ソフトウェア 最新情報 & 使い方

Home > Windows 10 > ウィンドウズ 10対ウィンドウズ 8/8.1比較

Windows 10とWindows 8の違い|結局Windows 10とWindows 8どっちがいいの?

Windows 10とWindows 8の違い

Windows 10とWindows 8の違い:Windows 8/8.1からWindows 10へアップグレードする価値があるか

マイクロソフトが昨年10月1日に、Windows9を飛ばして新機能を搭載しているWindows10を発表した。Windows8が2012年10月にリリースされて以来ずっと敬遠されていて、マイクロ社も翌年に修正版の8.1を発表し、Window8シリーズのユーザーたちを取り戻す目標を狙った。しかし、Windows8/8.1のユーザー数がそんなに増えていなかった。調査会社NETMARKETSHAREの統計によると、2014年10月までのデスクトップシェアの中で、Windows7は52.71%で第一位になって、次はWindowsXPで、比率は23.87%。Windows8.1と8は6.67%と5.59%で、第三位と第四位になった。本当にすさまじい成績だろう。

 だからWindows10はマイクロソフトにとって、のるかそるかの大勝負だと言っても過言ではない。Windows10の発表とともに、特徴のある新機能と優遇政策も発表された。パーソナルアシスタント「Cortana」搭載、「エクスボックス」との連動、無料で Windows 8/8.1からWindows 10へアップグレードできることなどが含まれる。おもしろそうな新機能は本当にユーザーたちを引き付けられるのか。Windows 8/8.1からWindows 10へアップグレードする価値があるか。WindowsユーザーにとってWindows 10とWindows 8どっちを選択するべきか?これらの疑問を抱いて、私たちは各方面ウィンドウズ 10対ウィンドウズ8/8.1比較して、Windows 10とWindows 8の違い及びWin8.1とWin10.0との相違点についての詳しい答えをあなたのために提供しております。

Windows 10とWindows 8の違い:スタートメニューが遂に復活!

Windows8はスタートメニューボタンとスタートメニューがなくなり不評で、Windows8.1ではスタートボタンのみが帰ってきたが、Windows10ではいよいよスタートメニューも本格復活する。ウィンドウズ 10対ウィンドウズ 8/8.1比較したら、Windows8.1ではスタートメニューに代わり、スタート画面が導入されている。スタート画面を経由せず直接デスクトップを表示するオプションが用意され、以前のデスクトップアプリケーションがすぐに利用できるようになった。けれどユーザーは依然としてスタートメニューがないウィンドウズに適応することができない。
Windows10はWindows 8で「スタート画面」に置き換えられる形で削除されたスタートメニューが再び搭載されることとなった。Windowsユーザーからずっと非難された弱点を解消し、使いやすくなる。元にはWindows XP/7からのユーザーは Windows10を更に扱いやすくなる。ただしWindows 7のスタートメニューとは異なり、スタート画面の要素であるライブタイルと従来のスタートメニューが統合された形になっている。

ウィンドウズ 10対ウィンドウズ 8/8.1比較:デスクトップモードとModernモードの融合

何しろWindows 8に苦しむ我々はデザインも機能も一新されたWindows OSを一刻も早く体験したい!ウィンドウズ 10対ウィンドウズ 8/8.1比較したら、Windows10のインターフェイスは8以前のインターフェイスとは似ているが、多少にはWindows 10とWindows 8の違いもある。
Windows 8/8.1は、デスクトップUIとModern UIは分かれており、ユーザーがデスクトップUIからModernアプリを起動したり、Modern UIのスタート画面を表示する時には、画面表示が切り替わる。
Windows10のデスクトップではアプリをウィンドウとして動かすことができるため、アプリがデスクトップの画面全部を占めるということはなくなった。画面左下のスタートボタンをクリックして、Windows 7のスタートメニューに近いデザインのメニューが用意されている。スタートメニューの左サイドには、「ドキュメント」、「ピクチャ」、「電卓」などみんながよく使っているアイコンが見える一方、右サイドには、Metroのために開発した専用エリアが設定される。もちろん、ここでライブタイルのサイズは以前のMetro UIと同じく4種類(Small、Medium、Wide、Large)のサイズが用意され、コンテンツが定期的に更新されるかも設置できる。

ウィンドウズ 10対ウィンドウズ 8/8.1比較

オススメのWin10 無料ソフト〜Windows10 万能メディアプレーヤー

5KPlayer-無料で動画・音楽・DVD・インターネットラジオの再生はもちろん。それ以上に YouTube動画はのみならず、ニコニコ動画、FC2動画といった動画共有サイトの動画URLをコピペするだけで簡単にダウンロードできちゃう。動画共有サイトの数はなんと300以上!!

Windows 10とWindows 8どっち

参考元:【Windows 10評判】最強OS Windows10使用感想・メリット・不具合などレビュー詳細 >>

Win8.1とWin10.0との相違点〜Windows Storeアプリ:Windows 10とWindows 8どっちがいいの?

Windows 8/8.1ではWindows Storeアプリストアアプリが原則として全画面表示で動作している。複数のプログラムが同時に実行することの難しさを増加させる。Windows8は2種類の異なる体験を提供したが、その対象ユーザーにとって、魅力的ではない!
Windows10では、Windows Storeアプリが従来のデスクトップアプリと同様にウィンドウ化して取り扱えるようになった。また仮想デスクトップとにらみ合せると、あっちのデスクトップではExcelとエディタを開いて、こっちのデスクトップではブラウザとゲームを開くとか。ウィンドウでアプリを実行することがより便利になる。

Windows 10とWindows 8の違い:複数の仮想デスクトップ

ウィンドウズ 10対ウィンドウズ 8/8.1比較したら、Windows10は非公式ソフトウェアを使用しなければ実現できなかった仮想デスクトップ機能が追加された。実には Mac OS XとLinuxが最早仮想デスクトップをサポート、対してWindowsは、標準の機能として仮想デスクトップ機能は取り入れられていないが。Windows10からデスクトップを複数設定や削除できるようになった。同時にデスクトップでアプリを開く。またユーザーはWindows Storeアプリを含む任意な画面から複数のデスクトップ機能に移動することができる。

Windows 8/8.1からWindows 10へアップグレード

Windows 10とWindows 8どっちが軽量?Microsoft Edge対Internet Explorer

Windows10にはInternet Explorer11の他にも新しいウェブブラウザ「Microsoft Edge」が搭載される予定である。Spartanは、IEと同じレンダリングエンジンおよびJavaScript を採用しているものの、より軽量化されたブラウザに仕上がっているほか、Webページの任意の場所へコメントが付けられる「注釈」機能、シンプルな閲覧画面の「リーディングモード」、統合された音声対応パーソナルアシスタントの「Cortana」、ブラウザ拡張機能の「Extensions」などを備えている。

>>Windows 10とWindows 7の違いは?|Windows 7からWindows 10へ乗り換えるべきか?

>>Windows10対Mac OS X 10.10徹底比較|Windows10と Mac OS X 10.10どっちがいい?

価格比較:Windows 10とWindows 8の違い

一般消費者にとって、製品の価格に非常に敏感で、価格設定は新製品が成功するかどうかに関連している。例えば、Windows8.1がアフリカで発売されると、Windows8.1は199.99ドル(約24496.78日本円)、Windows8.1Proは引き続きWindows8の価格と一致する。一般消費者にとって、2万円以上がかかってOSを購入するとあまりに高価である。対してMac OS Xが何といっても2013年から無料アップグレードを提供している。

