ソフトウェア 最新情報 & 使い方

Home > Blog >360度カメラ意味を説明

360度カメラとは?360度カメラ意味と特徴を紹介|人気360度カメラおすすめ|360度カメラレビュー

話題の360度カメラ、どこがすごい?

以前までは持っているだけで珍しがられるような製品の360度カメラ、いつの間にか、私たちの日常に浸透して、360度動画を簡単に撮影できるカメラもたくさん登場していた。特に最近InstagramをはじめとするSNSでも、旅行先や日頃の風景を360度写真に収めて、撮影した写真をSNSに投稿して体験を共有したい人が増えてきた。一方、360度カメラがたくさん開発されたが、何から始めれば良いかわからない人も多いし、そもそも360度カメラというものは何にかよくわからない人もたくさんいる。だから今回は、360度カメラの基礎知識をまとめて紹介する。そして今一番はやっている360度カメラおすすめしたい。

※ 目次をタップすると見出しに飛ぶ:
360度カメラとは | 360度カメラと360度カメラアプリの違い |  360度カメラ 比較・おすすめ

360度カメラ何?どこが特別なのか??


360度カメラとは

360度カメラとは、その名の通り上下左右全方位の360度パノラマ写真が撮れる撮影装置のこと、「全天球カメラ」とも呼ばれている。通常、360度パノラマ画像を作成したいなら、ある一点から全方位の写真を数十枚撮影して、コンピュータ上で合成処理する必要がある。これに対して、360度カメラは複数のレンズで撮影し、つなぎ合わせること(スティッチ)で360度すべての景色を画像や動画にすることができ、一度の撮影でパノラマ画像が作成できるところがその特徴になる。
スティッチ:360度写真を合成するときに画像を貼り合わせること。

360度カメラの発展
通常、360度カメラは全天球の撮影ができるデバイスとしてリコーやサムスンなどからが発売されているという印象があるが、今後、一般消費者向けにVRカメラという新たな機能を持つ360度カメラが登場する。
VRカメラ:VRとは、VR体験者の身体に特定の機器を装着した後、コンピュータにより合成した映像・音響などの効果により、3次元空間内にVR体験者の身体が投影され、本当にその空間への没入感を生じる技術。VRで見ると立体的に見えるのが特徴なことからVRカメラと呼称している。立体的に見えると、通常の360度カメラ以上に「その空間にいる」と錯覚してしまう没入感のある写真、動画撮影が可能。

関連記事:【VRとは?】3分でわかる!VR特徴|VR活用例|VRとARの違いなどを徹底解説

360度カメラと360度カメラアプリの違いは?

以前360度写真や動画を撮影したいなら360度カメラを使わなければならないが、スマホの発展につれて、アプリさえ入れればスマホだけでも自分の周囲をぐるっと360度パノラマで撮影できる。では、360度カメラと同等の機能を実現できる360度カメラアプリ出現した後、360度カメラは存在する必要はないのか?360度カメラと比べ、どこが違うのか?

スマホで360度動画を撮影することが便利が、次の欠点がある。
1、動画は撮影できません。
2、スマホに搭載された一般的なカメラを用いる以上、ガイドに従って360度写真を1枚ずつ撮影する必要がある。
3、撮影した画像をGoogleストリートビューのように閲覧する場合はデバイスメーカーが提供している専用のアプリを利用する必要がある。

360度カメラの基礎知識、360度カメラと360度カメラアプリの違いをよくわかったのか?次は、2017年人気の360度カメラおすすめする。

360度動画

知らないと損!360度VR動画をYouTubeからダウンロード方法!

Youtube,Facebook,Discoveryvr,VRideoなどから360度動画をダウンロードできるソフトWinX YouTube Downloader。超すごい360度VR動画を楽しめましょう!

全天球カメラ

2017人気360度カメラおすすめ

今のところ、360度カメラはたくさん販売され、どの360度カメラを買うべきか迷っている人が多い。ここで今人気の360度カメラ 比較した後、評価のいいものを選らんで紹介する。

360度カメラ 比較

360度カメラおすすめ2017〜RICOH THETA S

発売日: 2017年 9月15日
価格帯:\50,590〜\59,551
タイプ : 全天球    撮影時質量 : 約125g
静止画品質 : 5376×2688    動画品質:Full HD 30fps(最大25分)
内蔵メモリ: 8GB    記録可能時間:動画30分・写真260枚
Wi-Fi対応:○

評価:RICOH THETAシリーズの代表的なモデルで、知名度も普及している。RICOH THETAの一番の良さは、その扱いの手軽さにあげるから、360度カメラの初心者でも簡単に360度写真や動画を撮影できる。映像を保存するためのSDカード等もいらないので本体を購入すればすぐに撮影ができるのでとても便利。そして、スマホアプリの完成度も高く、撮影後は簡単にスマホからSNSへアップが可能。旧製品のRICOH THETA m15と比べても高画質で、撮影範囲の広い360度でありながらキレイな画質での撮影が可能となっている。360度カメラの初心者に一番この360度カメラおすすめしたい。

リコー360度カメラ

360度カメラおすすめ2017〜RICOH THETA V

発売日: 2017年 9月15日
価格帯:\50,590〜\59,551
タイプ : 全天球    撮影時質量 : 約121g
静止画品質 : 5376×2688    動画撮影サイズ:3840x1920、4k対応
内蔵メモリ:19GB    撮影枚数:300枚
Bluetooth/Wi-Fi対応:○

評価:リコー360度カメラは元祖360度カメラといえる。RICOH THETA Vは、RICOH THETAシリーズのフラッグシップとして2017年9月に発売された。外観や構造は他のTHETAシリーズと大きく変わりませんが、ソフトウェアや機能面で様々な改善点が見られる。この前のTHETA SC、THETA Sと比べ、静止画画像解像度は同じの5376x2688ピクセルだが、画像処理が従来のコンデジベースから一眼ベースとなり、露出精度やホワイトバランスのアルゴリズムが一新された。動画撮影の性能が大きくあがり、4K 30fps撮影ができるのに加えてライブストリーミング機能が搭載されている。またスマホとの連携にも改善され、Wifi接続のほか、Bluetoothとの常時接続にも対応でき、SNSへのアップロードまで可能になる。

360度カメラ 比較

360度カメラおすすめ2017〜Samsung Galaxy Gear 360(2017)

発売日: 2017年 6月 1日
価格帯:\31,301〜\32,596
タイプ : 全天球    撮影時質量 : 約130g
静止画品質 : 5472×2736    動画撮影サイズ:4096×2048(24fps) 4K対応
メモリ:microSDカード    Wi-Fi対応:○
備考:防滴(IPX3)/防塵(IP5X)

評価:2016年中頃に登場したGear360の後継機種の製品。長い録画時間がその特徴。見た目はむちゃくちゃ愛らしく、効果音も可愛い。画質は十分なレベルなので、これまでの360度カメラと比べてもかなり高いコスパの製品。長時間持続するバッテリー、256GBまでのSDカードを使える点、PCと接続してライブストリーミングに使えるという点も拡張性という観点からSamsung Galaxy Gear 360は優れた商品。RICOH THETAと比べた場合、アプリの完成度が若干劣るが、2万円代で購入できるコスパも魅力的で、機能面もそれなりにまとまっており総合力高めの商品といえる。

360度カメラ意味360度写真360度カメラ

360度動画をダウンロードしたい!

オススメの最適なソリューション:
WinX HD Video Converter Deluxeーー無劣化・高速に360度動画をダウンロードできるだけでなく、人気デバイスへ取り込んで再生することも可能!

360度カメラ 360度カメラ
WinX HD Video Converter Deluxeスキだ!私のニーズによって出力フォーマットや解像度を設定できます、これは私にとって一番いいところです。-ミミ子 (WinX YouTube Downloaderのユーザー様)
360度カメラとは

360度カメラおすすめ2017〜Nikon KeyMission 360

発売日:2016年10月28日
価格帯:\56,871〜\65,970
タイプ : 全天球    撮影時質量 : 約198g
静止画品質 : 7744×3872(30M)    動画解像度: 3840×2160(4K UHD)
メモリ:microSD(256GBまで)    記録可能時間:動画70分・写真230枚
耐環境性能: 防滴・防塵・耐衝撃・耐低温

評価:Nikon KeyMission 360は、ニコンが2016年10月に発売する新しい全天球カメラ。画質は、撮像素子が1/2.3 CMOS、レンズの明るさが、F値2.0というスペックで、この点だけみるとリコーと同等のスペックですが、撮像素子が、条件の悪い場所での撮影に強い裏面照射型なので、スペック上、リコーよりも上位。他社製品はバッテリー交換できない、内臓メモリでのみ保存可能などがあるが、Nikon KeyMission 360度カメラはバッテリー交換ができ、給電しながらの撮影もできる。外観から見ると、KeyMission 360の質感はとても良く、ニコンらしい高級感がある。ただし、一般的なアクションカメラをイメージするとかなり大きくて重いと感じる。

360度カメラ 比較

360度カメラおすすめ2017〜INSTA360 Nano

発売日:2016年 8月18日
価格帯:\21,415〜\27,000
タイプ : 全天球    撮影時質量 : 約73g
静止画品質 : 3040×1520    動画撮影サイズ:3040×1520(30fps) 3K対応
メモリ:microSD(64GBまで)    記録可能時間:1時間
耐環境性能:なし

評価:INSTA360 Nanoは、iPhoneのライトニング端子に、カメラ本体を差し込むことで、現在カメラが写している映像を、iPhoneの液晶ディスイプレイでリアルタイムに確認しながら撮影をすることができる360度カメラ。撮影用のCMOSセンサーには、SONY製のものが採用され、カメラとしての機能も高く、3Kまでの画質で撮影することができる。またiPhoneとは別に、カメラ本体内部に800mAhのバッテリーを内蔵しているため、iPhoneのバッテリーを無駄に消費することなく撮影することが可能。一方、iPhone以外のユーザーは本機種のフルスペックを楽しめない、という点はそのメリットとなっている。iPhoneユーザー以外この360度カメラおすすめしない。

360度カメラ 比較

360度カメラおすすめ2017〜360fly 4K FL364KZ111

発売日:2016年12月 9日
価格帯:\53,726〜\64,835
タイプ : 半球    撮影時質量 : 約172g
静止画品質 : 1600万画素    動画撮影サイズ:1,504×1,504(30fps)
メモリ:64GB内蔵    記録可能時間:動画120分以上
備考: 防水、防塵、耐衝撃

評価:360flyは、球体状の目を引くデザインの半天球カメラ、最新のロボット工学で採用されていた超広角カメラを採用したモデル。撮影できる範囲は左右360度、上下240度。解像度は2,880×2,880の4K相当の映像撮影が可能。360flyの本当にすごいところは、解像度ではありません。通常4K相当の撮影解像度を持つカメラのほとんどは、4K映像撮影時の高負荷からくる熱問題を解決しきることができず、10分程度の短時間の撮影しかできないことが多く、機種によっては熱暴走の危険性をはらんでいるモデルも多い。しかし360flyは連続で45分もの間、4K映像を撮影し続けることができる。

このページをみんなに教える!

もっと多い動画/DVD製品の情報や評判ここで検索:

ホーム | 会社情報 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 合意書 | ニュース | お問い合わせ | 人気記事

Copyright © 2019 Digiarty Software, Inc. All rights reserved

Apple、Appleのロゴ、Mac® 、iPhone® 、iPad® 及びiTunes® などはAppleInc.の商標であり、米国およびその他の国で登録されたものです。DigiartySoftwareがAppleInc.と開発または商業提携をしていません。