ホーム ブログ iPhone 8バッテリー長持ち

iOS

【iPhone8節電】iPhone 8バッテリー長持ちする方法|電池充電回数を減らす

iPhone8節電裏ワザある?アイフォン8バッテリー寿命を延ばしたい!

朝にはiPhoneのバッテリーは充電満タンなのに、午後になったら、「バッテリー残量はあと20%です。」と表示されることが常にありますね。最新のiPhone 8も例外なく、バッテリーの減りが速いと予想されています。iPhone本体の厚さをできるでけ薄くするAppleだから、iPhoneの電池はそれなり容量が小さいです。外でもiPhoneを存分に使うためには、どうすればいいのでしょうか。実は iPhone8省エネには少しの裏ワザがあります。iPhone 8を設定することによって、iPhone 7バッテリー長持ちにすることができます。ではここでiPhone8電池節約方法をご紹介します。iPhone 8充電回数を減らして、アイフォン8バッテリーの寿命を延ばします。

iPhone8省エネ

※ 一説、iPhone8は、バッテリー消費量の少ない有機EL(OLED)ディスプレイの採用が見込まれており、バッテリー容量の拡大との相乗効果で、従来型液晶ディスプレイモデルよりも持続時間が約50%向上する効果が見込まれる、とクオ氏は予測しているが、iPhone 8が省エネできるなら、もっと長く使えるから、誰でもその方法が知りたいですね。

iPhone 8バッテリー長持ちの裏ワザその一:普段の注意点&iPhone 8充電方法

@ iPhone 8購入時、最初はバッテリーを使い切って、フル充電する

A こまめに充電しない
iPhoneの電池はリチウムベースの電池のため、つぎたし充電は可能ですが、電池の持ちが悪くなるとされています。iPhoneをフル充電→電池がきれるまでバッテリーを使い切る(放電させる)という方法を月に1度程度行うと、バッテリーのメンテナンスができます。

B 最新のソフトウェアにアップデートする
iOSやアプリは最新のバージョンを使うほうがパフォーマンスは向上する

C iPhone 8充電できたらすぐ充電をやめる

D 気温40℃以上や、氷点下の場所でiPhpne 8を保管・充電しない

E 手動でiPhoneをロックする
ディスプレイの明るさが一番バッテリーを消耗しますので、自動ロックのオンに加えて、iPhoneを使わないときにこまめに手動でスリープボタンを押してロック状態にすると電池を長持ちさせることができます。

iPhone 8バッテリー長持ちの裏ワザその一:iPhone 8節電設定

iOS 11はまだ正式リリースされていないので、ここで最新のiOS 10.2に対応する脱獄ツールyalu102をご紹介します。正式なiOS 11が発表したら、大体同じですから、本文の操作も参考になれます。是非 iOS 11脱獄最新のツールをご利用ください。

iPhone8省エネするには一時いらないファイルをPCに転送しよう!

★ iPhone 8に大量の画像、音楽、ビデオ、電子書籍、着信音, iTunes U, Podcastなどのファイルが保存しているなら、ファイルを開くするには、 ロードには時間もかかるし、バッテリーも消費するから、大切なファイルをPCに保存しましょう。↓のソフトでiPhone 8バッテリー節約しましょう。

iPhone 8充電方法 iPhone 8充電方法

iPhone8節電設定@

アイフォン8バッテリー

★ Appのバックグラウンド更新をオフに

アイフォン8アプリのバックグラウンド更新オンにしていると、バックグラウンドで動作し続けるアプリが表示されます。バックグラウンドで複数のアプリケーションが動作しないよう、アプリケーションのバックグラウンド更新をオフに設定しておきましょう。そうしたら、iPhone 8バッテリー節約が可能です。

iPhone 8バッテリー長持ち設定方法

「設定」→「一般」→「Appのバックグランド更新」を選択し、オフにすればOKです。

iPhone8節電設定A

アイフォン8バッテリー

★ Appの位置情報をオフに

位置情報はGPSを使って取得しているもので地図アプリなどは位置情報がオンになっていないと場所を特定する機能を使う事ができません。FacebookやTwitterなどにも位置情報を付加する機能がありますが必要性がない場合はアプリごとに位置情報サービスをオフにすることでアイフォン8バッテリーの節約が可能です。

iPhone 8バッテリー長持ち設定方法

「設定」 → 「プライバシー」 → 「位置情報サービス」をオフに。

iPhone8節電設定B

iPhone 8バッテリー節約

★ アプリの自動アップデート、モバイルデータ通信をオフ

iOS 7から搭載されたアプリの自動アップデート機能は、ユーザー側が手動でアップデートをしなくていいのでとても便利なのですが、いつダウンロードするかわかりません。なので、バッテリーがない時に勝手にダウンロードしないようにオフにしておきましょう。(バッテリー残量が50%以下だとダウンロードしないとは思います。)自動ダウンロードを有効にしている場合は App ストア、 iBooks ストア、または iTunes から購入したアプリが自動的にアップデートされます。勝手に全てアップデートされるのを止め、手動で必要な項目のみ対応するようにしましょう。

iPhone 8バッテリー長持ち設定方法

「設定」→「iTunes & App Store」「アップデート」をオフに。ついでに「モバイルデータ通信」もオフにしておいた方がいいかもしれません。

iPhone8節電設定C

iPhone 8バッテリー節約

★ Wi-FiやBluetoothをオフにする

Wi-Fiは、実は使ってないときでも、オンにしているだけで勝手に無線LANを探して接続しようとします。使わないときはこまめにオフにすることが節電につながります。またBluetooth機能をオンにしていると、使用していない間もバッテリーを消費しています。こちらも使わない時はオフにしましょう。

iPhone 8バッテリー長持ち設定方法:

画面下部から上にスワイプして呼び出す「コントロールセンター」でも、オン/オフの切り替えが可能です。

iPhone 8バッテリー節約には必携!-WinX MediaTrans

アイフォン8に保存した音楽、動画、写真などを素早くお持ちのパソコンに転送できます。

iPhone8節電設定D

iPhone8節電

★ iCloud機能をオフにする

Appleのクラウドサービス「iCloud」は、データのバックアップなどに便利な機能ですが、利用しない項目はオフにしておくと、データ通信量、バッテリー、クラウドストレージの節約にもなります。
画像はすべてをオフにした設定です。項目ごとに個別にオン/オフの設定ができるため、不要なものはオフにしましょう 。

iPhone 8バッテリー長持ち設定方法:

「設定」 → 「 iCloud 」
iCloud ストレージを使っているアプリ間でデータの同期をおこなう機能です。要・不要の判断がしづらい場合、まずは全てをオフにしてください。その後の使い勝手が悪くならなければ、同期の必要はないということになります。          

iPhone8節電設定E

iPhone8節電

★ 画面の明るさを手動設定に

画面表示の明るさを自動設定にしていると、屋外に出た時はほとんどの場合最大頻度までに上がります。画面が明るいと見やすいですがバッテリーの消耗は激しくなるので、手動にして細かく調整していった方がいいでしょう。
iPhone 8バッテリー長持ち設定方法

画面下部から上にスワイプして呼び出す「コントロールセンター」から手動で調整できます。

iPhone8節電設定F

iPhone 8バッテリー長持ち

★ Siriの検索候補/Spotlight検索をオフに

Spotlight検索は検索窓に検索したいワードを入力するだけで電話番号やメールアドレス、写真などなどあらゆるデータを一発でiPhone内から検索することができます。しかし、Spotlight検索を使用しているユーザーはおそらく少ないはず。だからオフにしておいても問題はないと思います。

iPhone 8バッテリー長持ち設定方法

「設定」→「一般」→「Spotlight検索」で左側に付いているチェックボタンを外せば機能がオフになります。

iPhone8節電設定G

iPhone 8バッテリー長持ち

壁紙には静止画を設定する

壁紙のダイナミックはいわゆるライブ壁紙で、背景が動画のように移り変わるようなもので、通常の静止画の壁紙よりもバッテリー消耗が大きくなります。背景の模様が動画のように変わっていく機能ですが、必要がないと思う方はオフにしてください。静止画のほうがiPhone8電池節約できます。

iPhone 8バッテリー長持ち設定方法

「設定」アプリを開いて壁紙→壁紙を選択と進み、壁紙をダイナミックLiveではなく静止画から選ぶと、バッテリーの節約になります。

iPhone8節電設定H

iPhone 8バッテリー長持ち

★ メールのプッシュ通知を無効にする

上述の「バッテリーの使用状況」の画面で「メール」アプリに「バックグラウンド処理」と表示されている場合、メールのプッシュ機能を無効にしてメールを手動で受け取るようにするのも一つの手です。

iPhone 8バッテリー長持ち設定方法

「設定」アプリからメール(連絡先/カレンダー)→アカウント→データの取得方法と開きます。プッシュをオフにし、フェッチは15分ごと30分ごと1時間ごとまたは手動で選択し、メールの取得頻度を設定します。
ざっくり言うと、プッシュとは常に(メールが届いているか)サーバーに問い合わせ、ほぼリアルタイムで(新着メールなどを)受け取る仕組み。またフェッチとは、一定間隔または手動にてサーバーに問い合わせることです。
複数のアカウントがある場合、重要なものだけプッシュ通知で受け取り、あとはフェッチにするといった設定も可能です。

iPhone8節電設定I

iPhone8節電

★ AirDropをオフにする

AirDrop は、写真やファイルなどを iPhone や Mac 間で転送するための優れた機能です。ただし、利用時のみオンとするようにしたほうがバッテリーを長持ちさせることができます。

iPhone 8バッテリー長持ち設定方法

画面下部から上にスワイプして呼び出す「コントロールセンター」 → 「 AirDrop 」

iPhone8節電設定J

iPhone8節電

★ 視差効果、透明度を下げるをオン

ズームアニメーションなど、ホーム画面でアイコンをタップすると浮き上がってくるような効果に利用されているのが視差効果です。見た目は良いのですが、実は大量の電力を消費しています。見た目にさほどこだわりがないのであれば、視差効果を減らす設定をオンにしておきましょう。
iOSには様々なエフェクトや透明処理が施されていますが、これらのエフェクトをオフにすることで電池の減りを防ぐことが可能となります。

iPhone 8バッテリー長持ち設定方法

「設定」→「アクセシビリティ」→「視差効果を減らす」をオンに、「設定」→「アクセシビリティ」→「コントラストを上げる」→「透明度を下げる」をオンにすることでUIの過剰な演出を減らすことができ、CPUプロセッサの処理が軽くなる結果的にバッテリーの節約に繋がります。

▼▼【公式】最新iPhone をオンラインショップで予約〜いち早く購入▼▼

■ iPhone8/ Plus・iPhoneXをSoftBankで予約・購入 >>

■ iPhone8/ Plus・iPhoneXをdocomoで予約・購入 >>

■ iPhone8/ Plus・iPhoneXをauで予約・購入 >>

RECOMMENDこちらの記事も人気です。