Home > Blog >iPhone 6の不具合まとめ&ISO8への評価

遂に iPhone 7発表!iPhone 7とiPhone 6s性能徹底比較 >>

iPhone 6不具合とiOS8のバグをまとめ

iPhone 6不具合のまとめ一覧

iPhone 6デメリット1:iPhone 6が本当に曲がるのかアップルストアで試しちゃった悲報

iPhone6プラスが曲がりやすいといアイフォン6の不具合問題がSNSなどで多く議論されています。そしてこのiPhone 6不具合話題に触発されたのか、アップルストアでの展示品を曲げる人も出ているとの事。そして、米国の15歳の少年がアップルストアでiPhone6プラスに対して「強度テスト」を行い、その様子を動画で撮影したことで炎上しています。彼らは予め店員に対して「iPhone6プラスは曲がりやすいのか?」と店員に聞いていましたが、「単なるインターネットの噂である」と一蹴されていました。曲がる iPhone 6 Plus 騒動について、アップルが、iPhone 6 / iPhone 6 Plus それぞれのうち1万5000台について、こうしたテストを数百回繰り返して耐久性を確認したうえでの出荷であるとしています。動画はリンク先の Re/code が公開したもの。確かに「本当にテストしてんのか?」に対する回答にはなりました。とはいえ、アップルの想定する「通常使用」がユーザーの想定するそれと一致するのか、面白半分にわざと曲げてみた動画だけでなく、使用しているうちに本当に曲がったままになってしまい困ったというユーザーが今後どの程度現れるか、はまた別の話です。

iPhone 6デメリット2:iPhone 6 / 6 Plusにタッチ不具合:ディスプレイの反応鈍い・反応しない

  1. iPhone6/6 Plusの両方で、キーボード入力の際タッチしてから画面に反映されるまで時間が掛かるなど、ディスプレイの反応が鈍いとのiPhone 6不具合報告がされています。具体的にはディスプレイの一部、主に両端ががタッチしても反応しないという症状で、国内外でこのアイフォン6の不具合報告が増えています。
  2. 特にキーボードで文字入力をする際に不便なようで、「A」の文字や「Shift」キーが反応しないケースが多いようです。ただ、日本ではフリック入力を使うユーザーが多いせいか、報告は海外ユーザーからのものが大勢を占めています。なお、今のところ、このiPhone 6不具合についてはiPhone 6とiPhone 6 Plusの両方で報告が確認されており、ハード的な問題なのかソフト的な問題なのかは不明です。
  3. また、これとは別に、タッチ反応はするものの、タッチ反応が極端に鈍く、文字入力でモタつくというアイフォン6の不具合も複数挙がってきています。これについては、iOS 8にバージョンアップしたiPhone 5sや5でも報告があるので、iOSのソフト的な問題であるかのうせいが高いと思われます。この反応鈍いというiPhone 6デメリットの症状はホームボタンと電源ボタンの同時長押しによる強制再起動改善したという報告もありますが、確実ではないようです。

iOS8の不具合や悪いところ一覧

様々なトラブルを抱え、なんとも残念な幕開けとなってしまったiPhone6とそれに搭載されiOS8ですが、今回さらなるiOS8の不具合が出る悲報が発見されました。米アップルは、新機種iPhone 6とiPhone 6プラスの利用者から、基本ソフト(OS)iOS8のアップデート版に関するiOS8の不具合を指摘されたことを受け、対応策を明らかにした。

アップデート版iOS8.0.1に関して寄せられた報告は、ダウンロードした後に電話がかけられなくなった、あるいは指紋認証機能Touch IDが作動しなくなったという内容。

そして、小数点以下の数字が変わるアップデートをマイナーアップデートといい、小数点以前の数字が変わるアップデートをメジャーアップデートと言います。iOS7.1.3からiOS7.1.4に変わるのが前者、今回のようにiOS7.1.4からiOS8.0に変わるのが後者。あと二時間でiOS8がリリースされるので、18日にこの記事を見ている方はきっとダウンロード可能になっている事でしょう。

しかしアップデートは少しお待ちを。アップルは問題を修正し、今後数日でiOS8.0.2をリリースします。それまでの間、アップデート前のバージョンを再インストールするよう利用者に促しています。再インストール後、ヘルス関係のアプリは機能しないが、iOS8.0.2で修正するといいます。同日の米ナスダック市場で、アップル株は商いを伴って、一時およそ4%安の97.72ドルまで売られた。この時点で、今月9日に新型アイフォーンを発表して以降の上げがすべて帳消しとなったほか、時価総額は約240億ドル吹き飛んでいた。JMP証券のアナリスト、アレックス・ゴーナ氏は「この問題もいずれは過ぎるだろうが、ミスは積み重なっていく」と指摘しました。「アップルにとってこれでゲームオーバーではないが、看過する訳にはいかない」と指摘しました。

iPhone 6とiOS8を最大限に活用するオススメ

苦労してやっと入手したiPhone 6とiOS8を最大限に活用しなければ、もったいないでしょう。普通のスマホと同じ使い道のほか、お気に入りのiPhone 6動画を変換して各種のポータブルデバイスに取り込んで、すきまあるいは移動中の時間を使って、ごゆっくり鑑賞するのはいかがだろう。それで、一番人気iPhone 6動画を変換するソフトWinX HD Video Converter Deluxeはオススメです。WinX HD Video Converter Deluxeは、Windowsの上で動作する専門的なiPhone 6動画を変換するソフトです。370+ビデオ&オーディオコードを内蔵することによって、ご安心にすべての標準および高精細やUHDビデオを完璧に変換または圧縮することができます。MP4をAVIに変換してから、完璧に各ポータブルデバイスで再生できます。e.g.: 4KをAVI/MP4に、MTS/M2TSをMOV/MPEGに、MP4をAVIに、WMVをH264に変換できます。それに加えて、MP4動画を編集すること、MP4動画から音楽を抽出することやYoutube動画をダウンロードすることも可能です。ほんの数名に!

iPhone 6 動画を変換する手順

予め、ホームページからWinX HD Video Converter Deluxeの無料体験版をダウンロードしてから、インストールしてください。(ソフトを起動した後、「?」アイコンから言語も選択できる)

iPhone 6不具合

ステップ1:動画追加
左上側にある「動画」アイコンをクリックして、iPhone 6で撮影された動画を入力してください。

アイフォン6 不具合

ステップ2:出力プロファイルを選ぶ
動画をソフトに追加した後に、出力プロファイルの窓口が自動的に出てきた。操作手順は以下の通りである。「PCの通常映像」⇒「Chromecast WebM動画(VP8)」⇒「OK」

ステップ3:保存先を選択
「参照」をクリックして、保存先フォルダを選択してください。

ステップ4:変換開始
以上ですから、「RUN」ボタンをクリックし、iPhone 6動画を変換し始める。

Appleデータ管理裏技

iTunesを使わず、簡単でiOS端末ファイル・データ管理できるアプリ〜WinX MediaTrans -iPhone, iPad, iPod, iTunesとコンピュータの間で、音楽転送、動画転送、写真転送、あなたのiPhone/iPad/iPodのデータを自由に転送できます!

関連ブログ:

http://www.winxdvd.com/blog/topic.htm〜〜詳しいDVD/動画ソフト情報と人気記事についてのブログ。

http://www.winxdvd.com/blog/special-subject-protect.htm 2016最新リッピングできないDVD一覧、DVD コピー できないを解決