ホーム iPhone 8最新情報 随時更新!iPhone XとiPhone 8最新情報まとめ

Apple

アイフォン8が2017年登場!iPhone 8最新情報〜発売日、デザイン、最新機能、値段などを一括まとめ

iPhone 10周年の2017は最上位のスマホiPhone XとiPhone8が発売される?                            

2017年は「初代iPhone発売10周年」「ジョブズのApple復帰20周年」にあたる記念すべき年で、2017年はデザインはそのままに性能だけを強化した「S」付きモデルのiPhone7s/7s Plusが発売される年になりますが、「s」を飛ばして、iPhone 8を発売します。そのほかにデザインも性能も大幅な刷新をして、史上最上級モデル10周年記念品iPhone Xも発売されます。2017年に登場するのは、iPhone8/8 Plusのほかに、期待度高いiPhone Xも発売されます!

それでは早速、大きな期待をしているiPhone XとiPhone 8発売日、新デザイン、最新機能、値段などに関する最新情報をチェックしよう!

iPhone XとiPhone 8最新情報@:発売日はいつになる?

iPhone Xとアイフォン8は特別なモデルであるが故、iPhone XとiPhone 8発売日にユーザの期待も最高潮に達しているのは言うまでもありません。iPhone XとiPhone 8発売日は従来通りのスケジュールなら2017年9月の前半に発表され中旬には発売されることになりそうです。参考までに過去のiPhoneの発売日を見てみましょうか。

iPhone 8発売日はいつ

iPhone(初代):2007年6月9日
iPhone 3G:2008年7月11日
iPhone 3GS:2009年6月19日
iPhone 4:2010年6月24日
iPhone 4s:2011年10月14日
iPhone 5:2012年9月21日
iPhone 5s/5c:2013年9月20日
iPhone 6/6 Plus:2014年9月19日
iPhone 6s/6s Plus:2015年9月25日
iPhone SE:2016年3月31日
iPhone 7/7 Plus:2016年9月16日

Appleは例年、クリスマス商戦に向けて9月の1週目か2週目に発表イベントを開催し、その週の金曜日に予約開始、そして発売日はそのまた1週間後という傾向があります。

つまり2017年 のiPhone XとiPhone 8発売日は
9月12日 発表確定
9月15日(金)予約開始日
9月22日(金)発売日

となる可能性が高い。

今回の新製品は、新型のiPhone Xに加え、前モデルのiPhone8、iPhone8 Plusモデルの計3種類となります。iPhone Xは、iPhone発売10周年を記念し大幅な機能変更が行われますが、量産が間に合わないかも知れません。マスコミが伝えた生産元となる鴻海科技集団などからの情報によれば、サムスン電子が供給できる有機ELには限度があり、9月末までに生産できる台数は500万台未満となりそうです。ですので、できれば、最速でiPhone Xを予約したほうがいいです。

iPhone XとiPhone 8最新情報A:アイフォン8 デザインは衝撃的な変更?

iPhone・10周年となる2017年に発売予定の「iPhone X」は、従来のiPhoneとはまるで違う、画期的な端末になると言われています。iPhone Xとアイフォン8 デザインの面も含めて大きな変化が訪れるとされています。これからは、iPhone Xとアイフォン8 デザインについて詳しく紹介します。

iPhone 8最新情報

iPhone Xとアイフォン8 デザイン変更その一:カラーについて

米アップルは12日、カリフォルニア州クパティーノの新社屋で発表会を開き、スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の登場から10年を記念する新モデル「iPhone X((テン)」を披露しました。iPhone Xがシルバーとスペースグレイの2色展開。iPhone 8/8 Plusはシルバー、ゴールド、スペースグレイの3色展開となっています。

iPhone 8最新情報

iPhone Xとアイフォン8 デザイン変更その二:ガラス製のボディに

iPhone Xの最大の特徴は、物理的なホームボタンを取り除き、全面をスクリーンにしたこと。画面下部を指ではじくとホーム画面に戻れるようになっています。また有機ELディスプレイを採用したので、ディスプレイ周囲のベゼル幅がいちじるしく狭くなっています。一方、iPhone 8/8 Plusは、前面と背面にガラスが採用されています。デザイン的にはiPhone Xほどのインパクトのある変更はありませんが、日常に受け入れやすい安定感のあるデザインとなっていますね。

iPhone 8最新情報

アイフォン8 デザイン変更その三:OLEDディスプレイに

iPhone XとiPhone8には、プラスチック製の曲面OLEDディスプレイが搭載され、製造はSamsungが担当する、と韓国メディアKorea Heraldが報じています。時代の流れは「液晶(LCD)→有機EL(OLED)」に動いているには確かです。有機EL(OLED)は発光ダイオードを組み合わせて製造されたディスプレイで自らが発光することから液晶ディスプレイのようにバックライトを必要としないことから、デバイスの薄型化や省電力化に期待できるディスプレイです。素材をプラスチックにすることで、OLEDディスプレイを曲面にすることが可能となります。曲面OLEDディスプレイというと、SamsungのGalaxy S7 edgeが思い浮かびますが、Appleは「新たなセンシング技術」を導入して差別化をはかる模様です。

iPhone 8最新情報

iPhone Xとアイフォン8 デザイン変更その四:ホームボタンを取り除い

iPhone Xはベゼルがなくなったことに伴い、ホームボタンが廃止されました。本体前面全体がディスプレイとなりTouch IDやFaceTimeカメラなどがディスプレイ内に埋め込まれることになります。ホーム画面に戻る時は、画面をスワイプするだけです。だが、iPhone8にはiPhone7と同じホームボタンを搭載されています。Appleはディスプレイに指紋認証機能を追加する特許を取得していることから、将来的にはディスプレイ上でTouch IDを利用することになるかもしれません。

iPhone 8最新情報

iPhone Xとアイフォン8 デザイン変更その五:ディスプレイにサファイアを採用

2017年の次期iPhone8とiPhone Xではディスプレイの強度を大幅に高めるため、サファイアが採用されるかもしれません。これは、Appleが取得した特許「サファイア成分の熱処理システム」では、iPhoneのディスプレイにサファイアを用いる技術を紹介することによって明らかになったものです。宝石類の中では、ダイヤモンドに次ぐ硬度を持つサファイアですが、iPhone7では傷がつきにくいよう、ホームボタン(Touch ID)とカメラレンズのカバーに採用されていることが分かっています。新たに米国特許商標庁(USPTO)が公開した特許によると、Appleはアイフォン8ディスプレイにも採用する技術を開発しているようです。

iPhone XとiPhone 8最新情報B:アイフォン8 最新機能はかなり期待できる?

iPhone 8最新情報

iPhone Xとアイフォン8 最新機能その一:ワイヤレス充電機能

iPhoneの充電は通常Lightning端子経由で行います。しかしiPhone XとiPhone 8では、ワイヤレス充電に対応するかもしれないと「Bidness Etc」で報道されています。すでにApple Watchがワイヤレス充電を製品化していることを考えると、iPhone XとiPhone 8にもLightningコネクタ経由の充電ではなく、ワイヤレスで充電ができるようになるかもしれません。または、アップルが取得している特許の情報から推測すると、専用のドッグにiPhoneを置くと充電できるという「電磁誘電方式」が採用されるのではとされていて実現の可能性は高そうです。ただ、充電スピードが遅くなってしまわないかなどの問題点もあるのでどうなるでしょうか。

iPhone 8最新情報

iPhone Xとアイフォン8 最新機能その二:虹彩認証

虹彩認証は人の目の虹彩をパターン認識してロック画面を解除したりApple Payを使ったりすることができる機能となっており、メガネやコンタクトをしていても正確に認識することができることから、理想的な生体認証システムとも言われています。現在は指紋認証のTouch IDが採用されていますが、虹彩認証機能が2017年モデルのiPhone XとiPhone 8に搭載されるという噂があります。台湾メディアのDigiTimesは、Appleの長年の供給元である台湾の半導体メーカーXintecが次期iPhoneに向けて虹彩認証チップの製造をしていることを報じました。虹彩認証はすでに富士通やSamsungのスマホで採用されています。指紋認証に代わる今後のロック解除方法の主流になるかもしれませんね!

iPhone 8最新情報

iPhone Xとアイフォン8 最新機能その三:3Dカメラが搭載

観光のメディア「The Korea Economic Daily」で、Appleが韓国LGの子会社であるLG Innotekと共同で、3D写真の撮影できるデュアルカメラを開発していると報じたのです。それで、Appleが2017年に発売すると言われているiPhone XとiPhone 8に、3D写真の撮れる3Dカメラが搭載される可能性は十分ありえます。3Dカメラとはどのような物かというと、両眼視差を利用した3D映像を撮れるカメラの事です。3Dカメラは2つのレンズを搭載する事で、人間の両眼視差と同じような画像を撮る事ができるのです。

iPhone 8最新情報

iPhone Xとアイフォン8 最新機能その四:MRシステムが採用

iPhone XとiPhone 8にMRシステムが採用されるというのです。かつてMicrosoftに努めており、現在はVR開発企業「UploadVR」の創業者であり、アルファブロガーとしても有名なロバート・スコーブル氏からの情報です。では、VRやARより優れたMRシステムとは何なのでしょうか。「MR(複合現実)」ですが、簡単にいうとVRとARを融合させた物です。ゴーグルを通して現実に仮想世界が重なる、まさに仮想現実であり拡張現実でもある技術です。だが、実際に搭載されるのか、どのような機能となるのかはまだまだ未知数ですが、iPhone XとiPhone 8がMRシステムを搭載すれば、まさに新世代の端末に相応しい物となるでしょう。

iPhone 8最新情報

iPhone Xとアイフォン8 最新機能その五:「A11 Fusion」チップが採用

iPhone7のプロセッサは「A10 Fusion」チップが採用され、順当にナンバリングが増えていって、iPhone XとiPhone8に採用されるプロセッサは「A11 Fusion」チップになることは間違いないでしょう。A11チップはウエハの更なる小型化が可能となる10nm FinFETプロセスで、さらに微細化が進み省電力化と性能アップが期待できます。A10チップはMacBookに搭載されているIntel Core Mプロセッサよりも高性能になっていますが、A11チップはさらに差を付けることになるのでしょうか。または、2017年第2四半期(4〜6月)より小規模で量産が開始されるとのことです。

iPhone XとiPhone 8最新情報C:iPhone XとiPhone 8 値段はどうなる?

2017年には、現行の4.7インチモデルと5.5インチモデルに、さらに5.5と同サイズかそれより大きいプレミアムモデルが加わり、3モデル体制となる可能性があるとされています。それでは、気になるiPhone 8 値段はどうなるのでしょうか?続いて、まず近年のiPhoneの価格をご覧ください。

iPhone 6        16GB:67,800円、64GB:79,800円、128GB:89,800円
iPhone 6 Plus   16GB:79,800円、64GB:89,800円、128GB:99,800円
iPhone 6s        16GB:86,800円、64GB:98,800円、128GB:110,800円
iPhone 6s Plus  16GB:98,800円、64GB:110,800円、128GB:122,800円
iPhone SE        16GB:44,800円、64GB:49,800円
iPhone 7         32GB:72,800円、128GB:83,800円、256GB:94,800円
iPhone 7 Plus    32GB:85,800円、128GB:96,800円、256GB:107,800円

iPhone Xの見た目にも、機能的にも大幅な変更となるため、人気化するのは必至でしょう。ですのでiPhone Xの価格はこれまでの製品と比べて大変高くなります。
iPhone X
  64GB :¥112,800 (税別)   256GB:¥129,800 (税別)
iPhone 8 Plus
  64GB :¥89,800 (税別)   256GB:¥106,800 (税別)
iPhone 8
  64GB :¥78,800 (税別)   256GB:¥95,800 (税別)

iPhone Xは薄品状態ですので、手に入れたいなら、できれば、最速でiPhone Xを予約したほうがいいです。

▼▼【公式】最新iPhone をオンラインショップで予約〜いち早く購入▼▼

■ iPhone8/ Plus・iPhoneXをSoftBankで予約・購入 >>

■ iPhone8/ Plus・iPhoneXをdocomoで予約・購入 >>

■ iPhone8/ Plus・iPhoneXをauで予約・購入 >>

RECOMMENDこちらの記事も人気です。