ホーム iPhone最新情報 iOS12アップデートすべきか

Apple

iOS12アップデート方法と注意点のまとめ!iOS12新機能や対応機種も解説

昨年、Appleのモバイルオペレーティングシステム「iOS11」正式版が一般ユーザに向けてリリースされた直後に、「iPhoneがiOS11にアップデートしてから勝手に再起動」、「バッテリーの減りが早い」、「iOS11画面録画できない」、「購入した着信音が消滅」などの色々な不具合が続々報告されている。iOS11の正式登場から半年後、最新バージョンがiOS 11.2.2になっても、かなり多くのバグは未だに完全に修正されておらずユーザーの苦情も相次いている。特に、最近、iOSアップデートにより旧型iPhoneの性能を意図的に低く抑えてているということをAppleが認めていて、iOS性能が安定、信頼性高いという今までのイメージとは全く異なり、ユーザの不満が爆発!というこでAppleがiOS 11で犯した失敗を挽回するため、次期モバイルOS「iOS12」にiOS11の問題やバグを改善してデザイン、機能も大幅改良を行われると予想されできる。

このページでは、次期OSバージョンであるiOS12新機能や変更点をまとめている。iOS 12アップデートの注意点、対応機種、事前バックアップなど準備、iOS12アップデート手順などについて、初心者にも解説する。

次期モバイルiOS ‐ iOS 12いつリリースされるのか?

6月6日   iOS11発表の告知

6月22日  iOS11ベータ2を開発者向けに公開

9月20日  iOS11の正式リリースが開始

iOS4以降、Appleは毎年の開発者向けイベントWWDCで次期iOSのベータ版を発表し、発表されて数月後の9月に正式版を一般ユーザに向けてリリースしている。現行のiOS11が一般ユーザに向けてリリースされたのも2017年の9となっている。この流れからするとiOS12が2018年の6月に開催されWWDC 2018で開発者向けにを公開されて、9月に一般ユーザー向けて発表される可能性は高いかもしれない。

追記:Appleが6月4日、開発者向けイベント「WWDC 2018」にて、次期iOSの「iOS 12」を正式発表した。一般向けには2018年秋リリースする。

iOS12アップデートで必ず注意すべきことと事前準備

これからはiOS12アップデートする前に確認すべきことを詳しく解説し、iOS12アップデートする方、ぜひ以下の点にご注意ください。

iOS 12アップデートの注意点@:iOS12アップデート対応機種の範囲を確認


iOS12アップデートする前にまずはお手持ちのiPhoneまたはiPadが新バージョンのiOS 12に対応しているか、確認する必要がある。ではiOS12アップデート対応機種はどこまで?

iOS10アップデート対応機種一覧:

iPhone7 Plus、iPhone 7、iPhone 6s Plus、iPhone 6s、iPhone SE、iPhone 6 Plus、iPhone 6、iPhone 5s、iPhone 5c、iPhone5;
iPod touch 6;
iPad 4、iPad Air、iPad Air 2、iPad mini 2、iPad mini 3、iPad mini 4、iPad Pro。

iOS11アップデート対応機種一覧:

iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone7 Plus;
iPhone7 Plus、iPhone 7、iPhone 6s Plus、iPhone 6s、iPhone SE、iPhone 6 Plus、iPhone 6、iPhone 5s;
iPod touch 6;
iPad Air、iPad Air 2、iPad mini 2、iPad mini 3、iPad mini 4、iPad Pro。

iOS12アップデート対応機種の範囲はまだ不明だが、以前のiOSバーションiOS 11と iOS 10の対応できる機種を比べて、新しいバージョンの iOS11は一部の古いiOSデバイスに対応できない。つまりiOS更新につれて、古い機種のスペックでは対応しきれないからアップデートを適用できる対応古い機種が段々少なくなる。というわけで、進化し続ける中でiOS12に対応できない古い機種が存在しているのは当たり前なことでだろう。

