Home > 教えて > 携帯急速充電デメリット

スマホの急速充電デメリット:携帯を急速充電をするならバッテリー劣化を早めるか?

スマホの急速充電を実行したら、バッテリーの寿命を縮めるか?

スマホのバッテリー消費ペースが速い!標準付属の充電器を利用しているなら、すぐにバッテリーがなくなっていて、一日中何回も充電しても足りないと感じている。ということで充電時間を短縮できる急速充電器を買いたい!けれどネットでスマホの急速充電を試したら、バッテリー劣化をを早めるというものもよく聞いたが、本当か?その急速充電デメリットを教えてください!

ベストアンサーに選ばれた回答:

スマホの急速充電はあまりにも大さっぱな概念として、異なる実現形態が三つある:@電圧一定のままで電流を増やす;A電流一定のままで電圧を増やす;B電流も電圧も増大させる。言い換えれば、スマホの急速充電を実行したいなら、通常的に急速充電器やスマホの急速充電対応のケーブルなどの新しい充電規格を利用する。

AndroidとiPhoneの充電にはいずれもUSB(USB 2.0)を利用し、供給できる電流の上限は、規格値では500mAと定められている。スマートフォンに付属するUSB-ACアダプターの電流もただ700〜800mAである。これに対して、スマホの急速充電対応の充電器では、1,800mAや2,000mAという大容量の電流を流すことができる。同時にUSBケーブルの品質もスマホやタブレットの充電スピードに影響していて、流せる電流の量がより多くのケーブルを利用しなら、普通のUSBよりも、かなり早く充電できる。

>> 次期モデルiPhone7スペック・デザイン・発売日などクチコミまとめ
>> SONY Xperia Z5発売日は何時? Xperia Z5スペック詳細も教えてください!

急速充電デメリットは?

確かに、スマホの急速充電が我々生活に色々便利なことをもたらす。7,000mAh級の巨大バッテリーでも、急速充電を行うと、残量ゼロから満タンまでそんなに時間がかからなくてフル充電完了できた。
しかし急速充電器は、かなり早く充電できるが、電池にダメージを与える可能性も同時に高まってしまう。充電中電池は多くの熱量を発生し、満タンの充電池からあふれた電流は「熱」となり、バッテリーの寿命にダメージを与える。一方、標準付属の急速充電器やケーブルでなくて、社外品との組み合わせで急速充電を実行すると、バッテリー劣化を起こるに違いない。例えばiPadの2.0AのアダプターでiPhoneを充電するなら、充電スピードが速いしけど、iPhoneのバッテリー劣化を早めるに違いない。更に充電中生命に関わる事故の可能性もある。

Pick Up:iPhone6発熱!充電中iPhone6/6 Plusバッテリー熱くなってしまってどうすれば良いか?