DVD DecrypterでISOファイルを読み込み・書き込みできない七つの原因とその対策を考える

  • DVD DecrypterのISOモードでリッピングして、ライテングを楽しんでいたのですが、急に、ISOモードでリッピングしても、ISOイメージファイルができなくなりました。
    出来上がるファイルはMDSファイルと、不明なファイルができます。(ファイルのプロパティでファイルの種類のところがISOイメージファイルではなく、01ファイルなどの名前が付きます。容量はISOイメージファイルと同じくらいのものができます)

上記の通り、手元にあるISOイメージファイルをDVD Decrypterで読み込んで、書き込みたい。しかしながら、作業中不明なエラー(I/O ErrorかDVDコピーガード)でリッピングできません。また、Windows7以降、ISOディスクイメージを書き込むのにDVD Decrypterは不要です。

だから、以下では、定番のDVDコピー無料ソフトDVD DecrypterでISOファイルを読み込み・書き込みできない原因及びその対処方法を紹介します。

DVD DecrypterでISOファイルを読み込み・書き込みできない原因とその対策

問題解決の基本は、原因に対する対策改善です。だから、「なぜ定番のDVDコピー無料ソフトDVD DecrypterでISOファイルを読み込み・書き込みできないのか」について、その原因について考えてみましょう。

原因@、リッピング(吸い出し)は成功していますか。

DVD DecrypterでISOファイルを読み込み・書き込みできない原因はいくつかありますが、代表的なものは、「DVDコピーガード」というものです。

ご存知の通り、DVD Decrypter自体は既に開発終了していて、ソフトウェアは更新できないため、新型DVDコピーガード(例えば、ディズニーX-DRM、容量偽装、日本独自保護技術など)を解除することは不可能です。

だから、成功でISOイメージファイルを読み込み、書き込むには、専門的なDVDコピーソフトウェアを利用しなければなりません。

  • 対処法:優れたコピーガード解除ソフトおすすめ〜WinX DVD Ripper Platinum

  • 動作環境:Windows 7 (32&64 bit)以降
  • 対応言語:日本語など
  • 機能:DVDコピー、リッピング、コピーガード解除
  • 価格:3680円〜
  • DVDコピーガード:ほぼ全て(CPRMは対応していない)

  • WinX DVD Ripper Platinumは、新型DVDコピーガードを解除することが得意なソフトウェアです。
    よく見かけるCSS、RCE、リージョンコード、ソニーArccos、UOPsを簡単に解除できるだけではなく、ディズニーX-Project DRM、日本独自保護技術、容量偽装などといった新型DVDコピーガードまで解除できます。
  •  

原因A、DVD Decrypter本体での書き込み機能は弱い

DVD Decrypterを使ってISO書き込み作業を行う時、エラーがよく出てうまくいかないことは多いです。DVD Decrypterは本来DVDリッピングを行うソフトウェアで、DVD書き込み機能自体「ISOイメージファイル」焼きにしか対応していなくて、パソコンにバンドルされている書き込みソフトウェアなどと比較すると性能的に見劣りします。

また、DVD Decrypterは2006年1月現在、公式サイトが閉鎖されていて、ソフトウェアをダウンロードできなかったり、非常に古く開発が終わっていたり、ウィルスサイトになってしまいます。

  • 対処法:DVD書き込みには特化されたソフトウェアおすすめ〜WinX DVD Author

  • 動作環境:Windows 7 (32&64 bit)以降
  • 対応言語:日本語など
  • 機能:DVD書き込み、編集、DVDプレーヤー再生可能
  • 価格:100%無料、ウォーターマークなし
  • 対応ディスク形式:DVD±R/±RW, DVD DL+R, DVD DL±RW

  • WinX DVD AuthorはDVD書き込みに特化された無料ソフトウェアです。ISOイメージファイルをDVDに作成することはもちろんです。AVI, MP4, MKV, AVI, WMV, MOV, FLV, MPEG, MOD, RM, RMVB, Xivd, DviX, 3GP, OGG, QTファイルをDVDに書き込むことも可能です。
    更に、多彩な編集機能を持ち、メニュー、チャプターメニュー、SRT字幕追加、好きな音楽と画像つきで素敵なDVDディスクに作成できます。パワフルなデコーダエンコーダエンジンを搭載し、高画質でDVDを書き込めます。
  •  

原因B、準備しているDVDディスクはスピンドルDVDですか。

書き込もうとしているメディア(例えば、海外の激安メディアなど)は国産メーカー性ではないと、DVD Decrypterだけじゃなくて、ほとんどのDVD書き込みソフトでもISO書き込み失敗となります。

  • 対処法:
  • 国産のDVDディスクなら、書き込みエラーも少ないのでおすすめです。
  •  

原因C、書き込もうメディアとパソコンのドライブの書き込み速度は一致しないとダメ

お使いのパソコンのスペックがある程度あれば、ISO書き込み速度が最大になっていても比較的問題少ないですが、スペックが低かったり、ドライブ自体が古かったりすると、DVD Decrypter でISOファイルを書き込めません。

だから、この時、書き込もうメディアとパソコンのドライブの書き込み速度を一致に設定してください。

ディスクの書き込み速度を下げることでお使いのパソコンの負荷も低減させ、動作も安定でき書き込み作業もスムーズに行えます。

  • 対処法:

  • ディスクの書き込み速度を変更します。
  • 操作手順は、「スタート」⇒「マイコンピュータ」⇒「DVD/CD-RWドライブを右クリック」⇒「プロパティ(R)」⇒「書き込みタブ」⇒一番下にある「速度」項目から「2X」を選び⇒「OK」とクリックすればOKです。
  •  

原因D、ISOファイルには損傷が付いたり品質劣化により読み込みできない

ISOイメージファイル本体では損傷が付く場合、メディア情報が読み取れないことはたくさんあります。

その他、お使いのドライブは長年使っているため、埃がレンズに付着したりして、ISOイメージファイルが正常的に読み込めなくなります。

  • 対処法:

  • ISOイメージファイルには問題がある場合は、修復専門店または他のメディアを使ってみてください。ドライブには問題がある場合は、ピックアップレンズを綺麗にクリーニングすれば読めるようになります。
  •  

原因E、ISOイメージファイルの断片化

データの断片化などが著しい場合、書き込み失敗となります。断片化が起こり、散らばったデータに接続することが容易ではなくて動作が遅くなります。

  • 対処法:

  • 作業領域に指定されているハードディスクの「プロパティ」を表示し(右クリックして「プロパティ」を選択。)、「ツール」タブの「最適化」ボタンをクリックするとダイアログが表示されますので、その分析で調べることができます。
  • または、「スタートメニュー」⇒「すべてのプログラム」⇒「アクセサリ」⇒「システムツール」⇒「ディスク デフラグ」とクリックしてください。
  •  

原因F、セキュリティソフトやスクリーンセーバーなどの他のソフトを閉じる

セキュリティソフトやスクリーンセーバーなどの他のソフトを起動したままで、お使いのパソコンの負荷が重くなり、ドライブへの断続的にデータを供給し続けなくデータの転送も不安定となり、ISOファイルの読み込みや書き込みに失敗することがあります。

  • 対処法:

  • ウィルス対策ソフトや他の常駐ソフトウェアをできるだけ停止してから、書き込み作業を行ってください。
  •  

まとめ

今回は、DVD DecrypterでISOファイルを読み込み・書き込みできない七つの原因とその対策について、紹介しました。

なんかDVD Decrypterを使ってISOイメージファイルやDVDディスクをうまくリッピングできない時、原因を特定していから、対応策を考えるのが近道です。

DVD Decrypter代わりになれるDVDコピーソフトおすすめ

WinX DVD Ripper Platinumは定番のDVDコピーとDVDリッピングソフトで、市販やレンタルのDVDのコピーを解除してISOファイルに変換するなども無劣化でコピーできます。しかも、ISOイメージファイルを今最も人気のあるビデオ・オーディオフォーマットに変換することができます。

UIが直感的で、使い方も初心者でも分かりやすく、実用的な編集機能(例えば、チャプターメニュー、タイトルメニュー、字幕追加、クロップ、合併、トリムなど)も充実しています。

更に、Intel QSV/NVIDIA CUDA/NVIDIA NVENCといったハードウェアアクセラレーション技術を搭載しながら、高品質エンジン、インターレース解除、ディスク修復機能を持ち、高品質・無劣化でISOファイル/DVDデータをリッピングできます。

この記事を書いた人:鈴木玲子

本ページの内容に関して、ご意見等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。