Mac動画変換ソフトおすすめ(無料・有料)|VOB/MOV/Webm/MPEG/MKV/AVI/MP4変換が超簡単

「Mac動画変換フリーソフトについて。MacでAVIやMKVなどをMP4に変換したいのですが、使いやすくて良いものは探しています。MP4に変換していだけなので、そのほかの機能はなくてもいいです。」

「Macで使える動画変換ソフトで画質がかなり綺麗に残せるソフトを教えてください。」

「mac無料動画変換ソフト探しています。私が使っているのはMacOSXバージョン10.15(macOS Catalina)です。自分で探してみてもバージョンが低くて使う事ができません。このバージョンでも使えるフリーソフトを教えてください!」

と聞かれる人は非常に多くいます。

今回は、Mac動画変換ソフトおすすめ(無料・有料)及びソフトの選び方をランキング形式でまとめてみました。使用用途に合わせて最適なものを選んでください。

1.Mac動画変換ソフトおすすめ(無料・有料)の選び方

今やMac動画変換サイトやアプリケーションもたくさん配布されますが、一方でウィルス感染やスマートフォンの容量不足で動画変換作業がうまく行けないエラーが多数出回っています。

念の為に、オンラインサイトやアプリケーションの代わり、Mac動画変換ソフトを選ぶ人は多くなります。ですが、どっちの方がを選んだら良いかと悩んでいる人は多くいます。

以下では、動作環境、ソフトウェアの機能、対応の出力プロファイル、操作性・使いやすさ、作業速度・出力画質などの方面から紹介します。安心して使えるMac動画変換ソフトを選ぶと、幸いです。

  • 1動作環境(対応OS)
  • ソフトウェアを選ぶ時、お使いのMacbook Air/Macbook Pro/iMacの動作環境を確認する必要があります。
  • 特に、ほとんどMac動画変換フリーソフトは最新のmacOSにはサポートしていません。Macで動画を変換しようとしても、無理です。
  • 2ソフトウェアの機能
  • 実は様々な機能を持つソフトウェアはたくさん存在しています。それぞれには目立つ所があります。
  • WinX HD Video Converter Deluxeは動画変換、動画ダウンロード、Mac録画、スライドショー作成が行えます。Apowersoft Mac動画変換マスターは動画変換、音声変換、動画ダウンロード、動画編集機能が備えます。スーパーメディア変換!は動画変換、音楽変換、動画編集、動画ダウンロード、動画録画、DVD作成といった機能を持っています。
  • Macで動画を変換する他には、どの機能を活用したいのか、よく考えてから最適なソフトウェアを選ぶのが最善です。
  • 3対応の出力プロファイル
  • 出力プロファイルは、お使いのMac動画変換ソフトウェアはどのぐらいビデオ&オーディオコーデックが内蔵されることです。
  • 例えば、Mac動画変換ソフトおすすめ無料版のHandbrakeは、動画をMP4、MKV、AVI、OGMにだけ変換できます。他のWMV、MOV、webmなどといったフォーマットには出力できません。
  • だから、ソフトウェアを選ぶ時、特にフリーソフトを使う時、サポートする出力プロファイルをチェックする必要があります。
  • 4操作性・使いやすさ
  • ソフトウェア自体の操作性・使いやすさは多くの方に重視されています。
  • ソフトウェアは日本語化されていなくて、英語アレルギの方にとってはちょっと使いづらいですね。
  • その他、Macで動画を変換しようとする時、広告画面が時々出てきて、操作がうまく行けなかったり、動画変換の前、複雑な設定を行ったり、Macで動画ファイルをソフトウェアに入力した後、動作が重く動けなくなる場合があると、めんどくさいと思います。
  • だから、ソフトウェアの操作性・使いやすさも選ぶ時のポイントの一つです。
  • 5作業速度・出力画質
  • Mac動画変換ソフトの作業速度とその出力画質は無視しない条件です。
  • 作業速度が遅かったり、出力された動画ファイルは正常に見れないのなら、苦労の甲斐もなく水の泡となります。だから、Mac動画変換ソフトおすすめランキングから比較しながら、ソフトウェア自体は最新のテクノロジーを搭載するかをよく見比べましょう。

2. Mac動画変換ソフトおすすめ比較ランキング(無料・有料)

WinX HD Video Converter for Mac

評価・評判について対応OS:Mac OS X Snow Leopard及びそれ以降
機能:動画変換、動画ダウンロード、動画編集、動画録画、写真スライドショー作成、スクリーンショット
出力プロファイル:410種類以上のプリセットプロファイルを内蔵します。ほとんど全ての動画ファイルをMacで変換できます。
操作性・使いやすさ:日本語に対応し、UIが直感的で、分かりやすいです。初期設定のままで、Macで動画を変換できます。
作業速度・出力画質:世界最先端のIntel QSV、MMX-SSE、Nvidia CUDA/NVENC、ハイパースレッディング及びAMD 3DNow! 技術、高品質のエンジン、“Yadif Double Frames”というデインタレースのエンジンをサポートすることにより、作業速度と出力画質が良いです。

メリット:

  • @、出力プロファイルが豊富です。4K動画、Blu-ray動画、SDとHD動画をAVI、MPEG、HEVC/H.265、MP4、MOV、M4V、WMV、FLV、MP3、WAVに一発変換します。
  • A、動画変換以外、ダウンロード、録画、キャプチャーなどといった実用的な機能があります。
  • B、操作が超簡単、4回クリックするだけで完了。
  • C、Mac版だけではなく、Windows版(Windows10対応)も利用できます。
  • D、新しい技術を導入し、速度と品質が満足できます。

