ソフトウェア 最新情報 & 使い方

Home > Blog >ハードウェアアクセラレーション機能を解説

ハードウェアアクセラレーションとは何か?特徴やメリット、デメリットなどを解説|初心者にも分かる

ハードウェアアクセラレーションって何?

ハードウェアアクセラレーションとは?Adobe premiere pro でビデカメMP4をflvに変換。Adobe Flash でパブリッシュ設定の時に、ハードウェアアクセラレーションの項目がありますが、何ですか?初期段階では『なし』になっていますが、『レベル1-ダイレクト』と『レベル2-GPU』とあります。これの意味はなんでしょうか?

ハードウェアアクセラレーションという言葉を聞いたことがあるか?最近ハードウェアアクセラレーション機能を搭載しているソフトがたくさん出てきて、ハードウェアアクセラレーションとは何?ハードウェアアクセラレーションを搭載しているソフトがそこが違うなのかと迷っている方がたくさんいる。そしてネットで調べていたら、なんらかの機能を通常の汎用プロセッサ (CPU) 上で動作するソフトウェア(コンピュータ・プログラム)による実装で処理したのではレイテンシやスループットが遅い、消費電力が大きい、などといった問題があるような場合に、ハードウェア実装による支援で実行速度などを加速(アクセラレーション)し、システム全体の性能や効率を向上させる技術(ウィキペディアより)。なんだか複雑で理解しにくい感じ…

だからこそ今回は、ハードウェアアクセラレーションとは何かを詳しく説明してみる。また、ハードウェアアクセラレーションメリットとデメリットなども解説する。できるだけ簡単なことばに直して、説明したり書いたりするから、ご安心ください。

※ 目次をタップすると見出しに飛ぶ:
ハードウェアアクセラレーションとは | ハードウェアアクセラレーション活用事例 | ハードウェアアクセラレーションデメリット

ハードウェアアクセラレーションとは何かを簡単に説明

ハードウェアアクセラレーション、英語はhardware acceleration、パフォーマンスを改善するために使用される様々な技術のうちのひとつ。まずハードウェアアクセラレーションの字面意味を見てみよう。

ハードウェア(hardware):本来は「金物類、金属製品」の意味で、コンピューターの分野で、ソフトウェアの対比語として、個々の物理的な機械部品(CPU、ハードディスク、ケースなど)や、それらの集合体を「ハードウェア」と呼んでいる。

アクセラレーション(acceleration):機器やシステム、ソフトウェアなどの特定の機能の性能を高め、高速に処理できるようにすること。

あわせて理解すれば、ハードウェアアクセラレーションとは、コンピューターのパフォーマンスをより高速させる技術。オンラインゲームや動画の再生のとき、プロセスを専用のハードウェアに任せることによってプロセッサに掛かる負担を軽減させ、よりスムーズに動作することができる。

ハードウェアアクセラレーション動作原理:

通常、CPUによるソフトウェアの実行では、CPUが備えるプリミティブな命令の並びで処理を実現し、その命令を逐次的にひとつずつ実行する。そしてハードウェアアクセラレーションの搭載により、特定の処理のための専用のハードウェアが設計され、そのハードウェア内では回路の並列性を生かして演算を並列に行うことで、逐次的な命令実行の場合よりはるかに高速に演算を実行する。ハードウェアアクセラレーションはCPUの仕事をお手伝い、CPU処理よりも圧倒的に速い。

関連記事:360度カメラとは?360度カメラ意味と特徴を紹介|人気360度カメラおすすめ

ハードウェアアクセラレーションの利用例

ハードウェアアクセラレーションとは何かを了解した後、どんなとき、どんな場合はハードウェアアクセラレーションが使われているのか?次はハードウェアアクセラレーションの利用例を説明する。

ハードウェアアクセラレーションの利用例1:ブラウザ

ブラウザにハードウェアアクセラレーション技術の搭載により、コンピューターのパフォーマンスをより高速させる。オンラインゲームや動画の再生など、通常より高度な処理が必要なページをロードするときなどに使っている。そして動画の再生品質も向上できる。

ブラウザでハードウェアアクセラレーションを有効化/無効化する方法

Chrome:新しいタブを開き、「chrome://flags」にアクセスして、「ハードウェアアクセラレーションによる動画デコード」を見つけ、有効にしてください(無効化もできる)。

Firefox:メニューバー右上にあるFirefoxボタンをクリックして、オプションメニューに行き、再度「オプション」をクリックしてください。そして上部にある「詳細」タブを開き、「一般」をクリックして、ハードウェアアクセラレーション機能を使用する (可能な場合) のチェックを入れると、ハードウェアアクセラレーションが有効化された。

Internet Explorer:設定(ギア)アイコンをクリックして、インターネットオプションを選択。詳細設定タブを選択して、アクセラレーターによるグラッフィクの下にある「GPUレンダリングでなく、ソフトウェアレンダリングを使用する」にチェックを外してください。 適用、そしてOKをクリック。

ハードウェアアクセラレーションの利用例2:ソフト

ブラウザーのほか、多くのソフトは、より高速でパソコンで動作するためにハードウェアアクセラレーション技術を搭載している。たとえばDVDコピー・リッピングソフト、ハードウェアアクセラレーション技術によりDVDの読み込む時間が短縮され、数分だけで大容量DVDが品質を保ったまま変換して再生できる。パソコンとドライブもより長く使えるし、DVDの寿命も伸ばされ、通常より長く保存できる。ハードウェアアクセラレーション技術はDVD分野でよく使われている。

DVDコピーソフト厳選−WinX DVD Ripper Platinum(Windows版)
DVDコピーソフト厳選−WinX DVD Ripper for Mac(Mac版)

※CSS, CRC, Sony ARccOS, UOPs, APS, RCE, ディズニーDRM, 容量偽装など最新のDVDコピーガードに対応;
※390 のプロファイルが内蔵し、DVDをMP4,WMV, M2TS,iPhone, iPad,Xperiaなどのビデオへ高質変換;
※同類製品と比較して3倍から5倍以上の速さで処理でき;※トリミング、クロップ、結合、サブタイトル追加


ハードウェアアクセラレーションとは

ハードウェアアクセラレーションとは

ハードウェアアクセラレーション デメリット:問題を起こす可能?

ハードウェアアクセラレーション機能を使用することでパソコンやソフトパフォーマンスが改善されたが、それによって問題が起こす可能性がある。(ブラウザが不具合が出るときが多くて、ソフトの場合はまだ不具合が報告されていません。)

ハードウェアアクセラレーションよりブラウザの不具合まとめ:

 動画の再生の際に、音は再生しているにもかかわらず、動画が再生しませんし、動画もモザイク化している。また 動画の白い部分がグレーに変わることがある。

 ハードウェアアクセラレーション機能はメモリ消費量が増えてしまう。

 お使いのブラウザが落ちなくなったことがある。

ハードウェアアクセラレーション が問題を起こすときはどうする?

ブラウザでハードウェアアクセラレーションを有効にしたとき不具合が出た場合、次の方法を試してみてください。まずはハードウェアアクセラレーション 無効化してみてください。(そうすると)

1、サイトを閉じる:まず閲覧している動画サイトなどを閉じて、再度アクセスしてみてください。

2、ブラウザを閉じる:問題が起こるサイトを再度アクセスした後、依然として問題が解決されない場合、お使いのブラウザを閉じて再びアクセスしてみるか、他のブラウザを使ってみてください。

3、ハードウェアアクセラレーション 無効化:それにしても問題が起こる?こんな場合、ハードウェアアクセラレーションを無効化してください。(そうすると、動画がスムーズに再生できないこともあるから、この方法を最後に使ってください。)

ハードウェアアクセラレーションとは

ハードウェアアクセラレーションで動画変換を高速化、高画質に!

ハードウェアアクセラレーション対応の動画変換ソフト〜WinX HD Video Converter Deluxe
このソフトはCPUの負荷を減らしながら、GPUを利用して、元の画質や音質の劣化を最小限におさえ、超高速で動画変換できます。それに、動画の簡単編集や動画ダウンロードの機能も搭載しています。

ハードウェアアクセラレーションとは
ハードウェアアクセラレーションとは
WinX HD Video Converter DeluxeはBDAV, M2TS, AVCHDなどのマルチトラックのビデオ形式も完璧に対応できます.その他,動画をダウンロードする機能も持ちます.YouTubeなどのサイトから動画を保存(変換、再生)でき,動画をすべてのAndroidデバイスWindowsフォンに変換用出力プリセットもあります. -Rick (CNET エディタ)

このページをみんなに教える!

もっと多い動画/DVD製品の情報や評判ここで検索:

ホーム | 会社情報 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 合意書 | ニュース | お問い合わせ | 人気記事

Copyright © 2019 Digiarty Software, Inc. All rights reserved

Apple、Appleのロゴ、Mac® 、iPhone® 、iPad® 及びiTunes® などはAppleInc.の商標であり、米国およびその他の国で登録されたものです。DigiartySoftwareがAppleInc.と開発または商業提携をしていません。