DRMとは?デジタル著作権管理/DRMの種類、DRM解除の違法性などご説明

DRMとはなにか

映画DVDやiTunesの音楽などが好きなら、DRMが知らないお方がいないでしょう。DRMはある制限で、さまざまなことができなくなるというイメージがありますが、そのDRMとは何かと、なぜいろいろな操作を禁止するかと、詳しいことがわかる人が少ないです。

  • DRMとは「Digital Rights Management」の頭文字で、直接に翻訳したら「デジタル権限管理」で、公式的には「デジタル著作権管理」です。DRM種類によって画像、音楽あるいは映画DVDのコピーガード技術で、ソフトウェアで保護を実現する技術です。

DRMはコピー防止技術として作られたもので、海賊版対策の一種でしたが、今よく広い目的で利用されています。横断複製のかたわら、再生時間または地域、再生環境、利用者、利用目的、コンテンツ品質などを制限することができるようになります。

生産者にとって、複数のDRM種類を組み合って、与える権限によっていくつかのプランを用意することができます。消費者がより自由で選択できることによって、コンテンツまたは動画・音楽アプリ有料プランの売り上げを促進できます。

保護されるメディアによってDRM種類ご紹介

DRMとはメディアの違法コピーなどを防止する手段で、一般的には写真・画像、音楽、動画または動画DVDを保護します。プランにDRMフリーバージョンのダウンロードも提供することがありますが、保護されるメディアによって、だいたいこれからの四つのDRM種類があります。

よくあるDRM種類:DVDコピーガード技術

はじめから利用続けてきたDRMで、海賊版DVDの生産を不可能にするための手段です。DVDコピーガードにはハードウェア依存の種類がありますが、CSSといったソフトウェアで実現すればDRMです。DVDを動画にコピーしたり、DVDディスク複製したりして、また撮影デバイスで録画することを止めるさまざまな方式があります。

古いDRMが解除されるソフトが多くありますので、今映画、DVDなどの生産者が次々と新しいDRMを開発しています。また、複数のDVDコピーガードを用いて、DVDを解除する可能性を下げることもあります。DRMフリーのディスクにDRMを導入する專門サービスもあります。

よくあるDRM種類:ネット動画用保護技術

映画やドラマなどDVDとテレビ以外に動画サイトも見れるようになった今は、ネット動画も保護されます。もちろんDRMフリー動画を提供する動画サイトもありますが、特に番組・ドラマ・映画だけ提供する動画サイトはDRMを重視しています。

動画サイトにとってDRMとは違法コピーを防止するものではなく、違法ダウンロード対策です。動画をダウンロードしたらログインもいらずに、広告見なくても再生できます。また海賊版も作られます。このようにならないように、動画サイトがこれからの手段を利用しています。

まずはダウンロード拒否措置で、普通の動画ダウンロードソフト・拡張機能などで動画をダウンロードすることを断ります。また、DRMを解除せずにレコードで動画を保存しようとすれば、再生を一時中止したり、画面が真っ黒になったりして、DRM種類によっていろいろな方式があります。

よくあるDRM種類:音楽用保護技術

音楽ファイルは互換性がいい種類が著作権保護する力がほぼゼロ。つまり普通のMP3ファイルはほぼDRMフリー音楽です。音楽を配布する時に海賊版対策としてCDやDVDなどで発売すること以外に、特別なDRM種類を利用します。音楽DRMとは音楽ファイルに導入するものだけではなく、アプリなどにも導入することがよくあります。

音楽アプリでオフライン再生のために音楽をダウンロードする時に、MP3のような音声ファイルではなく、アプリデータとして保存されます。普通の音楽アプリはだいたい、このような方式です。

アップル社は專門的な新しいDRM種類を開発します。Apple MusicとiPhone着信音は專門的な保護された音声形式で保存されます。正しいApple IDでログインしたらこそ再生できます。iTunesとアップルデバイス以外の利用、または購入したユーザー以外の人からの要請を一切に断ちます。

よくあるDRM種類:写真・音楽・動画編集素材保護技術

素材はダウンロードして編集するものなので、ダウンロードと利用の拒否はできません。この故で、編集素材のDRMとはダウンロードも編集も再生も拒否する方式ではありません。普通には素材の品質、利用時間などを制限します。

DRMを解除せずにダウンロードできますが、品質が低くて使えません。それは編集素材ではなく、あくまでもデモのようなものです。好きな素材を見つけたらフランによって高品質の素材がダウンロードできます。

が、ダウンロードした素材はDRMフリーですから、自由にコピーできます。これで海賊版対策になりません。素材用DRM種類はDRMではなくサイト仕様だともよく思われます。

保護される方式によってDRM種類ご紹介

DRM種類
DRM種類
  • ダウンロード・録画・複製を禁止するDRM

    DVD、ネット動画によく導入する種類。利用する時に制限がありませんが、それ以上の作業について、DVD複製の分析や、レコード最中の再生など、必要な手順を不可能にすることで禁止します。

  • 利用地域の制限を加えるDRM

    映画DVDなど、地域によって配布時間が違っている製品によくある種類。早く配布された地域からほかの地域へと海賊版または中古品の流通を禁止しようとします。パソコンのリージョンコードを変更すればDRMを解除しなくても再生できますから、結果的に効果があまりありません。

  • 利用環境(デバイス・アプリ)の制限を加えるDRM

    ネットで配布される動画と音楽、特に独自コンテンツによくある種類。著作権のないところで流すことを防止する技術で、よくユーザーへの制限と一緒に導入しますから、ログインしなければDRMを解除できないことがよくあります。

  • 利用期間の制限を加えるDRM

    デジタルメディアを「レンタル」して、極めて安い値段で動画または音楽を楽しめるサービスがよく利用する種類。よくユーザーへの制限と一緒に導入しますから、ログインしなければDRMを解除できないことがよくあります。

  • ユーザーの制限を加えるDRM

    購入した人だけ利用できるようにした種類。再生環境と利用期間の制限と一緒利用することが多いですが、一つだけでも利用できます。動画サイトと公式アプリと同じアクセスでログインしたら、買った動画が両方でも再生できます。

  • 品質の制限を加えるDRM

    專門の素材サイトしかあまり使わない種類。無料制限のようなものです。ダウンロードと利用などは制限がありませんが、素材を手に入れる時にフランによって制限があります。

DRM解除する行為の違法性

DRM付きのコンテンツまたはディスクを、DRMフリーの状態にしたり、DRMフリーのレフリカを作成したりすることはDRM解除作業です。DRMとはメディア生産者が自分の著作権を守るために開発したものなので、生産者側はDRMが必要であると主張しています。が、消費者側は、買った動画/音楽が自由に利用できませんから批判していまあす。両方はもちろん、DRM解除の違法性が違い意見が持っています。

一般的には、私的利用合法で、商売用なら違法で、という印象があります。また、違法行為となれば罰則にあたるか、逮捕されるかと、いろいろな心配があります。ではこれから詳しくご説明します。

まずは、私的利用は合法に限られません。

公用の自動複製機器を利用して複製したら違法となります。DRMを解除するにせよ、しないにせよ、違法です。例えばコンビニのコピー機で著作権あるの電子書籍をコピーしたりすれば、違法です。でも自宅のコピー機なら合法です。

DRM種類によって禁止される作業、例えばダウンロード、複製、録画、再生不可の場合の再生などを可能とする行為、つまりDRMフリーの状態にする行為は、一般的には違法です。ただし、自分がDRMを解除していることを知らない場合は、合法です。(例えば、先週DVDがコピーしましたが、今日はDVDコピーガード付きと知ります。この場合は、違法行為になりません。)

一方、DRMを解除しなくても合法に限られません。

動画や音楽は、著作権侵害の共有品だと知りますが、録音または録画することは違法行為です。DRM解除と同じように、録音と録画する時に著作権侵害のことを知らなくて、後で知っても違法行為になりません。

この記事を書いた人:シロ

本ページの内容に関して、ご意見等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。