2

    「フォーマット:フォーマットを選択する」画面が表示されます。Online Video Converterは対応する出力ファイル形式はMP4/M4V/MOV/AVI/FLV/MPG/WMV/MP3/M4A/AAC/OGG/WMA/FLAC/WAVです。ドロップダウンメニューから出力形式を選択します。

    フォーマットを選択
    動画変換サイト:フォーマットを選択
  • STEP.3

    「その他の設定」をクリックして、動画の質を変更することができます。「HD 720P」「480P」「360P」「240P」があります。一つを選択すればOKです。

    また、初期設定では「変換開始」(動画の最初)と「変換終了」(動画の最後)にチェックを入れますが、場合によって、動画の一部だけを変換したい時、チェックを外して、時間をもう一度入力すればOKです。

  • フォーマットを選択
    動画変換サイト:フォーマットを選択
  • STEP.4

    すべてが確認した後、「スタート」ボタンをクリックします。動画ファイルの長さやインターネットの速度によって作業時間が違います。少々お待ちください。

    もし、変換中、問題が発生したら、「もう一度変換する」ボタンを押して、もう一度チャレンジしてみてください。

  • 動画変換開始
    動画変換サイト:処理開始

動画変換ソフトWinX HD Video Converter Deluxeを使って動画を変換する方法

  • STEP.1

    まず、WinX HD Video Converter Deluxeを公式サイトから無料ダウンロードして、インストールします。ソフトウェアを起動して、ソフトウェアの左上部にある「+動画」ボタンをクリックして、変換したい動画ファイルを読み込みます。

  • STEP.2

    動画ファイルが無事に読み込んだら、出力プロファイルの選択画面がポップアップします。そこで、420種類以上の出力プロファイルがあり、動画ファイルを他の形式に変換したり、iPhone/iPad/Android端末/ゲーム機器などに取り込めます。

    出力形式を選択
    動画変換ソフト:出力形式を選択

    動画のビットレート、フレームレート、解像度などを調整したい方は、メイン画面にある「歯車のような設定アイコン」をクリックして、パラメータ設定画面が表示されます。ここでは、ビデオのコーデック・ビットレート・フレームレート・解像度、オーディオのコーデックサンプルレート、ビットレート、チャンネルを自由にカスタマイズします。それらの値を小さい方に設定すれば、データ容量が小さくなります。

    出力品質調整
    動画変換ソフト:出力品質を調整する方法1

    動画を編集したい方は、メイン画面の「編集」をクリックして、ボリューム調整、字幕合成、クロックと拡張、トリミングなどが自由に調整できます。

    出力品質調整
    動画変換ソフト:出力品質を調整する方法2
  • STEP.3

    すべてが確認した後、下部にある「参照」ボタンをクリックして、出力した動画の保存先を指定して、「RUN」を押してください。動画変換作業が始まります。レベル3のハードウェアアクセラレーション技術により、16倍速の高速化に達成し、高速・無劣化で動画を変換します。

まとめ

動画変換ソフトと動画変換サイトを詳細に比較しました。オンラインでインストールせずに動画を変換するのか、安全性と機能性などを考えながら動画変換ソフトを選ぶかは個人の使用目的とインターネットの利用の習慣次第です。

動画変換をこれから始める方は、この記事を参考に、ご自身に合った動画変換方法を選んでください。

この記事を書いた人:鈴木玲子

本ページの内容に関して、ご意見等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。