Home > Blog >ISOファイルをiPhone 6に取り込む方法

遂に iPhone 7発表!iPhone 7とiPhone 6s性能徹底比較 >>

ISOをiPhone 6に変換し、ISO形式のイメージファイルをiPhone 6で再生実現

米AppleのiPhone 6は、ただサイズが大きくなっただけではなく、あらゆる体験を、一段と大きく進化させました。より大きくなったのに、驚くほど薄い。何をする時でも流れるような連続した体験になるのは、ハードウェアとソフトウェアの機能が完全に一体になっているから。

米アップル最新モデルiPhone 6のスペックは何が加わるのか

歴代のiPhoneに比べて、新しいRetina HDディスプレイとなめらかな金属の表面であるiPhone 6のディスプレイが大型化していたがより薄くなっています。画面サイズは、縦が138.1ミリ、幅が67.0ミリに増える一方、厚みがただ6.9ミリだけで5sから0.8ミリ薄型化されています。そして、サイドスイッチなども変更され、5sで丸形であった音声ボリュームボタンも長くなっています。5s/5c(1136×640ピクセル)から向上された1334×750ピクセルの解像度を持っている4.7インチのiPhone 6は、精細度では326ppiとなっており、まだ5s/5cと同じですが、最新の「A8」プロセサを搭載し、処理性能がアップします。内蔵のビデオエンコーダと画像信号プロセッサによりカメラの高性能化を果たしているという。それに加えて、非接触通信のNFCを搭載し、モバイル決済「Apple Pay」に対応する。Apple Payは世界展開を計画しており、日本でも対応が進めば便利になりそうです。

移動的にISOイメージファイルを再生可能

スマートフォン業界におけるこの世代の傑作として、iPhone 6は、華やかな表面と上質の性能に恵まれ、世の人の目玉を集め、一時にソニーの新機種Xperia Z3との比較も騒ぎになっています。しかし、そのままISOイメージファイルを再生するなら、フラグシップのiPhone 6さえも実現できません。ISOという言葉は、この一つのファイルにする方法が国際規格であるISOによるものだからです。ISOファイルはCDやDVDに書き込む際はイメージファイルとしての機能を持たせるように書き込む必要があります。すなわち、ISOイメージファイルは、ファイルの内容だけでなく、ファイルシステムの持つ全てのメタデータとして、ブートコード、構造、属性なども含んでいます。ISOイメージファイルの最も重要な特徴として、DVDやCD、BDに容易にISOファイルを書き込むという点にありますので、そのままISOイメージファイルを再生することなんて無理だと言われています。それで、ISOファイルをiPhone 6に取り込む必要があり、第三者のISOをiPhone 6に変換するソフトが要るに等しいのです。実は、最近、iPhone 6の流れに向け、専門なISO iPhone 6変換ソフトWinX DVD Ripper Platinumはオススメです。

手軽にISOをiPhone 6に変換し、最強なISO iPhone 6変換ソフト

WinX DVD Ripper Platinumは、Windowsの上で動作するISO形式のイメージファイルをiPhone 6で再生できるソフトで、ISOをiPhone 6に変換するのに強力です。簡単にDVDフォルダ・ISOイメージをWMV、MP4、AVIなどの主流動画形式に変換することもメインストリームポータブルデバイスで再生することも実現できます。MKVをiPhone 6にも取り込めます。それに加えて、DVDディスクの全般内容をUDF ISOイメージファイルへコピーしてから、仮想ドライブをマウントでき、DVD&CDなどへISOファイルを書き込むこともサポートします。また、このISOをiPhone 6に変換するソフトによって、CPU使用数を設定でき、最新CUDAもサポートしています。MMX-SSE&3DNowテクノロジに基づいて、i5の i7のCPUとスーパーエンコードエンジンの最適化されています。数分だけで長時間の映画を高品質に変換することできます。そして、"Yadif Double Frames"デインターレースエンジンにより、インターレース走査モデルをプログレッシブ走査に変更できるため、出力動画品質を向上させます。高品質のエンジンは、可能な限り最高の画質を提供するのに役立ちます。本当に最強なISO iPhone 6変換ソフトだと言われています。

ISOファイルをiPhone 6に取り込む手順

まず、ホームページからWinX DVD Ripper Platinumの無料体験版をダウンロードしてから、インストールしてください。(ソフトを起動した後、「?」アイコンから言語も選択できる)

ステップ1:ISOイメージファイルの追加
左上側にある「イメージ」アイコンをクリックしてISOイメージファイルを追加してください。

ステップ2:出力プロファイルを選ぶ
ISOイメージファイルを追加した後で、出力プロファイルの窓口が自動的に出てきた。操作手順は以下の通りである。。「Appleデバイス」⇒「iPhone動画へ」⇒「iPhone 6,Plus(MPEG4)」⇒「OK」

ステップ3:保存先を選択
「参照」をクリックして、保存先フォルダを選択してください。

ステップ4:変換開始
以上ですから、「RUN」ボタンをクリックし、ISOをWMVに変換し始める。

上のように、ただ4つの手順で、簡単にISOファイルをWMVに変換することが実現できます。このISOをiPhone 6に変換するソフトを通じて、自らISO形式のイメージファイルをiPhone 6で再生しましょう。

他の機能

WinX DVD Ripper Platinumは、強力なISOをiPhone 6に変換して直接にISOイメージファイルを再生する機能を除き、内蔵されているDVDバックアップ機能は1:1でフルDVDディスクからISOイメージファイルとDVDフォルダへクローンできます。映像品質も,5.1チャンネル AC3/DTSドルビーオーディオ品質も,損傷なし1:1でDVDメイン/全タイトルをMPEG-2ファイルへコピーできます。また、先端の技術によってすべての暗号技術化された(コピーガード)DVDを解読できます、DVD CSS,リージョンコード、 RCE, ソニーArccOS、 UOPs, Disney X-project DRMすべてのをサポートする。そして、最新の暗号技術化されたDVDをサポートするように更新続けています。市販のDVDでも、レンタルDVDも全部対応できます。そして、このISO iPhone 6変換ソフトは、あなたのDVD映画をニュールックにするビデオエディタがプリロードされていますので、動画をクリップして、ご不要な部分や場所を削除することができます。動画をトリミングして、開始時間と終了時間の設定によって、動画を切り取る可能です。「マージ」でいくつかのタイトル を一つの動画にタイトル結合します。 字幕トラック(強制字幕を含む)を選択できる以外に、ごダウンロードした任意の言語のSRT字幕ファイルを添付&追加できるという鮮やかな動画編集機能も備えます。

Mac版もあるのか?

このISOをiPhone 6に変換するソフトのMac版もある。Mac向けのソフト名はWinX DVD Ripper for Macである。Mac向けのソフト名はWinX DVD Ripper for Macである。MacユーザーはWinX DVD Ripper for Mac 公式サイト:

http://www.winxdvd.com/dvd-ripper-for-mac/index-jp.htmへアクセスしてください。

関連ブログ:

http://www.winxdvd.com/blog/topic.htm〜〜詳しいDVD/動画ソフト情報と人気記事についてのブログ。

http://www.winxdvd.com/blog/special-subject-protect.htm 2016最新リッピングできないDVD一覧、DVD コピー できないを解決