ソフトウェア 最新情報 & 使い方

Home > Blog > iPhone 6sとiPhone 7の違い

【iPhone 6sとiPhone 7の違い】iPhone 7とiPhone 6s性能徹底比較

iPhone 6sとiPhone 7の違い

iPhone 7正式登場!

絶大なる人気を誇るスマートフォンといえばiPhone(アイフォン)ですよね。2015年9月に発売したiPhone 6sは前代のiPhone 6から大きな変更点がなかったため、iPhone 6sを見送ったユーザーは多いでしょう。今年の9月に発売すると予想されている次期のiPhoneモデルであるiPhone 7はどうなっているのでしょう。iPhone 7 iPhone 6s比較して、性能がどれぐらい進歩したか。本文ではiPhone 7とiPhone 6sどっちを買うか悩んでいる方に、デザイン、ディスプレイ、バッテリー容量、プロセッサー、カメラ、防水防塵新機能などの面から、iPhone 7変更点&メリットを詳しくご紹介!アップルが9月7日(日本時間8日)サンフランシスコでiPhoneの最新モデル、iPhone 7 と iPhone 7 Plusを発表しました。iPhone 7発売日になるまではまもなく!iPhone 7最新情報をまとめてお届け!随時更新!iPhone 6sとiPhone 7の違いを本ページでチェックしてください。

iPhone 6sとiPhone 7の違い | iPhone 7とiPhone 6sスペック比較 | iPhone 7最新情報 | iPhone 7発売日

iPhone 6sとiPhone 7の違いを徹底チャック!

No.1  ★ iPhone 6sとiPhone 7の違い〜デザイン

iPhone 7デザイン:見た目はiPhone6/6sとそっくりだが、2つの違いもあります。アンテナライン(白い帯)とイヤフォンジャックが廃止されることです。

★ iPhone 7変更点その一:イヤホン端子廃止で2つ目のスピーカー搭載もワイヤレスイヤホンAirPodsあり
アップルのiPhone 7は3.5mmのイヤホン端子がなくなり付属のヘッドホンはLightning端子に接続します。シラー氏はヘッドホン差し込み口をなくしたことについて、勇気の要る決断だったと告白し、「新しいこと、我々すべてにとって素晴らしいことをするために前進する勇気」だったと強調している。iPhone 7には有線ヘッドホン「EarPods」が付属しています。アップルはワイヤレスヘッドホンの「AirPods」も10月下旬に発売します。バッテリー持続時間は1回の充電で最大5時間。耳に装着すると赤外線センサーで感知します。マイクロホン機能も搭載し、内蔵の加速度計を使って音声操作機能の「Siri」にもアクセスできます。米国での販売価格は159ドル(約1万6000円)。またスピーカーはステレオスピーカーを装備。従来機種のモノラルスピーカーから大幅に進歩した。

 

★ iPhone 7変更点その二:アンテナ線は消失
もうひとつの大きな変化は、これまでiPhoneの特徴ともなっていた背面を線上に走るアンテナがなくなり、より「クリーン」な外観になっていることです。画像によると、アンテナは上部、下部にそれぞれ縁取りのような形で配置されています。

Winx MediaTransダウンロード

【必携】Winx MediaTransiPhone 7に乗り換えるまでに準備しておくべきツール

元のiPhoneから写真、音楽、ビデオなどをバックアップしてiPhone 7に移行するには超便利!WinX MediaTrans一本で解決!使いにくいiTunesとはさらば!

No.2  ★ iPhone 6sとiPhone 7の違い〜ディスプレイ(25%明るさアップ、色きれい)

iphone7 大きさは6sと差がないが、ディスプレイもアップグレード。Apple製品史上、最も明るいディスプレイに。GPSも搭載しています。運動後は、ランニングスピードなど色分けされて走ったコースが地図に表示。新フィルターで色よりキレイ。よりビビット。3D Touchで写真表示もよりお手軽に。

iPhone 7防水防塵

No.3  ★ iPhone 6sとiPhone 7の違い〜パフォーマンス向上

アイフォン7と7プラスはモバイル史上最速プロセッサ64bitのApple A10 Fusion チップ+ M10 モーションコプロセッサを搭載しています。クアッドコアのうち2コアは「ハイパフォーマンス」な処理担当で、iPhone 6sより40%、iPhone 6より2倍高速になっています。ちなみに初代iPhoneに比べると120倍速いらしいです。また新たなグラフィックスチップもiPhone 6sより50%高速です。別の2コアは「高効率」担当で、要は軽めのアプリを処理してバッテリーライフ向上に貢献するとのこと。これによってLTEでのWebブラウジングはiPhone 7では12時間、iPhone 7 Plusでは13時間可能で、iPhone 6sより2時間ほど長くなっています。