デメリット:

  • @、無料体験できますが、出力は5分だけです。フル機能を体験したい方は、ライセンスコードを認証する必要があります。価格:4680円(永久版)

Apowersoft Mac動画変換マスター

評価・評判について対応OS:Mac OS X Snow Leopard及びそれ以降
機能:動画変換、音声変換、動画ダウンロード、動画編集
出力プロファイル:SDとHD動画(MP4、MKV、AVI、WMV、HEVC、H.264、MKV、3GP、FLV、HTML5、M4V、MOV、ASF、DV、VOB、OGV、YouTube、ASF、RM、MTS/M2TS/TS/TP/TRP、MOD、TOD)、及び音声ファイル(MP3、MP2、WMA、M4R、M4A、AC3、AAC、OGG、WAV、FLAC、AIFF、RealMedia)にサポートしていて、HD MP4やHD MTS、更に4K規格をも含め、人気の動画形式をほとんど全部変換することができます。
操作性・使いやすさ:日本語に対応し、わかりやすいインターフェースを持ち、初心者でも簡単に操作できます。
作業速度・出力画質:変換スピートが速くても、NO.1のMac動画変換ソフトおすすめと比べてはやや劣ります。

メリット:

  • @、様々なビデオフォーマットとオーディオフォーマットにサポートしていて、手軽に動画を変換できます。
  • A、操作がシンプルで、PC初心者でも簡単に使えます。
  • B、加速技術を持っていなくても、変換スピードはそのままです。
  • C、Windows、macOS両方で動作できます。

デメリット:

  • @、無料版を利用して変換された動画に透かしがあります。価格:8390円(永久版)

Handbrake

評価・評判について対応OS:Mac OS X 10.6及びそれ以降
機能:動画変換、動画編集、DVDとBlu-rayディスク変換
出力プロファイル:Macで各種動画ファイルをMP4 / M4V / MKV ファイルに変換できます。Mac動画変換ソフトおすすめの有料版と比べて、出力形式はちょっと少ないです。
操作性・使いやすさ:操作性と使いやすさと言えば、それほどです。動画変換を行う前、必ず映像コーデックについての設定をする必要がありそうです。例えば、多重音声と字幕などの設定。また、ソフトウェア本体は日本語表記できなくて、日本語パッチファイルがあり、Handbrake日本語化にする可能です。
作業速度・出力画質:インターレース解除、QSV(Quick Sync Video)機能といった新しい技術を備え、作業速度と出力画質もできるだけオリジナルと同じです。

メリット:

  • @、動画変換はもちろん、コピーガードなしの自作DVDやブルーレイディスクの変換も同時行える所が目立ちます。
  • A、同梱される広告ソフトを一緒にインストールされたりすることはありません。ウィルスに感染するリスクも小さいだと思います。
  • B、ハードウェアアクセラレーション技術(QSV)にサポートしていて、CPU内蔵GPUでエンコードすることにより、CPUのみでのエンコードに比べ、圧倒的高速でエンコードできます。

デメリット:

Any Video Converter フリー Mac 版

評価・評判について対応OS:Mac OS X 10.7 及び以降
機能:動画変換、動画編集
出力プロファイル:AVI、FLV、MPG、MP4、M4V(DRM保護なし)、M2V、SWF、3GP、3G2、3GPP、MOV、TS、TP、TRP、M2TS、MTS、MKV、DV、WMV、MOD、TOD、ASF、DAT、F4V、VOB、RM、RMVB、DivX、XviD、MXF、H.261、H.263、H.264、NUT、NC、NSV など動画をWMV、MPG、MP4、AVI、ASF、M2TS、3GP、3G2、FLV、MKV、SWF、WEBM、HTML5 WEBM、HTML5 OGG、HTML5 MP4 などに変換できます。
操作性・使いやすさ:ソフトウェアの設計が簡単で、機能も少なく、わかりやく操作できます。更に、日本語にも対応しています。
作業速度・出力画質:作業速度や出力画質はそれほどです。完全無料のMac動画変換ソフトですから。

メリット:

  • @、制限なしで、完全無料で使えます。
  • A、様々な動画と音声フォーマットに対応します。
  • B、Macで動画を変換する他に、DVDの書き込み・作成、動画のダウンロード、動画編集といった3つの実用的な機能が備えます。
  • C、macOSとWindows両方で使えます。

デメリット:

  • @、たまには変換失敗や音ズレの場合があります。だから、出力画質にこだわりの方は要注意。

まとめ

いかがでしたでしょうか。Mac動画変換ソフトおすすめ(無料・有料)にも、それぞれ色々な特徴と機能がありました。今は、動画ファイルを大画面のPCやiPhone/Android、ゲーム機器に取り込んだり、iMovie/Final Cut Proなどの編集ソフトで扱える形式に変換したり、YouTube/ニコニコ動画/Facebook/dailymotion対応のビデオフォーマットに変換してアップロードすることが可能です。

ご紹介してきたMac動画変換ソフトおすすめランキングで、皆さんもぜひ高速・無劣化でVOB/MOV/Webm/MPEG/MKV/AVI/MP4を変換できます。

  • WinX HD Video Converter for Mac


    高速・高品質動画変換ソフト、オンライン(YouTube動画)ダウンローダー、写真スライドショーメーカ、録画・ビデオレコーダー、動画編集ツールを含む多彩な機能を備えたMac用動画ソフトウェアです。

動画変換方法についてもっと知りたい方は

Windows10動画変換フリーソフトのページへ
この記事を書いた人:鈴木玲子

本ページの内容に関して、ご意見等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。