Home > 教えて > エクスペリア エックス パフォーマンス不具合のまとめ

【Xperia X Performance 不具合】Xperia Z5に不具合が色々があって、Xperia Xに改善さたか?

Xperia X Performance 不具合についての質問です。発熱問題、タッチ反応など故障がXperia Xに改善さたか?

Xperia X Performance 不具合について、近々機種変更予定なのですが、Z5のレビュー等々を見て、発熱問題、強制再起動、タッチパネルの反応不良、バッテリー持ちの圧倒的な悪さなど驚くほど沢山の不具合が出ていますが、これらの不具合をXperia X Performanceに解決しましたか?またXperia X PerformanceはSnapdragon 820 を搭載していることが判明しているから、Xperia X Performance発熱問題は改善されましたか?
>_< 回答有難うございます。

ベストアンサーに選ばれた回答:

Xperia Z5にボタン陥没・通話ができない・カクつき・Z4以上の発熱など欠陥報告が絶えずに出てきたが、Snapdragon 820 を搭載されたXperia X Performanceはどう?その不具合を解決できたか?それともZ5に引き続きXperia X Performance 不具合も色々ある。ではこれからエクスペリア エックス パフォーマンス不具合や故障などをまとめみた。

☆ Xperia X Performance 不具合@:Xperia X Performance発熱

Xperia Z4と同様、Xperia Z5シリーズにSnapdragon 810が搭載された結果、発熱問題を相変わらず解消されていなく、更にカメラ機能や特定のゲームアプリを動かした際、端末本体の発熱によりアプリが強制終了する事態が起こる。 
幸いなことに、次期のフラッグシップモデルXperia X PerformanceはSnapdragon 820 を搭載することが判明!テストによりSnapdragon 810と比較してSnapdragon 820の処理速度は最大1.77倍になっていることが分かる。即ちSnapdragon 810を搭載したXperia Z5より性能が大きなグレードを期待するだけではなく、そのXperia X Performance発熱問題も無事解消できるようだ。

☆ エクスペリア エックス パフォーマンス不具合A:Xperia X Performanceバッテリー交換

ご存知のように、昨年9月にリリースのXperia Z5 はZ4よりバッテリー容量がわずかに減っていた。更に「過去のZシリーズよりバッテリーが持たない」、「勝手に再起動、電源落ちた」と声も増加中。ということで、電池の故障を解決できるために、皆さんが初めに浮かぶのはきっとXperia X Performanceバッテリー交換できたらよかったということだろう。実には、突然電源が落ちた赤ランプが点灯する、というXperia X Performance 不具合はバッテリーの微減という理由以外で、指紋認証センサーや処理の中枢を担うのSnapdragon 810は、高い負荷を伴う処理を行う際絶えずに放熱によりバッテリーの持ち時間が以前よりも短くなってきたような気がする。
今回のXperia X Performanceバッテリー交換できないが、、Qnovo社の「2倍長持ちバッテリー技術」を搭載し、バッテリー駆動時間を大幅に向上するだけではなく、S820を搭載し、35分で0から80%まで充電する「超速充電」も可能。

ソニーXperiaZ5 対Xperia Z4比較: Xperia Z5とXperia Z4どっちがオススメ?

☆ Xperia X Performance 不具合B:電源ボタン陥没

Xperia Z5から、電源ボタンは指紋認証センサーを搭載しており、従来の丸形のボタンから細長いタイプに変更となっている。けれど電源ボタンをいつも通り押したところ、陥没したまま戻らなくなり、大変だろう。この故障がまんまり多くないが、Xperia X Performanceに改善されたか期待している。

Xperia X Performance発売日はいつ頃に?

Xperia X Performanceはフラッグシップ向け新プロセッサQualcomm「Snapdragon 820」を搭載し、3キャリア共に6/24発売が明らかになる。

Xperia X Performance発売日はいつ? Xperia X Performanceスペックなどの詳細も教えてください!