ソフトウェア 最新情報 & 使い方

Home > Blog >動画変換高速化できるソフトおすすめ

動画変換高速化┃ハードウェアアクセラレーション対応の動画変換ソフトおすすめ

ハードウェアアクセラレーション(GPUレンダリング)とは?

ハードウェア・アクセラレーション (英: hardware acceleration) とは、なんらかの機能を通常の汎用プロセッサ (CPU) 上で動作するソフトウェア(コンピュータ・プログラム)による実装で処理したのではレイテンシやスループットが遅い、消費電力が大きい、などといった問題があるような場合に、ハードウェア実装による支援で実行速度などを加速(アクセラレーション)し、システム全体の性能や効率を向上させる技術です。

つまり、GPUレンダリングで動画変換を実現できるソフトは CPU の負担を減り、動画処理を高速化にします。ハードウェアアクセラレーション対応の動画変換ソフトはどんな進化あるのでしょうか?

ハードウェア・アクセラレーション機能を搭載する動画変換ソフトのメリット:
■CPUの負荷を減らしながら、元の画質や音質の劣化を最小限におさえます。
■古い,性能も劣るPCでも動画変換をサクサク動作します。
■GPUレンダリングで動画変換するのはCPUのみでエンコードするより1倍くらい速くなります。
■高速だけではなく、高品質で出力できます。

それで、今回はハードウェアアクセラレーション対応の動画変換ソフトおすすめします。動画変換を一層高画質、高速させます。

ハードウェアアクセラレーション対応の動画変換ソフトランキングおすすめ 

ハードウェアアクセラレーション対応の動画変換ソフトおすすめ

ハードウェアアクセラレーション対応の動画変換ソフトランキングTOP1〜WinX HD Video Converter Deluxe

ハードウェアアクセラレーション対応の動画変換ソフトおすすめ度:★★★★★
対応OS:Windows XP /7/8/10、Mac版あり
ハードウェア支援技術:Intel QSV、NVIDIA CUDA、NVIDIA NVENC

主な特徴:
超高速HD動画変換ソフト、オンライン(YouTube動画)ダウンローダー、写真スライドショーメーカ、動画編集ツールを含むオールインワン動画ソフトウェアです。世界で一番速い変換速度を実現した上で、CPUを解放しリソースを最大限に活用できる仕様になっています。動画変換作業の処理速度が以前のバージョンより、約2〜3倍の速度で処理することができます。さらに、同時に他のプログラムを実行する時、(オンラインで映画鑑賞、音楽を聴く、ウェブサイトを閲覧など)、変換プロセスが遅くなることがありません。またはマルチトラックHD動画をサポートするよう独特の技術を持ち、BDAV、M2TS、MKV、AVCHD、HDTVとMPEG-TS形式にも対応できます。

ハードウェアアクセラレーション対応の動画変換ソフトランキング

ハードウェアアクセラレーション対応の動画変換ソフトランキング

ハードウェアアクセラレーション対応の動画変換ソフトランキングTOP2〜MediaEspresso 7.5  

高速で動画変換

ハードウェアアクセラレーション対応の動画変換ソフトおすすめ度:★★★★
対応OS:Windows 10, 8.1, 8, 7, Windows Vista, XP
ハードウェア支援技術:NVIDIA CUDA、AMD VCE

主な特徴:
MediaEspresso 7.5 はファイルの変換を簡単に、そして高速に処理するだけではなく、ファイル変換時に動画と写真の輝度や画質の補正を行って、携帯機器でクッキリ見やすくすることができます。または、AMD NVIDIAのハードウェア支援技術を利用して、高画質・高圧縮の H.265/HEVC 及び H.264/MPEG 4 AVC への動画変換を高速化します。 なお、変換した動画をFacebook と YouTube へ直接アップロードできます。そのほかに、本バージョンでは「4K 動画」のエンコードにも対応しました。

関連記事:YouTuberが使っている動画編集ソフトおすすめ(無料・有料)【Mac/Windows】

ハードウェアアクセラレーション対応の動画変換ソフトランキングTOP3〜Movavi Video Converter

高速で動画変換

ハードウェアアクセラレーション対応の動画変換ソフトおすすめ度:★★★☆
対応OS:Windows XP/Vista/7/8/10
ハードウェア支援技術:NVIDIA CUDA、NVENC、および Intel HD Graphics

主な特徴:
「Movavi Video Converter」は、対応するGPUを利用している場合に、NVIDIAの“CUDA”を活用して高速で動画変換できるビデオエンコードソフト。非常にシンプルなソフトとなっており、変換したい動画を登録し、豊富に用意されたプリセットから必要なもの指定するだけで手軽に利用できます。プリセットは、AVI/FLVなどのファイル形式から選択できるほか、iPhone/iPad/Androidといったスマートフォンやタブレット端末、PSPなどのゲーム機から機種を選択して指定することも可能です。また、YouTubeやFacebookといったオンライン向けのプリセットも用意されているほか、変換した動画をこれらのサービスへアップロードする機能も備えています。

ハードウェアアクセラレーション対応の動画変換ソフトランキングTOP4〜PowerConverter

GPUレンダリングで動画変換

ハードウェアアクセラレーション対応の動画変換ソフトおすすめ度:★★★☆
対応OS:Windows XP/Vista/7
ハードウェア支援技術:NVIDIA CUDA、ATI Stream

主な特徴:
PowerConverterは、さまざまな形式の動画ファイルをiPad、iPhone、Xbox、YouTube向けに変換できるソフトです。出力ファイルはMPEG-2やH.264、WMV9、DivX形式などを利用可能です。インテルのCPU「Core i3/i5/i7」の「マルチスレッドテクノロジー」を利用することにより、高解像度の動画変換について高速処理が可能です。さらに、GPU側で処理する「NVIDIA CUDA」「ATI Stream」に対応しており、対応ビデオカードを用意することで、GPUを利用した高速な動画変換を行うことができます。ドラッグ&ドロップによる簡単操作に加え、一括で高速に処理することもできます。

関連記事:2019Mac動画編集ソフトおすすめ TOP 5|初心者でも簡単にMacで動画を編集できる!

ハードウェアアクセラレーション対応の動画変換ソフトランキングTOP5〜Badaboom Media Converter

GPUレンダリングで動画変換

ハードウェアアクセラレーション対応の動画変換ソフトおすすめ度:★★★
対応OS:Windows 10/8.1/8/7/ XP
ハードウェア支援技術:NVIDIA CUDA

主な特徴:
Badaboom Media Converterは、これまでとは全く異なった手法をとっているビデオエンコードです。というのも、エンコードの処理をCPU で行うのではなく、NVIDIA GPUで動画変換高速化処理します。GPU を使用することによって、ビデオ変換にかかる時間は劇的に短縮されます。また、CPU を占有することがないため、エンコード作業をしながらでもメールやインターネットなどが通常通りに使用できます。また、Badaboom は処理が高速で簡単なだけでなく、高品質の出力(1080p! まで) に対応し、お持ちの映像を美しく明瞭なまま扱うことができます。

上記紹介されたハードウェアアクセラレーション対応の動画変換ソフトは過去の動画変換ソフトを刷新されました。多彩の機能を搭載する上に、高画質で圧倒的に高速な動画変換をおこなうことができます。さあ、新時代に向け、NVIDIA GPUで動画変換高速化にましょう!

NVIDIA GPUで動画変換高速化

ハードウェアアクセラレーションで動画変換を高速化、高画質に!

ハードウェアアクセラレーション対応の動画変換ソフト〜WinX HD Video Converter Deluxe
このソフトはCPUの負荷を減らしながら、GPUを利用して、元の画質や音質の劣化を最小限におさえ、超高速で動画変換できます。それに、動画の簡単編集や動画ダウンロードの機能も搭載しています。

NVIDIA GPUで動画変換高速化
NVIDIA GPUで動画変換高速化
WinX HD Video Converter DeluxeはBDAV, M2TS, AVCHDなどのマルチトラックのビデオ形式も完璧に対応できます.その他,動画をダウンロードする機能も持ちます.YouTubeなどのサイトから動画を保存(変換、再生)でき,動画をすべてのAndroidデバイスWindowsフォンに変換用出力プリセットもあります. -Rick (CNET エディタ)

このページをみんなに教える!

もっと多い動画/DVD製品の情報や評判ここで検索:

ホーム | 会社情報 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 合意書 | ニュース | お問い合わせ | 人気記事

Copyright © 2019 Digiarty Software, Inc. All rights reserved

Apple、Appleのロゴ、Mac® 、iPhone® 、iPad® 及びiTunes® などはAppleInc.の商標であり、米国およびその他の国で登録されたものです。DigiartySoftwareがAppleInc.と開発または商業提携をしていません。