今回Windows10はWindows7、Windows 8/ 8.1およびWindows Phone 8.1のユーザーに対し、リリース後一年間に限り、無料でWindows7/8からWindows10へアップグレードとして提供される。言い換えれば、全ての古いユーザーは自由に最新版のWindows10を無料利用できる。評判の悪いWindows 8から抜け出し、初めから巨大なインストール台数を獲得して、大衆にWindows10を押し広めることに対して積極的な役割を果たすことができる。

Windows 10とWindows 8の違い

【究極の道具】最適!Windows10でDVDリッピングアプリが登場

WinX DVD Ripper Platinum:見た目はシンプル!だけど機能は十分以上!最新DVDコピーガードを全部解除!市販DVDもレンタルDVDも手軽にウィンドウズ10で丸ごとコピー・リッピングできる。変換スピードが世界一速い!市場の同類製品と比較して3倍から5倍以上の速さで処理できる。

>> Digiarty2016特別企画!!−WinX DVD Ripper Platinum超特価セール〜

Windows 10とWindows 8の違い

Windows 10とWindows 8どっち


上のWindows 10とWindows 8の違いを読むと、Windows 8/8.1からWindows 10へアップグレードかどうか?恐らく既にベストのアンサーがあるだろう。単純な性能を言えば、ウィンドウズ 10対ウィンドウズ 8/8.1比較比較、変わったことはすべて完璧だと言えない。例えば、windows 8になくなったDVD再生機能は10に取り戻すかどうかはまだ不明である。万が一Windows 10は相変わらずDVD再生できないなら、DVDリッピングソフトウェアがあなたにとっては必要であるかもしれない。此処ではWindows 10へアップグレードしようと思う人に、Windows 10に最適なDVDリッピングアプリを紹介する。

Windows 10とWindows 8の違いを無視可能、どっちでも最適化!

Windows 8/8.1からWindows 10へアップグレード

WinX DVD Ripper PlatinumはCPU使用率が低い、CPU使用数の設定可能や最新のCUDAをサポートするより、僅かな時間がかかり、TSUTAYAやゲオからレンタルした「ジュラシック・ワールド」、「トイ・ストーリー」、「バケモノの子」、「ベイマックス」、「モンスターズ・ユニバーシティ」、「 ピクセル」、「GODZILLA ゴジラ」、「ズートピア」などの映画でなど映画DVDをWindows 10でリッピングする可能。

1. DVDをドライブに入れてください。インターフェースにおける左上の「DVD」をクリックして、DVDを入力します。因みに、このソフトがDVDディスク、ISOイメージ及びDVDフォルダという三つの入力形式をサポートします。「ISOイメージ」それとも「+フォルダ」をクリックすらと、それぞれがDVD ISOファイル及びDVDフォルダの内容をロードする。

2. DVDをロードした後、ソフトは自動的に出力プロファイルの選択界面をポップアップ。お好きな出力形式を選択してください。

3. 「参照」ボタンを押すと、保存先を選択します。「RUN」ボタンを押すとWindows10でDVDをリッピングがスタート。

勿論350以上のプロファイルを内蔵し、Windows10でDVDをMP4にリッピングだけではなく、AVI、WMV、MKV、M2TS、iPhone6s/7、iPod、Apple TV、iPad Pro、Android、Nexus、Galaxy、Surface などのフォーマットへ変換することができ、サークル、運動会、結婚式など思いでをスマホ、タブレットに見れる形式に変換することができる。それに加えて、柔軟且つフレンドリーな動画編集機能を備え、字幕合成、クロップ設定、トリム設定、ビットレート調整操作しやすくて、ビデオとオーディオのパラメータを手軽く調整して、初心者までも順調に操作してやすい!

ご注意:本記事で紹介されているツールを用いる場合は、自作DVDや家庭用カメラで個人的に撮影した動画などでのご利用をお願いします。著作権法等の法律に反しない範囲でご利用下さい。

このページをみんなに教えて!

もっと多い動画/DVD製品の情報や評判ここで検索: