ソフトウェア 最新情報 & 使い方

Home > Blog > アイフォン7 新機能のまとめ

iPhone 7/7 Plus最新情報!新機能・デザイン・スペック・発売日・価格【更新中】

iPhone 7サイズ

iPhone 7最新情報のまとめ〜次世代モデルiPhone 7/7 Plusの進化が止まらない

アップルの最新iPhoneモデルiPhone SEが発表されたから今まで約6ヶ月経っても、次世代のiPhone 7がついに発表された。ネットを見渡すと、こんな沢山iPhone 7最新情報にはどっちが本当なのか?誰もが知っている通り、iPhoneは2年ごとにメジャーアップデートしたから、iPhone 7がきっと現行のiPhoneモデルとまったく異なり、スペックのみならず、デザインと機能も大幅に進化されただろう。またiPhone 7発売日はいつごろに?今回には世の中には話題になっているiPhone 7デザイン、スペック、値段などの最新情報ををまとめてお届け、アイフォン7 新機能を求める方もそうでない方も是非チェックして見てくださいね。

目次: @ iPhone 7発売日はいつ頃に   A iPhone 7デザイン一新のところ 
B アイフォン7 新機能を早速チェック

C キャリア3社iPhone 7値段比較

お待たせしました!次世代モデルiPhone 7発売日が明らかに!?

もしかて待ってた?気になるiPhone 7発売日について、今ついに具体的な日付が出てきたそうだ。今年現地時間9月7日(水)午前10時、日本時間では9月8日(木)午前2時のApple発表イベントでiPhone 7/7 PlusとApple Watch 2も同時に発表された。発表は今年の9月中旬になるとのことで、予約開始日が9月9日(金)午後4時1分からが確定。またこのままの予定とリリースサイクルから考えると、日本でもiPhone 7発売日も2016年9月16日(金)になることも明らか。

iPhone4s…2011年10月5日(水)…10月14日(日本発売) iPhone5…2012年9月12日(水)…9月21日(日本発売)           
iPhone5s…2013年9月10日(火)…9月20日(日本発売) iPhone6…2014年9月9日(火)…9月19日(日本発売)
iPhone6s…2015年9月9日(火)…9月25日(日本発売)  iPhone7発売日…2016年9月8日(木)…9月16日(日本発売)

一方、今年1月から3月までの売り上げは13年ぶりの減収となって、iPhone出荷台数は前年同期の6215万台から大幅に落ち込んだ。また3月に発売されたiPhone SEの売り行きも低調で、次の四半期の状況も一段悪化が予想される。ということでiPhone 7発売日が早ければiPhoneの不況も早くほど脱け出すことができると思う。

WinX MediaTransダウンロード

【iPhoneユーザ必見!】iPhone 7に乗り換えるまでに準備しておくべきツール


ーー「WinX MediaTrans」一本で解決!
元のiPhoneから写真、音楽、ビデオなどをバックアップしてiPhone 7に移行するには超便利!

WinX MediaTransダウンロードWinX MediaTransダウンロード

iPhone 7デザイン一新?!ガラスボディでiPhone 6sよりも更に薄くなりイヤホン端子も廃止

iPhone 6sを発表してからiPhone 7デザインにおける更なる進化にが高めるが、Appleの公式サイトのiPhone 7デザイン画像から見ると、基本的なデザインの大幅な変更はなし、iPhone 6/6s から続く全体的に丸みを帯びた方式を採用しているようだ。でも外見的な変化も多少ある。

まずは、背面の上下にあって長い間不評だった2本のDラインがiPhone7では廃止され、背面上下にはUラインに変更され、センサーになるとされている。3.5mmのイヤホン端子もなくなり、Lightning-3.5mmイヤホンジャックアダプターが同梱される。ブラック系の新色が2色が追加してiPhone7では ジェットブラック・ゴールド・シルバ・ローズゴールドー・ブラックの5色展開となる。

Pickup:【iPhone 6sとiPhone 7の違い】iPhone 7とiPhone 6s性能徹底比較 >>

一方、Appleが待ちに待った防水機能に関する特許を申請したとの報道がアメリカで行われたことから、iPhone 7はIP67級(Galaxy S7のIP68級より少々劣る)の防水が施される。

iPhone 7デザインの大幅な変更はないが、大変更は来年まで待たなくてはならないようだ。来年は2017年、2007年の初代iPhoneの登場から10周年だから、デザインもスペックも新たな次元へと進化するようになるだろう。

iPhone 7値段

アイフォン7 新機能その1:iPhone 7サイズもiPhone 6sと同じで2種類のモデルが登場

iPhone 7サイズなら、今年9月に発売開始の新型iPhoneは、iPhone 6sと同じでiPhone7とiPhone7 Plusが発表される予定とのこと。4.7インチの「iPhone7」と5.5インチの「iPhone7 Plus 」のほか、噂で「iPhone7 Pro」と呼ばれる最上位モデルは限定機能を搭載するかもしれない。「iPhone7」シリーズは画面の一部にホームボタンが埋め込まれたから、ボディもさらに薄型化、丸くなる。薄さは現行モデルiPhone 6sと同じで、変更はない。

Pickup:iPhone 7のハイエンドモデルはiPhone Pro発売日はいつ?iPhone Pro最新情報をお届け!デュアルレンズカメラ搭載!

アイフォン7 新機能

アイフォン7 新機能その2:デュアルカメラ搭載〜レンズも更に突出!

