ソフトウェア 最新情報 & 使い方

Home > Blog > 新型MacBook 12インチVS 13インチ

【比較】MacBook 12インチと13インチで迷っている人へどっちを選ぶべき?!

MacBook Air12インチと13インチ どっち

新MacBook 12インチと13インチ どっちを買うべきか?

MacBook Airを買おうと思っているが、Airには11インチ、13イントの三つのモデルがあって、どれを購入すべきか迷っていちゃった。特に発表する12インチの新型MacBook はRetinaディスプレイに一新するとともに、インテルの最新CPUを搭載するとみられので、現行のMacBook Airと比べて全然見劣りしない。新しく搭載されるCPUがインテル製のBroadwellプロセッサーに変更され発熱が抑えられ、低温のままの高速処理が可能でヒートシンクを必要としないことで実現するようである。トラックパッドの上部にTouch IDのスキャナーが搭載される見通しだと伝えているから、モバイル決済Apple Payも利用可能になる。

では小さい軽いを追求して12インチか!十分小さいから大きいほうが扱いやすい13インチか!?本ページはこれから新型MacBook 12インチ・ 13インチ比較を通じて新型12インチのMacBookAir メリットをまとめてみた。新MacBook 12インチと13インチ どっちを買うべきかってそんな迷いを持っている人よ集まれ!!

新型MacBook 12インチ・ 13インチの違い〜ディスプレイ:

新型12インチのMacBook メリット: 12インチサイズの高解像度Retinaディスプレイを搭載し、300万以上のピクセルを持っている。Retinaディスプレイは驚くような色彩とクオリティを保ちながら、豊かにみずみずしく再現される。目を見張るような結果になった。ピクセル密度がとても高いので、人間の目では一つひとつのピクセルを識別できないほど。画像は一段と現実の世界に近いものになった。13インチMacBook Proの解像度は驚くほど美しい2304 x 1440。そして画面が小さいので、その後ろに液晶モニタを縦に並べても、視線をあまり上に上げる必要が無く、メイン画面として非常に快適に使用できる。

13インチのMacBookAir メリット:13インチサイズのLEDバックライトディスプレイを搭載し、1,440×900は15インチもMacBook Proと同じ解像度である。画面が大きいので、Microsoft Officeなどは、ディスプレイいっぱいをつかって、パレットをおいたりして操作できるほうが便利である。また映像編集ソフトを MacBook Air で扱うならば、12インチのほうは画面サイズが小さく不便に感じるでしょう。13インチのほうが画面を大きく扱えて効率的である。

【無料】DVDをRetina MacBook Airで存分に楽しめる方法

オススメの最適な12インチの新型 MacBook DVDリッピングアプリ:WinX DVD Ripper Mac Free -CSS、RCE、Sony ArccOSなどのDVDコピーガードまでも全て対応でき、無料でDVDをRetina MacBook にリッピングする可能。

新型MacBook 12インチVS 13インチ、スペックの一覧

新型MacBook 12インチVS 13インチ

新型MacBook 12インチVS 13インチ〜バッテリー駆動時間:

12インチモデル・・・39.7Wh、最大9時間のワイヤレスインターネット閲覧
13インチモデル・・・54Wh、最大12時間のワイヤレスインターネット閲覧
MacBook Airが活躍するのは外出先で作業したい時。13インチモデルでバッテリー時間が最長。一日中外出で使うには申しわけなさそうである。では新MacBook 12インチと13インチ どっちが良いか?まあ、電源のあるところでノマドすればって事かもしれないけど、やっぱりバッテリーは持つ方がいい。特にガンガン外で作業するって場合は、13インチの方が絶対安心なはず。

新型MacBook 12インチ・ 13インチ比較〜サイズ及び重量:

新型12インチのMacBook メリットは、やはり軽いことだと思う。ただ920gで13インチの1.35キロと比べたらより軽くて、片手で楽に持ち運べるようである。それに小さくて、可愛いよね。13インチのMacBook Airはより大きくて、ショルダーバックにギリギリ入る感じ。割りと重いので、女性なら、あんまり持ち歩こうとは思わない。
【徹底比較】iPhone6sとiPhone6の違いはどこか?>>
2015新型MacBook、MacBook Pro、VAIO Z 3大対決!>> 

新型12インチの MacBook メリット・デメリット

※サイズが小さい。12インチモデル
※高解像度Retinaディスプレイを搭載
※重さは920gと軽め、片手で楽に持ち運べる
※カラーバリエーションはシルバー、スペースグレイ、ゴールドの3色

画面が縦方向が短いので、ブラウザの見える範囲が縦方向に狭くなって、少し作業がはかどりにくいところがあるかも。映像編集ソフトを MacBook Air で扱うならば、12インチのほうは画面サイズが小さく不便に感じるでしょう。また新しいMacBookには、電源、HDMI出力、DisplayPort 1.2出力、アナログRGB出力、USB 3.1 Gen 1(最大5Gbps)を統合した新しいUSB-Cポートが搭載される。充電用には29ワットのUSB-C電源アダプタとUSB-C充電ケーブル(2メートル)が付属する。

13インチのMacBook Air メリット・デメリット

※画面が大きい
※バッテリーの持ちが長い
※SSDなので高速
※編集作業し易い

新型MacBook 12インチ・ 13インチ比較すると、13インチが少し重い。しかもディスプレイの解像度はもっと低いから、13で見た時は綺麗な画像だけれども、12インチでと汚いなどというところにも気付くようになった。割りと重いので、女性にはあんまり持ち歩こうとは思わない。

目的によって新MacBook 12インチと13インチ どっちを選ぶ

従来機と比較した際の主な強化点は、12インチのMacBook AirはBroadwellの特徴であるGPU速度の向上など。またPro Retina 13インチのみですが、トラックパッドがフォースクリックに対応したバージョンへと変更され、さらにバッテリー駆動時間も延長されている。

あなたにとってMacBookの用途は何?人によって使用方法は全く異なるけど、MacBookの用途によりMacBook 12インチと13インチを選択する。ずっと自宅やオフィスに置いたまま動かさない人は、13インチのを選ぶほうがいいと思う。それに単純な画面サイズを言えば、13インチのMacBook Airで作業するなら、目が疲れやすくないである。また、一日中外出で使うなら、バッテリー駆動時間がなるべく長くにしたく、同時に大型ディスプレイのサイズに拘らない人は、Retinaディスプレイを搭載した12インチの新型MacBookをオススメ。では、新型MacBook 12インチ・ 13インチの違いが明らかになるのか?

新型12インチのMacBookAir メリット

【朗報】最適!DVDを新型Retina MacBook にリッピングアプリが登場

WinX DVD Ripper for MacはCPU使用率が低い、CPU使用数の設定可能や最新のCUDAをサポートするより、僅かな時間がかかり、お好きな「アナと雪の女王」、「美人と獣」、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」、「るろうに剣心 伝説の最期編」、「思い出のマーニー」、「猿の惑星:新世紀(ライジング)」、「STAND BY ME ドラえもん」、「GODZILLA ゴジラ」、「寄生獣」、「シンデレラ」などの映画でなど映画DVDを新型Retina MacBook に取り込み可能。

ヒント:MacBook ProもMacBook Airもコピーガード付きDVDをリッピング可能!

勿論350以上のプロファイルを内蔵し、DVDをRetina MacBook Air に取り込みだけではなく、AVI、MP4、WMV、MKV、M2TS、iPhone6s、iPhone6/6 Plus、iPod/5、Apple TV、iPad Air 2/Mini 3、Android、Nexus 6/9、Galaxy S6、Surface 3 などのフォーマットへ変換することができ、サークル、運動会、結婚式など思いでをスマホ、タブレットに見れる形式に変換することができる。それに加えて、柔軟且つフレンドリーな動画編集機能を備え、字幕合成、クロップ設定、トリム設定、ビットレート調整操作しやすくて、ビデオとオーディオのパラメータを手軽く調整して、初心者までも順調に操作してやすい!

ご注意:ソフトをご利用になる前に国家の著作権に関する法律についてお調べになるようにお勧めする。法律の趣旨をよく理解して正しい行動をする。例えば、著作権保護の適用外になるDVDのコピーが合法的な使用法。

新型MacBook 12インチ・ 13インチの違い 新MacBook 12インチと13インチ どっち

このページをみんなに教える!

もっと多い動画/DVD製品の情報や評判ここで検索: