Home > 教えて > iPhone6・ iPhone6s 発熱の対処法

iPhone6発熱!充電中iPhone6/6 Plusバッテリー熱くなってしまってどうすれば良いか?

iPhone6発熱について、iPhone6/6 Plus本体発熱の問題がめちゃくちゃひどくなり、対処法があるのか?

iPhone6に乗り換えて一週間ほどすっかていたら、電池が異常消耗してiOS8.3へアップデートしても改善できない。それに充電中iPhone6/6 Plusバッテリー熱いのみならず、iPhone6充電器が熱くなる、故障してるか?

補足:新発行のiPhone6sも常に熱くなり、ではiPhone6s 発熱についての対処法もあるか

ベストアンサーに選ばれた回答:

使用中iPhone6/6 Plus本体発熱の原因

私達人類にとって、カンタンに動くだけで息切れを起こさない。けれど重いものを持ったり肉体労働をすればすぐ汗だらけで、めちゃくちゃ熱くなる。携帯も同じで、軽量化アプリを運行したら、iPhone6発熱問題なんて全然感じない。けれど、アプリを沢山インストールして、動作が重いアプリを実行すると、例えば長時間3D表示等のゲームで遊び続ける場合、その処理の中枢を担うのCPUは、複雑な計算など高い負荷を伴う処理を行う際絶えずに放熱に違いない、iPhone6発熱がどんどんひどくなるわけだ。

iPhone6発熱の対処法@:バッテリーを異常に消耗しながら熱暴走のアプリを探せして実行を止める。原因となるアプリを確認できない場合は、スリープボタンを長押ししてシステムの再起動を行う。これで、暴走しているプログラムを止めることができます。

ヒント:iPhone 6/iPhone 6 Plusの省電力術-バッテリーを長持ちさせる設定方法

充電中iPhone6/6 Plusバッテリー熱くなる

充電中、異常にiPhone6/6 Plusバッテリー熱くなるのはiPhone6内部の電池は普段より多くの熱量を発生するからだ。更に充電中に動作可能な温度を超えるとシステムメッセージと共に充電が停止される。

iPhone6発熱の対処法A:一度iPhone6を涼しい場所に移動し、冷えてから再度充電を行う。また、充電中、うまく放熱するために,iPhone6を放熱性が良いものの上で置くほうがいい。例えばテーブル、ベンチなどを推奨、対して布団やセーターなどものはダメ。勿論ケースは放熱を妨げるため、熱対策という意味では好ましくない。
因みに、冷蔵庫・冷凍庫に入ったり、氷枕や保冷剤の上に置いたり、水に入れたりなど「iPhone6を急激に冷ます」のは大変危険!

充電中、iPhone6充電器が熱くなる

バクリの充電器を使用する可能性が高い。意外と盲点。オリジナルのiPhone6充電器を利用した方が良い。今一度充電器を確認して下さい。もしオリジナルのiPhone6充電器を使用してもまだ何も変えないなら相変わらずiPhone6充電器が熱くなると以下にはなお参考になる点がある。

iPhone6発熱の対処法B:★充電中、iPhone6を利用しないほうがいい; ★室温が高い中でiPhone6を充電したまま放置しないように;★過充電はダメ!このようにバッテリーを充電し続けると、バッテリーを劣化させ電池の減りを早める;★最後には充電回数を減らすこと 。

因みに、以上の対処方法に従ってiPhone6s 発熱問題も大体解決できる

あわせて読みたいiPhone6s VS Xperia Z4 VS Galaxy S6スペック比較:選ぶならどっち?