iOS12アップデート対応機種一覧(プレビュー版):

iPhone 2018新型モデル;
iPhone7 Plus、iPhone 7、iPhone 6s Plus、iPhone 6s、iPhone SE、iPhone 6 Plus、iPhone 6、iPhone 5s;
iPod touch 6;
iPad Air、iPad Air 2、iPad mini 2、iPad mini 3、iPad mini 4、iPad Pro。

iOS12プレビュー版の対応機種はiOS11と同じだが、一般向けのiOS12アップデート対応機種についてiOS12はiOS11に比べて古い機種を約2機種カットし、iPad AirとiPhone 5sは対象以外となっている可能性が高い。

iOS12新機能
iOS 12アップデートの注意点

iOS 12アップデートの注意点A:安定した通信環境を確保

iOS12アップデートには約1.9GBのアップデートファイルをダウンロードする必要がある。ファイルのダウンロードが遅くて、ダウンロードが終わらないのを避けるために、安定した通信環境が確保される場所でアップデートしてください。

また月々の通信制限にかからないためにもWi−Fi環境下でiOS12アップデートを行うことを勧める。これで通信量を気にせずにiOS12のアップデートファイルをダウンロードすることができる。

iOS12アップデート対応機種

iOS 12アップデートの注意点B:ストレージの空き容量をチェック

アップデートのファイルが1.3GBと大容量だったのでデバイスには十分な空き容量が必要となる。お使いのiPhone/iPadストレージの空き容量が足りないなら、アップデートファイルがダウンロードできない場合がある。

「設定」>「一般」>「ストレージとiCloudの使用状況」の順にタップして、本体で利用できるストレージ容量を確認することができる。

もし容量が足りないと不要なアプリなどを削除しておいてください。

iOS12評価

iOS 12アップデートの注意点C:バッテリー残量を確認

iOS12アップデートには約20分の時間がかかっているから、バッテリー残量が最低でも50%以上必要。もしアップデート中に電源が切れると、デバイスに異常なトラブルが発生可能性がある。アップデート途中でバッテリーの残量がなくなったらすぐ電源に接続されてください。

一方、特に急ぎじゃないと、バッテリーをフル充電した後にアップデートを勧める。

iOS 12いつ

iOS 12アップデートの注意点D:Apple IDやパスワードを確認

アップデートが完了後にApple IDやパスワードが要求されるから、iOS12アップデートする前に自分のApple IDやパスワードを確認してください。さもないと最新バーションにアップデートしてもお手持ちのデバイスを使えなくなってしまう。

↓↓ ヒント:Apple IDやパスワードを忘れた方はこちらへ ↓↓

iOS 12アップデートの注意点E:バックアップを取っておく

アップデートする際、ブログラムの不具合や操作ミスによってiPhone・iPad内のデータは全て消去される場合があるから、iOS12アップデートする前に、iPhoneに保存されているデータをバックアップする操作が必要ある。一般的にはiTunesかiCloudを経由してiPhone・iPadをバックアップするが、ここでは「WinX MediaTrans」というバックアップアプリを使った方法を簡単に紹介する。

iOS 12アップデート前に、必ず!iPhone/iPadデータをバックアップ!
iOS12アップデートできない

WinX MediaTrans:複雑なiTunes、iCloudと比べ使い勝手が良い仕上がりになっている。面倒な設定をしなくて写真や曲、ビデオなどのファイルを勝手気ままにPCとiOSデバイスの間で転送して丸ごとバックアップしておくことができる。強力なハードウェアアクセラレーション搭載で、16分で7000曲をバックアップできて、20秒で1000枚の写真も気楽に転送が可能。直感的に超爆速!

