ソフトウェア 最新情報 & 使い方

Home > Blog > アイフォン6s 不具合まとめ

iPhone 6s不具合が発生!原因と対処方法は?

iPhone 6s不具合報告が続々

「iPhone 6s」へ買い換えた皆さん、購入したiPhone 6sの調子はいかがでしょうか。2015年9月9日(日本時間9月10日)のApple新製品発表会で新型iPhoneとなる「iPhone6s」が発表された。そして2015年9月25日に正式に発売された。 iPhone 6sは、最新iPhoneモデルとして、さまざまな新機能を備えている一方で、iPhone本体の機能やiOS・アプリの動作に不具合があるのも事実である。ここでさまざまなiPhone 6s評価からiPhone 6s不具合をまとめてご紹介する。

★ 現在ご覧になっているページはiPhone 6sについてのページです。iPhone 7についてのはこちらを御覧ください >> ★

iPhone 6s不具合その1:iPhone 6s 発熱

「iPhone 6s、ちょっと使っただけで機体がめちゃくちゃ熱いので怖い」「初期不良?充電しても起動しないし、ホームボタンが凄く熱い」「Touch ID」が触れないほど発熱のような声がSNSなどであちこち出てくるiPhone 6s が4K動画の撮影機能が追加されているが、iPhone 6s 発熱に伴いカメラのフラッシュが使用できない不具合が発生する可能性がある。そしてiPhone 6sのホームボタンが発熱してしまい、指紋認証ができない状況も時々発生する。また、何よりも困るのはiPhone 6s 発熱の不具合により電池残量が急速に減っていてしまうことである。iPhone 6s 発熱に出会った場合はどうする?一、iPhone 6sを再起動してみてください。強制再起動してiPhone 6s熱いというiPhone 6s不具合を少しでも解消できる。二、同時いくつかのアプリを起動していたらiPhoneが熱くなりやすいから、不必要のタスクを削除してみてください。三、iPhone 6sを保護するために、90パーセントの人はiPhoneカバーを使っているでしょう。しかし、市場では熱が逃げにくいカバーが多いから、iPhone 6sカバーを買うとき、熱が逃げやすいものを選択するようご注意してください。四、iPhone 6s熱いというiPhone 6s不具合がすっごく深刻になって、どんな対策でも解消できないなら、Apple Storeのサポートチームへ連絡する必要がある。

ヒント:iPhone 6sホームボタン熱い!iPhone 6sのTouch IDセンサーが触れないほど発熱ひどい対処法

iPhone 6s不具合その2:iPhone 6s電源落ちる

iPhone 6sだけでなく、iPhone 6s Plusユーザーのにより、充電完了したばかりあるいはバッテリー残量があるのに、端末の電源が突然落ちるというう不具合が出てくる。大切なイベントがある日はiPhone 6s電源落ちのせいで、事前設定しておいてアラームが鳴らなかったという不都合が出ている。また、スクリーンがオフの状態で電話が鳴ったとき、着信音が鳴り続けたばかり、スクリーンは暗いままでタッチパネルも反応せず、電話に出ることはできない。そしてホームボタン+電源ボタンを10秒以上押してiPhone 6sを強制再起動するとき、ホームボタンが非常に熱くなってしまう。こんな時、マルチタスクの終了をしてみてください。また、iPhone 6sをリセットする穂とも一つの方法である。しかし凶器の方法を試した後iPhone 6s電源落ちというiPhone 6s不具合発生しつつあるなら、お手持ちのiPhone 6sのハードに問題が存在する可能性が高いから、Appleのサポートセンターに持っていて修理するほうがいい。

iPhone 6s不具合その3:iPhone 6sバッテリー持ちが悪い

iPhone の最新モデルiPhone 6s/6s Plusであるが、バッテリー容量がiPhone 6/6 Plusよりも低いということもiPhone 6sデメリットである。iPhone 6の1810mAhと比べ、 iPhone 6sの1715mAh は5%ほど劣った。iPhone 6sは1200万画素の背面カメラを搭載し、4K解像度のビデオ撮影にも対応しているから、iPhone 6sのバッテリー持ちが悪い状況になった。iPhone 6sバッテリー持ちが悪いというiPhone 6s不具合に出会った場合は、一、iPhone 6s画面の明るさを調節する。画面が明ければ明るいほど電池残量が減り速いものである。二、必要の無いアプリの通知はOFFにする。通知が多いほど消費電力が増えるので、通知が不要なアプリがあれば、通知機能をオフにしてみてください。三、iOS9はiPhoneの電池持ちを長くできる「低電力モード」を搭載しているから、「低電力モード」に設定することにより、iPhone 6sバッテリー持ちを最大3時間ほど長くすることが可能である。

ヒント:iPhone 6sの省電力術-バッテリーを長持ちさせる設定方法

iPhone 6s不具合その4:iPhone 6s 3D Touch不具合〜3D Touchが動作しない

「iPhone 6sは本当にタップの反応悪いね」と一部ユーザーは「3D Touch」が正しく動作できないというiPhone 6s不具合を報告している。iPhone 6sが搭載されている3D Touchは画面を強く押すとショートカットメニューが表示されたり、選択した項目がポップアップしたりする機能である。3D Touchの操作は誰でもすぐに使いこなせるほど簡単である。しかしながら、なかなか思ったように操作できないと感じることがあるでしょう。iPhone 6s 3D Touch不具合にあった時、まずiPhone 6sを再起動してみてください。また設定で「3D Touch」の感度を調節することにより改善できるかもしれない。「設定」>「一般」>「アクセシビリティ」>「3D Touch」へと進むと、「3D Touchの感度」を3段階から選択できる。もう一つのことは、国や地域によってはiPhone 6s一部の機能を利用できない場合もある、3Dタッチが起動できるアプリはiPhoneに最初から入っているアプリのみであるから、自分でダウンロードしたアプリは3D Touchは作動しないとのことをご注意してください。

ヒント:iPhone 6sに保護フィルムを貼ったら、3D Touch機能が上手く動作しますか

iPhone 6s不具合その5:iPhone 6sツムツム不具合

「iPhone 6sでツムツムを行うといろいろな不具合があり、まともにゲームが出来ないようです」多くのユーザーはiPhone 6sでツムツムを行った場合、ルビーやハートコインなどの購入画面が表示されない、メールボックスから受け取りできない、ハートが送れない、受け取れない、マイツムが変更出来ない、基本的にタップする行動すべてが鈍いというiPhone 6s不具合が常々発生する。ios9のせいかなあと思っている人が多いでしょう、しかし、iPhone6からios9にバージョンアップした方は上記の問題とであったことがない。だから、iPhone 6sツムツム不具合は完全にiPhone 6sまたiPhone 6s Plusだけで起こるとのことが明らかになった。iPhone 6sでツムツムを行わないのか?心配しないで、iPhone 6sツムツム不具合に出会ったユーザーにより、設定の[一般]→[アクセシビリティ]→[タッチ調整]でタップ補助を“タッチ開始位置を使用”にチェックタップ補助ジェスチャ開始までの時間を”0.10秒”に設定することによりツムツム内のタッチ反応が良くなる傾向があるそうである。

iPhone 6s評価の中6s 不具合が発生する報告が続々が、iPhone 6sの安全性と操作性などから言うと同期のAndroid機種はとても及ばない。 iPhone 6sデメリットとiPhone 6sメリットを客観的に考えば、やはり iPhone 6sへの買い換えが間違いないのである。CPUにはA9チップ、2GBのメモリを採用し、処理速度も大幅に向上させる!また感圧タッチセンサー「3D Touch」に対応したディスプレイも採用されるところが今までのiPhoneと異なっている。苦労してやっと手に入れたiPhone 6sを最大限に活用しなければ、もったいないでしょう。特にDVD鑑賞好きな方にとって、どうやってDVDをiPhone 6sに取り込む、iPhone 6sでDVDを再生できるか一番関心を持っている。アイフォン6s 不具合とiPhone 6sデメリットを分析した後、次はDVDをiPhone 6sに取り込む方法を皆さんに紹介する。

WinX MediaTrans

iTunesを使わず、簡単でiOS端末ファイル・データ管理できるアプリ

iOSデータ転送アプリ〜WinX MediaTrans -iPhone, iPad, iPod, iTunesとコンピュータの間で、音楽転送、動画転送、写真転送、あなたのiPhone/iPad/iPodのデータを自由に転送できます!

WinX MediaTrans

【朗報】iTunes 代替ソフトでiPhone / iPod / iPadのデータを同期する方法の説明

まずこのページにある「無料ダウンロード」ボタンをクリックして、WinX MediaTrans ダウンロード&インストールしてください。WinX MediaTrans日本語化され、日本のユーザが快適に簡単に使えるようになった。WinxにもMacにも対応している。(WinX MediaTransダウンロード・インストール方法 >>)

WinX MediaTransでiPhone / iPod / iPadのデータを同期

ステップ1.  WinX MediaTransを起動します。
P.S. WinX MediaTransを起動する度に、最新バージョンをチェックします。もしご利用のバージョンが最新版でない場合、WinX MediaTrans最新バージョンにアップデートすることをおすすめします。WinX MediaTransが最新機能の追加や、バグ修復、最新OS対応など、色々改善して更新したから、最新バージョンをご利用ください。

ステップ2. USBケーブルを通して、お使いのiPhoneをパソコンに接続します。iOSデバイスを初めてパソコンに接続する場合、「このコンピューターを信頼しますか」と出てきます。「信頼」をクリックすればいいです。

ステップ3. そしてWinX MediaTransが自動的に機能主界面に入ります。中央にある5つのボタンがあって、写真転送、音楽管理、ビデオ、USBメモリー、設定です。ご自分自身のニーズによって、選択してください。
WinX MediaTrans音楽管理>>>
WinX MediaTransビデオ同期>>>
WinX MediaTrans写真転送>>>
WinX MediaTrans USBメモリー>>>

ご注意:WinX MediaTrans体験版(ライセンスコード未登録)なら、毎日、30のビデオがiPhoneに取り込むことができます。使用数がポップアップしたら、「次へ進む>>」をクリックすればいいです。

このページをみんなに教える!

もっと多い動画/DVD製品の情報や評判ここで検索: