>

ソフトウェア 最新情報 & 使い方

Home > Blog > Galaxy S7 VS Xperia X Performance VS iPhone 7

iPhone 7とGalaxy S7とXperia X Performance比較:2016最強スマホはどれ?

iPhone 7とGalaxy S7とXperia X Performance比較:あなたはどれを選ぶ?

2月22日スペイン・バルセロナにおいで開催したMobile World Congress 2016でスマートフォン新製品が続々と発表された。そして今回のMWCで、サムスンは噂の通りに、前から注目された5.1インチのGalaxy S7と両側面湾曲画面の5.5インチのGalaxy S7 edgeこの2機種を発表した。それに対して、iPhone Galaxy と並ぶ、世界中で高人気を持っているソニーXperiaは予想通りにXperia Zシリーズの次期モデル Xperia Z6を発表する代わりに、新ラインナップ Xperia Xシリーズを発表した。そして日本で発売されるのがXperia Xシリーズ最上位のXperia X Performanceしかない。では、新しい機種へ買い換えたい方はGalaxy S7とXperia X Performanceどっちを選ぶべきか決まったの?おまけに、世界中で最も広く使われているアップル製品のひとつとして、今年9月にてiPhone 次期モデルiPhone 7を発表する予定であるから、Galaxy S7とXperia X Performanceへ買い換えるかあるいはiPhone 7まで待つか、ずいぶん迷っているでしょう?次は、Galaxy S7とXperia X PerformanceとiPhone 7比較し、Galaxy S7 VS Xperia X Performance VS iPhone 7の最強者を見てみましょう!

※ 目次をタップすると見出しに飛ぶ:
Galaxy S7とXperia X PerformanceとiPhone 7比較:特徴Galaxy S7とXperia X PerformanceとiPhone 7比較〜スペックGalaxy S7とXperia X PerformanceとiPhone 7比較:違い

Galaxy S7とXperia X PerformanceとiPhone 7比較:Galaxy S7 VS Xperia X Performance VS iPhone 7特徴一覧

Xperia X Performance S7

Galaxy S7 VS Xperia X Performance VS iPhone 7〜Galaxy S7特徴

防水、最高級のバッテリー性能に誇っているギャラクシーS7は今までサムスン最高級性能スマホといえる。Galaxy S7ディスプレイも解像度もGalaxy S6と同じく5.1インチで、1,440×2,560ピクセルで、基本的なデザインは前代Galaxy S6と比べあまり変わらないが、性能の面から言うと大きく進歩した。まず、SDカード復活。「Galaxy S7」においては、「microSDカード」が “復活” し、本体上端にトレイ形式のSIMカードとmicroSDカードのスロットがある。そして、防水・防塵機能が復活。ギャラクシーS7は最高級「IP68」の性能を持つ、IP6防塵では粉塵が完全に内部に侵入しない。また、IP8防水は完全な密閉状態であり、水の下でも使用可能。だから、うっかりギャラクシーS7を水に落ち込んでも平気。これはGalaxy S7へ買い換えたい一番の理由となる。また、ギャラクシーS7カメラは史上初の「デュアルピクセル」イメージセンサーを搭載したから、ピント合せがiPhone 6sよりもっと高速で、暗所でカメラを起動しても明るい写真が撮影可能。とにかくおそらく多くのユーザーが求めていたものはGalaxy S7すべて搭載しているといえる。Galaxy S7とXperia X Performanceどっちを選択すべきか、次は一緒にXperia X Performance特徴を見ましょう。

関連記事:Galaxy S8とGalaxy S7の違いを比較:最新スマホGalaxy S8はどこがどう進化した?

エクスペリアX PerformanceとGalaxy S7

Galaxy S7 VS Xperia X Performance VS iPhone 7〜Xperia X Performance特徴

MWC でソニーはXperia X、Xperia XA、Xperia X Performance3機種を発表した。そしてXperia X PerformanceはXperia Z6(噂)の代わりに、2016ソニー社の最上位の機種となり、ソニーは日本でXperia X Performanceだけ発売する予定である。Xperia X Performance最大の特徴といえば、やはりクアルコムの最新ハイエンドプロセッサ Snapdragon 820を採用する点である。Xperia Z5の搭載Snapdragon 810より、Snapdragon 820のほうが性能が2倍向上し、Xperia Z5の発熱問題を解決できる。そしてXperia Xシリーズ唯一防水機能がかかっている機種として、Galaxy S7と同様に水の下でも使用可能。この面から言うと、エクスペリアX PerformanceとGalaxy S7は決着がつかない。そして、Xperia X PerformanceはXperia Z5からの指紋センサー機能も搭載している(Xperia XA搭載していない)。カメラの面では、Xperia X Performanceの背面カメラは2300万画素、前面カメラは1300万画素で、Galaxy S7とXperia X PerformanceとiPhone 7比較した後、やはりXperia X Performanceの勝ちである。

>>Xperia X Performance発売日はいつ? Xperia X Performanceスペックは?

iPhone 7 大きさ

Galaxy S7 VS Xperia X Performance VS iPhone 7〜iPhone 7特徴

Galaxy S7、Xperia X Performanceに続く、アイフォン7発売日は2016年9月16日となる。アイフォン7 最新情報をまとめてみた。iPhone 7の大きな特徴となるのが、防水・防じん性能を備えた本体。保護等級は「IP67」というグレード。防じんに関しては「チリの侵入がない」ことを示す保護形式「6」が、防水に関しても30分間水中に放置しての試験をパスする「7」の数字が与えられる、強力な性能。そしてはiPhone 7 大きさ。iPhone 7は依然としてiPhone 6sと同様の4.7インチ、iPhone 7 PlusはiPhone 6s Plusと同じ5.5インチで、ゴールド、シルバー、ローズゴールドが備えているほか、新色の光沢系の黒「ジェットブラック」と、光沢を抑えた「ブラック」の2色を加えた。そしてiPhone 7でiPhone 6sのアンテナ線が消失かもしれない。今まで多くのiPhoneユーザーに嫌われた背面を線上に走るアンテナがなくなり、より簡潔な外観になっている。カメラの面では、前回のiPhone 6sは初めてもとの800万/120万画素から1200万/500万画素へ増加したから、今回のiPhone 7も1200万/500万画素を保つ。しかし、これはiPhone 7のカメラは何も進化することがないとはいえない、iPhone 7 Plusでデュアルカメラが採用されるかもしれない。そしてこの点からiPhone 7とXperia X Performance比較すると、やはりiPhone 7のほうがいい。でもXperia X Performanceの2300万画素も軽視できない。

関連記事:【iPhone 7とXperia XZ 比較】Xperia XZとiPhone 7の違いは?買うならどっちを選ぶ!?

Galaxy S7とXperia X PerformanceとiPhone 7比較

【iPhoneユーザ必見!】iPhone 7に乗り換えるまでに必要不可欠なツール


ーー「WinX MediaTrans」がiPhoneを機種変更する時、データ移行の時に役立つ超便利なソフト!
新しいiPhoneを買う前に準備できることがある。機種変更で欠かせないのが、古いiPhoneから新しいiPhoneにデータを移す作業である。古いiPhoneに入っているデータをバックアップすれば、新しいiPhoneに移せるようになる。1クッリクで古い端末から新しいiPhoneにデータを移行できるソフトWinX MediaTransは超便利だ。

WinX MediaTransダウンロードWinX MediaTransダウンロード

iPhone 7とGalaxy S7とXperia X Performance比較〜スッペく一覧

機種

Galaxy S7

Xperia X Performance

iPhone 7

ディスプレイ・サイズ

5.1インチ
69.5 × 142.5 × 7.9 ~ 8.7mm(152g)

5.0インチ
71.12 × 144.78 × 7.62mm(164g)

4.7インチ
67.1 x 138.3 x 7.1mm(138g)

プロセッサー

Snapdragon 820 (2.15GHz+1.6GHz、クアッドコア)
オクタコア 2.3GHz+1.6GHz

Snapdragon 820 64bit クアッドコア

Apple A10 Fusion
M10 モーションコプロセッサ

OS

Android 6.0

Android 6.0

Apple iOS 10

RAM

4GB

3GB

2GB

ストレージ

32GB/64GB

32GB

32GB/128GB/256GB

バッテリー容量

3000mAh

2700mAh

3000mAh

指紋認証

×

SDカード

◎(最大200GBまで対応)

×

メインカメラ

約1200万画素
F値1.7 デュアルピクセルセンサー OIS対応

2300万画素

1200万画素

フロントカメラ

500万画素

1300万画素

500万画素

カラー

ホワイトパール、ブルートパーズ
ブラックサファイア、ゴールドプラチナ

ブラック・ローズ
ゴールド・ホワイト

ゴールド、シルバー
ローズゴールド、ジェットブラック、ブラック

防水・防塵

発売日

日本での発売日不明
海外では3月11日に発売

2016年6月

2016年9月16日

本体価格

32GB:650ドル(約7万3000円)

7万3447円

32GB:7万2800円(税別)
128GB:8万3800円(税別)
256GB 9万4800円(税別)


関連記事:iPhone 7最新情報iPhone 7とiPhone SEの違いiPhone 7とXperia XZ 比較iPhone 7とHUAWEI P9の違い

Xperia X Performance ギャラクシーS7 iPhone 7比較:Xperia X Performance ギャラクシーS7とiPhone 7の違いはどこにあるか?

Galaxy S7とXperia X Performanceどっち

カメラ性能

Galaxy S7の画素数は1200万画素(Galaxy S6は1600万画素)は減っているが、カメラが大幅に強化されており、とくに暗い場所での撮影に強くなっている。レンズはf/1.7(Galaxy S6はf/1.9)と明るいレンズで光学式手ぶれ補正に対応。センサーの受光素子の面積は56%大きくなって感度が向上している。そして初めて搭載しているデュアルカメラで撮影された写真は、グラスの輪郭やビールの質感、背景の壁も鮮明なのがわかりやすい。エクスペリアX PerformanceとGalaxy S7比べ、デュアルカメラ搭載していないが、2300万画素/1300万画素は「Predictive Auto Focus」を新たに導入。これは被写体の動きを予測し、予測した地点にフォーカスを合わせることでAFを高速化する技術で、カメラ機能は強化された。アイフォン7もGalaxy S7と同様にデュアルカメラを搭載していて、画質をデジタル一眼レフカメラレベルに引き上げる。そしてアップルは背景ぼかしや視差画像、3D画像キャプチャーなどの効果を可能にするマルチアパーチャー技術の会社Linxを買収したから、iPhone 7のカメラ機能も今まで最強のレベルとなる。

関連記事:2016人気カメラアプリおすすめ〜iPhone、Androidともに対応!

プロセッサ

プロセッサの面から言うと、 Galaxy S7とXperia X PerformanceどっちでもSnapdragon 820を搭載していて、 iPhone 7最新リーク情報によると、A10プロセッサをiPhone7に搭載されると目されている。皆さん知っている通り、この前のXperia Z5の欠点といえば、やはりその発熱問題である。Xperia Z5はXperia Z4と同様にSnapdragon 810を搭載している。 Snapdragon 810は快適な操作の一方、大幅な性能アップを行ったために本体が熱くなってしまう。それはSnapdragon 810を搭載しているスマホが発熱の原因である。そして今回 Galaxy S7とXperia X Performanceの搭載しているSnapdragon 820は大きく改善され、Snapdragon 810の発熱問題を解決できる。そしてアイフォン7のA10プロセッサはマルチスレッド処理性能を向上させる。

防水防塵対応

2016MWCでソニーXperiaとサムスンの公開した映像から見ると、Galaxy S7とXperia X Performanceどっちでも防水防塵機能を備えている。Xperia Zシリーズは3機種を発表したが、防水・防塵は最上位モデルの「Xperia X Performance」のみ施されている。そしてギャラクシーS7はIP6防塵では粉塵が完全に内部に侵入しない。また、IP8防水は完全な密閉状態であり、水の下でも使用可能。だから、うっかりギャラクシーS7を水に落ち込んでも平気。そして、Androidでは存在している防水・防塵性能はiPhoneでどうなるかわからないが、次期のiPhone 7が防水防塵に対応という噂が広まっている。iPhone 7まで待ちましょうか。現時点防水防塵機能を持っている機種を選択したい方は、エクスペリアX PerformanceとGalaxy S7を選択してください。

iPhone 7最新情報によると、 iPhone 7の大きな特徴となるのが、防水・防じん性能を備えた本体。保護等級は「IP67」というグレード。防じんに関しては「チリの侵入がない」ことを示す保護形式「6」が、防水に関しても30分間水中に放置しての試験をパスする「7」の数字が与えられる、強力な性能。

バッテリー

Galaxy S7は3000mAh、Qi(チー)規格とPMA規格に準拠する非接触充電に対応している。急速充電はUSB端子では「Quick Charge 2.0」に、非接触充電ではQiの高速充電にそれぞれ対応している。本体内部に水分を含むヒートパイプを装備しており、処理の大きい処理が連続する状況でも発熱を抑えている。なお、ゲームアプリの処理速度を抑えることでバッテリー消費を減らす機能を搭載している。Xperia X Performanceは2700mAhで、Quick Charge 2.0による急速充電ができ、10分の充電で5.5時間が使える。アイフォン7 最新情報によると、iPhone 7のバッテリー容量は6sの2750mAhから3000mAhへ増加する。4K録画対応になったことでより多くの容量が必要となってきているので、アイフォン7で容量を増加する必要がある。

関連記事:iPhone 6/iPhone 6sの省電力術-バッテリーを長持ちさせる設定方法

エクスペリアX PerformanceとGalaxy S7

WinX MediaTrans〜iPhone 7に機種変更する時必要となる!

★ バックアップ:手元のiPhoneからiPhone 7に乗り換える前に、WinX MediaTransで元モデルのデータをパソコンにバックアップ!

★ データ復元:新しいiPhone 7へ機種変更するなら、古い端末からのデータ復元はは、WinX MediaTransでパソコンに保存された元デバイスのビデオ/音楽が直接復元可能!

★ WinX MediaTrans一本でファイルバックアップ&復元可能!

Winx MediaTransダウンロード         Winx MediaTransダウンロード

【朗報】iTunes 代替ソフトでiPhone / iPod / iPadのデータを同期する方法の説明

まずこのページにある「無料ダウンロード」ボタンをクリックして、WinX MediaTrans ダウンロード&インストールしてください。WinX MediaTrans日本語化され、日本のユーザが快適に簡単に使えるようになった。WinxにもMacにも対応している。(WinX MediaTransダウンロード・インストール方法 >>)

WinX MediaTransでiPhone / iPod / iPadのデータを同期

ステップ1.  WinX MediaTransを起動する。
P.S. WinX MediaTransを起動する度に、最新バージョンをチェックしてください。もしご利用のバージョンが最新版でない場合、WinX MediaTrans最新バージョンにアップデートすることをおすすめします。WinX MediaTransが最新機能の追加や、バグ修復、最新OS対応など、色々改善して更新したから、最新バージョンをご利用ください。

ステップ2. USBケーブルを通して、お使いのiPhoneをパソコンに接続します。iOSデバイスを初めてパソコンに接続する場合、「このコンピューターを信頼しますか」と出てくる。「信頼」をクリックすればいい。

ステップ3. そしてWinX MediaTransが自動的に機能主界面に入る。中央にある5つのボタンがあって、写真転送、音楽管理、ビデオ、USBメモリー、設定。ご自分自身のニーズによって、選択してください。
WinX MediaTrans音楽管理>>>
WinX MediaTransビデオ同期>>>
WinX MediaTrans写真転送>>>
WinX MediaTrans USBメモリー>>>

ご注意:WinX MediaTrans体験版(ライセンスコード未登録)なら、毎日、30のビデオがiPhoneに取り込むことができる。使用数がポップアップしたら、「次へ進む>>」をクリックすればいい。

WinX MediaTrans         WinX MediaTrans

このページをみんなに教える!

もっと多い動画/DVD製品の情報や評判ここで検索: