ソフトウェア 最新情報 & 使い方

Home > Blog >HUAWEI SIMフリースマートフォンを紹介

【SIMフリースマホ】大人気のHUAWEI SIMフリースマホおすすめ

人気が昇るHUAWEI SIMフリースマートフォン

HUAWEI SIMフリースマホおすすめ

中国企業のHUAWEIはアンドロイド業界で少しずつ自分たちの領域を拡張しています。ファーウェイはエントリモデルからハイエンドモデルまで幅広いスマートフォンを発売ししました。これらの機種は日本国内でもSIMフリースマホとして発売しており、人気を博しています。値段が安くても性能が高いファーウェイのSIMフリースマホはSIMロックフリー業界で台風の目となり、日本市場に革命を起こすかもしれないです。日本市場を含むファーウェイの2015年スマートフォン出荷台数は実に1億8000万台でした。グローバルのマーケットシェアにおいて世界第3位の地位を確固たるものにしたといっていいでしょう。それでは、日本スマホ市場へ投入したHUAWEI SIMフリースマートフォンは何ですか?買い得のはどっちですか?これからはいろいろな面から大人気のHUAWEI SIMフリースマホ比較して紹介します。

人気検索:Android 6.0にアップデート!Android 6.0新機能とAndroid 6.0不具合一括まとめ

動画をスマホへ変換して、スマホで楽しめる!

初心者に使いやすい動画&音楽ダウンロードアプリ〜WinX HD Video Converter Deluxe日本語バーションを強くオススメ。「高速且つ安全」Youtube,ニコニコ動画などおよそ300種類以上の動画共有サイトから動画や音楽を無料ダウンロードでき、スマホなどで再生できます。

大人気のHUAWEI SIMフリースマートフォン大特集

ファーウェイのSIMフリースマホ HUAWEI SIMフリースマホおすすめ 1〜HUAWEI GR5
特徴:
1.フルメタルボディー
ボディー全面にアルミ・マグネシウム合金が採用されています。それに背面に施されたヘアライン加工により、手触りは非常に滑らかです。指紋も目立ちにくくなっているため、ケース無しで利用するのが良さそうです。
2. 高画質液晶ディスプレイ
通常、液晶パネルとガラスの間には隙間が空いており、その隙間に含まれる空気によって光の散乱が起きます。GR5では隙間をフィルムによって埋める、エアギャップレス方式を採用。コントラストの高いクリアな映像が楽しめます。
3. 指紋センサー2.0
GR5には最新の第2世代指紋センサーが搭載されています。指紋センサー2.0は0.5秒という早さで指紋認証→ロック解除を行えます。また、上下スワイプで通知エリアの表示、長押しで電話の応答やカメラのシャッターなど、スマートフォンの操作をすることもできます。

問題点: 3Dゲーム向けではない。 ファーウェイのSIMフリースマホGR5のCPUはオクタコア1.5GHz/1.2GHzです。オクタコアはコアが8個あるCPUです。GR5には4個のコアが1.5GHzで動いで、残りの4個のコアが1.2GHzで動きます。ゲームに関してですが、クワッドコア1.2GHzでも一般的なゲームなら普通に遊べます。3Dを多用するゲームだとクワッドコア1.2GHzでは性能不足になることがあります。

評価: スマホファーウェイ GR5は金属筐体なので、安っぽさは全くなく、高級感があって見た目もかっこいいです。5.5インチの画面で指紋センサーも付いていて、カメラも高画質、これで価格は 3万円半なのはでコスパが良いです。悪い評判はほとんどないです。せいぜい、画面が5.5インチなので片手で使うには大きいというくらいです。

スマホファーウェイ HUAWEI SIMフリースマホおすすめ 2〜HUAWEI P8lite
特徴:
1.P8liteは電池の持ちが良い
スマホファーウェイP8liteの一番の特徴を挙げるとしたら、電池の持ちがいいことです。電池容量は2200mAhと一般的なスマホと同じくらいになっていますが、P8Liteに搭載されているCPUの省エネ機能で電池の持ちが他の格安スマホよりも格段によくなっています。
2. 電波の受信感度が良い
P8LiteはドコモのクアッドバンドLTE対応してFOMAプラスエリアにも対応しています。つまり電波の受信感度が良いです。
3. スピーカーの音が素敵
ボリュームは他のSIMフリー端末と比べても、かなり大きいです。他の端末の場合、音量がそれほど大きくならないので、外部スピーカーを使うことが多かったのですが、P8liteの場合、最大ボリュームでかなりの音量なので、外部スピーカーを使わずに済みます。それに音質もなかなか良い感じです。

     

問題点: センサーの対応がイマイチ。 対応しているセンサーが多少物足りない感があります。対応しているのは、加速度、近接、環境光、電子コンパスとなります。特に問題無い人が多いとは思いますが、ジャイロぐらいは対応していてほしかったところです。

評価: HUAWEI SIMフリースマートフォンP8liteは、性能が良くてコンパクトで軽くて電池の持ちが良くて価格も安いので、発売されてから、P8liteが人気ナンバーワンの格安スマホになりました。HUAWEI P8liteは5インチAndroidスマートフォンで、本体が薄型・軽量でシンプルなデザインで、安価な製品には見えませんす。それにSIMフリー端末の中では3万円を切るお手頃価格ながら、最新のAndroidOS5.0に、必要十分なスペックを備えたコストパフォーマンスの高い一台です。

人気検索:【絶賛】超人気スマホゲームおすすめ〜面白いゲームアプリ10作

HUAWEI SIMフリースマホ比較 HUAWEI SIMフリースマホおすすめ 3〜Ascend Mate7
特徴:
1. 高性能CPU搭載で快適な操作性
処理能力の高いファーウェイKirin925チップを搭載しておりスマホの動作によって必要な電力を出力して快適な操作性を実現しています。超ハイスペックスマートフォンと遜色ないパフォーマンス性能を発揮するHUAWEI SIMフリースマートフォンです。
2. 黒が冴える超美麗ディスプレイ
ハイコントラストはディスプレイなどの色彩も明暗もクッキリ。さらに6インチディスプレイなので視認性もよくどの角度からみても綺麗に見えます。画面の解像度にこだわりたい方にもピッタリです。
3.高画素なカメラを搭載
メインカメラは1300万画素を搭載。SNSへ綺麗な画像を投稿することができます。5P非球面の広角レンズを採用しているので画像の歪みも少なくどんな場面でも綺麗な写真を保存することが可能です。

問題点:ファーウェイのSIMフリースマホMate7はFOMA800MHz非対応、今後バージョンUPで対応する可能性はありますが未定です。

評価: Ascend Mate7は、iPhone 6やXperia Z3を飛び越えて、最新6インチスマホのNexus 6にも匹敵する性能を備えています。コストパフォーマンス抜群のAscend Mate7です。それにハイスペックでバッテリーの保ちが良い端末を格安SIMで運用することで、スマホ代節約と快適なインターネット環境が一気に手に入ります。

人気検索:【徹底比較】Android5.0対iOS 8!iOS 8とAndroid5.0どっちがいい?困るな!

HUAWEI SIMフリースマホおすすめ HUAWEI SIMフリースマホおすすめ 4〜honor6 Plus
特徴:
1. 撮影後のピント調整が可能なダブルレンズカメラ
honor6 Plusは、背面に800万画素カメラを2台搭載。2台のカメラの画像を合成することで最大1300万画素相当の画像を撮影することができます。また、撮影後に絞りや焦点を調整できるので、一眼レフカメラで撮影したような背景をぼかした写真を撮ることができます。
2. 自撮り写真に最適なソニー製800万画素カメラ
前面には、ソニー製800万画素カメラを搭載しています。美白効果と目鼻立を10段階で強調できる「ビューティーモード」や、より広いアングルで自撮りができる「パノラマセルフィー」機能などを搭載します。
3. スマートフォン最大クラスの3600mAhの大容量バッテリー

問題点: ファーウェイのSIMフリースマホhonor6 PlusはLTEの対応バンドがイマイチぱっとしないと言われています。都会に住んでいる人には関係ありませんが、地方に住んでいる方の場合もしかしたら繋がりづらいということがあるかもしれないので注意です。

評価:総合的に見て、HUAWEI SIMフリースマートフォンhonor6 Plusはおすすめのスマホだと言えます。一番はカメラ性能で普段からスマホでカメラを多用している人であれば、満足できる端末になっているはずです。もちろん、スペック面、デザインも洗練されていて非常に魅力的。

人気検索:【徹底比較】AndroidとiPhoneの違いは?使いやすいのはどっち?

レンタルDVDをスマホに取り込む、スマホで再生する方法は?

すべての市販DVDをコピーし、Huawei,iPhone,iPad,Samsung,Sony Xperiaなどに取り込むできる万能ソフトWinX DVD Ripper Platinumをおすすめ!最新のDVDコピーガード(ソニーArccOS,Disney X-project DRM,容量偽装など)を気楽に解除できる!

ファーウェイのSIMフリースマホ HUAWEI SIMフリースマホおすすめ 5〜HUAWEI Mate S
特徴:
1. 画面タッチ
Mate Sでは画面を指の第二関節でタッチすることにより、通常タッチと異なる動作を行えます。例えば第二関節でタッチするとスクリーンショットを撮ったり、画面に文字を書くだけでアプリが起動したりと中々便利そうです。
2. 指紋ユニット
指紋ユニットは、指紋認証面を上下フリックで通知領域開閉、ダブルクリックで通知消去、また、電話に出たりなど様々な事を指紋認証ユニットで行えます。

問題点:1.2,700mAhのバッテリー容量は若干物足りなさを感じます。
2.日本版のファーウェイのSIMフリースマホMate SはForce Touchが非搭載です。

評価:スマホファーウェイMate Sは確かに質感、基本性能、革新的なタッチ操作、iPhone6s Plusと同じ画面サイズでありながらサイズは一回り小さいなど随所に拘りが感じられます。またForce Touch搭載であればまた評価の結果も違いましたね。物としては全く不満なく使えるハイスペックモデルですのでそこはご安心ください。

人気検索:Androidアプリ人気ランキング〜2016オススメアンドロイドアプリの一覧

スマホファーウェイ HUAWEI SIMフリースマホおすすめ 6〜HUAWEI P8max
特徴:
1. 6.8インチの巨大画面が強み
画面が大きければ一度に見れる情報量も多くなりますから、ニュースサイトなどのインターネット上の情報もチェックしやすいです。
2. ROMは32GB
人気があるスマホ端末のROMはだいたい16GBであることを考えると、「HUAWEI P8max」の32GBというのはかなり余裕がある容量だということができます。
3.バッテリーの容量は4,360mAhで、2日程度は持ってくれます。

問題点: 安いSIMフリースマホを探せば1万円程度で手に入ることを考えると、HUAWEI SIMフリースマートフォンP8maxは高いと言ってしまってもいいかもしれません。

評価: 携帯性を重視したいならスマホファーウェイP8maxを選ぶのは辞めたほうがいいかもしれませんが、大画面で色々楽しみたいなら、大画面のHUAWEI SIMフリースマホおすすめします。

人気検索:2016人気スマホおすすめ〜iPhone・Xperiaのハイエンド機もHUAWEIの格安スマホ一括比較おすすめ

HUAWEI SIMフリースマホ比較 HUAWEI SIMフリースマホおすすめ 7〜Ascend G620S
特徴:
1.端末が安いから月々の支払いが抑えられる
Ascend G620Sは2万円代の激安スマホなので24ヶ月で分割すると約1000円/月といった端末代金でスマートフォンを持つことができます。iPhoneSIMフリーに比べると実に1/4程度のコストとなります。
2. LTE回線に対応した格安スマホ
安価なSIMフリースマホはスペックも低く高速回線に対応していない端末も多くあります。しかし、Ascend G620Sは低価格ながらLTE対応。高速通信でストレスなく動画視聴や音楽ダウンロードなどができます。
3. スマホ初心者にオススメ
片手操作もしやすい5インチディスプレイ。しかも高解像度。さらにユーザーインターフェイスは大きなアイコンとわかりやすいレイアウトの「SIMPLE UI」を採用しているので操作に迷うこともありません。

問題点: 1. ホーム・戻るキーが物理キーなのでカスタムできない Ascend G620Sのホームキーや戻るキーは物理キータイプ。ディスプレイ内に表示するタイプではないので画面が狭くならないというメリットがあります。
2. 物理キーが光らないから暗いとボタン位置がわからない この物理ボタンって光らないですので、部屋が暗いとボタン配置が全くわかりません。印の真上をタッチしないと反応しないので結構イライラします。

評価: HUAWEI SIMフリースマートフォン G620Sは低価格ながらもマシンパワーはしっかりとあります。ディスプレイもHD画面なのでWeb閲覧、動画視聴も満足できます。さらに初心者の方にとって悩ましいスマホUIも「SIMPLE UI」を搭載しておりアイコンと省力されたレイアウトで操作性を快適にしています。ハイスペックで難しい操作性のスマホよりも使い勝手がよく安いスマホをお探しの方にピッタリのSIMフリー端末です。スマホファーウェイAscend G620Sに若干の不満がありますが致命的な不満・不具合はありません。

人気検索:【格安SIM比較】格安SIM各社のプラン情報・2016格安SIMおすすめランキング

HUAWEI SIMフリースマホおすすめ HUAWEI SIMフリースマホおすすめ 8〜Ascend P7
特徴:
1.長時間使用時の温度上昇を抑えるサーマルジェル冷却システムを搭載しています。
2.光の反射により波紋模様を浮かび上がらせる7層構造のバックパネルはとてもいいです。

問題点: HUAWEI SIMフリースマートフォンAscend P7の音質はWalkmanと比較するとさすがに劣ってしまいます。

評価: スペック面で弱い点がありますが、デザインの面において所有者にかなりの満足感、他人とは違うものを持っているという優越感を与えてくれます。SIMフリーであるため、海外でもSIMを購入するだけで使える点も良いですね。やはりHUAWEI SIMフリースマホおすすめしたいです。

人気検索:DVDをHuawei Ascend P7に取り込み、ファーウェイAscend P7でプロテクトDVDを再生する可能

HUAWEI SIMフリースマホ比較〜スペック比較

HUAWEI SIMフリースマホ比較一覧

機種

GR5

P8lite

Mate7

honor6 Plus

Mate S

P8max

G620S

P7

OS

Android 5.1

Android 5.0

Android 4.4

Android4.4

Android 5.1

Android 5.1

Android 4.4

Android4.4

画面サイズ

5.5インチ

5 インチ

6インチ

5.5インチ

5.5インチ

6.8インチ

5 インチ

5 インチ

画面解像度

1920×1080

1280x720

1920x1080

1920x1080

1920x1080

1920x1080

1280x720

1920x1080

CPU

Snapdragon 616

Hisilicon Kirin 620

Hisilicon Kirin 925

Hisilicon Kirin 925

Hisilicon Kirin 935

Hisilicon Kirin 935

Snapdragon 410

Hisilicon Krin910T

メインメモリ

2GB

2GB

2GB

3GB

3GB

3GB

1GB

2GB

ストレージ

16GB

16GB

16GB

32GB

32GB

32GB

8GB

16GB

メインカメラ

1300万画素

1300万画素

1300万画素

800万画素×2

1300万画素

1300万画素

800万画素

1300 万画素

インカメラ

500万画素

500万画素

500万画素

800万画素

500万画素

500万画素

200万画素

800万画素

外部メモリ

microSDXC(最大128GB )

microSD (最大32GB)

microSD(最大32GB)

microSD(最大128GB)

microSDXC(最大128GB )

MicroSD(最大32GB)

microSDHC(最大32GB)

microSD(最大32GB)

バッテリー容量

3000mAh

2200mAh

4100mAh

3600mAh

2700mAh

4360mAh

2000mAh

2500mAh

サイズ

76.3×151.3×8.15mm

71×143×7.7mm

81x157x7.9 mm

75.7x150x7.5 mm

75.3×149.8×7.2mm

93×182.7×6.8 mm

72.1x142.9x8.5 mm

68.8x139.8x6.5 mm

重量

158g

131g

185g

165g

156g

228g

160g

124g

最安価格(税込)

33,820円

25,729円

29,980円

49,464円

51,800円

51,890円

13450円

26,700円

このページをみんなに教える!

もっと多い動画/DVD製品の情報や評判ここで検索: