Home > Blog >iOS8新機能の解説

遂に iPhone 7発表!iPhone 7とiPhone 6s性能徹底比較 >>

アップルiOS8につき新機能の大発表

Apple社は9月18日日本時間午前2時から最新版のオベレーティングシステムであるiOS8が全面に配布始まります。iOS8とiOS7を比較したら、「HealthKit」iOS向けの健康管理アプリ、写真アプリ、「Quicktype」キーボード、ファイミリー共有などの数え切れない新機能が追加され、今回の全面にアップデートはApple Storeの登場以来最大のニースであると言い過ぎることはありません。それから、皆さんにiOS8とiOS7を比較してiOS8の主な新機能やどこが変わったのか、及びiOS8の問題点を詳しく紹介します。

1、キーボードがQuicktypeを追加し、予測能力と文脈認識能力を備え、ユーザーが言ったことに連想して後文を予測して入力することができ、賢くなります。残念なことに、このiOS8新機能は暫く英語に限ります。

2、「HealthKit」健康管理アプリ。現在App市場には健康に関する様々なAppデバイスやウェアラベルデバイスが存在します。今回のiOS向けの「HealthKit」は色んななデータを統合し、独自のデータとしてユーザーの健康状態を明らかにします。Nike+のような第三方のアプリに睡眠や体重の指数など個人データを共有することをサポートします。

3、iOS8で画面の上から下にスワイプして通知センターを起動、通知を下に引っ張ると見る可能で、かなり便利です。メッセージを受信した際に、アプリを開かないで返信することができます。

4、iOS8のメールでは、早めにメールを処理する可能です。右にスワイプだけで受信箱のメールを迅速に既読それとも未読に操作できるし、右から左にスワイプでゴミ箱へ移動完了します。

5、iOS8アップデード後のSiriは、更にスマートで音楽を聴かせても曲名やアーティスト情報を提示してくれます。且つ自動車の中でSiriの音声体験も大幅に向上しました。

6、iOS8とiOS7のカメラを比較し、大幅に改善します。露出(光の量)も調整できるようになります。またカメラの上部に新しくタイマーボタンが設置され、セルフタイマーモードも追加します。

7、iPhone6/iPhone6 Plusのユーザー様が見たように、iOS8システムを搭載した端末はアプリのバッテリー使用状況を確認することができます。

8、既にiOS8をプリインストールしたiPhone6とiPhone6 Plusはアップデートする必要がありません。iOS8を対応できる端末につき、事前に皆さんがiPhone/iPadの脱獄しなかったことを確認したほうが良く、直接にアップデートする可能です。勿論iPhone4s、iPad2、5代目iPod touch及び以降の端末しかiOS8をサポートできません。

iOS8の不具合

以上はiOS8につき新機能の解説です。しかしユーザー体験から見ると、色々な不具合な問題点が出ています。写真アプリ、キーボード、メッセージ、iCloud、ファイミリー共有などの面でアップデートしたが、そもそもこれらの機能は主にiPhoneの特徴に従って設計されました。より大きのディスプレイを備えたiPadにとっては通話しなくから、存在感がかなり弱くて、iOSのアップデートと言う要望があんまり切実じゃありません。

それに、iOS8では新しい機能としてiCloud DriveというiCloudの上位版が用意されています。注意するべきなのはiCloud Driveで同期可能なのはiOS8とOS X Yosemiteだけが、 X Yosemiteはまだ出ませんから、応用の同期問題を引き起こす可能性がかなりおおきいです。もしあなたがiOSとOS X Yosemiteのデータを同期する必要があるなら、今はiCloud Driveまでにアップデートするいいタイミングではありません。その他「アップデートに時間がかかる」、「キーボード入力が遅い」、「iOS 8入れたら写真のデータかなり消えた」など不具合報告が続々と出ています。もしこれらのiOS 8不具合な所が改善できれば、更に最高のiOSになると期待しています。

前述したようにiPhone6/iPhone6 Plus、iPhone4s、iPad2、5代目iPad touchなどアップル製端末が対応できます。もしアップデート完了したiOS8でDVDを再生できるなら最高でしょう。しかしながら、iOS8はオベレーティングシステムであるので、DVD再生するなんて無理です。つまりDVDをiOS8で再生したいなら、iPhoneに取り込みしなければなりません。DVDをiPhoneに取り込みできたら、ベッドに横たわっても、公園に休憩しても、電車に乗ってもいつでもどこでもiOS8でDVDを鑑賞する可能です。そこでDVDリッピングソフトWinX DVD Ripper Platinumが使用しなければなりません。Macユーザー向けのMac版WinX DVD Ripper for Macもあります。

DVDをiPhoneに取り込み方

事前にWinX DVD Ripper Platinumをフリーダウンロードしてください。インストールした後、起動して「?」ボタンを押すと、操作言語を日本語に選択してください。

1. DVDを差し入れてから、インターフェースにおける左上の「DVDディスク」ボタンをクリックして、DVDをソフトに入力します。このソフトは「DVD Disc」、「ISOイメージ」及び「フォルダ」(DVDフォルダ)という三つの入力形式をサポートします。

DVDをiPhone 6 Plusに取り込み

2. DVDをロードした後、自動的にポップアップした出力ファイルに、Appleデバイス-iPhone動画へ-iPhone 6という順番に従って選びます。

3. 「参照」ボタンを押すと、保存先を選択します。「RUN」ボタンを押すとDVDをiPhone 6に取り込みがスタートします。

ほかの機能

Winx DVD Ripper PlatnumはWindowsの上で動作し強力なDVDリッピングソフトです。市販やレンタルDVDを殆どコピーでき、DVDCSS、リージョンコード、RCE、Sony ArccOS、 UOPs や最新のDisney X-project DRMまでも全て対応しています。380+のプロファイルを設定したWinX DVD Ripper PlatinumはAVI、MP4、WMV、MKV、M2TS  iPhone6、iPod/5、Apple TV、iPad、Android、新Nexus 7、Kindle Fire、HTC、ソニーXperia Z5、XOOM、Galaxy、Surface Tab などのフォーマットへ変換できます。

ご注意:ソフトをご利用になる前に国家の著作権に関する法律についてお調べになるようにお勧めします。法律の趣旨をよく理解して正しい行動をしましょう。例えば、著作権保護の適用外になるDVDのコピーが合法的な使用法です。

関連ブログ

WinX DVD Ripper Platinumの使い方‐クロップ&拡大 :DVD動画を再生するとき、スクリーンの上下左右に黒い帯が表示されることがありますね。それはちょっと邪魔だと思いませんか。では本文はWinX DVD Ripper Platinumというリッピングソフトのクロップ&拡大機能によって、、その黒い帯を削除する方法を教えましょう。

WinX DVD Ripper Platinumの使い方‐スナップショット&音声抽出 :WinX DVD Ripper PlatinumはオールインワンDVDリッピングソフトだから、字幕追加、トリミング、クロップ、スナップショットと音声抽出など、いろいろな機能を備えられています。この文章はそのスナップショットと音声抽出機能について、WinX DVD Ripper Platinumの使い方を説明します。

http://www.winxdvd.com/blog/topic.htm〜〜詳しいDVD/動画ソフト情報と人気記事についてのブログ。