TSUTAYAレンタルDVDをコピーするのは違法?!合法でレンタルDVDダビング方法はある?

疑問:

「TSUTAYAレンタルDVDなどをコピーしても売買や頒布を行なわなければ犯罪にはならないと思っていました。」

「レンタルdvdのコピーは市販のソフトで容易にできるものですが、単に個人で楽しむ目的で、コピーする場合、コピーの仕方やソフトウェアによって、罪になる、ならないといった区別もあるのでしょうな?」

いったいレンタルDVDコピー違法かどうかと分からない方は少なくないです。それで、ここでは、TSUTAYAレンタルDVDをコピーすることは違法かどうかについて詳しく紹介します。または、合法でレンタルDVDのダビング方法も紹介します。

TSUTAYAレンタルDVDをコピーすることは違法

DVD標準のCSS暗号化を解除してDVDをコピー/リッピングする行為は違法行為と著作権法に規定されます。それに、ゲオやツタヤとかのレンタル店で借りたDVDは普通コピーガードがかかっているため、それを解除しコピーする行為は明らかに違法です。しかし、2012年10月以来個人的な範囲でDVDをコピーする行為が違法となりましたが、今のところ処罰はありません。

    2012年改正された著作権法

  • 技術的保護手段の回避(コピーガードやアクセスコントロール技術を解除する行為)を伴う複製は、私的使用目的であっても違法複製と規定されていますが(著作権法30条1項2号)、同規定には対応する罰則規定がないため、複製が私的使用目的による場合には刑事罰は科されません。

どんな場合でツタヤDVDコピー違法になるのか、場合によって少々違います。下記の内容をご確認ください。

@レンタルDVDをコピーして販売する場合

この行為は完全に違法です。コピーしたものを無断で販売したり、複製するのも明らかに著作権法違反で、違法行為に当たります。

A個人的にのみ利用する場合

改正された著作権法によると、B-CASのように視聴を特定の機器に限定するための、“暗号化”によるアクセスガードを解除して複製を行なう事も違法となったのです。その結果、DVDの私的リッピングも違法となりました。ただし、こちらに刑事罰はありません。

B自分で購入したDVDをコピーする場合

自分で購入したDVDをリッピングしてPCにバックアップとして残すことについても違法の対象となることになります。

    まとめ

  • つまり、コピーガードを解除した時点では違法ではありませんが、コピーガードを解除して、データを複製すると違法になります。ですので、DVDコピーしたい方は自作のDVDのみにとどめておいたほうがいいです。

合法でレンタルDVDダビング方法

ツタヤDVDコピー違法にならない方法はあるのか?もちろんあります。DVDのコピーガードを解除しない限り、違法にならないです。DVDコピーガードを解除しないなら、どうやってツタヤDVDコピーするでしょう。実は、パソコンで再生してその画面を録画することはコピーということで犯罪ではありません。

それで、レンタルDVD動画を録画する方法も紹介します。DVD動画録画はDVDリッピングより時間がかかりますが、違法ではなく、一番安全なレンタルDVDダビング方法です。

録画でTSUTAYAレンタルDVDをコピーする

TSUTAYAレンタルDVD動画を録画するにはツールが必要です。ここで初心者でも使いやすい動画録画フリーソフトおススメします。WinX HD Video Converter for Macの「スクリーンレコーダー」機能により、DVD動画を再生しながら録画保存できます。ハードウェア加速技術と高性能エンジンを搭載していて、録画動作が軽くて、高品質の画面と音質を保ちます。

最高の動画録画フリーソフト

・コピーガードを解除しなく、レンタルDVDや市販DVDを再生しながら録画保存できます。
・YouTube、Hulu、FC2などの動画も簡単に録画できます。
・動画変換機能も搭載、高速且つ高品質で全ての動画ファイルを180 動画形式と14人音声形式に変換できます。
・動画ダウンロードすることもできます。手軽に1000+のネット動画をパソコンにダウンロードできます。

レンタルDVDを録画して保存する方法

まずは、上記の「ダウンロード」ボタンをクリックしてWinX HD Video Converter for Macをダウンロードしインストールしてください。日本語対応なので、分かりやすく操作できます。そして、次の手順に従ってやってから、TSUTAYAレンタルDVDをコピーできます。

  • 1ソフトを起動

WinX HD Video Converter for Macを起動し、Macデスクトップの上にある「Help」ボタンによって、ソフトの操作言語を日本語にします。右図の1のところの「スクリーンレコーダー」ボタンをクリックしてください。

  • 2レコードリージョンを選択

「フルスクリーンをキープ」、あるいは、「スクリーンリージョンをクロップ」を選んでください。

  • 3設定

「音声デバイス」のところで「音声なし」「System Sound」「内蔵入力(マイクの音声)」などが選択できます。
「ターゲットフォルダ」のところで、「ブラウザ」をクリックすれば録画した動画ファイルの保存先が選択できます。
「記録中のクリックをキャプチャ」〜〜マウスのクリックも録画します。
「記録が終わったら映画をあげる」〜〜ビデオ録画終了後が録画した動画自動的に再生します。
「記録された映画を変換一覧表に追加する」〜〜DVD録画終了動画が変換リストに追加

  • 4レンタルDVDビデオ録画スタート

「レコーダー」ボタンをクリックしたら、レンタルDVDを録画することがスタート!

これは、違法にならなく、TSUTAYAレンタルDVDをコピーできる方法です。ぜひ、お試してください。

この記事を書いた人:小早川

本ページの内容に関して、ご意見等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。