No.4  ★ iPhone 6sとiPhone 7の違い〜iPhone 7防水防塵対応?

すでにAndroidでは存在している防水・防塵性能はiPhoneにも搭載してほしい人が多いでしょう。今度新しく発表されたiPhone 7/7 Plusはようやく耐水・防塵(IP67)性能を備えました。iPhoneはトイレ・プルーフになりました。もう、トイレに落としてももう大丈夫です(衛生的に気にならなければ)。
関連記事:iPhone 7/7 Plus最新情報!新機能・デザイン・スペック・発売日・価格【更新中】

iPhone 7カメラ

No.5  ★ iPhone 6sとiPhone 7の違い〜カメラ

iPhone 7・7 Plusともに光学手ぶれ補正機能と F1.8のレンズが搭載されています。多分暗いところの写真が今までよりずっっときれいに撮れるはずです。フラッシュも4つのLEDでより明るく、本来の色が捉えられるようになり、イメージプロセッサは25ミリ秒で1兆回の処理が可能とのこと。「iPhone 7 Plus」は「シングルレンズカメラ搭載モデル」と「デュアルレンズカメラ搭載モデル」と言われています。さらにiPhone 7 Plusはデュアルカメラになっていて、ひとつは広角レンズ、もうひとつは望遠レンズ搭載です。これによって2倍の光学ズームが可能になりました。またこのことで、被写界深度を狭めてボケのある写真が簡単に撮れるようになります。撮影時に「ポートレートモード」を選択すると人の顔を自動認識し、いい感じに背景がボケてくれるようです。この機能はiPhone 7 Plusに向けて、あとからソフトウェアアップデートで追加されるようです。

またiOS 10ではついにRAW形式で保存できるようになり、前面カメラはiPhone 6sの500万画素から、700万画素になりました。

No.6 ★ iPhone 6sとiPhone 7の違い〜バッテリーの持ちがアップ!

「iPhone 7」・「iPhone 7 Plus」は、バッテリー性能が大幅にアップしているようです。iPhone 7は、iPhone 6sより2時間バッテリー性能がアップ。iPhone 7 Plusは、iPhone 6s Plusより1時間バッテリー性能がアップ。性能がアップしたことにより、バッテリー性能もアップしました。

No.7 ★ iPhone 6sとiPhone 7の違い〜新色追加

「ジェットブラック」という艶ありの黒色と「ブラック」という艶消しの黒色の2色が追加された。従来の「ローズゴールド」「ゴールド」「シルバー」と合わせ、計5色となった。

Winx MediaTransダウンロード

WinX MediaTrans〜iPhone 7に機種変更する時必要となる!

★ バックアップ:手元のiPhoneからiPhone 7に乗り換える前に、WinX MediaTransで元モデルのデータをパソコンにバックアップ!

★ データ復元:新しいiPhone 7へ機種変更するなら、古い端末からのデータ復元はは、WinX MediaTransでパソコンに保存された元デバイスのビデオ/音楽が直接復元可能!

★ WinX MediaTrans一本でファイルバックアップ&復元可能!