超簡単!iPhoneでiOS12アップデート方法を画像付きで解説

上記の項目をチェック完了したら、iOS12アップデートを行おう!下記では手軽に iPhoneでiOS12アップデートのやり方を紹介する。

 

 

1.最初に表示されるiPhoneホーム画面で 「設定」タップする。

2.設定画面が表示されるので、その中から「一般」アイコンを押す。

3.「一般」画面の中にある「ソフトウェアアップデート」を選択する。

iOS12新機能

 

4.iOSのバージョンやアップデートの内容が表示され、「ダウンロードしてアップデート」を押す。

5.6桁のApple IDのパスワードを入力する。

6.「利用規約」画面が表示されて、「同意」を選択。

7.「利用条件」とポップアップが出てきて、「同意」を再度押したら、iOS12アップデートファイルのダウンロード、インストールが自動的に開始される。

8.インストール完了後、iPhoneが自動再起動される。

9.再起動後はiPhoneロック画面のパスコードを入力して、ロック解除する。これでiOS12のアップデートは完了。

iOS 12アップデートの注意点

プレビュー版のiOS 12アップデート方法

iTunesを経由したiOS 12アップデート方法:iOS 12の最新 ファームウェアをダウンロードする ⇒ パソコンでiTunes を開いて、Shiftキーを押しながら「更新プログラムの確認」をクリックする ⇒ 先ほどダウンロードしてきたiOS 12ファームウェアファイルを選択し開く ⇒ プレビュー版iOS 12アップデートの作業が開始される。

OTA(Over The Air)による iOS 12アップデート方法:お使いのデバイスをWi-Fiに接続 ⇒ SafariでiOS12のOTAアップデートファイルを開く ⇒ インストールして再起動した後、設定から「ソフトウェアアップデート」を開く ⇒ 利用できるアップデートを確認して、「ダウンロードとインストール」をタップしてプレビュー版iOS 12アップデートの作業が開始される。

iOS12シリーズの更新履歴:随時更新

iOS 12 デベロッパープレビュー版:: 2018年6月4日(月)

...

iOS12シリーズの更新履歴:随時更新

iOS12アップデートすべきか?iOS12新機能のまとめ

6月4日(米国時間)、AppleがWWDC 2018にてiOS 12の詳細とプレビュー版を発表した。一般向けの配信は2018年9月に登場する予定だよね。一般向けの提供まであと数月以上あるが、世界が待ち望むiOS12新機能に関して、すでに公開された。iOSの新バージョンであるiOS12には大変革が訪れ、大幅な進化と革新的な新機能が追加されて、批判が高まっているデザイン変更も行われている。リリース当初からバッテリー異常消費や様々なバグで大不評だったiOS11からの巻き返しを図るだけではなく、iPhone向けに過去最大のソフトウェアリリースと思う。

ここではiOS12新機能・評価についてまとめてみた。

iOS12新機能:パフォーマンスが大幅に向上

アプリの起動速度が40%向上
文字入力のキーボードの表示は50%早く
カメラの起動スピードも70%速くなる。

iOS12新機能:AR(拡張現実)機能の強化

iOSに搭載されている AR機能ARKitがARKit2にアップデートして、顔認証の精度が向上し、3Dオブジェクト検出、シーン全体の状態を保存再開できる継続AR(Persistent AR)などにも対応する。また「USDZ」というAR向けの新たなフォーマットに対応し、Safariブラウザやメッセージ、メモなどでそのまま3D / ARオブジェクトを表示できるようになる。

iOS12新機能:Siriショートカット機能の搭載

iOS 12版のSiriにはショートカット機能が追加され、特定の音声コマンドでサードパーティのものも含めたさまざまなアプリや機能を簡単に使えるようになる。例えば、鍵をなくした際にSiriに「Hey Siri,I lost my keys」』と話しかけると、Siriが置き忘れ防止&失せ物探しBluetooth タグ の「Tile」アプリを動かしてカギに付いているTileの音を鳴らして提示してくれる。

iOS12新機能:新しく進化した通知機能と利用時間制限サービス

iOS 12には通知や着信をオフにする「「おやすみモード(Do Not Disturb)」」機能が搭載される。「おやすみモード」を有効(オン)にすると、電話の着信やメールの通知音や着信音、警告音を消音にすることができる。また、iOS12にて通知センターで表示する内容がアプリでグループ化され、LineなどのSNSアプリからの通知もグループ化できて一度にすべて展開させなくようになる。グループ化された通知は通知数も表示され、アプリ名の部分を押すことによって、個別の通知に展開することができる。
デバイスの利用時間を管理できる新サービス「Screen Time」も追加され、アプリ、受信した通知の数、スマホの持ち上げた回数などの利用状況を確認するだけはなく、使いすぎを防止するために特定アプリの利用時間を制限できる。さらに子どものスマートフォンの使用制限も設定することができる。

iOS12新機能:自分をアニ文字にする「Memoji」機能

iOS 12にて自分の顔でAnimojiを作れる「Memoji」機能が搭載する。目や肌の色、髪形、髪色、耳の形、眼鏡の有無など、用意された顔のパーツを選び、ユーザーが自分だけのキャラクターを作れる。また、Facetimeでのビデオ通話などにも使え、作れたMemojiが自身の顔を置き換えることができる。

iOS12新機能:グループFace Timeが利用可能

iOS 12「FaceTime」には「Group FaceTime」というグループ通話機能が搭載される。最大32人と同時にチャットすることが簡単にできるようだ。

【予想】iOS12新機能その1:システムUI・デザインの一新

iOS12評価

iOSの情報を中心としたメディア「iOS News And More」によるとiOS 11までのデザインに変わったのはiOS 7のとき。今回のiOS12デザインが5年ぶりに一新、iOS12では豊かな階調が表現できるデザインを採用するようだ。それにiOS 12ではプリインストールアプリである「Safari」アプリのデザインも大幅に変更されている。

iOS12評価:iPhoneのハードウェアと同様、 iOSも順調に 進化を続けてきたが、iOS 7からiOSのデザインが大幅に変更されない、ユーザーから新しいデザインを求める声も高まっている。一方、Appleの最高デザイン責任者ジョナサン・アイブ氏がApple Park完成で元のデザイン業務に復帰 し、アップルが今一度製品デザインに注力することを示しているのかもしれない。今回のiOS12はiOS7から5年ぶりのデザイン変更となると予想できる。

【予想】iOS12新機能その2:Dark Mode(ダークモード)の搭載

iOS 12いつ

iOS12で新しいUIモードとしてダークモードが搭載されるかもしれない。iOS 11では「スマート反転」というダークモードに似た機能をが追加され、画面の背景色が黒にすることができるが、本物のダークモードではない。今回iOS12に搭載されたダークモードは有機ELを採用したスクリーンの特徴を活用できて、ダークモード時はにベゼルと画面の境界線が目立たず、まるでベゼルフリーになったかのような印象を受けるだけではなく、スマホバッテリーも大幅削減することが可能になる。

【予想】iOS12新機能その3:通知のグループ化

iOS12は通知センターで表示する内容がアプリでグループ化される機能が搭載されるようだ。LineなどのSNSアプリからの通知もグループ化できて一度にすべて展開させなくようになる。またグループ化された通知は通知数も表示され、アプリ名の部分を押すことによって、個別の通知に展開することができる。

iOS 12アップデートの注意点

【予想】iOS12新機能その4:廃止されたTouch IDが復活

iPhone X から消えた指紋認証の Touch IDがAppleの次期モバイルOS「iOS 12」に戻る可能性が高い。現行のiPhone Xではホームボタンが廃止された以上は、これまでのTouch ID(指紋認証)も使えなくなって、新型の顔認証Face IDを採用している。でも指紋認証を使い慣れたユーザーにとってはかなり不安だよね。そこでiPhoneユーザーから多く寄せられるご要望に応え、iOS12では現在、廃止された Touch IDが復活することとなると予想される。Face IDとTouch ID両方もiPhoneのロックを解除することができる。

iOS12評価

RECOMMENDこちらの記事も人気です。