悲報!長い間に不評をかってカメラレンズが出っ張っているデザインがiPhone 7では更に突出しているうようだ。 iPhone 6で大幅な薄型化が進められたことにより、カメラが突出したから、今回、iPhone 6/6sより薄型化されたiPhone 7でも更に突出するようになってしまった。またiPhone 7背面のメインカメラは2つのレンズが並んで配置され、更に新しくなったTrue Toneフラッシュを2つ搭載して、画質をデジタル一眼レフカメラレベルに引き上げるようだと伝えている。特に2015年、Appleがイスラエルのカメラセンサー技術開発企業「LinX Imaging」買収した、そのデュアルレンズカメラがiPhone7に搭載濃厚になった。一方、iPhone Proデュアルレンズカメラが搭載された場合、より綺麗で立体的な写真を撮影することができるとされている。

 iPhone 7デザイン

アイフォン7 新機能その3:バッテリー性能も大幅にアップ〜ワイヤレス充電(iPhone 8に期待する新機能

ボディがより薄くなるほどスマホのバッテリー容量が減量されるようになったが、今回iPhone 7のバッテリー駆動時間が大幅に延びるて、 バッテリー容量も1960mAh(iPhone 7 Plus:2900mAh)になると伝えられている。またケーブルを挿さなくても充電できるワイヤレス充電機能をiPhone7では搭載しないが、iPhone 8に実現する可能性が高い。
Sony、LGとGALAXYが次々とワイヤレス充電機能を最新デバイスで採用したが、この技術は幅広く支持されていなく、アップルはまだついていかないことが鍵となっているだろう。米国特許商標庁(USPTO)に公開されたアップルの特許から見ると、iPhoneでは専用のスタンドに置くだけでチャージできてしまうワイヤレス充電機能を搭載し、急速充電も対応と予想できる。

iPhone 7発売日

アイフォン7 新機能その4: 16GBが廃止?!ストレージが32GBモデルから

iPhone 7 PlusではA10プロセッサが搭載すると、3GBのRAMを必然的に採用するという。メモリの向上するだけではなく、アップルがユーザーに大きなサプライズも用意し、今回iPhone 7全シリーズには最大で256GBという大容量ストレージが追加されることになるとAppleInsiderが報じている。一方、ストレージ容量の下限はこれまでの伝統である16GBから32GBに変更され、iPhone 7より16GBモデルが廃止されることが明らかに。確かに16GBではすぐに足りなくなるから、アプリや音楽、写真をよく入れる方にとって不便を感じている。

【関連記事】iPhone 7対iPhone SE比較レビュー!iPhone 7 iPhone SEどっちがおすすめ >>

iPhone 7サイズ

アイフォン7 新機能その5:有機EL(AMOLED)ディスプレ、1920X1080ピクセル、401 ppi

今回iPhone7はサファイヤガラスを液晶パネルの保護カバーに全面採用し、従来のものよりも薄くなったうえに強度が高めらる。ゴリラガラスより傷つきにく、耐圧性能も更に優れて、水に濡れた指で触っても感知することが分かっている。またiPhoneの組み立てで知られる台湾フォックスコン社が、中国にパネル新工場の設立していて、iPhone SEで見送られたサファイアガラス製パネルが、次世代の「iPhone7」に搭載濃厚になった。

iPhone 7値段:気になるSoftBank ドコモAU のiPhone7価格まとめ〜予約最新情報

アップルの本家サイトによると、4.7インチiPhone 7値段は32GBモデルが72,800円(税別)、128GBが83,800円(税別)、256GBが94,800円(税別);5.5インチのiPhone 7 Plusの32GB/128GB/256GBモデル価格はそれぞれ85,800円(税別)、96,800円(税別)、107,800円(税別)。 ドコモ版iPhone 7値段は32GBモデルが82,296円、128GBが93,960円、256GBが105,624円;ドコモ版iPhone 7 Plus値段は32GBモデルが96,552円、128GBが108,216円、256GBモデルが119,880円。ソフトバンク版iPhone 7値段は32GBモデルが88,080円、128GBが99,840円、256GBモデルが111,840円;ソフトバンク版iPhone 7 Plus値段は32GBモデルが99,840円、125GBモデルが114,000円、256GBモデルが126,000円;AU版iPhone 7値段は32GBモデルが79,200円、128GBモデルが90,720円、256GBモデルが102,600円;AU版iPhone 7 Plus値段は32GBモデルが92,880円、128GBモデルが104,760円、256GBモデルが116,640円。

キャリア3社iPhone 7値段比較(予約開始日)
  SoftBank ドコモ AU
iPhone 7値段
(32/125/256GB)
88,080円/99,840円/111,840円 82,296円/93,960円/105,624円 79,200円/90,720円/102,600円
iPhone 7 Plus値段
(32/125/256GB)
99,840円/114,000円/126,000円 96,552円/108,216円/119,880円 92,880円/104,760円/116,640円
予約開始日 9/9(金)午後4時1分から 9/9(金)午後4時1分から 9/9(金)午後4時1分から

※ キャリア3社がiPhone 7値段を公開したらから、このページですぐ更新する。

iPhone 7発売日

【知らないと損】iPhone 7に機種変更の準備でやるべきことと注意点まとめ!!

★ バックアップ:手持ちのiPhoneからiPhone 7に乗り換える前に、古い以前使っていたiPhone内のデータをバックアップすることは必要。iPhone管理ソフトWinX MediaTransを使えば、古いiPhone内のデータをパソコンへバックアップしてiPhone 7にデータ移行を簡単にできた!

★ データ復元:新しいiPhone 7へ機種変更するなら、古い端末からのデータ復元も必須の作業。WinX MediaTransはパソコンに保存された元デバイスのビデオ/音楽が直接復元可能。

          Winx MediaTrans

このページをみんなに教える!

もっと多い動画/DVD製品の情報や評判ここで検索:

iPhone 7最新記事