Winx MediaTransダウンロード         Winx MediaTransダウンロード

iPhone 6sとiPhone 7の違い〜iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plusのスペック一覧

機種
iPhone 7
iPhone 7 Plus
iPhone 6s
iPhone 6s Plus
サイズ・重量
138.3 x 67.1 x 7.1 mm
138g
158.2 x 77.9 x 7.3mm
188g
138.3 x 67.1 x 7.1 mm
143g
158.2 x 77.9 x 7.3mm
192g
ディスプレイ
4.7インチRetina HD
コントラスト比1400:1(標準)
最大輝度 625cd/m2 (標準)
広色域対応(P3)
5.5インチRetina HD
コントラスト比1300:1(標準)
最大輝度 625cd/m2 (標準)
広色域対応(P3)
4.7インチRetina HD
コントラスト比1400:1(標準)
最大輝度 500cd/m2 (標準)
5.5インチRetina HD
コントラスト比1400:1(標準)
最大輝度 500cd/m2 (標準)
画面解像度
1920 x 1080 (401PPI)
1920 x 1080 (401PPI)
1334 x 750(326PPI)
1334 x 750(326PPI)
プロセッサー
Apple A10 Fusion + M10 モーションコプロセッサ (「モバイル史上最速プロセッサ」)
Apple A10 Fusion + M10 モーションコプロセッサ (「モバイル史上最速プロセッサ」)
A9、M9モーションコプロセッサー
A9、M9モーションコプロセッサー
RAM
未発表
未発表
2GB
2GB
ストレージ
32 / 128 / 256GB
32 / 128 /256GB
16 / 64 /128GB
16 / 64 /128GB
バッテリー
3G通話 24時間

3Gデータ通信 12時間
LTEデータ通信 12時間
WiFiデータ通信 12時間

音楽再生 80時間
動画再生 14時間
連続待受 384時間
3G通話 21時間

3Gデータ通信 13時間
LTEデータ通信 13時間
WiFiデータ通信 15時間

音楽再生 60時間
動画再生 14時間
連続待受 384時間
3G通話 14時間

3Gデータ通信 10時間
LTEデータ通信 10時間
WiFiデータ通信 11時間

音楽再生 50時間
動画再生 11時間
連続待受 240時間
3G通話 14時間

3Gデータ通信 12時間
LTEデータ通信 12時間
WiFiデータ通信 14時間

音楽再生 40時間
動画再生 13時間
連続待受 240時間
Touch ID(指紋認証)
センサー
3軸ジャイロ/加速度 /近接/環境光/気圧
3軸ジャイロ/加速度 /近接/環境光/気圧
3軸ジャイロ/加速度 /近接/環境光/気圧
3軸ジャイロ/加速度 /近接/環境光/気圧
メインカメラ
12MP iSightカメラ

50%明るく高速な新型センサ
12MP iSightカメラ x2
広角:f1.8
望遠:f2.8

12MP iSightカメラ
12MP iSightカメラ
動画光学手ブレ補正
光学式手ぶれ補正
×
×
防水防塵
IP67(耐塵防浸型)
IP67(耐塵防浸型)
×
フロントカメラ
7MP FaceTimeカメラ+ Retina Flash
最大5倍デジタルズーム
広色域キャプチャ
自動手ぶれ補正
7MP FaceTimeカメラ+ Retina Flash
2倍光学ズーム
最大10倍デジタルズーム

広色域キャプチャ
自動手ぶれ補正
5MP FaceTimeカメラ+ Retina Flash
最大5倍デジタルズーム
5MP FaceTimeカメラ+ Retina Flash
最大5倍デジタルズーム
カラー
ジェットブラック(一部)
ブラック

シルバー
ゴールド
ローズゴールド
ジェットブラック(一部)
ブラック

シルバー
ゴールド
ローズゴールド
スペースグレイ
ゴールド
シルバー
ローズゴールド
スペースグレイ
ゴールド
シルバー
ローズゴールド
OS
Apple iOS 10
Apple iOS 10
Apple iOS 9
(iOS 10は9月13日配信)
Apple iOS 9
(iOS 10は9月13日配信)
価格(SIMフリー版)
32GB 7万2800円
128GB 8万3800円
256GB 9万4800円
32GB 8万5800円
128GB 9万6800円
256GB 10万7800円
16GB 86,800円
64GB 98,800円
128GB 110,800円
16GB 98,800円
64GB 110,800円
128GB 122,800円

☆彡 他のiPhone 7最新情報

Appleが、トランスミッターとデバイスとの間に距離があっても充電できる、新たなワイヤレス充電技術を開発していることが明らかとなりました。2017年をめどにiPhoneへの実装が計画されています。アップルの計画に詳しい事情筋によると、同社はモバイルデバイスに組み込む新たなワイヤレス充電技術を確立するため、アメリカやアジアのパートナーと協力して、2017年に向けて開発を進めていることが分かりました。もっとも、従来の充電マット上にiPadやiPhoneを置くことで電力供給を行うような従来のワイヤレス充電とは異なり、離れた場所からも供給が可能になるシステムをアップルは開発しており、距離から生じるロスを克服するような技術的障壁を越えようとしているそうです。ただし、トランスミッターとデバイスとの距離が長くなればなるほど、エネルギーを供給する効率が低下することは避けられず、仮に実装されることになれば、iPhoneのバッテリー充電時間は従来より長くなる見込みです。2010年にアップルは「近傍磁界共鳴(near-field magnetic resonance)」と呼ばれる技術を用いて、1メートルの距離がある状態でiMacを充電ハブのように使う特許を取得しており、この延長に、数ミリメートルの空隙がありながら充電できるApple Watchがあります。したがって、今回iPhoneへの実装が計画されている新たなワイヤレス充電技術も、同特許を踏まえたものとなりそうです。しかし2017年ということになれば、ワイヤレス充電の搭載が期待されているiPhone7には間に合わず、早くともiPhone7s以降となってしまいます。なお、アップルのスポークスマンはBloombergの取材に対し、コメントを拒否しています。

☆彡 iPhone 7最新リック情報

アイフォン7が新色追加!「スペースブラック」と「ディープブルー」この2色を追加するかもしれません。

あわせて読みたい:iPhone 6s/iPhone 6s Plusの省電力術-バッテリーを長持ちさせる設定方法

☆彡 iPhone 7発売日は2016年9月16日

iPhoneのフレキシブル基板を手掛けるサプライヤーによれば、アイフォン7は6〜7月にかけて量産体制に入る予定だそうです。6〜7月に量産開始となれば、iPhone 7の発売時期は従来のiPhone同様、9月頃となります。これまで数多くの新製品情報をリークしてきた実績を持つ「リークの王様」ことEvan Blass(エヴァン・ブラス)氏は7月25日に「Just to clarify, this refers to the retail release, not the launch event. To be even more specific, it should happen on Friday, Sept. 16th.」とツイートしました。iPhone 7発売日は2016年9月16日かね。実際もそうなっています。9月9日午後4時1分予約開始、、16日発売となっています。

☆彡 iPhone 7出るまで待つべき?

iPhone 6sは買うべきか 見送るべきか?iPhone 6s発売してもう6ヶ月経ちました。iPhone 6と比べると、進化したところが少ないからまだ入手していない方はたくさんいるでしょう。一方iPhone 6sの価格は今大幅に下がりました。次期モデルのiPhone 7でるまで待つべきかと悩んでいますか。上記のiPhone 6sとiPhone 7の違いを見てすぐわかると思います。iPhone6と外見の変わらないiPhone6sシリーズと異なり、防塵・防水・防衝撃の「三防」を兼ね備え、3.5mmイヤフォンジャックの廃止、カメラ性能向上、ワイアレスイヤフォン対応、パフォーマンス大幅向上…など旧来のiPhoneから大幅な刷新されているiPhone7なだけに、期待が高まるのも致し方ないといったところでしょう。あなたはiPhone 7とiPhone 6sどっちを買いますか。

iPhone 6sからiPhone 7/7 Plusに乗り換えるデメリットあるか

強いて言うなら、新色のジェットブラックモデルは滑りやすいかもしれません。また3.5mmイヤホンジャックがなくなって、従来使っているイヤフォンがこの新アイフォン7では利用できることですね。

iPhone 7対iPhone SE比較レビュー!iPhone 7 iPhone SEどっちがおすすめ?

ご注意:ソフトをご利用になる前に国家の著作権に関する法律についてお調べになるようにお勧めする。法律の趣旨をよく理解して正しい行動をする。例えば、著作権保護の適用外になるDVDのコピーが合法的な使用法。

このページをみんなに教える!

もっと多い動画/DVD製品の情報や評判ここで検索:

iPhone 7最新記事