ホーム ブログ iPhone広告を非表示にする方法

Apple

iPhone広告を消す方法〜iPhoneのSafariで広告ブロックできる無料アプリおすすめ

情報化時代の現在、毎日目に入ってくるさまざまなの広告は便利や楽しみをもたらしているけど、市場規模が拡大するにつれて、ユーザーが不快に感じる広告も増えている。例えばiPhoneのSafariでサイトを見ている時、いきなりポップアップ広告やバナー広告が表示されて画面半分を覆っていて相当目障りだよな。また図書館やホテルのロビーなどの静かな場所でiPhoneアプリに突然出てくる音声つき動画広告が自動再生されてしまい、周囲の迷惑になって本当に困るよね。この意図的に見ようとしなくても勝手に目に入ってきたiPhone広告はアプリやサイトコンテンツの妨げとなるだけではなく、いつの間にかパケットが消費されページの表示速度に影響も与える。こういう時にどうする?iPhone広告を非表示にする方法はあるの?今回はアプリ内のiPhone広告を消す方法とiPhoneのSafariで広告ブロックする方法を紹介する。

【目次】iPhone広告ブロックする方法のまとめ

@ アプリ内のiPhone広告を非表示に  |  A iPhoneのSafariで広告ブロック(iPhone広告ブロックアプリ利用)

iPhone広告を消す方法〜アプリ内のiPhone広告をブロックする

iPhoneアプリを開くとたくさんの広告が出てくるようになってしまった。開発元よりアプリ内に埋め込まれた広告のほかには、ネットの履歴が勝手に送信されるターゲティング広告も存在する。これはユーザーの属性情報や位置情報、過去のアクセス履歴等を基に表示しているから、iPhone設定のプライバシーからアプリ内のiPhone広告をブロックすることができる。

iPhone広告ブロック

 

 

iPhoneホーム画面の「設定」ボタンをタップする。

         ↓

「設定」画面から「プライバシー」-「広告」をタップする。

         ↓

iPhone広告ブロックするために広告画面の「追跡型広告を制限」をオン(緑)にすればOK。

「追跡型広告を制限」機能をオンにすると、iOSは自動的にサードパーティ Cookie を無効化して広告主によるこの種の追跡を防いて、ユーザーのプライバシーを保護することができる。

iPhone広告を消す方法〜iPhoneのSafariで広告ブロック

Web ブラウザ「Safari」がiOSに標準で装備されているため、多くのiPhoneユーザーがそのまま使っている。ではiPhoneのSafariで広告ブロックしたいならどうしたらいいだろうか? Safari自体はiPhone広告ブロック機能を備えていないため、iPhone広告ブロックするには別途アプリを追加する必要があるけれど、iOS9以前のバーションではSafariでブロックされた機能拡張を使用できない。ではほかのiPhone広告を消す方法があるのか?

実は、iPhoneユーザーから「邪魔なiPhone広告を消したい」という声が上がるにつれてiOS 9以降ではSafariの 拡張機能としてコンテンツブロックAPIが提供されるようになることでiPhone広告ブロックアプリを導入してiPhone広告を非表示にできるようになっている。そこで今回は快適に使えるiPhone広告ブロックアプリとiPhone広告を消す方法を紹介する。

今回紹介する、iPhone広告を非表示にできるようになる無料アプリは、この2つ。

【無料】iPhone広告ブロックアプリおすすめその1:AdFilter

Safariを快適にする日本向けiPhone広告ブロックアプリ。簡単に鬱陶しくて押し付けがましいiPhone広告ブロックすることができる。それにサイトごとにブロックのオン/オフを設定できるから、お好きなサイトの広告がある場合はiPhone広告ブロックも解除できる。

iPhone広告を消す方法

AdFilterを使ってiPhone広告を消す方法:

iPhoneホーム画面の「設定」を開く ⇒ 「Safari」−「コンテンツブロッカー」と進み、次の画面で「AdFilter」をオンにすれば完了。これでAdFilterを経由してiPhone広告を非表示にできるようになっている。

好きなサイトの広告を復活したいなら、AdFilterを実行して「広告ブロック」からお気に入ったサイトのスイッチをオフにすればOK。

確認のメッセージが表示され、「復元」をクリックするとパソコンでiPhone初期化が始まる。

【無料】iPhone広告ブロックアプリおすすめその2:Adblock Plus

iPhone広告ブロックの定番アプリ。4 億回を超えるダウンロードを誇り、簡単な設定でSafari から不快なポップアップや迷惑な広告、動画、その他を非表示にすることができる。特に、海外のウェブサイトでよく見る人にオススメ。

iPhone広告ブロックアプリ

Adblock Plusを使ってiPhone広告を消す方法:

アプリ起動して画面下部の「了解」−「Safariを設定」−レンチマークのアイコン(設定アイコン)の順にタップしてから「Adblock Plus」の設定画面を開く ⇒ 「控えめな広告」をタップして「いくつかの押し付けがましくない広告を強化します。」をオフにする ⇒ iPhoneホーム画面に戻って「設定」を開く ⇒ 「Safari」−「コンテンツブロッカー」と進み、次の画面で「Adblock Plus」のスイッチをオンにすればOK。これでAdblock Plusを経由してiPhone広告を非表示にできるようになっている。


iPhone広告を非表示

WinX MediaTrans

iPhone広告ブロックアプリインストールに準備しておくべきツール!

お使いのiPhoneの空き容量が足りないなら、広告ブロックアプリがインストールできない。ストレージの容量を解消したいなら、iPhone内のファイルをWinX MediaTransを経由してPC/Macに転送して保存しよう。

WinX MediaTrans WinX MediaTrans

RECOMMENDこちらの記事も人気です。

主要カテゴリー

WinX MediaTrans

「iTunes」代替ソフト2018版〜〜 日本語に対応

iPhoneを PCに転送

iPhone、iPad、iPodのiOSデバイスとPCの間に音楽、プレイリスト、ボイスメモ、ビデオ、iBook、着信音などのデータ移行・同期

スマホ全般比較

超人気スマホフラグシップ機iPhone、Xepria、Galaxy最新スマホ&タブレット徹底比較!|メリット&デメリット付き

iPhone/iPadの最新情報, スマホ全般の話題の人気記事

  1. 1

    iPhoneデータをiCloudから復元できない場合の対処法|iPhone 8 iCloud復元できない

  2. 2

    【エラー】パソコンでiTunesインストールできない、終わらない時のコツと対処法

  3. 3

    iCloud容量足りない!iCloudストレージいっぱいでバックアップできない時の対処法

  4. 4

    iTunes iPhone音楽入れ方:iTunesからiPhoneに音楽を入れない時の対処法

  5. 5

    実はとても簡単!デジカメからiPhoneに写真を送ることができる方法