「いいDVDコピーガード判別ソフト」ってどんな無料ソフト?新しいプロテクト判別/解除方法をご紹介

何度レンタルDVDをコピーして、何度おすすめの無料DVDリッピングソフトを使ってもなぜかDVDコピーできなかったと悩んでいる方、いませんか?それは本当の「いいDVDコピーガード判別ソフト」を知らないからかもしれません。

DVDディスクをコピーする前、DVDコピーガード種類を了解してから素敵なDVDコピーガード判別ソフトを見付けて、手元のDVDディスクをコピーしましょうよ。

あなたにとって、いいDVDコピーガード判別ソフトとは、どんなものですか?

無料で使え、サポートされるDVDコピーガードの種類が多くて、ほとんどのDVDディスクをコピーできて、お使いのパソコンでスムーズに動作でき、初心者でも使いやすくて、機能が豊富で………

いいDVDコピーガード判別ソフトは、人それぞれにあると思います。もちろん、無料で使えながらほぼ全てのDVDコピーガードを解除できるフリーソフトなら言うことありませんが、いいDVDコピーガード判別ソフトが必ずしも無料でサポートされるプロテクトが多いものだとは限りません。

無料で使えても、DVDディスクにかかったコピーガードを解除できるソフトウェアだとしても、お使いのパソコンで動作できなくソフトウェアの事前設定や使い方が複雑で使いづらいと「いいDVDコピーガード判別ソフト」とは言えません。

いいDVDコピーガード判別ソフトだと思っていても、実際にインストールして使ったら悪いだったということも、十分にありえますよ。

どうせなら、使用用途に合わせて素敵なDVDコピーガード判別/解除ソフトを見極めてエラーなし画質落とせずにDVDディスクコピー作業を始めたいですよね?

ではどうすれば、良いDVDコピーガード判別ソフトを見付けることができるのでしょうか?

手元のDVDディスク、お使いのパソコン、使用目的をよく考え、お使いのソフトウェアは「真のいいDVDプロテクト判別ソフト」なのかどうかを見極める方法を教えちゃいます。

いいDVDコピーガード判別ソフトか?その1:対応するプロテクト種類

対応するプロテクト種類と言えば、2種類があります。

  • 一つは「手元のDVDディスクにかかったDVDコピーガード種類を解除できます」というものです。

  • もう一つは、「手元のDVDディスクはもちろん、他の新しいプロテクト技術を解除できます」というものです。
プロテクト種類について

だから、いいDVDコピーガード判別ソフトとは、現段階のDVDプロテクト技術をサポートするものではなく、これから発売されたDVDプロテクト技術にも対応できるソフトウェアのことを言います。

ネットでは無料で使えながらDVDコピーガードを判別してくるソフトウェアはたくさんありますが、一番重要なのはサポートされるDVDコピーガードの種類の多さです。

海外から買ったDVDデータをコピーしたり、TSUTAYA/ゲオ/ぽすれん/アマゾンなどDVDレンタル屋から購入したDVDディスクに施されたコピーガードを外してくれるソフトウェアは、素敵なDVDコピーガード判別ソフトだと言えます。

あくまで、対応するDVDコピーガードの種類の多さはポイントですよ。

いいDVDコピーガード判別ソフトか?その2:操作性と安定性

基本的に操作性と安定性が悪いソフトウェアは、いいDVDプロテクト判別ソフトではありません。

特に、開発が終了してしまったソフトウェア(例えば、DVD Shrink、DVD Decrypter、DVD43)は、最新のDVDコピーガードに対応できなくて、操作性と安定性も低いです。

質問サイトでは、DVD Shrink、DVD Decrypter、DVD43エラーに関する問題がたくさんあります。

  • DVDシュリンクでDVDをバックアップしようとすると、 「コピープロテクションエラー ファンクションが間違っています。」 となり、実行することが出来ません。”

  • “DVD DecrypterでI/Oエラーになって困っております。DVD Decrypterを使って3年ほどになります。年々、エラーになる事が多くなっています。1、2年ほど前ですと5回に1回、半年前ですと5回に3回、最近は5回に5回です。メディアはいろいろ試しました。”

  • ”DVD43インストールできないことがおおくて、Daemontools等、ドライブ仮想化ツールとの相性も悪く、作動できないことが多いです。”

お使いのDVDコピーソフトウェアが「操作中、時々エラーが発生し、うまくコピーガードを解除できなかったり、安定性が低くDVDをコピーしようとする時エラーメッセージが出てきて作業が進められません。」と感じたら、もうそのDVDコピーガード判別ソフトを使うことを止めたほうがいいだと思います。

エラーが多いソフトウェアは、作業をうまく行えませんから。

いいDVDコピーガード判別ソフトか?その3:機能性

無料で使えながら、DVDプロテクトを解除できるソフトウェアはいいだと思う人は多いでしょう。しかし、多くのメリットがある一方、当然ながらデメリットも存在します。だから、無料で使えるソフトウェアはいいですが、機能性には不足があります。

  • 例えば、DVDFab HD Decrypterは無料で使えますが、DVDディスクコピー後、DVDFabのロゴが入ります。DVD Shrinkの場合は、DVDディスクを圧縮できますが、DVD変換とDVD編集機能は持っていなく、DVD Decrypterの場合は、最新Windows10で使えなく、新しいプロテクトを解除できないデメリットがあります。

だから、ソフトウェアの機能を使用用途に合わせて、比較しながら、最適なDVDプロテクト判別ソフトを選んでください。

(2)DVDコピーガード判別ソフトおすすめ|DVDディスクコピーが超簡単

上記では、いいDVDコピーガード判別ソフトを見付ける方法について紹介しました。いかがでしたか。

使用用途に合わせて、DVDプロテクト判別ソフトの機能、操作性、安定性、評価・レビューなどをよく観察していると、きっといいソフトなのか、あるいは悪いソフトウェアなのかわかるはずです。

そこで、以下では今最も人気があり、評判がいいDVDコピーガード判別ソフトを紹介していきます。

WinX DVD Ripper Platinum - 100%安全

市販・レンタル・自家製・保護されたDVDをハードドライブにコピーできます。390種類以上のプロファイルを設定して, DVDをMP4, AVI, H.264, HEVC, MPEG, WMV, MOV, FLVとM2TSなどの汎用動画形式への変換、DVDをスマホ&タブレット用への変換が提供します。

  • 【DVDコピーガード対応】:DVDリージョンコード、RCE、Sony ARccOS、UOPs、APS、CSS、容量偽装、ディズニーX-projection DRM、最新アダルト保護技術、フィットネス系コピーガード…
  • 【対応OS】:Windows 10/8/7 (32 & 64 bit)
  • 【日本語対応】:可能
  • 【入力形式】:DVDディスク/ VIDEO_TSフォルダ/ISOファイル/UDFファイル、ISO9660フォーマット
  • 【出力形式】:音楽、MPEG、WMV、FLV、MOV、MP4、MP3、iPod、iPhone、Apple TV、HTC、Samsung、PSP
  • 【安定性】:Intel/AMD/Nvidia新しいビデオエンコード・デコード技術、高品質エンジン、インタレース解除、音声修復、破損したDVDを修復する機能を持ちながら、DVDビデオ・画像処理をさらに高速化できます。
  • 【操作性】:シンプルなUIを持ち、エンコードのスピードが速いです。
  • 【機能性】:対応できるDVDタイプの種類が多く、普通のDVD/商業用DVD/コピーガードが掛かったDVD/自身で製作したDVDディスクなど。しかも、入力や出力形式が非常に豊富で、Apple製品/Android端末/Sony Xperia/MicroSoft製品などに取り込めます。その他、実用的なDVD編集機能も兼ね備えます。
  • 【価格】:3680円
  • おすすめのDVDコピーガード判別ソフトWinX DVD Ripper Platinumを公式サイトからダウンロードしてインストールしてください。体験版が利用できますので、一度使ってから気に入ったら購入すればいいと思います。

    インストールされた後、ソフトウェアを起動します。DVDディスクをセットして左上にある「ディスク」アイコンをクリックします。すると、ディスクの確認が表示されますので、「OK」ボタンを押します。

  • 図1|DVDコピーガード判別ソフトにディスクをインポート
  • DVDに掛かったコピーガードが自動的に解除されるので、出力プロファイル画面が表示されるまでに少々お待ちください。

    ◆カーズ3/リメンバー・ミー/実写アラジン/美女と野獣などといった人気なディズニーアニメなら、ディズニーX-projection DRMが掛かっています。

    ◆MOODYZ、S1、アイポケ、マドンナ、kawaii、kirakira、ダスッ、アタッカーズが製作したDVDには最新アダルト保護技術を内蔵しています。

    DVDディスクにかかったコピーガードが解除して、出力形式や出力品質を選択します。例えばDVDディスクコピーだったら、左列で「DVDバックアップ」、右列で「メインタイトルコンテンツコピー」を選択する感じですね。

  • 図2|コピーガード判別・解除
  • DVDディスクをコピーする前、初期設定されている保存先ではなく、自分の分かりやすい場所に設定したい方は、下部にある『参照』をクリックして変更してください。

  • 図3|コピーガード付きDVDをコピー
  • 全ての設定が完了すれば、右下にある大きな『RUN』ボタンを押せばDVDディスクコピー作業が始まります。

    ちなみに、300-500fpsで長編DVDをコピーする場合は、たったの5分間しかからないとのことです。めちゃくちゃ速いですね。

 

操作で躓くこともありませんでしたし、何よりエンコードが速い!これだけ速く処理してくれるなら、ほぼノーストレスでいけるんではないかな?と思います。絶えず更新中、新しいDVDプロテクトにちゃんと対応しています。だから、安心して利用できます。

CPRM Decrypter - 100%無料・CPRM解除

CPRM Decrypter(シーピーアールエム・デクリプター)は初期設定が簡単でわかりやすく、初心者でも楽に扱える地デジCPRM解除ソフトです。CPRM解除中もパソコンに掛かる負荷が少ないので、非力なパソコンをお使いの方には特にオススメです。

  • 【DVDコピーガード対応】:CPRM(録画した地デジ番組から焼いたDVDディスクの保護技術)…
  • 【対応OS】:Windows7までは動作確認済み;※Windows10では互換モードで起動
  • 【日本語対応】:可能
  • 【入力形式】:録画したDVDディスク(テレビ録画DVD)、VRモードで録画したDVD(DVD-VR)
  • 【出力形式】:VR_MOVIE.VRO
  • 【安定性】:c2dec 設定でほとんどエラーなしで作業を進めます。
  • 【操作性】:作業時間はお使いパソコンのスペックに依存しますが、DVD最高画質で30分の動画なら5分程度で完了できます。UIも直感的で分かりやすいです。
  • 【機能性】:著作権法が改正された2012年以前に流通したリッピングソフトで、CPRMで保護されたDVDの保護を解除することができます。
  • 【価格】:無料
  • CPRM DecrypterのZIPファイルをダウンロードして解凍し、フォルダ内にある「.exe」ファイルをダブルクリックで立ち上げます。

  • コピーしたDVDを挿入したドライブと変換後のファイル出力先を指定してください。

    下部には「c2decの設定」項目があります。「c2decの利用を可能にする」にチェックを入れ、更に「音声制御情報【C値】を除去しない」にチェックを入れるのがおすすめです。

    「除去する」にチェックを入れていてもコピーしたDVDにはPCA音源が使用されていないため差し支えはありません。

  • 図4|地デジ番組DVDのCPRMを解除する方法
  • 設定が完了した後、下部にある「CPRM>ディスク」アイコンをクリックします。DOSプロンプトが起動してファイルの情報や進行状況が表示されます。

    CPRM DVDコピー作業が完了したら、「何かキーを押すと終了します」と表示されるため、指示通りキーをクリックするとDOSプロンプトが閉じ、作業が完了です。

  • 作業が完了した後、指定した出力先にファイル名と同じフォルダが生成され、その中に2つのファイルがあるので、「VR MOVIE.VRO」の拡張子を「.VRO」から「.mpg」に変更すれば、DVDプロテクトが解除されたMPEG2ファイルになっています。それで、「フォト」や「Windows Media Player」など、ほとんどのプレーヤーで視聴できます。

(3)今流行っているDVDコピーガード種類

CSS(Content Scramble System)

CSSは、多くのDVD-Videoソフトウェアで採用されているコンテンツ暗号化システムです。映像コンテンツを暗号化し、その暗号キーをコピーできないエリアに記録するもので、これが掛かったソフトウェアはパソコンなどで単純にコピーしても暗号キー自体はコピーできないため再生できません。

リージョンコード

リージョンコードとは地域コードとも呼ばれます。DVDを再生することが出来る地域を制限する地域コードのことで、再生したいDVDディスクとプレイヤーのコードが一致しないと再生はできません。日本製DVDのリージョンコードは2です。

DRM

デジタルデータにおける著作権管理技術や手法の総称です。基本的には、オリジナルのデータを秘密の符合方式によって記録し、特定のソフトウェアまたはハードウェアでしか再生できないようにすることで、第三者によるデータのコピーや再利用を難しくする技術です。

ソニーARccOS

ソニー独自のDVDコピーガード技術です。DVDのデータ内に不良セクターを埋め込むことで、DVDディスクをコピーする時、読み込みエラーをさせるという仕組みです。

UOPs

User Operation Controlsの略称。DVD冒頭のロゴ・コマーシャル等々、ユーザーが操作・スキップ・早送り不能な部分に利用されています。それはつまり、DVDの市販メーカー側による禁止操作など、特定の操作を禁止するコピーガードです。

APSマクロビジョン

Analog Protection Systemの略称。再生映像の画面が明るくなったり暗くなったりと乱れるようにする仕組みです。

ディズニーDRM

ウォルト・ディズニー・カンパニーの新しいプロテクトDVD(パラマウントとワーナーと同じにより)は、通常99のタイトルを持っていて、一般的に言えばDVD映画のサイズは40 GBより大きいです。

容量偽装(ファイルサイズ偽装)

DVDの中にダミーの映像ファイルをたくさん埋め込み、容量自体を偽装する。本来なら8Gバイト程度の容量なのに、それを偽装して60Gバイト程度だとPCに認識させる最新技術。

    注意

  • * 2012年10月1日から著作権法の一部が改正されます。「技術的保護手段」が施された市販のDVD・Blu-rayのコンテンツを複製する行為は、個人用途や家庭内利用の範囲から外され、違法となります。
  • * Discの複製・変換を行う場合は、自作DVD・Blu-rayや家庭用ビデオカメラで個人的に撮影したデータなどで利用するようにして下さい。
この記事を書いた人:鈴木玲子

本ページの内容に関して、ご意見等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。